「ルーチェ・チネチッタPresents CINEMA ITALIAN STYLE イタリア ネオ+クラッシコ映画祭2017」前夜祭試写会のお知らせ

Buonasera a tutti !

 

今日は、イタリア映画好きにとっては嬉しい試写会と映画祭のお知らせです!

 

イタリア映画が誇る現代の古典(ネオクラッシコ)と、永遠の古典(クラッシコ)を、デジタル・リマスター版で一挙上映する「ルーチェ・チネチッタPresents CINEMA ITALIAN STYLE イタリア ネオ+クラッシコ映画祭2017」が、3月11日(土)~4月7日(金)までYEBISU GARDEN CINEMAで開催されます。

繧、繧ソ繝ェ繧「蟐剃ス薙そ繝・ヨ・撰シ抵シ托シ・繧ウ繧吶Δ繝ゥ繝。繧、繝ウ

その開催を記念して、3月10日(金)にイタリア文化会館にて前夜祭試写会が行われ、主催者より、100名様が招待されることになりました。

 

■日時:2017年3月10日(金)

18:00開場

18:30スタート(挨拶・トーク)

18:45「無防備都市」デジタル・リマスター版上映開始

20:30上映終了予定

 

■会場:イタリア文化会館アニェッリホール(B2F)

 

応募先:italianeocla@gmail.com

上記メールアドレス宛にお名前、メールアドレス、年齢、性別、電話番号を記入の上、メールをお送りください。*もし2名で参加したい方は同伴者の方のお名前も記入ください。

 

応募締切:3月6日(月)10:00

 

当選の発表:

当選のお知らせは3月6日(月)にメールにて送られます。

繧、繧ソ繝ェ繧「蟐剃ス薙そ繝・ヨ・撰シ抵シ托シ・證玲ョコ縺ョ譽ョ

「ルーチェ・チネチッタPresents CINEMA ITALIAN STYLE イタリア ネオ+クラッシコ映画祭2017」

3月11日(土)-4月7日(金)までYEBISU GARDEN CINEMAにて開催!

公式サイトhttp://mermaidfilms.co.jp/neoclassicoitalia2017/

 

上映作品:

ネオレアリズモの軌跡>「無防備都市」、「戦火のかなた」、「自転車泥棒」「ウンベルトD」「青春群像」

わが青春のイタリア女優たち>「狂った夜」「汚れない抱擁」「激しい季節」「鞄を持った女」「わが青春のフロレンス」

イタリア式喜劇の笑み>「三月生れ」「気ままな情事」

現代の巨匠パオロ・ソレンティーノ初期傑作>「愛の果てへの旅」「もうひとりの男」

アンコール上映>「ロベレ将軍」「暗殺の森」「フェリーニの道化師」「ゴモラ」

繧、繧ソ繝ェ繧「蟐剃ス薙そ繝・ヨ・撰シ抵シ托シ・髷・r謖√▲縺溷・ウ

全18作品の上映のうち、クラッシコにあたる旧作12作品は、すべてルーチェ・チネチッタが総力を挙げて手がけたデジタル・リマスター版にて上映します。名画から、新しい巨匠までイタリア映画を十分に楽しんでもらえる3週間です。

 

 

イタリア文化会館

語学講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 17:13  Comments (0)

アゴスティDVD発売記念&最新作上映会

Buongiorno a tutti!!

イタリア文化を紹介する団体京都ドーナッツクラブが
映画事業を始めるきっかけとなった
イタリアの異才シルヴァーノ・アゴスティ監督。
その代表作となる3作品(『快楽の園』『カーネーションの卵』『ふたつめの影』)のDVD発売を記念し、
最新作「不可能という魅力」(Il fascino dell‘impossibile, 2015) を関東初上映します。
シチリアの片田舎に、発達障害の子供たちのための開放的な施設を作ったルイージ・フェルラウト(Luigi Orazio Ferlauto)。
その驚くべき活動の軌跡を追ったドキュメンタリー。
90歳を超える彼がアゴスティのインタビューに答えます。

ilfascino_09

音楽は「ニュー・シネマ・パラダイス」でも知られる
映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ。
トークゲストに精神科病院を調査報道するジャーナリスト・大熊一夫氏をお招きします。

ilfascino_04

 

