イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

イタリア映画祭2016

イベント終了日:2016年05月05日(木)

日本未公開の最新のイタリア映画12本とクラシック映画2本を上映!

H.Io e lei.jpg
「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年の春に始まった「イタリア映画祭」は、今年で16回目を迎えます。ゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1万人を超える観客が訪れています。今年上映するのは、2015年以降に製作された日本未公開の新作12本。コメディーもあればシリアスなドラマもあり、エンターテイメント大作からアート系映画まで幅広いプログラムです。

C.Maraviglioso Boccaccio.jpg
さらに、ヴィスコンティ生誕110年を記念するとともに、今年の初めに惜しまれつつ亡くなったスコーラを追悼して、両監督の歴史的名作を1本ずつ上映します。

Y.Una giornata particolare.jpg
今年もどの映画にするか決め難いラインナップですね。

イベント詳細は特設ページでもご覧になれます。
logo

<日程>
2016年4月29日 - 2016年5月5日
<場所>
有楽町朝日ホール (マリオン11F)
<チケット>
前売1回券 1,450円
当日1回券 1,700円
<主催>
イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
<後援>
イタリア大使館、イタリア総領事館(大阪のみ)
<協賛(東京)>
FCA ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社
<協力>
株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空
<運営協力>
有限会社エミュー
<宣伝協力>
樂舎
<字幕協力>
アテネ・フランセ文化センター

<上映スケジュール>

◆04月29日[金・祝]

A『処女の誓い』
[2015年/90分]
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
12:00‐

J『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
14:40~

C『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
18:00~


◆04月30日[土]

K『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
10:20~

G『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
13:15~

L『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
16:20~

E『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
18:50~


◆05月01日[日]

F『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
10:20~

H『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

I『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
18:00~


◆05月02日[月]

B『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
10:20~

D『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
13:30~

G『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
16:30~

A『処女の誓い』
[2015年/90分] 
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
19:10~


◆05月03日[火・祝]

E『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
10:20~

F『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
13:00~

K『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
15:20~

X『若者のすべて』
[1960年/177分] 
原題:Rocco e i suoi fratelli
監督:ルキーノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti
17:40~


◆05月04日[水・祝]

C『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
10:20~

Y『特別な一日』
[1977年/106分] 
原題:Una giornata particolare
監督:エットレ・スコーラ Ettore Scola
13:30~

B『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
16:00~

J『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
18:40~


◆05月05日[木・祝]

D『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
10:20~

H『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

I『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
15:40~

L『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
18:40~


※公式ホームページはこちら
続きを読む>>
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画際2016 04月29日[金・祝]

イベント終了日:2016年04月29日(金)
上映予定

A.Vergine giurata.jpgA『処女の誓い』
[2015年/90分] 
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
12:00-

ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選ばれた女性監督ビスプリのデビュー作。女性の地位が低いアルバニアの山村。自由を求める少女ハナは、伝統的な掟に従って終生処女であり、男として生きることを誓う。だが、成長するにつれて抑えきれない感情が生まれ、イタリアに旅立つ。アルバニアとイタリア、過去と現在、男性と女性といった対照のなか、一人の人間の心の微細な揺れ動きを見事に表現するのは、世代を代表する女優アルバ・ロルヴァケル。

J.Lo chiamavano Jeeg Robot.jpgJ『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
14:40-

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。


C.Maraviglioso Boccaccio.jpgC『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
18:00-

ルネサンスを代表する作家ボッカッチョの古典的名作「デカメロン」を、巨匠タヴィアーニ兄弟が翻案。原作は100話から成るが、映画は愛についての5話で物語が紡がれる。ペストが蔓延する1348年のフィレンツェ。若い7人の女性と3人の男性が都市から逃れた郊外の邸宅で、死の恐怖を紛らわすために示唆に富んだ話が披露される。パオラ・コルテッレージ、キム・ロッシ・スチュアート、リッカルド・スカマルチョら豪華な顔ぶれがそろう。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画際2016 4月30日[土]

イベント終了日:2016年04月30日(土)
上映予定

K.Chiamatemi Francesco - Il Papa della gente.jpgK『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
10:20~

