映画『歓びのトスカーナ』7月8日(土)より公開

Buongiorno a tutti!

今日は7月8日(土)より公開の映画『歓びのトスカーナ』のご紹介です。

おしゃべりで虚言癖のあるベアトリーチェと過去の出来事から自分を傷つけてばかりのドナテッラ。ひょんなことからトスカーナの診療施設を抜け出した二人は、一緒に旅を続けるなかで徐々に絆を深めていく。やがてドナテッラの脳裏にある痛切な記憶が甦り…。


©LOTUS 2015

『人間の値打ち』で絶賛を博したイタリアの名匠パオロ・ヴィルズィ監督が、再びヴァレリア・ブルー二・テデスキとタッグを組んだ本作。まばゆい陽光が降り注ぐトスカーナ地方の美しい自然と街並みをバックに、自由を追い求めるヒロインたちから溢れ出る人生の切なさや愛おしさをいきいきと描出。生きることの喜びも悲しみも、そして痛みもまっすぐに見すえつつ、ユーモアやサプライズを随所に織り交ぜたバイタリティあふれる語り口が冴え渡ります。


©LOTUS 2015

イタリアのアカデミー賞として名高いダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞にて見事、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門で受賞を成し遂げた、珠玉の人生賛歌をご堪能ください。


©LOTUS 2015

〈インフォメーション〉
題名:『歓びのトスカーナ』
監督:パオロ・ヴィルズィ(『人間の値打ち』) 
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ
2016年/イタリア・フランス合作/イタリア語/116分/
原題:LA PAZZA GIOIA 
COPYRIGHT©LOTUS 2015
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
宣伝:テレザ、ポイント・セット 
配給:ミッドシップ 
公式HP:http://yorokobino.com

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:30  Comments (0)

SEMINARIO DI AGGIORNAMENTO

Scegliere e integrare risorse, tecniche e tecnologie nella classe di italiano
A cura del Prof. Maurizio Leva, Edilingua

– Programma
11.10-12.00 Tecniche e materiali per motivare gli studenti
12.00-12.40 Giocando si impara: attività ludiche per bambini
12.50-14.00 Pausa pranzo
14.20-15.00 L’italiano per gli adolescenti: particolarità e proposte operative per motivare gli studenti
15.00-16.00 La nuova i-d-e-e e la gamification
16.00-16.45 L’uso del video nella classe di italiano
16.45-17.00 Pausa caffè
17.00-17.30 La multimedialità e l’interattività in classe: l’uso della LIM
17.30-18.15 Via del Corso: la via dell’italiano

Gli insegnanti presenti saranno chiamati a riflettere e lavorare attivamente su materiali didattici. Riceveranno una copia saggio di un libro di Edilingua, un attestato di partecipazione e altro materiale.

– Profilo
Maurizio Leva
Formatore di Edilingua. Master in Didattica dell’italiano come lingua non materna, presso l’Università per Stranieri di Perugia. Formatore DITALS. Esaminatore CELI e CILS. Tiene seminari di aggiornamento per i docenti di italiano in diversi paesi.

La partecipazione è gratuita ed è prevista una pausa pranzo e caffe offerta dal Edilingua.

Per iscrizioni e informazioni contattate l’istituto all’email corsi.iictokyo@esteri.it scrivendo nell’oggetto “Seminario Edilingua” ed indicando il numero corrispondente ai seminari che si vuole seguire.

– Informazione
Data: 15 luglio 2017(Sab.)
Orario: 11:10-18:15
Luogo: Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, Sala Puccini (B1F)
Organizzatore: Edilingua
Collaborazione: Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館 東京 10:25  Comments (0)

さあ、謎解きの世界へ。『アルチンボルド展』開催です!

Buongiorno a tutti!