『不可能という魅力』
原題:Il fascino dell’impossibile
2015年/イタリア/カラー/60分
監督:シルヴァーノ・アゴスティ
音楽:エンニオ・モリコーネ

日時:2月8日(水) 19:50開場 20:00開演 上映後トークショー
料金前売: 1,500 円 当日 1,800 円
会場:アップリンク渋谷 FACTORY(1F)
リンク公式サイト 京都ドーナツクラブ

  ilfascino_01-700x466

ilfascino_02-700x393

シルヴァーノ・アゴスティ
1938年、ブレーシャ生まれ。作家、映画監督、詩人、俳優。愛、労働、性、精神病、宗教、権力など、テーマの広さとラディカルな表現から、驚異のインディペンデント監督として各国の映画祭で絶賛。イタリア最高峰の文学賞・ストレーガ賞にノミネートするなど、文筆家としても大きな成果を残す。1日3時間以上は働かず、99歳になったらお祝いにセックスをして死ぬつもりだと公言する。権力、イデオロギー、世間の常識などから解放され、常に「人間」であるべきだと語る。 商業主義を嫌い、経済的にも精神的にも独立して創作するために、映画製作配給会社・映画館・出版社を自ら経営。自身が1983年にローマに開いた映画館「アッズッロ・シピオーニ」は、何十年もの間ローマ市民に愛されている。

野村雅夫
ラジオDJ/翻訳家。Ciao! MUSICA (FM802)、897Selectors (InterFM897)、音力 ONCHIKA(ytv)。イタリア文化を紹介する「京都ドーナッツクラブ」代表で、映画や小説の翻訳も行う。訳書『1日3時間しか働かない国』など。当イベントのMCを務める。

大熊一夫
日本の新聞・雑誌記者、ジャーナリスト。1970年、アルコール依存症を装って精神科病院に潜入入院し、『ルポ精神病棟』を朝日新聞社会面に連載。現在、精神科病院廃絶に向け活動を行っている。近著に『精神病院はいらない!』など。

・公式HP:京都ドーナツクラブ
・公式Facebook:京都ドーナツクラブFacebookページ
・公式Twitter:@doughnutsclub

イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 07:57  Comments (0)

映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』

Buongiorno a tutti!!
 
昨年の難民映画祭でも上映され、本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされている映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』が、いよいよ2/11よりBunkamuraル・シネマ ほかにて公開されます!
 
umi_main
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
 
<ストーリー>
地中海に浮かぶ小さな島に暮らす12歳の少年サムエレは、友達と手作りのパチンコで遊ぶのが大好きなどこにでもいる普通の子ども。だが彼が暮らすその島は他とは違う。彼の島、ランペドゥーサ島は、この数十年間アフリカや中東から船でやってくる移民や難民にとってのヨーロッパの玄関口だ。平和と、自由で幸せな暮らしを求め、命がけで海を渡る人々。しかしその過程で多くの人が命を落とす。日々この人道危機を目の当たりにしてきた島の日常に、カメラは静かに寄り添う。
 
 
umi_sub1
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
 
umi_sub2
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
—–
 
前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』で2013年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞したジャンフランコ・ロージ監督が、次にカメラを向けたのはひとつの島。難民危機の最前線、ランペドゥーサ島です。ある国際映画祭で上映する短編を撮影するために島に入ったロージ監督は、ニュースでは描かれない複雑な世界を目の当たりにし、たった数分の映画に収めることは不可能だと悟ります。
 
umi_sub5
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
そして、島に暮らすたったひとりの医師から聞いた難民救援の現状や、少年サムエレとの出会いをきっかけに、『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』の製作を決意しました。島へ移り住み、ランペドゥーサの人々と時を共有しながらゆっくりカメラを回し、島の“真の姿”を描き出しました。自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の旅を経て島にやって来た難民の涙。小さな島の中には死があり、そして、生がある。美しく詩情溢れる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作です。
 
umi_sub3
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
本作は、2016年度のベルリン国際映画祭で金熊賞(グランプリ)を獲得、本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされました。本作のプロモーションで来日中にアカデミー賞®ノミネートの知らせを受けた監督は、「地図には見えない小さなランペドゥーサ島から、ベルリン、64か国での上映を経て、ハリウッドへ。『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』は、わたしにとって、すばらしい旅となりました。その旅の終点である日本で、このような嬉しいニュースを皆さんと共有できて、とても嬉しいです。ぜひ、日本でも多くの方に観ていただきたい。」とコメントを残しています。
 