清貧で気さくな人柄から世界中で人気の現ローマ法王は、イタリア移民の子でアルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。本作は、神に一生仕えることを選んだ青年時代から、市民がビデラ軍事独裁政権に弾圧された困難な時代を経て、法王になるまでの波乱に満ちた人生をたどる。監督は、『我らの生活』などキャリア豊富なルケッティ。社会的弱者や貧困層に寄り添う法王の原点を、凝縮された時間の中に巧みな演出で映し出す。イタリア語吹き替え版での上映。

G.Per amor vostro.jpgG『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
13:15~

劇映画としては17年ぶりの発表となったガウディーノの意欲作。独特の色彩感覚と想像力あふれる演出で、一人の女性が再生していく歩みをたどる。子どものころは自信満々だったアンナ。けれども、今や子ども3人の母であり、家族のために長年自分を犠牲にしてきて無力感にとらわれていた。そんな彼女の灰色の日々は、テレビ局の仕事を得ることで少しずつ変わり始める。主演のヴァレリア・ゴリーノは、ヴェネチア国際映画祭で2度目の女優賞受賞の栄誉に浴した。

L.Quo vado.jpgL『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
16:20~

イタリア映画興行収入で歴代トップの大記録を打ち立てたコメディー。子どもの時から安定した終身雇用の仕事が夢だったケッコが公務員の職に就いて15年、衝撃的な政府の方針が発表される。公務員を減らすというもので、ケッコもその対象に入ってしまう。退職を勧告されるが断固拒否するケッコに、嫌がらせで僻地への転勤の辞令が出るが、屈せずに職にしがみつく。主演のケッコ・ザローネは、出演作がいずれもメガヒットしている大人気の喜劇俳優。

E.Bella e perduta.jpgE『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
18:50~

ドキュメンタリーとイマジネーションを絶妙に融合させた独特の映像表現に目を見張るマルチェッロのデビュー作は、詩情と哀愁にあふれる現代のおとぎ話。貧しい羊飼いのトンマーゾは、ナポリ郊外の荒廃した宮殿を護っていたが急死してしまう。子牛をかわいがっていた彼の遺志を受け継ぐために愚かな道化師が召喚され、子牛と一緒に北に向かう。その旅で見えてきたのは、人間と自然の関係や今のイタリアだった。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画祭2016 05月01日[日]

イベント終了日:2016年05月01日(日)
上映予定

F.L'attesa.JPGF『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
10:20~

ソレンティーノの助監督を務めたメッシーナが、フランスを代表する女優ジュリエット・ビノシュと若手ホープのルー・ド・ラージュを迎えた監督デビュー作。大切な人が不在のなか、2人の女性の心理や関係性の変化に洗練された演出で焦点を当てる。シチリアの片田舎。邸宅で孤独な日々を過ごすアンナの元に、息子ジュゼッペの恋人のジャンヌが突然やって来る。ジュゼッペに招かれたというが、彼の姿はなかった。ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品作品。

H.Io e lei.jpgH『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

『はじまりは5つ星ホテルから』がスマッシュヒットした女性監督トニャッツィの新作は、2人の女性が主人公のロマンチック・コメディー。元女優で今はレストランを経営する好奇心旺盛なマリーナ。慎重な性格で一人息子がいる多忙な建築家のフェデリカ。対照的だが愛し合う2人は、ローマの豪華なアパートで5年間一緒に暮らしていた。しかし、ささいな出来事で親密な関係に亀裂が入る。名優のマルゲリータ・ブイとサブリーナ・フェリッリが息の合った演技を見せる。

I.Suburra.jpgI『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
18:00~

金と欲望が渦巻き、暴力が横行する非情な裏社会を迫真の映像で描くギャング映画の大作。ローマ郊外の港町にカジノやホテルを建設してラスベガスのような街にする計画が、「サムライ」という名のギャングによって持ち上がる。共通の目的のために他のギャングのみならず、堕落した政治家や枢機卿も手を携える。だが、ギャング同士のつまらないいざこざが暴力の連鎖を生み、計画を狂わせる。ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、エリオ・ジェルマーノが出演。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画祭2016 05月02日[月]