今日は6月20日(火)より東京・上野の国立西洋美術館で開催される『アルチンボルド展』のご案内です。

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半に生地のほかにウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍したイタリア・ミラノ生まれの画家です。果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。

1.《春》

本展では、アルチンボルドの世界を表わす『四季』の《春》《夏》《秋》《冬》、『四大元素』の《水》《大気》《火》《大地》を含む油彩・素描(帰属作品等を含む)計30点を日本で初めて一堂に公開します。加えて、アルチンボルドの自画像や、ハプスブルク家の宮廷のアートディレクターとして優れた発想力を生かした素描、彼の芸術の源泉となったルネサンスの素描や同時代の美術工芸品などおよそ100点の作品により、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術をご紹介します。

3.《秋》

目をこらしてよく見ると、色々なモティーフが使われていることがわかります。驚嘆の美の世界を思う存分ご堪能ください!

8.《ソムリエ/ウェイター》

8.《自画像》

Museo Civico "Ala Ponzone" di Cremona
〈インフォメーション〉
開催場所:国立西洋美術館(東京・上野公園)
開催期間:2017年6月20日(火)- 9月24日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(金・土曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、7月18日(火)〔ただし、7月17日(月)、8月14日(月)、9月18日(月)は開館〕
主  催:国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
協  賛:損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、ブレンボ
協  力:アリタリア-イタリア航空、全日本空輸、西洋美術振興財団
公式サイト:http://arcimboldo2017.jp/
Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:32  Comments (0)

映画『ローマ法王になる日まで』

2013年3月13日、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長として第266代「ローマ法王」に就任したフランシスコの激動の人生を事実に基づき描いた映画『ローマ法王になる日まで』が6月3日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開されることになりました!

romahouou_sub5
©TAODUE SRL 2015

この映画は、そのフランシスコが法王となる前、一介の聖職者だったホルヘ・マリオ・ベルゴリオの激動の日々を描きだすとともに、これまで何度も映画の題材にされてきた、”暗黒のアルゼンチン軍事独裁政権”時代を内包しつつ、いかに”彼が彼という人になり得たか”に迫った作品です。

romahouou_main
©TAODUE SRL 2015

romahouou_sub9
©TAODUE SRL 2015

2016年のイタリア映画祭では『フランチェスコと呼んで―みんなの法王』として日本に紹介され、観客に大きな感動を与えた本作。
この度は未公開シーンを加え、オリジナルの言語であるスペイン語上映で、満を持しての公開となります。

romahouou_sub1
©TAODUE SRL 2015

〈インフォメーション〉
監督:ダニエーレ・ルケッティ 
出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ/セルヒオ・エルナンデス/ムリエル・サンタ・アナ/メルセデス・モラーン
音楽:アルトゥーロ・カルデラス
2015年/イタリア/スペイン語・イタリア語・ドイツ語/113分/カラー/2.39:1/ドルビーデジタル
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente 
字幕:山田香苗/ダニエル・オロスコ
提供・配給:シンカ/ミモザフィルムズ 
宣伝:ミモザフィルムズ 宣伝協力:高田理沙/佐々木瑠郁
後援:駐日バチカン市国ローマ法王庁/在日アルゼンチン共和国大使館/イタリア大使館/イタリア文化会館/セルバンテス文化センター東京 推薦:カトリック中央協議会広報
roma-houou.jp

〈作品概要〉
約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に初の南半球出身、初のイエズス会出身のローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる、現ローマ法王の知られざる激動の半生とは―

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:39  Comments (0)

EU FILM DAYS 2017 -映画で旅するヨーロッパ-

今年で15回目を迎える、欧州連合(EU)加盟国の選りすぐりの作品を紹介する映画祭、
「EU FILM DAYS 2017 映画で旅するヨーロッパ」。

日本未公開、見逃したあの作品、往年の名作など、
各国イチオシの貴重な映画作品が勢ぞろいします。

イタリアからは『五日物語―3つの王国と3人の女』が出品されます。

17世紀初頭に生み出された、
ヨーロッパで最初の本格的なおとぎ話、
そしてグリム兄弟にも多大な影響を与えた「ペンタメローネ(五日物語)」を、カンヌで2度グランプリを受賞した鬼才マッテオ・ガローネが独創的な美的感覚で映像化した本作。