世界中の映画祭を席巻中の本作、ぜひ映画館でご鑑賞ください。
 
ジャンフランコ・ロージ監督
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
umi_director2
©21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinéma
 
 
『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』
 
2017年2月11日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
 
〔2016年/イタリア=フランス/114分〕
・監督:ジャンフランコ・ロージ 
・原題:FUOCOAMMARE
・後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
・協力:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
・配給:ビターズ・エンド 
・公式HP:http://www.bitters.co.jp/umi/
・公式Facebook:https://www.fb.com/umiwamoeteiru/
・公式Twitter:@umiwamoeteiru
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 11:25  Comments (0)

映画『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』

Buongiorno a tutti!!
 
本日は、Bunkamura ル・シネマ他で上映中のドキュメンタリー映画『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』のご紹介です。
 
ミラノ・スカラ座は他に類を見ないほど、音楽史に残る数々の偉人たちと切り離しがたく結びついています。
この劇場を伝説へと押し上げた人物とは、ジュゼッペ・ヴェルディ、ジャコモ・プッチーニ、アルトゥーロ・トスカニーニ、マリア・カラス、ルキノ・ヴィスコンティ……。近年ではクラウディオ・アバド、リッカルド・ムーティがそれを引き継ぎ、劇場内には今も神聖な空気が漂っています。
 
scala_main
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015  
 
カラス_ヴィスコンティ
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
映画の中で詳しく語ってくれるのは、共に指揮者でスカラ座の音楽監督であるダニエル・バレンボイムとリッカルド・シャイー、オペラ歌手のプラシド・ドミンゴとミレッラ・フレーニ、バレエダンサーのカルラ・フラッチとロベルト・ボッレ。
 
バレンボイム
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
ドミンゴ
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
ロベルト・ボッレ
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
ミラノ・スカラ座は1778年に落成し、そこからイタリアのグランドオペラの伝統が始まりました。ベルベットのカーテンドレープや木製の舞台、オーケストラの椅子にしみ込んだ様々な感情は今もそこにあり、毎夜、照明が落とされ観客が静まり返り、公演が始まると姿を現します。
 
TeatroAllaScala_04
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
カウフマン
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
俳優サンドロ・ロンバルディのナレーションに付き添われたカメラが、私たちを場内のコリドーへといざない、238年の歴史に浸らせてくれます。これは観客にとって最高の贈り物であり、数々の発見の連続を目の当たりにする機会でもあります。
 
製作陣のルカ・ルチーニとシルヴィア・コルベッタは次のように述べています。
 
「スカラ座の本質を語らなければ、240年近い歴史を持つミラノ・スカラ座の秘密は見えてきません。それは“感情の工場”であるということ。情熱や犠牲、才能や献身が1つになる独特の場所がスカラ座なのです。私たちは事実関係をきっちり年代順に並べるという堅苦しいことはやめ、照明や音楽、映像、静寂の急流を下るように描くことを選びました。」
 
本作のもう1つの見どころは、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』の撮影監督ルカ・ビガッツィによる美しい映像(撮影・編集は4Kで行われている)の世界です。また劇中、国立科学技術博物館とレジナ・マルゲリータ発電所も登場し、技師のジュゼッペ・コロンボが初めてスカラ座の照明を電気に切り替えるシーンで、再現映像の背景になっています。
 
ヌレエフ
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
パヴァロッティ
© Rai Com – Skira Classica – ARTE France – Camera Lucida Productions 2015
 
 
スカラ座の音楽監督ダニエル・バレンボイムに「この劇場は生きている」と言わしめる、スカラ座のすべてを描く本アート・ドキュメンタリーはオペラ初心者にとっても格好の歌劇&歌劇場ガイダンスであり、同時に誠実なる創造の記録となるでしょう。
 
舞台芸術の神殿「ミラノ・スカラ座」の世界、ぜひご覧ください!
 