イベント終了日:2016年05月02日(月)
上映予定

B.Noi e la Giulia.jpgB『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
10:20~

喜劇俳優としておなじみのエドアルド・レオが監督した痛快コメディー。人生につまずいた中年のディエゴ、ファウスト、クラウディオの3人は大きな農家を共同購入し、ホテルにリノベーションして再起を図る。激しい気質のセルジョと妊娠中のエリーザが加わり、妙なチームワークで順調に準備が進む。しかし、クラシックカー「ジュリア」に乗った犯罪組織の一員の出現で、事態は思わぬ方向に転がる。イタリアのゴールデン・グローブ賞で最優秀コメディー賞を受賞。

D.Mediterranea.jpgD『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
13:30~

移民という今日的な問題にリアルな演出で迫るカルピニャーノのデビュー作にして、多くの賞を受けた話題作。ブルキナファソの青年2人は、より良い生活を求めてヨーロッパに向かう。命を賭けてボートで地中海を渡り、イタリア南部にたどり着くことに成功する。けれども、待ち受けていたのは、アフリカで夢見ていたイメージとはほど遠い厳しい現実だった。カンヌ国際映画祭の批評家週間に出品されたのをはじめ、世界の多くの映画祭で上映されている。

G.Per amor vostro.jpgG『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
16:30~

劇映画としては17年ぶりの発表となったガウディーノの意欲作。独特の色彩感覚と想像力あふれる演出で、一人の女性が再生していく歩みをたどる。子どものころは自信満々だったアンナ。けれども、今や子ども3人の母であり、家族のために長年自分を犠牲にしてきて無力感にとらわれていた。そんな彼女の灰色の日々は、テレビ局の仕事を得ることで少しずつ変わり始める。主演のヴァレリア・ゴリーノは、ヴェネチア国際映画祭で2度目の女優賞受賞の栄誉に浴した。

A.Vergine giurata.jpgA『処女の誓い』
[2015年/90分] 
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
19:10~

ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選ばれた女性監督ビスプリのデビュー作。女性の地位が低いアルバニアの山村。自由を求める少女ハナは、伝統的な掟に従って終生処女であり、男として生きることを誓う。だが、成長するにつれて抑えきれない感情が生まれ、イタリアに旅立つ。アルバニアとイタリア、過去と現在、男性と女性といった対照のなか、一人の人間の心の微細な揺れ動きを見事に表現するのは、世代を代表する女優アルバ・ロルヴァケル。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画祭2016 05月03日[火・祝]

イベント終了日:2016年05月03日(火)
上映予定

E.Bella e perduta.jpgE『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
10:20~

ドキュメンタリーとイマジネーションを絶妙に融合させた独特の映像表現に目を見張るマルチェッロのデビュー作は、詩情と哀愁にあふれる現代のおとぎ話。貧しい羊飼いのトンマーゾは、ナポリ郊外の荒廃した宮殿を護っていたが急死してしまう。子牛をかわいがっていた彼の遺志を受け継ぐために愚かな道化師が召喚され、子牛と一緒に北に向かう。その旅で見えてきたのは、人間と自然の関係や今のイタリアだった。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

F.L'attesa.JPGF『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
13:00~

ソレンティーノの助監督を務めたメッシーナが、フランスを代表する女優ジュリエット・ビノシュと若手ホープのルー・ド・ラージュを迎えた監督デビュー作。大切な人が不在のなか、2人の女性の心理や関係性の変化に洗練された演出で焦点を当てる。シチリアの片田舎。邸宅で孤独な日々を過ごすアンナの元に、息子ジュゼッペの恋人のジャンヌが突然やって来る。ジュゼッペに招かれたというが、彼の姿はなかった。ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品作品。

K.Chiamatemi Francesco - Il Papa della gente.jpgK『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
15:20~

清貧で気さくな人柄から世界中で人気の現ローマ法王は、イタリア移民の子でアルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。本作は、神に一生仕えることを選んだ青年時代から、市民がビデラ軍事独裁政権に弾圧された困難な時代を経て、法王になるまでの波乱に満ちた人生をたどる。監督は、『我らの生活』などキャリア豊富なルケッティ。社会的弱者や貧困層に寄り添う法王の原点を、凝縮された時間の中に巧みな演出で映し出す。イタリア語吹き替え版での上映。

