イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

講演会「パゾリーニ 40年を経て」

イベント終了日:2017年04月19日(水)


没後40年あまりを経てもなお、パゾリーニの作品や人物像に関して多くの議論がなされています。本講演会では、カルラ・ベネデッティ、和田忠彦、四方田犬彦の3氏が、パゾリーニの詩や映画、カルヴィーノとの関係などについて論じます。
(日伊同時通訳付)

pier_paolo_pasolini_800.jpg

和田忠彦(イタリア文学者)
「パゾリーニとカルヴィーノ、もうひとりの私(l'alter-ego)の軌跡」
四方田犬彦(映画史・比較文学研究家、批評家、エッセイスト、詩人) 
「パゾリーニと自由間接話法」
カルラ・ベネデッティ(ピサ大学教授、文芸評論家) 
「『私は過去の力である』 パゾリーニと世界の終わり」

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)


カルラ・ベネデッティ Carla Benedetti
ピサ大学教授。専門はイタリア現代文学。ニューヨーク大学、シカゴ大学で客員教授、コロンビア大学イタリアン・アカデミー研究員、カリフォルニア大学バークレー校イタリア研究科長を務めた。共同でブログNazione indianaを開設、雑誌Il primo amoreを創刊する。さまざまな新聞、雑誌に寄稿している。週刊誌L’EspressoにIl romanzoというコラムをもっていた。主な著書に、Pasolini contro Calvino (Bollati Boringhieri 1998); L'ombra lunga dell'autore. Indagine su una figura cancellata (Feltrinelli 1999 ); Il tradimento dei critici (Bollati Boringhieri 2002), The Empty Cage. Inquiry into the Mysterious Disappearence of the Author (Cornell University Press, 2005 ); Disumane lettere. Indagine sulla cultura della nostra epoca (Laterza, 2011)。ジョヴァンニ・ジョヴァンネッティとの共著にFrocio e basta. Pasolini, Cefis, Petrolio (Effigie 2016)、マウリツィオ・ベッティーニとの共著にOracoli che sbagliano. Dialogo sugli antichi e sui moderni (Effigie 2016)。


和田 忠彦 Tadahiko Wada
1952年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。東京外国語大学名誉教授。1999年より東京外国語大学教授、大学院研究科長、副学長等を経て、2017年3月退任。カルヴィーノ、エーコ、タブッキをはじめとするイタリア近現代文学の翻訳で知られる。イタリア文化普及に貢献したとして、2004年度イタリア共和国「連帯の星」コンメンダトーレ叙勲、2011-12年度イタリア国家翻訳大賞受賞。著書に『ヴェネツィア 水の夢』『声、意味ではなく』『ファシズム、そして』『タブッキをめぐる九つの断章』など。近刊の訳書にアントニオ・タブッキ『とるにたらないちいさないきちがい』。

四方田 犬彦 Inuhiko Yomota
映画史・比較文学研究家、批評家、エッセイスト、詩人。
1953年生まれ。東京大学で宗教学を、大学院で比較文学を学んだ。明治学院大学教授として長らく映画史を教えた。コロンビア大学、ボローニャ大学などで客員研究員をつとめた。オスロ大学、テルアヴィヴ大学、チュンアン大学(韓国)などで客員教授をつとめた。映画と文学を中心に、料理、演劇、漫画、音楽と、あらゆる文化現象をめぐり、研究と批評を執筆している。著書として『ルイス・ブニュエル』『大島渚と日本』『マルクスの3つの顔』『署名はCaligali』などがある。詩集として『人生の乞食』『わが煉獄』がある。翻訳書として、エドワード・サイード『パレスチナに帰る』『パゾリーニ詩集』、Hilda Hilst(イルダ・イルスト)『猥褻なD夫人』などがある。


〈インフォメーション〉

開催日:2017年4月19日(木)
時 間:18:30~20:00(開場18:00)
主 催:Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:文学▲トップ
 

パフォーマンス「イディオット・シンクラシ―」

イベント終了日:2017年04月20日(木)


「イディオット・シンクラシ―」はふたりのダンサー、イーゴルとモレーノが18世紀のサルデーニャやバスク地方の音楽とともに繰り広げるパフォーマンスです。ふたりのダンスのスタイルは異なっていますが、メロディーによってダンスは徐々に溶け合い、人間やクリエイティビティの賞賛へと観客を引き込んでいきます。

igor__moreno_japan_tour.jpg

お問い合せ:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
東京都渋谷区桜丘町23-21 Tel. 03-3464-3251