 
『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』
 
12月23日(金・祝)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
 
〔2015年/イタリア/102分/カラー〕
・監督:ルカ・ルチーニ 『ただひとりの父親』  
・撮影監督:ルカ・ビガッツィ 『グレート・ビューティー/追憶のローマ』
・出演:ダニエル・バレンボイム、リッカルド・ムーティ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロティ、マリア・カラス、ルキノ・ヴィスコンティ、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ロベルト・ボッレ、アレッサンドラ・フェリ、クラウディオ・アバド、ルドルフ・ヌレエフ、アルトゥーロ・トスカニーニ
・原題:Teatro alla scala – Il tempio delle meraviglie
・英題:Teatro alla Scala: The Temple of Wonders
・提供:テレビ東京、コムストック・グループ  
・配給:コムストック・グループ  
・配給協力:東京テアトル  
・宣伝:ポイント・セット
・公式HP:http://milanscala.com/
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 17:29  Comments (0)

映画『胸騒ぎのシチリア』

Buongiorno a tutti!!

本日は現在公開中の『胸騒ぎのシチリア』のご紹介です。

 
%e3%82%b5%e3%83%962%e3%80%80
© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED
 
 
<ストーリー>
世界的な人気を誇るロック歌手のマリアン(ティルダ・スウィントン)は、痛めた声帯と心を癒す為、年下の恋人のポール(マティアス・スーナールツ)とシチリアのパンテッレリーア島で優雅な時間を過ごしていた。ところが、マリアンの元彼でカリスマ音楽プロデューサーのハリー(レイフ・ファインズ)が、セクシーな娘ペン(ダコタ・ジョンソン)を連れて押しかけてくる。歌って踊り続けるエネルギーの塊のようなハリーは、実はマリアンとの復縁を狙っていた。一方で、若さを持て余したペンはポールへの好奇心を募らせていく。マリアンの焦りが最高潮に達した時、思いもよらない事件が待ち受けていた―。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%91
© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED
 
<概要>
本作は、アラン・ドロン主演の『太陽が知っている』を元に、ルカ・グァダニーノ監督が、モダンなセンスと斬新なアイディアで生まれ変わらせました。ヴェネチア、トロント、ベルリン国際映画祭に出品された『ミラノ、愛に生きる』では、ヴィスコンティを彷彿させると絶賛されたグァダニーノ監督。カルティエ、ルイヴィトンなどのハイブランドの広告を手掛けたことでも知られています。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%95%e3%80%80
© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED
 
主人公マリアン役には、『フィクサー』でアカデミー賞®に輝いたティルダ・スウィントン。『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』などアート系の作品の個性的なキャラクターから、『ナルニア国物語』などハリウッドの超大作まで、どんな役柄でも圧倒的な存在感を放ってきた彼女。本作ではセリフが極端に少ない役柄であるにも関わらず、一緒にいると振り回されてばかりだが奔放さが魅力的な昔の恋人と、誠実だが少し退屈な今の恋人の間で揺れる女心を、眼差しと表情、身のこなしで演じきりました。
 
マリアンの元恋人のハリーには、『シンドラーのリスト』『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞®にノミネートされ、最近では、『グランド・ブダペスト・ホテル』で演じたホテルマン役も高く評価されたレイフ・ファインズ。揺るぎなき名優の域に達した彼が、果敢にも新境地を開拓。破天荒な音楽プロデューサーを大胆に演じ、強烈な印象を残しました。
 
豪華キャストに加え、本編を彩るのは、ローリング・ストーンズの名曲と、Diorの衣装の数々。そしてシチリア・パンテッレリーア島の美しい景観がひと夏のヴァカンスを彩ります。
 
%e8%83%b8%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%81%e3%83%aa%e3%82%a2_%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
© 2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED
 
 
 
胸騒ぎのシチリア
 
11月19日(土)、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開!
 
・監督:ルカ・グァダニーノ『ミラノ、愛に生きる』
 
・キャスト:ティルダ・スウィントン『フィクサー』/レイフ・ファインズ『グランド・ブダペスト・ホテル』/ダコタ・ジョンソン『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』/マティアス・スーナールツ『リリーのすべて』
 
2015年/イタリア・フランス/英語/125分/ビスタ/カラー/5.1ch/原題:A Bigger Splash/日本語字幕:石田泰子 配給:キノフィルムズ
 
・配給:キノフィルムズ

※公式WEBサイトはこちらからご確認ください。
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 14:48  Comments (0)

ブレラ国立美術学院・女子美術大学交流作品展

Buongiorno a tutti!!