X.Rocco e i suoi fratelli.jpgX『若者のすべて』
[1960年/177分] 
原題:Rocco e i suoi fratelli
監督:ルキーノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti
17:40~

今年で生誕110年没後40年のメモリアルイヤーを迎える巨匠ルキーノ・ヴィスコンティが放つネアレアリズモの集大成。南北の経済格差など当時のイタリア社会の問題を背景に、都会での過酷な現実にもがく5人兄弟の愛憎と葛藤、そして運命の明暗を、ドラマチックかつ抒情的に描く。若きアラン・ドロンが純朴で心優しい主役を好演。昨年、第68回カンヌ国際映画祭クラシック部門において初上映された4Kデジタル完全修復版をもとにしたDCP素材での上映となる。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画祭2016 05月04日[水・祝]

イベント終了日:2016年05月04日(水)
上映予定

C.Maraviglioso Boccaccio.jpgC『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
10:20~

ルネサンスを代表する作家ボッカッチョの古典的名作「デカメロン」を、巨匠タヴィアーニ兄弟が翻案。原作は100話から成るが、映画は愛についての5話で物語が紡がれる。ペストが蔓延する1348年のフィレンツェ。若い7人の女性と3人の男性が都市から逃れた郊外の邸宅で、死の恐怖を紛らわすために示唆に富んだ話が披露される。パオラ・コルテッレージ、キム・ロッシ・スチュアート、リッカルド・スカマルチョら豪華な顔ぶれがそろう。

Y.Una giornata particolare.jpgY『特別な一日』
[1977年/106分] 
原題:Una giornata particolare
監督:エットレ・スコーラ Ettore Scola
13:30~

今年1月に84歳で亡くなった名匠スコーラ。ソフィア・ローレンとマルチェッロ・マストロヤンニの2大スターが主演する愛の物語にして歴史的名作で追悼する。1938年、ヒトラー歓迎の式典に住民が出払って人気のないローマのアパート。主婦アントニエッタは謎の男ガブリエーレと偶然出会い、その日は2人にとっても歴史にとっても「特別な一日」になる。2014年ヴェネチア国際映画祭クラシック部門で初上映された4Kデジタル完全修復版をもとにしたDCP素材で上映。

B.Noi e la Giulia.jpgB『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
16:00~

喜劇俳優としておなじみのエドアルド・レオが監督した痛快コメディー。人生につまずいた中年のディエゴ、ファウスト、クラウディオの3人は大きな農家を共同購入し、ホテルにリノベーションして再起を図る。激しい気質のセルジョと妊娠中のエリーザが加わり、妙なチームワークで順調に準備が進む。しかし、クラシックカー「ジュリア」に乗った犯罪組織の一員の出現で、事態は思わぬ方向に転がる。イタリアのゴールデン・グローブ賞で最優秀コメディー賞を受賞。

J.Lo chiamavano Jeeg Robot.jpgJ『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
18:40~

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

イタリア映画祭2016 05月05日[木・祝]

イベント終了日:2016年05月05日(木)
上映予定

D.Mediterranea.jpgD『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
10:20~

移民という今日的な問題にリアルな演出で迫るカルピニャーノのデビュー作にして、多くの賞を受けた話題作。ブルキナファソの青年2人は、より良い生活を求めてヨーロッパに向かう。命を賭けてボートで地中海を渡り、イタリア南部にたどり着くことに成功する。けれども、待ち受けていたのは、アフリカで夢見ていたイメージとはほど遠い厳しい現実だった。カンヌ国際映画祭の批評家週間に出品されたのをはじめ、世界の多くの映画祭で上映されている。

H.Io e lei.jpgH『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

『はじまりは5つ星ホテルから』がスマッシュヒットした女性監督トニャッツィの新作は、2人の女性が主人公のロマンチック・コメディー。元女優で今はレストランを経営する好奇心旺盛なマリーナ。慎重な性格で一人息子がいる多忙な建築家のフェデリカ。対照的だが愛し合う2人は、ローマの豪華なアパートで5年間一緒に暮らしていた。しかし、ささいな出来事で親密な関係に亀裂が入る。名優のマルゲリータ・ブイとサブリーナ・フェリッリが息の合った演技を見せる。