TOT_00156
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS 

サブ1
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

サブ2
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

サブ3
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

400年の時を経て、世界最初のおとぎ話が描くのは、
現代と変わることのない女の”性”。

ゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを得た、
壮麗な中に不気味さを漂わせる映像と、
皮肉に満ちたストーリーが融合した、
唯一無二の大人のファンタジーです。

映画を通して時空を超えたヨーロッパへの旅に出かけてみませんか?

〈インフォメーション〉
EU FILM DAYS EUフィルムデーズ2017
映画で旅するヨーロッパ
開催日時①:2017年5月26日(金)- 6月22日(木)
【東京】東京国立近代美術館フィルムセンター
開催日時②:2017年6月3日(土)- 6月25日(日)
【京都】京都府京都文化博物館
公式HP:www.eufilmdays.jp

〈映画インフォメーション〉
『五日物語―3つの王国と3人の女』
原題:Tale of Tales/2015/伊・仏/シネスコ/カラー/5.1ch/133分   PG12
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES         
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:23  Comments (0)

『Viva!イタリア Vol.3 』

Buongiorno a tutti!

5月27日(土)より東京 ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開される『Viva!イタリア Vol.3 』。

まっ青な海と空、輝く太陽、底抜けに明るくて温かいイタリアの風に乾杯!
愛と感動の傑作3選を皆様にお届けします!

『Viva!公務員』 (2015年/86分/原題 QUO VADO?)           
イタリア映画記者協会賞最優秀プロデューサー賞/ゴールデンCIAK賞最優秀助演女優賞/ナストロ・ダルジェント賞最優秀プロデューサー賞/バリ国際映画祭最優秀助演女優賞ほか
子供のころからの夢だった安定した終身雇用の職=公務員となって15年のケッコが、公務員削減の対象になってしまった・・・
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 主演:ケッコ・ザローネ

komuin_main
© TAODUE srl 2015

『日々と雲行き』(2007年/117分 原題 GIORNI E NUVOLE)
イタリア・アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞/モスクワ国際映画祭 最優秀主演女優賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀主演女優賞/イタリア映画記者協会賞 最優秀主演女優賞/ローマ映画祭 特別賞/イタリア映画祭2008上映作品
監 督:シルヴィオ・ソルディーニ 
出 演:マルゲリータ・ブイ/アントニオ・アルバネーゼ  
英 題:DAYS AND CLOUDS 
2007年/イタリア・スイス・フランス共同製作/デジタル/117分

 一人娘が成人し豪邸で仲睦まじく暮らす ミケーレとエルサのカップル。
 だが、夫のミケーレが失業してしまう…。
 イタリアを代表する俳優アントニオ・アルバネーゼと マルゲリータ・ブイ演じる中年夫
婦を『ベニスで恋して』『風の痛み』のソルディーニ監督が見事に演出

kumoyuki_main

「マフィアは夏にしか殺さない」(2013年/90分/原題 La mafia uccide solo d’estate )
イタリア・アカデミー賞新人監督賞・青少年審査員賞/イタリア・ゴールデングローブ賞 最優秀脚本賞/イタリア映画記者協会賞 新人監督賞・最優秀脚本賞/トリノ映画祭 観客賞/ゴールデンCIAK賞 脚本賞・編集賞/バンピ・ペリ映画祭 作品賞・話題賞/ブストアルシツィオ映画祭 観客賞・脚本賞/バリ国際映画祭 作品賞/アヌシー・イタリア映画祭 グランプリ/イタリア映画祭2014上映作品
監 督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト 
出 演:ピフ/クリスティアーナ・カポトンディ 
英 題:The mafia kills only in summer 
2013年/イタリア/デジタル/90分
提 供:オンリー・ハーツ