本日は、女子美術大学相模原キャンパスの美術館(女子美アートミュージアム)で開催中の 「ブレラ国立美術学院・女子美術大学交流作品」展 のご案内です。
 
brera1
 
本展は2014年11月に女子美術大学とブレラ美術学院が学術協定を締結したことを機会に開催される、両校の教員、優秀学生による作品交流展です。ブレラ国立美術学院からは、学長と教員、学生を含めた30人の作品が出品されています。一方、女子美術大学からは洋画、版画の教員、学生を中心におよそ80点あまりの作品が展示されています。

会期中にはブレラ美術学院の教員、学生を招聘し、両校の学生による共同制作ワークショップも行われます。

本展は、作品交流、ワークショップの経験を通し、学生同士の交流を深めるとともに、イタリアと日本、それぞれの芸術文化に影響を与え合い、異文化への相互理解を図るきっかけになることを期待するものです。
 
日伊両国の教員、学生たちによる作品展、是非ご高覧ください。
 
※本展は日本での展示の後、翌年にはイタリア・ミラノの旧聖カルポーフォロ教会に巡回予定です。
 
brera2
 
 
<概要>

「学術協定校 ブレラ国立美術学院・女子美術大学交流作品」展

 
・会期:
2016(平成28)年11月9日(水)~12月2日(水)
火曜休館
午前10時~午後5時(ただし、入場は午後4時30分まで)
 
・会場:
女子美アートミュージアム
〒252-8538 神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学 相模原キャンパス
電話:042-778-6801  
http://www.joshibi.net/museum/
 
・主催:
女子美術大学、女子美術大学美術館
 
・共催:
ブレラ国立美術学院
 
・後援:
イタリア大使館
相模原市
相模原市教育委員会
 
・助成:
公益財団法人 野村財団
 
・観覧料:
無料
 
※巡回展
学術協定校 ブレラ国立美術学院・女子美術大学 交流作品展2017ミラノ会場
2017年1月17日(火)~2月9日(木) 月~金 9:30~18:00 土 9:30~12:30
旧聖カルポーフォロ教会(L’ex Chiesa San Carpoforo)
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア留学

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 18:37  Comments (0)

映画「五日物語―3つの王国と3人の女―」

Buongiorno a tutti!!
 
本日は、11月25日(金)公開の『五日物語―3つの王国と3人の女―』のご紹介です。
 
%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e8%bb%bd
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
 
<ストーリー>
3つの王国が君臨する世界。ある王国では、不妊に悩む女王が“母となること”を追い求め、国王の命と引き換えに美しい男の子を出産した。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%93
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
また、ある王国では、老婆が熱望する“若さと美貌”を不思議な力で取り戻し、妃の座に収まった。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%91
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
そして、もう一つの王国では、まだ見ぬ“大人の世界への憧れ”を抱く王女の結婚相手が決められようとしていた。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%92
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
しかし、3人の女たちの欲望の果てには、皮肉な運命の裏切りが待っていた…。
 
—–
 
17世紀初頭に生まれた世界最初のおとぎ話「ペンタメローネ[五日物語]」に描かれたのは、400年の時を経た現代と変わる事のない、残酷なまでの女の“性(サガ)”。グリム兄弟にも多大な影響を与えたその物語の数々から、3つのストーリーを1つのテーマのもと結びつけ、独創的な美的感覚で映像化したのは、『ゴモラ』『リアリティー』で、カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを2度受賞した鬼才監督:マッテオ・ガロ-ネ。元画家の感性を十二分に発揮して、ゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを得た、壮麗な中に不気味さを漂わせる映像と、皮肉に満ちたストーリーが融合した、どんな映画にも似ていない、唯一無二の大人のファンタジーが誕生しました。
 
イタリアを縦断して歴史遺産ともいえる建物や、おとぎ話の世界そのものの景観での撮影を敢行。シチリアのドンナフガータ城、アブルッツォ州のロッカスカレーニャ城、世界遺産にも登録されたアンドリアのデルモンテ城の他、幻想的なアルカンタラ峡谷、ソヴァーナの洞窟など、イタリアの知る人ぞ知るロケーションもお楽しみください。
 
 
 
『五日物語―3つの王国と3人の女―』
–11月25日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー!–
監督:マッテオ・ガローネ
出演:サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、トビー・ジョーンズ、ジョン・C・ライリー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
原題:Il racconto dei racconti/2015/伊・仏/シネスコ/カラー/5.1ch/133分
 
※詳細は本作公式HPをご覧ください。
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:00  Comments (0)

マックス・ガゼ、ネグリータ、ゼフィロ東京公演

Buongiorno a tutti!
 
