イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ最新作『甘き人生』7月15日よりロードショー!

Buongiorno a tutti!

イタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ最新作『甘き人生』が7月15日より、ユーロスペース、有楽町スバル座ほか全国順次公開されます。

本作は第69回カンヌ国際映画祭「監督週間」オープニング作品であると同時に、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・デ・ドナテッロ賞作品賞を含む10部門にノミネートされ、イタリア国内外から高い評価を得ています。

過去の傷を癒せず長い間夢の世界に生きていた一人の男が、ある出会いによって覚醒を果たす―
巨匠マルコ・ベロッキオが、ある男の人生を通して激変の時代を描き尽くした、イタリア映画史に残る傑作を皆さまぜひお見逃しなく!

 


©Simone Martinetto
©2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL,
KAVAC FILM SRL, AD VITAM


©2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL,
KAVAC FILM SRL, AD VITAM


©2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL,
KAVAC FILM SRL, AD VITAM


©Simone Martinetto
©2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL,
KAVAC FILM SRL, AD VITAM


 

 
〈インフォメーション〉
題名:『甘き人生』
監督:マルコ・ベロッキオ 
原作:マッシモ・グラメッリーニ「Fai bei sogni」
脚本:ヴァリア・サンテッラ、エドアルド・アルビナーチ、マルコ・ベロッキオ
出演: ヴァレリオ・マスタンドレア、ベレニス・ベジョ、エマニュエル・ドゥヴォス
2016年/イタリア・フランス/イタリア語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/130分 映倫区分G
原題:Fai bei sogni 英題:Sweet Dreams
後援:駐日イタリア大使館/イタリア文化会館 
配給:彩プロ 宣伝協力:gnome
©2016 ALL RIGHTS RESERVED IBC MOVIE SRL, KAVAC FILM SRL, AD VITAM

〈作品概要〉
1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:08  Comments (0)

映画『歓びのトスカーナ』7月8日(土)より公開

Buongiorno a tutti!

今日は7月8日(土)より公開の映画『歓びのトスカーナ』のご紹介です。

おしゃべりで虚言癖のあるベアトリーチェと過去の出来事から自分を傷つけてばかりのドナテッラ。ひょんなことからトスカーナの診療施設を抜け出した二人は、一緒に旅を続けるなかで徐々に絆を深めていく。やがてドナテッラの脳裏にある痛切な記憶が甦り…。


©LOTUS 2015

『人間の値打ち』で絶賛を博したイタリアの名匠パオロ・ヴィルズィ監督が、再びヴァレリア・ブルー二・テデスキとタッグを組んだ本作。まばゆい陽光が降り注ぐトスカーナ地方の美しい自然と街並みをバックに、自由を追い求めるヒロインたちから溢れ出る人生の切なさや愛おしさをいきいきと描出。生きることの喜びも悲しみも、そして痛みもまっすぐに見すえつつ、ユーモアやサプライズを随所に織り交ぜたバイタリティあふれる語り口が冴え渡ります。


©LOTUS 2015

イタリアのアカデミー賞として名高いダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞にて見事、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門で受賞を成し遂げた、珠玉の人生賛歌をご堪能ください。


©LOTUS 2015

〈インフォメーション〉
題名:『歓びのトスカーナ』
監督:パオロ・ヴィルズィ(『人間の値打ち』) 
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ
2016年/イタリア・フランス合作/イタリア語/116分/
原題:LA PAZZA GIOIA 
COPYRIGHT©LOTUS 2015
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
宣伝:テレザ、ポイント・セット 
配給:ミッドシップ 
公式HP:http://yorokobino.com

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:30  Comments (0)

『Viva!イタリアVol.3公開記念 選りすぐり名作選』

Buongiorno a tutti!

今日は東京・阿佐ヶ谷にあるミニシアター「ユジク阿佐ヶ谷」にて7月1日から開催中の、
『Viva!イタリアVol.3公開記念 選りすぐり名作選』をご案内します。

今回の特集では、2013年から続く特集上映「Viva!イタリア」の第3弾が現在全国で公開されているのを記念して、
第1弾・第2弾で特集された全6作を上映します。

美味しい食事、情熱的な恋、人情味あふれる人々…イタリアそのもののような傑作を一挙にお届けします!


