映画「五日物語―3つの王国と3人の女―」

Buongiorno a tutti!!
 
本日は、11月25日(金)公開の『五日物語―3つの王国と3人の女―』のご紹介です。
 
%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e8%bb%bd
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
 
<ストーリー>
3つの王国が君臨する世界。ある王国では、不妊に悩む女王が“母となること”を追い求め、国王の命と引き換えに美しい男の子を出産した。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%93
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
また、ある王国では、老婆が熱望する“若さと美貌”を不思議な力で取り戻し、妃の座に収まった。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%91
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
そして、もう一つの王国では、まだ見ぬ“大人の世界への憧れ”を抱く王女の結婚相手が決められようとしていた。
 
%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%92
(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS
 
しかし、3人の女たちの欲望の果てには、皮肉な運命の裏切りが待っていた…。
 
—–
 
17世紀初頭に生まれた世界最初のおとぎ話「ペンタメローネ[五日物語]」に描かれたのは、400年の時を経た現代と変わる事のない、残酷なまでの女の“性(サガ)”。グリム兄弟にも多大な影響を与えたその物語の数々から、3つのストーリーを1つのテーマのもと結びつけ、独創的な美的感覚で映像化したのは、『ゴモラ』『リアリティー』で、カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを2度受賞した鬼才監督:マッテオ・ガロ-ネ。元画家の感性を十二分に発揮して、ゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを得た、壮麗な中に不気味さを漂わせる映像と、皮肉に満ちたストーリーが融合した、どんな映画にも似ていない、唯一無二の大人のファンタジーが誕生しました。
 
イタリアを縦断して歴史遺産ともいえる建物や、おとぎ話の世界そのものの景観での撮影を敢行。シチリアのドンナフガータ城、アブルッツォ州のロッカスカレーニャ城、世界遺産にも登録されたアンドリアのデルモンテ城の他、幻想的なアルカンタラ峡谷、ソヴァーナの洞窟など、イタリアの知る人ぞ知るロケーションもお楽しみください。
 
 
 
『五日物語―3つの王国と3人の女―』
–11月25日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー!–
監督:マッテオ・ガローネ
出演:サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、トビー・ジョーンズ、ジョン・C・ライリー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
原題:Il racconto dei racconti/2015/伊・仏/シネスコ/カラー/5.1ch/133分
 
※詳細は本作公式HPをご覧ください。
 
 
 
イタリア文化会館
イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館 東京 09:00  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930