世界イタリア料理週間 TOP

JA IT

食文化関連書籍の紹介と販売

会場 イタリア文化会館 1F エキシビジョンホール 入場無料(セミナーは要予約)

 日本では、イタリア料理やエノガストロミー(ワイン・美食) 文化について、数多くの書籍が出版されています。イタリア文化会館では、世界イタリア料理週間の期間中、最新の関連出版物を集め、その中でも特に話題の書籍について、著者や翻訳者が自らの書籍について紹介するセミナーを開催します。さらに、紀伊國屋書店の協力のもと、関連書籍の販売を行います。
 

books

  

 

 

イタリアの食文化に関する書籍の紹介セミナー

各タイトルをクリックすると詳細が表示されます。

 おうちで作るイタリアンジェラート(齋藤由里)

■講師

 齋藤由里 Saito Yuri

■書名

 おうちで作るイタリアンジェラート

■講師略歴

 お菓子好き、イタリア好きが高じてジェラートとお菓子作りを習うためイタリアへ修行に。帰国後研究を重ねて、神楽坂の自宅でジェラートとイタリア菓子の教室「giglio (ジリオ)」を開く。2017年に『おうちで作るイタリアンジェラート』(世界文化社)を刊行した。

おうちで作るイタリアンジェラート

■講演概略

 イタリアでジェラート作りの修行を積んだ著者が、専用の機械がなくても、自宅でなめらかな舌触りのイタリアンジェラートが作れないかと試行錯誤しながら作った至極のレシピを1冊にまとめたのが同著。素材の甘みをいかしたフルーツジェラートや本格的な味わいのナッツやチョコレートジェラートなど、子どもから大人まで楽しめる40のレシピを紹介しています。
 このセミナーでは、ジェラート作りにおける「素材の性質による材料選び」や「混ぜる・練る作業」などを分かりやすくご紹介します。また、ジェラートの誕生物語やフィレンツェのおすすめジェラテリアなどもお教えします。


日時 11月19日(日)13:00~14:00
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 世界一のレストラン、オステリア・フランチェスカーナ(池田匡克)

■講師

 池田匡克 Ikeda Masakatsu

■書名

 世界一のレストラン、オステリア・フランチェスカーナ

■講師略歴

 1998年よりイタリア、フィレンツェ在住。イタリア国立ジャーナリスト協会会員。イタリア料理文化に造詣が深く、イタリア語を駆使してシェフ・インタビュー、料理撮影、執筆活動を行う。著書に『伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ』(武田ランダムハウスジャパン)、『シチリア美食の王国へ』(東京書籍)、『イタリアの老舗料理店』(角川書店)、『イタリア料理手帖』(世界文化社)、『フィレンツェ美食散歩』(ダイヤモンド社)など。2014年イタリアで行われた国際料理コンテスト「ジロトンノ」、「クスクス・フェスタ」などに唯一の日本人審査員として参加。2016年度世界ベストレストラン50イタリア地区評議員。2017年イタリア料理文化の普及に貢献したジャーナリストに贈られる「レポーター・デル・グスト」受賞。WEBマガジンSAPORITA主宰。www.saporitaweb.com

■講演概略

 北イタリア、モデナにあるオステリア・フランチェスカーナは、2016年度「世界ベストレストラン50」第1位に輝いた、今いちばん予約の取りにくいレストラン。シェフのマッシモ・ボットゥーラは、イタリア料理界で現在、最も影響力のあるカリスマです。本書はイタリア在住日本人フォト・ジャーナリストである著者が2年間にわたりボットゥーラに密着、美しい料理写真とともにその人物像や料理の世界に迫った世界初の「オステリア・フランチェスカーナ公認本」です。

世界一のレストラン、オステリア・フランチェスカーナ

 講演ではシェフの料理を支えるエミリア・ロマーニャ州の豊かな食材や伝統料理の概念からの脱却、発想の転換について、さらにレストランが取り組む食の貧困を支える活動まで、幅広くお話しします。

 

日時 11月20日(月)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 冷蔵庫まるごとイタリアン(横山修治)

■講師

 横山修治 Yokoyama Shuji

■書名

 冷蔵庫まるごとイタリアン

■講師略歴

 神奈川県横浜市出身。25歳でイタリア料理の道へ。1999年渡伊、マルケ州にて修行ののち、イタリア全土を食べ歩く。帰国後、都内有名店などを経て、2013年にイタリア大使館にほど近い東京都港区の慶応仲通商店街に南イタリアをイメージした「オステリア ラ ブーカ ディ ミタ」を開店する。

冷蔵庫まるごとイタリアン

■講演概略

 醤油や味噌、豆腐や納豆など、日本には日本の独自の食材があるように、イタリアにも日本では見かけないようなチーズやハーブ、野菜、肉類などの食材がたくさんあります。それらを使わないとイタリアンが作れないなんてさみしいですよね。本書は、日本の日常生活でも、冷蔵庫にあるような身近な食材を使って、本場のテイストたっぷりのイタリアンを日常的に楽しんでほしいという思いを込めて編集しています。