「もうひとつの世界」


「最後のキス」


「フェデリコという不思議な存在」


「ただひとりの父親」

<インフォメーション>
開催日時:2017年7月1日(土)〜7月14日(金)
主  催:ユジク阿佐ヶ谷
場  所:ミニシアターユジク阿佐ヶ谷
配  給:パンドラ

【上映予定作品】
1.「もうひとつの世界」:7/1(土)・7/7(金)・7/8(土) 11:00-
2.「ハートの問題」:7/2(日)・7/9(日) 11:00-
3.「最後のキス」:7/3(月)・7/10(月) 11:00-
4.「フェデリコという不思議な存在」:7/4(火)・7/11(火)・7/14(金) 11:00-
5.「夫婦の危機」:7/5(水)・7/12(水) 11:00-
6.「ただひとりの父親」:7/6(木)・7/13(木) 11:00-
公式HP:https://yujiku.wordpress.com/italy/

【アクセス】
ミニシアターユジク阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2−12−19−B1F
TEL:03-5327-3725
阿佐ヶ谷駅北口徒歩3分
ラピュタ阿佐ヶ谷裏

【チケット】
一般¥1,300円/シニア・学生・リピーター¥1,100円
会員¥1,000円
★リピーター割引!
当日券の半券呈示で、一般料金から200円引きに!

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 11:17  Comments (0)

「2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」開催のお知らせ

Buongiorno a tutti!

今日は、7月1日(土)から板橋区立美術館で開催される、
「2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」のお知らせです。

児童書専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」に伴って毎年行われる絵本原画コンクールは、出版・未出版に関わらず審査の対象とされるため、新人作家の登竜門としても知られています。

今回は、2017年のコンクールで入選した26カ国75作家の作品全点を展示します。さらに特別展示として、メキシコの若手絵本作家フアン・パロミノによる新作絵本の原画展と、言語の壁を越えて伝わる日本の絵本「見て めくって 感じる 日本の絵本」も展示されます。

会期中にはさまざまなイベントも予定されており、
7月8日(土)にはイタリア人作家ガブリエレ・レバリアーティ氏による、「イタリア人と日本人、絵本をどう料理する?-フュージョン絵本の制作過程」と題した講演会も行われる予定です(※先着100名、申込不要、聴講無料、板橋区立美術館講義室にて)。

多くの絵本作家を輩出し、さまざまなトレンドを生み出してきたボローニャ展には、絵本の「今」と「未来」が詰まっています。
皆さまどうぞこの機会をお見逃しなく!


©古郡加奈子(日本)「一日」


©カミッラ・ファルシーニ(イタリア)
「プリンセスを助ける100人の騎士」


©マーライ・マリアン(ハンガリー)
「クジラのバスにのって」

〈インフォメーション〉
開催期間:2017年7月01日(土)~8月13日(日)
開催場所:板橋区立美術館
主  催:板橋区立美術館、一般社団法人日本国際児童図書書評議会(JBBY)
開催時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 :月曜日(但し7/17は祝日のため開館し、翌日休館)
観覧料 :一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円
※土曜日は小中高校生は無料で観覧できます。
※20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
公式HPはこちらをクリックしてください。

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:09  Comments (0)

さあ、謎解きの世界へ。『アルチンボルド展』開催です!

Buongiorno a tutti!

今日は6月20日(火)より東京・上野の国立西洋美術館で開催される『アルチンボルド展』のご案内です。

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半に生地のほかにウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍したイタリア・ミラノ生まれの画家です。果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。

1.《春》

本展では、アルチンボルドの世界を表わす『四季』の《春》《夏》《秋》《冬》、『四大元素』の《水》《大気》《火》《大地》を含む油彩・素描(帰属作品等を含む)計30点を日本で初めて一堂に公開します。加えて、アルチンボルドの自画像や、ハプスブルク家の宮廷のアートディレクターとして優れた発想力を生かした素描、彼の芸術の源泉となったルネサンスの素描や同時代の美術工芸品などおよそ100点の作品により、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術をご紹介します。

3.《秋》

目をこらしてよく見ると、色々なモティーフが使われていることがわかります。驚嘆の美の世界を思う存分ご堪能ください!

