世界イタリア料理週間 TOP

JA IT

平松玲子写真展 美味なる主役たち

会期 11月18日(月)~24日(日)11:00~18:00  会場 エキジビションホール(1F) 入場無料

Squisiti protagonisti #9, 2019

 

 平松氏は、フードフォトグラファーのもとで研鑽を積んだ後、独立し、主にスティルライフや広告写真を手がけました。その後、1995年から2014年までイタリアに滞在しました。太陽をたっぷり浴びて育ったイタリアならではの素材や、それらを使った伝統的な料理や創意工夫された料理に惹かれ、斬新な構図やアングルで撮影し続けてきました。本展では、そのなかから22点を展示します。一見すると何が撮影されているのかわからないものもありますが、想像しながら鑑賞するのも楽しいでしょう。後で、被写体についての説明が読めるようになっています。

 

Squisiti protagonisti

 

平松玲子氏が、本展監修者マヌエラ・デ・レオナルディス氏とともに、ギャラリートークを行います。(日本語逐次通訳付)

ギャラリートーク

日時 11月23日(土・祝) 14:00~15:30
会場 エキジビションホール(1F)
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 プロフィール

平松 玲子
写真家。1995年にスティルライフを専門とするカメラマンとして独立。1995年渡伊。2014年までローマに在住。雑誌、新聞などに料理およびイタリア生活全般にわたるルポルタージュを寄稿。主な写真展に、「シチリアの光」(1999)、「Salute & Sapore」(ローマ 2008)、「Kakushiaji」(ローマ国際写真フェスティバル 2008, レッジョ・エミリア 2010)、「Bimi」(ローマ 2018, バーリ2019)など。

 

マヌエラ・デ・レオナルディス
美術史家、ジャーナリスト、インディペンデントキュレーター。アートと食の関係に着目し、本の監修にも携わる。主なものに、Kakushiaji, il gusto nascosto (Gangemi 2008)、CAKE. La cultura del dessert tra tradizione araba e Occidente (Postcart 2013)、Taccuino sannita. Ricette molisane degli Anni Venti (Ali&No 2015)、Jack Sal. Half Empty/Half Full - Food Culture Ritual (2019)、Ginger House (2019)。

 

 BACK


*イベント詳細やお問い合せはイタリア文化会館まで。Tel: 03-3264-6011(内線24) Mail: eventi.iictokyo@esteri.it


アクセス

MAP

イタリア文化会館 東京

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線
「九段下」駅下車徒歩10分
※駐車場はありませんので、車での来館はご遠慮ください。