I.Suburra.jpgI『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
15:40~

金と欲望が渦巻き、暴力が横行する非情な裏社会を迫真の映像で描くギャング映画の大作。ローマ郊外の港町にカジノやホテルを建設してラスベガスのような街にする計画が、「サムライ」という名のギャングによって持ち上がる。共通の目的のために他のギャングのみならず、堕落した政治家や枢機卿も手を携える。だが、ギャング同士のつまらないいざこざが暴力の連鎖を生み、計画を狂わせる。ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、エリオ・ジェルマーノが出演。

L.Quo vado.jpgL『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
18:40~

イタリア映画興行収入で歴代トップの大記録を打ち立てたコメディー。子どもの時から安定した終身雇用の仕事が夢だったケッコが公務員の職に就いて15年、衝撃的な政府の方針が発表される。公務員を減らすというもので、ケッコもその対象に入ってしまう。退職を勧告されるが断固拒否するケッコに、嫌がらせで僻地への転勤の辞令が出るが、屈せずに職にしがみつく。主演のケッコ・ザローネは、出演作がいずれもメガヒットしている大人気の喜劇俳優。

Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

ドキュメンタリー映画上映会 “Fukushima: A Nuclear Story”

イベント終了日:2016年05月10日(火)Pio_800_02_Sito.jpg
ドキュメンタリー映画上映会 “Fukushima: A Nuclear Story”


Fukushima: A Nuclear Storyは2011年3月から2015年3月にかけて撮影されたドキュメンタリー映画で、2011年3月11日に東北地方を襲った未曾有の巨大地震によって引き起こされた原発事故についての作品です。

イタリア人ジャーナリストとして事故後の原子力発電所に最初に入ったピオ・デミリアが取材した様子や、デミリアがカメラに収めた衝撃的な映像、被災者や行政当局、政治家たちへのインタビューから得た証言などにより構成されており、漫画を挿入するという独自のスタイルをもっています。

日本を変え、人々の原発との関係を変えた悲惨なできごとを、真実を解き明かそうとする強い意志と透徹した視点で描き出しています。

(BD上映、2015年、イタリア語/英語/日本語、日本語字幕付、84分)

製作:テアトロ・プリモ・ストゥディオ-フィルム・ビヨンド
監督:マッテオ・ガリアルディ
脚本:クリスティン・ラインホルド、マッテオ・ガリアルディ、ピオ・デミリア
原作:ピオ・デミリア『放射能という津波』
ナレーション:マッシモ・ダッポルト
漫画イラスト:イラリア・ジェッリ、ニコラ・ロンチ(ヨーロッパ漫画学院)
撮影:ギヨーム・ブレッション、ピオ・デミリア
音楽:ファブリツィオ・カンパネッリ

マッテオ・ガリアルディ Matteo Gagliardi
大学でコミュニケーション科学を専攻し卒業すると同時に、オーディオビジュアルの世界へ入り、短編映画の原案、撮影、編集に携わる。 2007年にニューヨーク・フィルムアカデミーのワークショップに通ったのち、ナポリ・チネマフィクションと「ブロークンボレロ」を共同制作。2008年ウンベルト・カルテーニ監督のDiverso da chi?で助監督を務める。 2010年グスターヴ・ホルストの「組曲《惑星》作品32」の調べにのせた全天周ドーム映像の中篇作品「スペースオペラ」の原作、監督、3Dアニメ制作を手がける。この作品は、イタリアで初の全天周ドーム映像で、多数の国外のプラネタリウムが購入した。2012年に共同で原作を書いたドキュメンタリーFukushame: The Lost Japanは翌年1月にイタリアで公開。2013年ダヴィデ・ダッポルト監督作品41esimo Paralleloの編集と特殊効果を担当。2014年にFukushima: A Nuclear Storyの共同原作者、監督、編集を務めた。

・お問い合せ:
イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
・お申し込み:
件名を「5月10日上映会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

<インフォメーション>
日時:2016年5月10日 18:30
主催:イタリア文化会館
入場:無料
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