イーゴル、モレーノ Igor e Moreno
イーゴル・ウルゼライとモレーノ・ソリナスはともにロンドン在住。2007年より共に仕事をするようになり、2012年からはデュオで活動する。2010年にルドルフ・ラバン・アワードを受賞、2011、2013、2015年にはエアロウェーブスのトップ20に選ばれるなど、数多くの賞を受賞。また、プリ・ジャルダン・デウロップでアーティスト・イン・レジデンスに招聘される。
現在は、ロンドンのザ・プレイスに属する。また、イタリアのダンスカンパニー、TIR Danzaにも参加している。
2016年、ブリティッシュ・ダンス・エディションで「イディオット・シンクラシ―」を上演した。

主催:日英ダンス協会
共催:The Wells株式会社
特別協力:イタリア文化会館
協賛:TIR DANZA、日本酒応援団
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:イタリア文化財・文化活動・観光省、エミリア・ロマーニャ州


〈インフォメーション〉
開催日:2017年4月19日(水)・ 20 日(木)
時 間:19:00~20:30
協 力:MiBACT, Regione Emilia-Romagna, Cultura d'Europa
入 場:有料
会 場:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

チケット料金(両日とも)
前売一般:4,500円
前売学生:3,500円
当日一般・学生:4,900円
Share (facebook)
カテゴリー:演劇▲トップ
 

イタリア映画祭2017

イベント終了日:2017年05月06日(日)


「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まったイタリア映画祭は、今年で17回目を迎えます。毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベントになりました。今回上映するのは、2016年以降に製作された日本未公開の新作15本。それに加えて、新作と関連があり、過去の映画祭で人気が高かった作品5本をアンコール上映します。

01_le_confessioni.jpg


02_fiore.jpg


04_questi_giorni.jpg


公式ホームページはこちら
上映スケジュールはこちら

お問い合せ:
050-5542-8600 (ハローダイヤル:~4月28日)
03-3240-1200(会場、会期中のみ)

<インフォメーション>
日  程:2017年4月29日 - 5月6日
会  場:有楽町朝日ホール(マリオン11F)
主  催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後  援:イタリア大使館
協  賛:FCAジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社
協  力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空、株式会社WOWOW
運営協力:有限会社エミュー
宣伝協力:樂舎
字幕協力:アテネ・フランセ文化センター
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

上映会「ボルサリーノ・シティ」

イベント終了日:2017年05月09日(火)


イタリアの有名帽子ブランド、ボルサリーノの歴史を描いたドキュメンタリーを上映します。
1857年にジュゼッペ・ボルサリーノがピエモンテ州アレッサンドリアに工房を設立し創業して以来、三代125年にわたりボルサリーノ家によって経営が受け継がれ、その後、経営形態は変わったものの、今なお時代にあったスタイルを創造し、上質な帽子を作り続けています。
ボルサリーノの帽子は、優れた製法、販売戦略によって、また、ハリウッドの黄金時代の作品でよく使われたことによっても人気を得て、世界中に広まっていきました。
本作では、過去の映像やインタビューを交え、小さな工房から始まったボルサリーノが世界に誇るブランドとなっていく様子や、社会の変化にともなうボルサリーノの帽子作りの変遷などが語られます。上映に先立ち、監督のエンリカ・ヴィオラ氏による解説があります(日伊逐次通訳付)。

borsalino_200.jpg
(BD上映、2015年、イタリア語・フランス語・英語版日本語字幕付、79分)


ボルサリーノ・シティ Borsalino City
監督:エンリカ・ヴィオラ
脚本:パオラ・ロータ、エリカ・リッフレード、エンリカ・ヴィオラ
製作:ウナフィルム
製作協力:アパパイヤ、レ・フィルム・ディシ2、アルテ・フランス
協力:イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ、ライ・チネマ
助成:イタリア文化財・文化活動・観光省

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 10)

エンリカ・ヴィオラ Enrica Viola
トリノ生まれ。映画記号論で学位を取得。1996~97年にかけて、トリノでダニエーレ・セグレが主宰するドキュメンタリー制作のための学校に通う。デビュー作は、マルチェッロ・ピッカルドに関するドキュメンタリーSe la vita è meglio, butti via la telecamera(本物の人生の方が良ければ、カメラはいらない)で、1998年にミラノのフィルムメーカー・フェスティバル、トリノ・フィルム・フェスティバルで上映される。1998年から2008年まで、RAIの衛星放送のためドキュメンタリー番組に携わる。2008年以降、自身の制作会社であるウナフィルム(UNA Film)で、イタリア内外の会社の協力を得て作品を制作。近年の作品に、Il mio amato Pogolotti(「私の愛するポゴロッティ」, イタリア=キューバ, 2010)、The Lives of Mecca(ステファノ・エッテル監督, スイス=イタリア, 2015)、Borsalino City(「ボルサリーノ・シティ」, イタリア, 2015)。

still03_400.jpg
still49_400.jpg


〈インフォメーション〉
開催日:2017年5月09日(火)
時 間:18:30~20:00(開場18:00)
主 催:イタリア文化会館
協 力:UNA FIlm
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