 レシピは本書を参考にしていただくとして、冷蔵庫にある食材を使って、簡単に、そして美味しいイタリアンを作るためのポイントとコツをセミナーではご紹介します。

《テーマ1》味付けのパターンと素材の関係

 イタリアらしい味付けパターンと素材の最適な組み合わせ、そしてその組み合わせをさらに美味しく仕上げるテクニックを紹介します。

《テーマ2》パスタをより美味しく仕上げる3つのコツ

 テーマ1はパスタに関しても重要な内容です。それを踏まえて、茹で方、麺とソースの合わせ方など、最後まで美味しく食べられるパスタの仕上げ方を提案します。

 

日時 11月21日(火)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

▲トップに戻る

 

 チーズの教本2017(本間るみ子)

■講師

 本間るみ子 Homma Rumiko

■書名

 チーズの教本2017

チーズの教本2017

■講師略歴

 NPO法人チーズプロフェッショナル協会 会長、
 株式会社フェルミエ 取締役会長。
 1986年、プロが利用する質の高いチーズを取り扱う専門店「フェルミエ」を開業。日本のチーズ普及の第一人者。著書に、「イタリアチーズの故郷を訪ねて  歴史あるチーズを守るDOP」(旭屋出版)、「パルミジャーノ・レッジャーノのすべて」(フェルミエ)など多数。

■講演概略

 本書(チーズの教本)は、チーズに携わるプロとして必要な基礎知識習得を目的として発行されました。ヨーロッパ伝統のチーズを学ぶことで、数百種類あるといわれるチーズへの理解が深まります。セミナーでは、ヨーロッパチーズの源流であるイタリアチーズを中心に、 人々をひきつけてやまないチーズの魅力をお伝えします。

 

日時 11月22日(水)16:30~17:30

参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 

 はじめてのおいしいフォカッチャ(河合美歩)

■講師

 河合美歩 Kawai Miho

■書名

 はじめてのおいしいフォカッチャ

foto5

■講師略歴

 料理家。季節感を大切にした、野菜が主役の料理教室「Cocochi」を東京・神楽坂や茨城・つくばにて開講中。様々な土地で食と出会い、人と出会い、暮らしと出会うことがモノづくりの原動力。イタリアでの1カ月にわたる料理修行の旅を経て、フォカッチャの可能性に気付く。2016年11月、「はじめてのおいしいフォカッチャ」(主婦の友社)を刊行。

■講演概略

 イタリアに料理修行に行ったのは7年前。北から南まで行ったり来たりの1カ月でした(トリノ → ブラ → テーラモ・キエーティ → カターニア → フィレンツェ→ ナポリ → オストゥーニ → レッチェ → ミラノ)。同じイタリアでもところ変われば食も変わり、その風土に重きを置いた多様な食文化とそれらを心から楽しむ人々に感動したのを鮮明に覚えています。

 イタリアで一般的に食べられているフォカッチャはとっても素朴なパンですが、イタリアでの料理修行の旅を経て、もっとアレンジできるはずだとフォカッチャの可能性に気づきました。「はじめてのおいしいフォカッチャ」では、フォカッチャの可能性を最大限引き出すアレンジレシピを収録していますが、どのレシピも簡単にご自宅で美味しく作ることができるよう心がけました。この機会を通じて、フォカッチャの魅力やアレンジレシピをお伝えできればと思います。

 

日時 11月23日(木)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

 

▲トップに戻る

 イタリアワインの教科書(林 茂)

■講師

 林 茂 Shigeru Hayashi

foto8

■書名

 イタリアワインの教科書

■講師略歴

 1978年サントリー入社。1982年以降合計13年間イタリアに駐在。2005年コンサルティング株式会社SOLOITALIA設立。1995年イタリアで日本人として初めてイタリアソムリエ協会(AIS)認定ソムリエ資格を取得。『最新基本イタリアワイン』他著書多数。

■講演概略

講義編(12:00-12:45)
 1996年にTBSブリタニカ社から私のイタリアワインの最初の本、『基本イタリアワイン』を出版させていただいてから今年で21年になります。当時日本にはイタリアワインを体系的にまとめた本がありませんでした。自分が苦労した点、分かりにくい点を中心に書いたものですが、今回の『イタリアワインの教科書』は、地図と表を多く使い、イメージしやすいように写真を多く入れた本です。また、74に及ぶ最新DOCGワインの詳細情報を入れ、イタリアの上級ワインのより細かい情報を入れました。そして、トータルで400以上あるイタリアの規定ワイン(DOC,DOCG)をより理解しやすいものにしました。
 セミナーでは、この本を中心に、イタリアワインの全体像をより一層わかりやすく解説するとともに、近年のイタリアワイン生産者の傾向、方向性などについてもお話させていただきたいと思います。