トゥッリオ・ペリーコリ展 ランゲ-風景のかけら-

イベント終了日:2016年06月04日(土)8395.jpg
トゥッリオ・ペリーコリ展 ランゲ-風景のかけら-

トゥッリオ・ペリーコリは、文学作品の挿絵や文化人の肖像画などでイタリア内外で広く知られた画家、イラストレーターです。一方で、20年ほど前からは風景画にも本格的に取り組むようになり、今や肖像画と並んで、ペリーコリの制作活動の中心となっています。
本展では、ピエモンテ州南部に位置し、2014年にイタリア50番目の世界遺産となったランゲ地域を描いた油彩画21点を展示します。バローロやバルバレスコといったイタリアを代表するワインを生み出す葡萄畑など、その美しい自然景観を独自の色彩とタッチで描いたペリーコリの作品をぜひご堪能ください。

・お問い合せ:
イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

・関連講演会:
1.「ワインとイタリアのワイン文化」(仮題)
アンジェロ・ガヤ(ガヤ・ワイナリー オーナー)
5月14日(土)15時(開場14時30分)
*協力:エノテカ株式会社

2.「自然とイマジネーション イタリア絵画のなかの風景」
クラウディオ・チェッリテッリ(ミラノ・ブレラ美術学院教授)
5月17日(火)18時30分(開場18時)
*両講演会とも入場無料、日伊逐次通訳付
*会場はイタリア文化会館アニェッリホール

・お申し込み方法:
件名を「5月○日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

トゥッリオ・ペリーコリ
1936年マルケ州アスコリ・ピチェーノ県コッリ・デル・トロント生まれ。1961年ミラノに移った後、画家、イラストレーターとして知られるようになる。カルヴィーノ、プリーモ・レーヴィ、ガッダ、ソルダーティの作品の挿絵や、著名な文化人の肖像画がイタリア国内のほか、ザ・ニューヨーカー、フランクフルター・アルゲマイネ、ザ・ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス、ガーディアン、エル・パイスなど国外の主要な新聞や雑誌にも掲載される。1984年から日刊紙ラ・レプッブリカに作品を描いている。肖像画は作品集として出版され、イタリア内外で展覧会も開催されている。
一方、肖像画だけでなく風景画もてがけるようになる。オリベッティ社から出版された「ロビンソン・クルーソー」の挿絵がひとつの転機となり、その原画は、ミラノのPAC(現代アート・パビリオン)で展示された。1995年にチューリッヒ歌劇場で、その後1998年にミラノ・スカラ座で公演されたドニゼッティ作曲のオペラ「愛の妙薬」では舞台美術と衣装を担当し、故郷の風景からインスピレーションを得て制作した。20年ほど前からは風景を描くことがますます増え、2002年ピサのパラッツォ・ランフランキでの展覧会Nature(自然)や2009年アスコリ・ピチェーノの現代アートギャラリー「オズヴァルド・リチーニ」でのSedendo e mirando(座して眺めつつ)展のほか、主要ギャラリーで展覧会が開催される。
2010年ローマのアラ・パチス美術館で開催された展覧会Lineamenti(輪郭)では、ペリーコリの制作活動の核をなす風景画と肖像画の作品が展示された。
ペリーコリの作品集は多数出版されている。主なものに、I ritratti(「ポートレート」, 2002)、Otto scrittori(「8人の作家」, 2003)、La casa ideale di R.L.Stevenson(「R.L.スティーヴンソンの理想の家」, 2004)、Robinson Crusoe di Daniel Defoe(「ダニエル・デフォーのロビンソン・クルーソー」, 2007)、Attraverso l’albero(「木を通して」, 2012)、I paesaggi(「風景」, 2013)、Pensieri della mano(「手の思考」, 2014)、Piccolo teatro(「小劇場」, 2016)があり、これらはすべてアデルフィ社から出版されている。


インフォメーション
・日程: 2016年5月14日 - 2016年6月4日
・時間: 11時~18時 
・会場: イタリア文化会館エキジビションホール
・主催: イタリア文化会館
・協力: FIAT(FCAジャパン株式会社)
※入場無料。
Share (facebook)
カテゴリー:美術▲トップ
 
1 / 2 >>