モーツァルト「フィガロの結婚」 ニコレッタ・コンティを迎えてレクチャーコンサート

イベント終了日:2017年05月15日(月)


指揮者のニコレッタ・コンティ氏監修によるモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」についてのレクチャーコンサートを開催します。

第1部 レクチャー モーツァルト作曲オペラ『フィガロの結婚』
講師:ニコレッタ・コンティ
(*日伊逐次通訳付)

第2部 ミニコンサート
オペラ『フィガロの結婚』より 抜粋
フィガロ:村田孝高(バリトン)
スザンナ:針生美智子(ソプラノ)
伯爵:岡元敦司(バリトン)
伯爵夫人:津山恵(ソプラノ)
ピアノ:ニコレッタ・コンティ

第1幕
小二重唱 “5…10…20…” フィガロ スザンナ
小二重唱 “もし奥様が夜中に君を呼ぶなら” フィガロ スザンナ
カヴァティーナ “殿様がもし踊りたいのならば” フィガロ
アリア “もう飛べまいぞ、この蝶々” フィガロ
第2幕
カヴァティーナ “愛の神よ安らぎを与えたまえ” 伯爵夫人
アリア “さぁこちらに膝をついて” スザンナ
3重唱 “スザンナ出ておいで” 伯爵夫人 スザンナ 伯爵
第3幕
2重唱 “ひどいやつだ、なぜそう冷たくするのだ” スザンナ 伯爵
レチタティーヴォとアリア “裁判は勝っただと” 伯爵
レチタティーヴォとアリア “スザンナは遅いのね” 伯爵夫人
2重唱 “風に寄せる小歌” 伯爵夫人 スザンナ
第4幕
レチタティーヴォとアリア “全て準備はできた” フィガロ
レチタティーヴォとアリア “やっとそのときが来た” スザンナ

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)

201410100423conti.jpg


ニコレッタ・コンティ Nicoletta Conti
 指揮者
イタリア・ボローニャ出身。指揮をミラノ国立音楽院、ボローニャ国立音楽院にて学ぶ。ボローニャ大学において音楽学を専攻して大学院を修了。シエナにおいてフランコ・フェラ―リ、ザルツブルグにおいてレオポルド・ハーガー、ボストンにおいてレオナード・バーンスタイン、小澤征爾、クルト・マズーア等の各氏に師事。イタリア国内外の数々の国際コンクールに入賞し、オペラ及びコンサートの指揮者として本格的な活動を開始する。
コヴェント・ガーデン、フィレンツェ、ボローニャ、トリノ等の有名歌劇場やペーザロの「ロッシーニ・フェステバル」、「イトゥリア・ヴァレイ音楽祭」に招かれ、パヴァロッティをはじめ、レナート・ブルゾン、レオ・ヌッチ、ダニエラ・デッシー、ロベルト・アラーニャ、ライナ・カバイヴァンスカ他の著名な歌手と共演している。日本では、フィオレンツァ・コッソットとのオーチャードホール公演、オペラ「イル・トロヴァトーレ」、2014年のオペラ彩公演「椿姫」で大成功を収める。2015年12月にはオペラ彩第32回定期公演ドニゼッティ作曲オペラ「ランメルモールのルチア」指揮者として来日。
優れた音楽家に贈られるミネルヴァ賞イタリア人初受賞者。2006年、イタリア政府より共和国騎士団勲章を受勲。ボローニャ国立音学院教授。

針生 美智子 Haryu Michiko ソプラノ
札幌大谷短期大学音楽科声楽コース卒業、同専攻科修了。1998 年文化庁オペラ研修所第11期修了。1998年から2年間、北海道文化財団芸術家海外研修員、文化庁派遣芸術家在外研修員としてローマに留学。第2 回藤沢オペラコンクール第1位および福永陽一郎賞受賞。第7回ハイメスコンクール第1 位。第31回 日伊声楽コンコルソ入選。サンタ・マルゲリータ・リグレ国際声楽家セミナーで大賞(第1位)受賞。第5回道銀芸術文化奨励賞受賞。2000年小樽文化奨励賞受賞。上野学園大学、大谷短期大学各非常勤講師、二期会会員。

岡元 敦司 Okamoto Atsushi バリトン
国立音楽大学首席卒業、矢田部賞、NTTドコモ賞受賞、パルマ・フェラーラ・ボローニャ各国立音楽院年間アカデミーにてディプロマ取得、東京藝術大学大学院修士課程修了、各奨学金を得てイタリアに留学。イタリア・フランチェスコアルバネーゼ国際声楽コンクール好演賞、ベーゼンドルファー国際音楽コンクール2位、第22回ハイメスコンクール第1位。平成23年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生としてボローニャに留学。北海道教育大学非常勤講師、東京室内歌劇場会員。