テイスティング編(12:45-13:20)
引き続き林茂先生によるCantina Negrar Valpolicell社のワインテスティングセミナーを行います。
(※20歳未満のお客様・お車でお越しのお客様はテイスティングをご遠慮ください)

 

日時 11月24日(金)12:00~13:20
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

 

▲トップに戻る

 イタリア料理のアイデンティティ(正戸あゆみ)

■講師

 正戸あゆみ Shoto Ayumi(翻訳者)

foto5

■書名

 イタリア料理のアイデンティティ

■講師略歴

 1983年、広島生まれ。大阪外国語大学大学院言語社会研究科博士前期課程修了。現在、辻静雄料理教育研究所勤務。共著に『イタリア料理基本用語』(柴田書店)、共訳書に『ポケット・ワイン・ブック』(早川書房)がある。

■講演概略

 本書はイタリア食文化史の第一人者による、まさに「イタリア料理ってなに?」に答えた1冊です。イタリアと呼ばれる大地、そしてそこに暮らす人々とその食文化の歴史をたどりながら、何をもってしてイタリア料理とするのか、あるいはイタリア料理の何がイタリアなのか。イタリア料理を考える上でのポイントを提示しています。

 イタリアの食にまつわる歴史を振り返りながら、イタリア料理がどのようにして現在の形を取るに至ったか、訳者の正戸あゆみ(辻調グループ辻静雄料理研究所)が様々な事例を引きつつ「美味しい」お話を致します。

 

日時 11月24日(金)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

 

▲トップに戻る

 トラットリア ドンチッチョの極旨シチリア料理(石川勉 × 池田愛美)

■講師名(対談形式)

 石川勉 Ishikawa Tsutomu(シェフ)、池田愛美 Ikeda Manami(著者)

foto5

■書名

 トラットリア ドンチッチョの極旨シチリア料理

■講師略歴

石川勉 
「トラットリア シチリア―ナ・ドンチッチョ」オーナーシェフ。1961年岩手県生まれ。東京・外苑前「トラットリア ラ・パタータ」で料理のキャリアをスタート。1984 年にシチリア・パレルモへ渡り各地で修業。2000 年にシェフとして独立し外苑前にシチリア料理専門店を開く。2006 年渋谷に場所を移し、現在に至る。各界の著名人が集う都内きっての人気シチリア料理店として知られる。
 
池田愛美
イタリア・フィレンツェ在住。雑誌編集、書籍執筆に携わる。著書に、池田匡克との共著で『伝説のイタリアン、ガルガのクチーナ・エスプレッサ』、『フィレンツェ美食散歩』、『アマルフィ&カプリ』、『サルデーニャ!』、『シチリア美食の王国へ』、『イタリアの市場を食べ歩く』、『完全版イタリア料理手帖』などがある。企画・撮影・編集に『Dolce!イタリア地方菓子』、『極旨パスタ』。 また、Webジャーナルで随時イタリアの食、旅、本についての情報を発信中。 ( http://saporitaweb.com )
 

■Descrizione seminario

ドンチッチョの極旨シチリア料理物語 〜食材と人が織りなす濃く魅力的な世界〜
 地中海のほぼ中央に位置し、古代ギリシャ、古代ローマ、アラブ、ノルマン、スペインと様々な民族がやって来て文化の十字路として歴史を積み重ねたシチリア。その影響は食にも深く及んでおり、イタリア20州の中でもこれほどまでにバラエティに富んだ食文化は他に類を見ません。

 東京・渋谷の人気シチリア料理店「トラットリア・シチリアーナ ドンチッチョ」のオーナーシェフ、石川勉氏は、1980年代半ばに単身シチリアに渡り、現地での料理修業に勤しみました。当時はまだ事前情報はほとんどなく、漠然とした憧れだけでシチリア人の中に飛び込んだ石川氏でしたが、果たしてシチリアは、食材も人も全てが濃い魅力に満ちていて、20代の若者の心に「シチリア料理で行こう」と決意させてしまったのです。

 それから30年余の月日を経て、このほど初めての料理本を上梓。本書ではシチリア料理の根幹を成す素材について、そして、ドンチッチョで作り続けている現地で学んだ味、人気の料理のレシピを公開しています。セミナーでは、本書で紹介している料理や素材についてのさらなる詳細、80年代の華やかなりしパレルモのリストランテについての思い出、修業時代のエピソード、そして今も毎年訪れるシチリアとその料理の変わらぬところ、新しく発見したことなど、本書では書ききれなかったことを披露する予定。音楽界や様々な分野の有名人にも愛されるドンチッチョの魅力とは。その秘密を知る絶好の機会となるでしょう。

 

日時 11月25日(土)12:00~13:00
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

 

▲トップに戻る

 

 BACK


アクセス

MAP

イタリア文化会館 東京

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線
「九段下」駅下車徒歩10分
※駐車場はありませんので、車での来館はご遠慮ください。