 反マフィアで知られるピエトロ・グラッソ判事が 「マフィア映画のベスト!」と絶賛し、
 イタリアで大ヒットした作品。
 役者として活躍するピフが、 本名のピエルフランチェスコ・ディリベルト名で 初監督
し、デビュー作にして、国内外の数多くの映画賞を受賞。
 なお、ピフは本作で監督と主演以外、原案と脚本と4役を務めている。

mafia_main

〈インフォメーション〉
★『Viva!イタリア Vol.3 』
5月27日(土)~ 東京 ヒューマントラストシネマ有楽町/(名古屋)名演小劇場
6月24日(土)~ (大阪)シネ・リーブル梅田他にて全国順次公開予定
『Viva!イタリア Vol.3』公式サイト http://www.vivaitaly3.com/
後 援:駐日イタリア大使館/イタリア文化会館
配 給:パンドラ www://pan-dora.co.jp

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:20  Comments (0)

「イタリア・アモーレ・ミオ!」が全てのイタリアファンのために戻ってきます!

Buongiorno a tutti!

在日イタリア商工会議所主催のイベントのご紹介です!

iam_visual_2017_01_2

「イタリア・アモーレ・ミオ!」とは、イタリアと日本の国交樹立150周年を記念して2016年に在日イタリア商工会議所が開催した2日間のイベントです。
六本木ヒルズを会場に5万人以上が訪れ、イタリアのトップブランドが勢ぞろいし、豪華パフォーマンスやコンサート、トークショーが目白押しの日本最大級のイタリアイベントです。
今年はイタリアのラグジュアリー、料理、音楽とスポーツの代表ブランドを皆さまにお届けいたします。

皆さま今週末はぜひ六本木へ!

credit Mina Kitano (Hotter than July inc)
©Mina Kitano (Hotter than July inc)
credit Mina Kitano (Hotter than July inc) (2)
©Mina Kitano (Hotter than July inc)

〈インフォメーション〉
日 時:2017年5月20日(土)~21日(日)10:00~20:00
場 所:六本木ヒルズ
主 催:在日イタリア商工会議所
公式HP:http://www.iccj.or.jp/

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 16:15  Comments (0)

Ichiro Mizuki canta in italiano! 水木一郎さんがイタリア語で歌います!

Buongiorno a tutti!

『通訳案内士試験のイタリア語』など複数のコースを担当されイタリア文化会館でもおなじみのアントニオ・マイッツァ先生が、今回あのアニソン界の帝王水木一郎さんと感動のご対面!

マイッツァ先生が日本語を学ぶきっかけになった、永井豪原作ロボットアニメ『鋼鉄ジーグ』。今回なんと『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』というタイトルでイタリアで映画になって日本に帰ってきます。監督は、少年時代から今もなお日本アニメの大ファンというガブリエーレ・マイネッティ監督。イタリア人の心の中に深く刻まれるその「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにして生み出した、本格的ダークヒーロー・エンタテインメントです。

そして日本では1975年にアニメとして放映が始まり、その主題歌を歌われていたのが水木一郎さん。今回なんと、その水木一郎さんが、「スーパーロボット魂」というイベントでイタリア語で映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の歌のイントロをイタリア語で歌われたとのこと。

その時の感動をマイッツァ先生は日本語とイタリア語で次のように表現されています。

「水木さんはイタリア映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」の主人公役のクラウディオ サンタマリアのようにイントロをバラード風に歌いました。
初めて40年前鋼鉄ジーグを見た時に感じたエネルギーを思い出させた大きいな感動を感じました。きっと日本とイタリアの間の友情と親近感を強める出来事です。水木一郎さんの歌がなかったら独学で日本語を勉強することは出来ませんでした。ありがとうございます、アニキ❗感謝しています。」
(原文ママ一部抜粋)