本日は東京・高田馬場にあるCLUB PHASEで行われるHitWeek(ヒットウィーク)のご紹介です。
 
HitWeek(ヒットウィーク)とは、イタリアのミュージック・シーンを世界に広める目的で行われているフェスティバルです。
 
現在までにアメリカ、カナダ、中国、ブラジルで開催されており、2016年はマックス・ガゼ、ネグリータ、ゼフィロというラインナップで日本にやってきました。ライブ日程は2日間。10月20日にマックス・ガゼ、21日にネグリータが出演します。両日ともに、3年ぶりの日本公演となるゼフィロがオープニング・アクトを務めます。
 
2日間でイタリアの有名アーティスト3組のライブを堪能できるまたとない機会、どうぞお見逃しなく‼︎
 
gazze2-barbara-oizmud
 
MAX GAZZE マックス・ガゼ
ローマ生まれのヨーロッパ人。若くしてベルギーに移住しヨーロピアン・スクールに通学。エレキベースを弾き始め、多数のバンドに参加し、ブリュッセルのライブハウスに出演。新しい音楽の潮流Nuova Scuola Romanaのシンガー・ソング・ライターとして世間を賑わせる。
 
ベーシストとしての実力も折り紙つきで、イタリアに帰国後は、ニッコロ・ファービ、アレックス・ブリッティ、ダニエレ・シルヴェストリなど、90年代を代表するローマの若手ミュージシャンと交流し、音楽の新たな可能性を開拓する。
 
1996年にファーストアルバムContro un’onda del mare(海の波に抗って)を発表。続く1998 年には彼のキャリアに燦然と輝く傑作La favola di Adao ed Eva(アダムとイブのお伽噺)を発表。2000 年、アルバムMax Gazzè に収録されている”Il timido ubriaco”(臆病な酔っ払い)でサンレモ音楽祭に出演を果たす。
 
多数のミュージシャンと共作しており、中でもパロラ・トゥルチ、マリーナ・レイは、”Il solito sesso”(いつものセックス)で2008年サンレモ音楽祭で共演も果たしている。さらにダニエレ・シルヴェストリ、ニコロ・ファービとの共作プロジェクト。2014年にアルバムPadrone della festa(パーティーの主)を発表し、ともにヨーロッパ・ツアーも敢行している。
 
2015年、ガゼは再びソロとしてアルバムMAXIMILIAN(Universal Music)を発表。10月30日にリリースされ、ゴールド・ディスクに選ばれる。この作品からの先行シングルLa vita com’è(あるがままの人生)は数日でヒットチャートの頂点に登りつめ、セカンドシングル“Mille volte ancora”(あと千回)も好評を博している。
 
 
negrita-by-cristiano-molina-717x1024
 
NEGRITA ネグリータ
イタリアの音楽シーンにおいて最も影響力のあるロックバンドの一つ。
バンドの結成はトスカーナ。音楽好きの友人が集まったのが長いキャリアの始まり。確かな演奏力に裏打ちされた革新的なサウンドは、バンド結成時から唯一無二である。
 
1992年に現在のメンバーに落ち着くと、デモテープを作成し、イタリア各地でライブを行う。すぐに大きなエネルギーを秘めたロック・バンドの新鋭として認められる。プラチナ・ディスクとなったDannato Vivere(地獄に落ちて生きる)とアコースティック・プロジェクトDéjà Vu(デジャヴ)で成功を収めたネグリータは、新たなプロジェクトを始動させる。ファブリツィオ・バルバッチをプロデューサーに迎えたニュー・アルバム“9”である。今年の3月24日に Universal Music Italia からリリースされたこの作品は、アイルランドのグロース・ロッジで録音され、ニューヨークのスターリング・サウンドでテッド・ジェンセンがマスタリングを行った意欲作。バンドの中でも、よりロック色の強い要素を抽出した13曲が収録されている。先行シングル“Il Gioco”(ゲーム)はMVが視聴可能。ラジオとオンラインストアにて大々的に展開中である。
 