8.《ソムリエ/ウェイター》

8.《自画像》

Museo Civico "Ala Ponzone" di Cremona
〈インフォメーション〉
開催場所:国立西洋美術館(東京・上野公園)
開催期間:2017年6月20日(火)- 9月24日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(金・土曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、7月18日(火)〔ただし、7月17日(月)、8月14日(月)、9月18日(月)は開館〕
主  催:国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
協  賛:損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、ブレンボ
協  力:アリタリア-イタリア航空、全日本空輸、西洋美術振興財団
公式サイト:http://arcimboldo2017.jp/
Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 10:32  Comments (0)

映画『ローマ法王になる日まで』

2013年3月13日、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長として第266代「ローマ法王」に就任したフランシスコの激動の人生を事実に基づき描いた映画『ローマ法王になる日まで』が6月3日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開されることになりました!

romahouou_sub5
©TAODUE SRL 2015

この映画は、そのフランシスコが法王となる前、一介の聖職者だったホルヘ・マリオ・ベルゴリオの激動の日々を描きだすとともに、これまで何度も映画の題材にされてきた、”暗黒のアルゼンチン軍事独裁政権”時代を内包しつつ、いかに”彼が彼という人になり得たか”に迫った作品です。

romahouou_main
©TAODUE SRL 2015

romahouou_sub9
©TAODUE SRL 2015

2016年のイタリア映画祭では『フランチェスコと呼んで―みんなの法王』として日本に紹介され、観客に大きな感動を与えた本作。
この度は未公開シーンを加え、オリジナルの言語であるスペイン語上映で、満を持しての公開となります。

romahouou_sub1
©TAODUE SRL 2015

〈インフォメーション〉
監督:ダニエーレ・ルケッティ 
出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ/セルヒオ・エルナンデス/ムリエル・サンタ・アナ/メルセデス・モラーン
音楽:アルトゥーロ・カルデラス
2015年/イタリア/スペイン語・イタリア語・ドイツ語/113分/カラー/2.39:1/ドルビーデジタル
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente 
字幕:山田香苗/ダニエル・オロスコ
提供・配給:シンカ/ミモザフィルムズ 
宣伝:ミモザフィルムズ 宣伝協力:高田理沙/佐々木瑠郁
後援:駐日バチカン市国ローマ法王庁/在日アルゼンチン共和国大使館/イタリア大使館/イタリア文化会館/セルバンテス文化センター東京 推薦:カトリック中央協議会広報
roma-houou.jp

〈作品概要〉
約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に初の南半球出身、初のイエズス会出身のローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる、現ローマ法王の知られざる激動の半生とは―

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:39  Comments (0)

EU FILM DAYS 2017 -映画で旅するヨーロッパ-

今年で15回目を迎える、欧州連合(EU)加盟国の選りすぐりの作品を紹介する映画祭、
「EU FILM DAYS 2017 映画で旅するヨーロッパ」。

日本未公開、見逃したあの作品、往年の名作など、
各国イチオシの貴重な映画作品が勢ぞろいします。

イタリアからは『五日物語―3つの王国と3人の女』が出品されます。

17世紀初頭に生み出された、
ヨーロッパで最初の本格的なおとぎ話、
そしてグリム兄弟にも多大な影響を与えた「ペンタメローネ(五日物語)」を、カンヌで2度グランプリを受賞した鬼才マッテオ・ガローネが独創的な美的感覚で映像化した本作。

TOT_00156
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS 

サブ1
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

サブ2
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

サブ3
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

400年の時を経て、世界最初のおとぎ話が描くのは、
現代と変わることのない女の”性”。

ゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを得た、
壮麗な中に不気味さを漂わせる映像と、
皮肉に満ちたストーリーが融合した、
唯一無二の大人のファンタジーです。

映画を通して時空を超えたヨーロッパへの旅に出かけてみませんか?

〈インフォメーション〉
EU FILM DAYS EUフィルムデーズ2017
映画で旅するヨーロッパ
開催日時①:2017年5月26日(金)- 6月22日(木)
【東京】東京国立近代美術館フィルムセンター
開催日時②:2017年6月3日(土)- 6月25日(日)
【京都】京都府京都文化博物館
公式HP:www.eufilmdays.jp

〈映画インフォメーション〉
『五日物語―3つの王国と3人の女』
原題:Tale of Tales/2015/伊・仏/シネスコ/カラー/5.1ch/133分   PG12
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES         
© 2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:23  Comments (0)

新作イタリア映画上映会『映画で旅するイタリア2017』開催!

Buongiorno a tutti!