津山 恵 Tsuyama Megumi ソプラノ
武蔵野音楽大学卒、同大学院修了。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてミュンヘン音楽大学マイスタ-クラスに留学、修了。練馬新人オ-ディション最優秀賞受賞。二期会オペラスタジオ修了時に、最優秀賞及び、川崎静子賞受賞。コンセール・マロニエ21新人演奏会にて優秀賞受賞。現在、二期会会員、日本演奏連盟会員、東京室内歌劇場会員、東海大学、昭和音楽大学、桐朋学園芸術短期大学、各非常勤講師。

〈インフォメーション〉
開催日:2017年5月15日(月)
時 間:18:30~20:30(開場18:00)
主 催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入 場 : 無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 

写真展「マルチェロ・マストロヤンニ 輝き続けるスターの肖像」

イベント終了日:2017年06月17日(土)


「甘い生活」、「みんな元気」、「ひまわり」など数々の映画に主演したマルチェロ・マストロヤンニは、20世紀後半のイタリアを代表する俳優のひとりで、その姿は今なお多くの人たちの心を捉え続けています。

本展では、50年以上に及ぶ俳優生活で、三枚目からシリアスな役まで幅広く演じたマストロヤンニの写真40点を展示します。

展示作品は、さまざまな役を演じたマストロヤンニを捉えた写真がほとんどですが、14作品で共演したソフィア・ローレンとのツーショットなどもあります。また、マストロヤンニが世界的な名声を得ることとなったフェデリコ・フェリーニ監督作品「甘い生活」のあの有名なトレヴィの泉でのシーンを切り取ったものもあります。一見、何気ない表情にも見えますが、1枚1枚の写真は、その奥にある人間味あふれるマストロヤンニの姿を浮かび上がらせています。
イタリアの偉大なる監督たちに才能を認められ、時代や国を越えて愛され、没後20年以上過ぎてもなお輝きを失わないスターの軌跡をぜひご覧ください。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

straniero0033150rptn558.jpg

divorzio_allitaliana0150543rptn.jpg

dolce_vita0014110rptn2516.jpg


〈インフォメーション〉
開催日:2017年5月26日(金) ~ 2017年6月17日(土)
時 間:11:00~18:00
主 催:Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
協 力:M&M Services
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:写真▲トップ
 

アンドレア・バッティストーニ講演会

イベント終了日:2017年05月27日(土)


本年は9月にBunkamura、東京フィル主催で《オテッロ》(演奏会形式)を振るのに先立って、三たびバッティストーニがヴェルディ作品の魅力を語る講演会を主催いたします。《オテッロ》はご承知のようにシェイクスピアの傑作戯曲に基づいたオペラですが、文学にも造詣の深いバッティストーニのこと、幅広い観点から情熱的な語りを繰り広げてくれることでしょう。通訳はこれまでの講演会でも絶賛された井内美香さんです。

お申込み・お問合せ:NPO日本ヴェルディ協会
e-mail: verdi@amber.plala.or.jp
Tel:03-3320-2500


battistoni.jpg

Andrea Battistoni アンドレア・バッティストーニ
1987年ヴェローナ生まれ、今年で30歳という若さながら、母国イタリアをはじめドイツ、ロシア、オーストラリアなど世界中のオペラハウスで活躍し、21世紀のオペラ界を担うひとりと目される天才指揮者、アンドレア・バッティストーニ。日本には2012年東京二期会公演《ナブッコ》で初来日を果たして絶賛され、以後たびたび来日。《リゴレット》《イル・トロヴァトーレ》を指揮したほか、コンサートでの活躍もめざましく、2013年には東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会にレスピーギ《ローマ三部作》を指揮してデビュー。以来客演を続け、2016年10月より、同交響楽団の首席指揮者に就任しました。また、日本コロムビアと契約して数々のCDを発売、この4月には著書『ぼくたちのクラシック音楽』(音楽之友社)を刊行予定。テレビ朝日の「題名のない音楽会」にも出演して好評を得るなど、人気はますます沸騰しています。
日本ヴェルディ協会では、これまでにも東京二期会公演《リゴレット》(2015年1月)、同じく《イル・トロヴァトーレ》(2016年1月)に先立って当該演目の魅力を語るバッティストーニ講演会を主催してきました。


〈インフォメーション〉
開催日:2017年5月27日(土)
時 間:14:00(開場13:30)
主 催:イタリア文化会館、日本ヴェルディ協会
入 場:有料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 
1 / 1