 
zephiro-foto-ilaria-turini
 
ZEPHIRO ゼフィロ
ローマを拠点に活動するニュー・ウェーブ・バンド。現在のメンバーは、ベース&ボーカルのク ラウディオ・デジデーリ、ギターのクラウディオ・トデスコ、ドラムスのレオナルド・センティネッリ。300本のライブをこなしつつ、2006年にはファーストアルバム Immagina un giorno(いつかを夢見て)をローマのMessagerie Musicali(音楽配給業者)から高評価を得る。カール・パルマー、ディアフランマ他多数のアーティストとライブで共演。ローマ・テニス・センターでのライブも圧巻だった。M.E.I.-KatawebやRock Targato Italiaなどのコンテストで優勝。2007年Radio Uno,Radio Due,Radio DeeJay,RadioRockなど国内の主要ラジオ局で楽曲がオンエアされる。2009年から2013年にかけては主に国外での活動に重点を置く。
 
2009年5月に行った初の日本ツアーでは東京で6本のライブを行う。2010年4月から6月にかけて二度目の日本ツアーを行い、東京、横浜、大阪、川崎で37本のライブを行う。2011年9月にはアメリカへ。“Zephiro New York Tour”と題し、ニューヨークで3本のライブを行う。2012年に2曲の日本語楽曲を含む5曲入りEPのKawaita meを発表。2013年に9本の東京ライブ、2014年からは2017年に発売予定のセカンド・アルバ ムに向けてレコーディングを開始している。アルバムに収録予定の2本のMVをアイスランドで撮影。アメリカの女性飛行士を題材にした“Amelia”(アメリア)と、変身を遂げる生命の周期を歌った“Crisalide”(さなぎ)である。
 
 
 
【公演概要】
・会場:Club PHASE
東京都豊島区高田3-8-5
セントラルワセダB1F
 
・チケット:
チケットはEプラスにて発売中。
10月20日(OPEN 18:45 START 19:30) マックス・ガゼ スペシャル・ゲスト:ゼフィロ 3500円
10月21日(OPEN 18:45 START 19:30) ネグリータ スペシャル・ゲスト:ゼフィロ 3500円
二日通し券(10月20日、21日) 5500円
 
・後援:
イタリア大使館/イタリア文化会館 -東京/イタリア商工会議所
 
・パートナー:
FIMI(イタリア音楽産業連盟)
 
・メディアパートナー:
エリオ・ロカンダ・イタリアーナ/Fiat/Abarth Japan/アクアパンナ/サンペレグリノ/ExpoLive Project/ミキトラベル・イタリア/Piccola Radio Italia/TIG(日本インターンシップ)
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 08:00  Comments (0)

第26回イタリア語スピーチコンテスト

Buongiorno a tutti!
 
今年もイタリア語スピーチコンテストの季節がやってきました!
 
2016-12-03-01
 
 
今年で26回目を迎えるこのコンテストは、日本におけるイタリア語学習の発展や学習者の意欲向上のために開催されるものです。イタリア語で文章を考え・書き・話すという作業は、イタリア語力の更なる向上に役立つことでしょう。
 
入賞者には、賞状、賞杯とともに、イタリア研修費や航空券などの副賞が授与されます。
皆さん、ぜひトライしてみませんか?
 
 
◆ 参加資格
 
両親のいずれもがイタリア語を母国語とせず、海外でイタリア語を使用する地域・学校での在住が通算5年以内、在学が通算2年以内の人。年齢制限はありません。このコンテストで過去優勝した人は除かれます。なお、主催者によって資格を審査される場合があります。
 
◆ 申込方法
 
イタリア語のスピ-チ原稿(テ-マは自由、スピ-チで4分以上5分以内)と、所定の応募申込書を添付のうえ、下記住所宛にお申込みください。
なお、用紙は電話にてご請求ください。または、HPより、ダウンロードすることもできます。
 
〒107‐0052 
東京都港区赤坂7‐2‐17
赤坂中央マンション205
(公財)日伊協会スピーチコンテスト係

(TEL : 03–3402-1632)
 