“La parte in italiano l’ha cantata in versione lenta, proprio come Claudio Santamaria nel film “Lo chiamavano Jeeg Robot”. Una grandissima emozione che mi ha ricordato l’energia che ho sentito 40 anni fa quando ho visto la prima volta Jeeg. Sicuramente un evento che rafforzera’ l’amicizia e la simpatia fra Italia e Giappone.
Se non ci fossero state le canzoni di Ichiro Mizuki non avrei potuto studiare il giapponese da solo. Grazie Aniki! Ti sono infinitamente grato!”
(原文ママ一部抜粋)

Super Robot 5
ⓒ2017 BIRTHDAY SONG
Super Robot 6
ⓒ2017 BIRTHDAY SONG
Super Robot 8
ⓒ2017 BIRTHDAY SONG

(全文はマイッツァ先生のBlogアントニオ・マイッツァのブログをご覧ください。)

約40年の時を経て、アニメを通じて日本とイタリアの文化交流が深まって新しいエンターテイメントが生まれるのはとても素敵なことですよね!

皆さんもぜひ5月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』お見逃しなく!

〈インフォメーション〉
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
〔2015/イタリア/カラー/119分/〕
・監督:ガブリエーレ・マイネッティ
・原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
・特別協力:イタリア文化会館
・提供:ザジフィルムズ/朝日新聞社
・配給:ザジフィルムズ
・公式サイト:www.zaziefilms.com/jeegmovie/

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 14:06  Comments (0)

短編映画コンテスト 「COME DENTRO UNO SPECCHIO – L’Italia vista fuori dall’Italia」

Buongiorno!

 

今日は第17回世界イタリア語週間の一環として、ダンテ・アリギエーリ協会が、イタリア外務・協力省、スイス政府との協力のもと、発表した短編映画コンテストを紹介します。募集は英語やイタリア語などで発表されていますが、こちらで英語で掲載します。

 

COME DENTRO UNO SPECCHIO

L’Italia vista fuori dall’Italia

 

AS INSIDE A MIRROR

Italy viewed from outside Italy

 

FILM COMPETITION

18193823_1477323355619187_3696085398930761359_n

The Dante Alighieri Society, on the occasion of the 17th edition of the Week of Italian Language in the World (which this year is focusing on the subject “Italian at the cinema, italian in the cinema”), being promoted by the Directorate-General of the Country System of the Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation, in collaboration with the Swiss Confederation, gives young emerging filmmakers, aged between 18 and 26 years of all nationalities, the opportunity to participate with a short film of theirs in the film competition on the subject: “As inside a mirror. Italy viewed from outside Italy”

 

1) Using every means available, from smartphones and tablets, to professional cameras, the participants will have to produce a film about Italy and its different aspects, including art, fashion, landscape, cooking, language, history and other peculiarities that contribute most to conveying the idea of our country around the world (“Italsympathy”).

2) The subject is free and can be treated in the form of a short documentary film, a monologue, or a dialogue with two or more actors.

3) The running time must not exceed 5 minutes and the film can be shot either in color or black and white, accessory techniques are admitted.

4) Subscription and participation are totally free.

5) All films should be published on a free video-sharing website, either Youtube, Vimeo or Youku and the opening credits should show the (attached) contest poster. Contestants must send their works by 15th September 2017 to concorsovideoadante.it, clearly mentioning “Competition AS INSIDE A MIRROR – Italy viewed from outside Italy” in the subject field of the email and providing in the body of the text their name, surname, date of birth, phone number and link to the film produced (if you are member of the Dante Alighieri Society please write down the Committee you belong toyou’re your membership card number).

6) The jury will be comprised of one representative of the Dante Alighieri Society, one of the MAECI, one of the MiBACT (Cinema General Management), one of the Swiss Embassy in Italy and one of Radio RAI3 (Hollywood Party broadcast).