2015年東京に始まり、2016年は東京、大阪で開催し、大きな反響をを呼んだ、新作イタリア映画上映会「映画で旅するイタリア」が今年も開催されます。

今年のテーマはずばり「映画」。動画投稿サイトの発達や移民運動の高まり、そして人気映画のドラマ化など、内容でもメディアの点でも多様化が進むイタリア映画。そんな現在だからこそ、1本のフィルムに凝縮された面白さや楽しさが特に感じられる3作品が厳選されています。

以下上映作品のご紹介です。

ラテン・ラバー2
『ラテン・ラバー(仮)』Latin lover
(2015年/イタリア、フランス/カラー/114分)

監督:クリスティーナ・コメンチーニ
出演:ヴィルナ・リージ、アンジェラ・フィノッキアーロ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
あらすじ:イタリア映画界の伝説的俳優サヴェリオ・クリスポの十回忌に際して、プーリア州の生家に集まった未亡人二人と、腹違いの娘四人。女性関係を大いに謳歌した彼の思い出を、残された女たちが各々語るうちに、予想外の事実が発覚していく。ヴィットリオ・ガスマン、マルチェッロ・マストロヤンニ、ジャン・マリア・ヴォロンテ。今は亡き人気俳優たちの面影を投射したサヴェリオの人物像は、イタリア映画そのものに向けられたオマージュでもある。未亡人役のヴィルナ・リージは五十年代から活躍していた大女優だが、映画撮影終了後の2014年12月に亡くなった。奇しくも作品に込められた映画黄金時代を追悼する意味合いが強調されることとなった。

奴らって、誰?
『やつらって?(仮)』Loro chi?
(2015年/イタリア/カラー/95分)

監督:フランチェスコ・ミッチケ、ファビオ・ボニファッチ
出演:エドアルド・レオ、マルコ・ジャッリーニ、カトリネル・メンギア
あらすじ:山師マルチェッロに騙されて仕事も恋人もいっぺんに失ったダヴィッド。何とかマルチェッロを捜しだし、失った代償を払わそうとするダヴィッドだったが、豪快なはったりで人々を出し抜くマルチェッロの機知に惹かれ始める。こうして意気投合した二人は、ダヴィッドの元職場から大型コンピューターのデータを盗み出すという一大プロジェクトを思いつく。『ルパン三世』や『黄金の七人』を連想させる裏切りに次ぐ裏切りのコメディー。主役を演じるのは『神様の思し召し』のマルコ・ジャッリーニと、『俺たちとジュリア』のエドアルド・レオ。日本でも人気の実力派俳優二人が仕掛ける巧妙なトリックは何とも爽快だ。

alaska-1
『アラスカ(仮)』Alaska
(2015年/イタリア、フランス/カラー/125分)

監督:クラウディオ・クペッリーニ
出演:エリオ・ジェルマーノ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ
あらすじ:パリの高級ホテルで働くファウストは、テスト撮影のため同ホテルに来ていたモデルの卵ナディンと偶然知り合う。彼女を助けようとスイートルームの上客に暴行を働いたファウストは刑務所へ送られるが、その頃ナディンはモデルとして華々しいデビューを飾るのだった。出所後、再起をかけるファウストに、新しく開店するクラブ「アラスカ」経営の話が舞い込むが……。幾度となく困難に阻まれながら愛を深めていく二人のラブストーリー。主演はヴェネツィア国際映画祭で主演男優賞を獲得したエリオ・ジェルマーノと、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』での人魚役で一躍脚光を浴びたフランス人女優アストリッド・ベルジュ=フリスベ。

〈インフォメーション〉
開催日時:2017年6月3日(土) – 9日(金)
場  所:アップリンク渋谷(http://www.uplink.co.jp/)
主  催:京都ドーナッツクラブ
後  援:イタリア文化会館
協  賛:ディスク・ロード、JAPANISSIMO
協  力:アップリンク渋谷

【上映スケジュール】
3日(土) 17:30- ラテン・ラバー / 20:00- アラスカ
4日(日) やつらって、誰?
5日(月) アラスカ
6日(火) ラテン・ラバー
7日(水) やつらって、誰?
8日(木) アラスカ
9日(金) ラテン・ラバー

【アクセス】
アップリンク渋谷
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18
TEL:03-6825-5503
渋谷東急本店右側道200m先
http://www.uplink.co.jp/info/map/

【チケット】
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:22  Comments (0)

『Viva!イタリア Vol.3 』

Buongiorno a tutti!

5月27日(土)より東京 ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開される『Viva!イタリア Vol.3 』。

まっ青な海と空、輝く太陽、底抜けに明るくて温かいイタリアの風に乾杯!
愛と感動の傑作3選を皆様にお届けします!