◆ 申込締切
2016年10月20日(木) 当日必着
 
◆ 審査方法
 
【第1次審査】
提出されたスピーチ原稿の審査により、10名前後の最終審査会出場者が選ばれ、11月4日頃までに本人あてに通知されます。
 
【最終審査】
提出された原稿によるスピ-チと、イタリア語による質疑応答により、入賞者が決定されます。
 
※審査は語学力のみならずスピ-チ内容など幅広い観点より行なわれます。
 
◆ 最終審査会ならびに授賞式
 
2016年12月3日(土)午後1時 よりイタリア文化会館〔アニエッリホ-ル〕 にて行なわれます。
(一般公開、入場無料)
日伊協会主任講師の押場靖志先生と、日本における通訳第一人者のRiccardo Amadei先生によるトークショー「イタリア語よもやま話」も併せてお楽しみいただけます。
 
◆ 賞
 
1位から3位まで(各1名)を入賞とし、日伊協会より賞状および賞杯、さらに各入賞者に下記の副賞が授与されます。
 
【第1位】
日伊協会よりイタリア語学校(Roma Torre di Babele校)研修授業料、
スルガ銀行賞として滞在費として10万円
アリタリア-イタリア航空より航空券(東京-ロ-マ往復)
イタリア文化会館賞
 
【第2位】
日伊協会よりイタリア語学校(Siena Dante Alighieri校)研修授業料、
スルガ銀行賞として10万円分の旅行券
 
【第3位】
スルガ銀行賞として5万円分の図書券
 
なお上記以外に特別賞として朝日新聞社賞、日伊協会賞が授与されます。
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 08:00  Comments (0)

映画『人間の値打ち』

Buongiorno a tutti!!
 
本日は、現在公開中の映画『人間の値打ち』のご紹介です。
 
%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab
(C)2013 Indiana Production Company Srl / Manny Films
 
 
イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、脚本賞など7冠を受賞したほか、国内外で40以上の賞を受賞し、世界各国で称賛を浴びた傑作。「見わたすかぎり人生」「ナポレオンの愛人」のパオロ・ヴィルズィがメガホンを取った本作は、クリスマスイブ前夜にイタリア・ミラノ郊外で起こったひき逃げ事故をきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密が暴かれていくサスペンスドラマです。
 
 
%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f
(C)2013 Indiana Production Company Srl / Manny Films
 
 
上流階級への憧れから危険なファンドに手を出す男、“富豪の妻”であるだけの自分を変えたいと思う女、金持ちのボーイフレンドがいるが本当の愛を知らない若い女といった人物たちの物語を通し、人間の真の価値を問いかけます。
 
 
%e3%82%b5%e3%83%9601
(C)2013 Indiana Production Company Srl / Manny Films
 
 
本作で上流家庭のカルラ・ベルナスキ役を演じたヴァレリア・ブルーニ・テデスキは、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀女優賞を獲得しました。
 
 
%e3%82%b5%e3%83%9602
(C)2013 Indiana Production Company Srl / Manny Films
 
 
監督・脚本を手掛けたのは、イタリア映画ファンにとって“知る人ぞ知る名匠”パオロ・ヴィルズィ(脚本は、フランチェスコ・ブルーニ、フランチェスコ・ピッコロとの共同)。アメリカ・コネティカットを舞台にしたステファン・アミドンによる原作小説「Human Capital(人的資本)」に出会ったヴィルズィ監督は、「お金にまつわる問題がいかに人間関係や人の運命、価値を左右しうるか」を描くべく舞台をイタリア・ミラノに置き換え新たな物語を生み出しました。
 
 
ラストまで目が離せない卓越したサスペンスストーリーが、アメリカ、イタリアだけでなく、いま現在の資本主義社会を生きる私たち一人ひとりに「人間の幸せとは?真の価値とは?」を問いかけます。
 
 
『人間の値打ち』
 
・監督・脚本:パオロ・ヴィルズィ
・原作:ステファン・アミドン『Human Capital』
・出演:ヴェレリア・ブルーニ・テデスキ、ファブリツィオ・ベンティボリオ、マティルデ・ジョリ、ファブリツィオ・ジフーニ、ヴァレリア・ゴリノ、ルイジ・ロカーショ
・配給:シンカ SYNCA
・宣伝:シャントラパ、太秦
・原題:IL CAPITALE UMANO/2013年/イタリア/109分/カラー/日本語字幕:関口英子
 
※劇場情報、映画詳細は特設webページよりご覧ください。
 
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 08:00  Comments (0)
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728