▶1st: a trip to Rome to visit Cinecittà historic studios and the town views of open film locations

▶2nd: a course of Italian language and culture in one of “Dante” 4 schools in Italy (Rome, Bologna, Florence, Milan)

▶3rd: a series of theme publications

▶Special Prize from Switzerland, to be assigned to the best film produced by residents in Switzerland: an access pass to every film showing of the 2018 edition of Locarno Festival (www.pardo.ch)

7) Non-Italian spoken short films must include Italian subtitles.

8) Dante Alighieri Society and MAECI reserve the right to use and publish free all submitted works, the only constraint being mentioning the name of the author. Films will be published on the official websites and social networks of the institutions involved.

9) The winners’ names and the prize awarding methods will be published on the websites of the “Dante” www.ladante.it and the portals of the MAECI

10) Film shooting technique will be evaluated based on: style of shooting, types of shots and camera angles used as well as their suitability, setting structure, right focusing, use of different techniques.

11) Art direction will be evaluated in terms of: choice of location, be it artificial or natural and the effective impact on the setting itself. Lighting and photography even though not being really pertinent to “Art direction”, will also be assessed in this category.

12) Acting will be evaluated in terms of: expressiveness, naturalness, ease and charisma. Acting represents the communicative spirit that the author/director wants the spectator to perceive.

13) Audio will be evaluated for the technology applied (Mono, Stereo, Dolby or DTS), sound clearness and any effect employed.

14) Sound-tracks will be evaluated in terms of how appropriate the music employed is with reference to the scene, its originality and its mixing dynamics with the audio track. Any copyrighted music is not eligible for assessment.

15) CG Effects: if used, CG digital effects will be evaluated based on quality, visual impact and accurate fusion with the scene.

16) Make-up: if used, body make-up will be evaluated on quality, visual impact and accurate fusion with the scene.

17) Editing will be evaluated in terms of quality, technical and instrumental skill demonstrated in the cutting/montage.

18) Originality – Idea – Jury’s Note: this section is intended to assess the originality of the work and to give voice to any note by the jury. Each voice of course bears in percentage upon the global assessment.

19) Evaluation and judging criteria: each member of the jury will express his/her own evaluation in an independent manner, according to the judging principles each one decides to follow. The minutes being taken will count as final judgment not subject to appeal.

 

お問い合わせは concorsovideo@ladante.itまで。

イタリア語の募集:こちらをクリックしてください。

 

 

イタリア文化会館

イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog — イタリア文化会館 東京 11:23  Comments (0)

イタリア文化会館の図書室

Buonasera a tutti!

本日はイタリア文化会館にある図書室のご案内です。


(c) Julia Chara

イタリア文化会館の図書室は、日本で最大のイタリア専門図書室です。
イタリア関係の図書を中心に和書約4800冊、イタリア語書籍約1万800冊を所蔵しています。


(c) Julia Chara

日本語書籍では、イタリア語を勉強するための本や旅行ガイドはもちろん、イタリアに関するエッセイ、イタリア料理のレシピ本など、さまざまなジャンルの本をとりそろえています。


(c) Julia Chara

また、L’Espressoなどのイタリア語雑誌や、イタリア語の新聞(Corriere della seraとLa Repubblica)、ビデオ、CD、DVDの貸し出しもしています。


(c) Julia Chara

どなたでもご自由に閲覧できます。また、語学コース受講中の生徒さんは、お申込頂いた日からコース終了日まで、無料でご利用いただけます。


(c) Julia Chara

イタリア語の勉強をしたい方、イタリアに関心のある方、ぜひ足をはこんでみてください。

お待ちしております。

 

< 図書室 開室時間と問合せ先 >
月~金:10:00~13:00、14:00~18:00
土  :10:30~13:30、14:00~16:30
電話番号:03-3262-6011 内線23番
E-mail :biblioteca.iictokyo@esteri.it
※詳しくは、HPをご確認下さい。

 

イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog — イタリア文化会館 東京 15:20  Comments (0)
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31