『Viva!公務員』 (2015年/86分/原題 QUO VADO?)           
イタリア映画記者協会賞最優秀プロデューサー賞/ゴールデンCIAK賞最優秀助演女優賞/ナストロ・ダルジェント賞最優秀プロデューサー賞/バリ国際映画祭最優秀助演女優賞ほか
子供のころからの夢だった安定した終身雇用の職=公務員となって15年のケッコが、公務員削減の対象になってしまった・・・
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 主演:ケッコ・ザローネ

komuin_main
© TAODUE srl 2015

『日々と雲行き』(2007年/117分 原題 GIORNI E NUVOLE)
イタリア・アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞/モスクワ国際映画祭 最優秀主演女優賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀主演女優賞/イタリア映画記者協会賞 最優秀主演女優賞/ローマ映画祭 特別賞/イタリア映画祭2008上映作品
監 督:シルヴィオ・ソルディーニ 
出 演:マルゲリータ・ブイ/アントニオ・アルバネーゼ  
英 題:DAYS AND CLOUDS 
2007年/イタリア・スイス・フランス共同製作/デジタル/117分

 一人娘が成人し豪邸で仲睦まじく暮らす ミケーレとエルサのカップル。
 だが、夫のミケーレが失業してしまう…。
 イタリアを代表する俳優アントニオ・アルバネーゼと マルゲリータ・ブイ演じる中年夫
婦を『ベニスで恋して』『風の痛み』のソルディーニ監督が見事に演出

kumoyuki_main

「マフィアは夏にしか殺さない」(2013年/90分/原題 La mafia uccide solo d’estate )
イタリア・アカデミー賞新人監督賞・青少年審査員賞/イタリア・ゴールデングローブ賞 最優秀脚本賞/イタリア映画記者協会賞 新人監督賞・最優秀脚本賞/トリノ映画祭 観客賞/ゴールデンCIAK賞 脚本賞・編集賞/バンピ・ペリ映画祭 作品賞・話題賞/ブストアルシツィオ映画祭 観客賞・脚本賞/バリ国際映画祭 作品賞/アヌシー・イタリア映画祭 グランプリ/イタリア映画祭2014上映作品
監 督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト 
出 演:ピフ/クリスティアーナ・カポトンディ 
英 題:The mafia kills only in summer 
2013年/イタリア/デジタル/90分
提 供:オンリー・ハーツ

 反マフィアで知られるピエトロ・グラッソ判事が 「マフィア映画のベスト!」と絶賛し、
 イタリアで大ヒットした作品。
 役者として活躍するピフが、 本名のピエルフランチェスコ・ディリベルト名で 初監督
し、デビュー作にして、国内外の数多くの映画賞を受賞。
 なお、ピフは本作で監督と主演以外、原案と脚本と4役を務めている。

mafia_main

〈インフォメーション〉
★『Viva!イタリア Vol.3 』
5月27日(土)~ 東京 ヒューマントラストシネマ有楽町/(名古屋)名演小劇場
6月24日(土)~ (大阪)シネ・リーブル梅田他にて全国順次公開予定
『Viva!イタリア Vol.3』公式サイト http://www.vivaitaly3.com/
後 援:駐日イタリア大使館/イタリア文化会館
配 給:パンドラ www://pan-dora.co.jp

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:20  Comments (0)

「イタリア・アモーレ・ミオ!」が全てのイタリアファンのために戻ってきます!

Buongiorno a tutti!

在日イタリア商工会議所主催のイベントのご紹介です!

iam_visual_2017_01_2

「イタリア・アモーレ・ミオ!」とは、イタリアと日本の国交樹立150周年を記念して2016年に在日イタリア商工会議所が開催した2日間のイベントです。
六本木ヒルズを会場に5万人以上が訪れ、イタリアのトップブランドが勢ぞろいし、豪華パフォーマンスやコンサート、トークショーが目白押しの日本最大級のイタリアイベントです。
今年はイタリアのラグジュアリー、料理、音楽とスポーツの代表ブランドを皆さまにお届けいたします。

皆さま今週末はぜひ六本木へ!

credit Mina Kitano (Hotter than July inc)
©Mina Kitano (Hotter than July inc)
credit Mina Kitano (Hotter than July inc) (2)
©Mina Kitano (Hotter than July inc)

〈インフォメーション〉
日 時:2017年5月20日(土)~21日(日)10:00~20:00
場 所:六本木ヒルズ
主 催:在日イタリア商工会議所
公式HP:http://www.iccj.or.jp/

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 16:15  Comments (0)
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31