イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

日伊コンテンポラリージュエリー交流展「DIALOGHI-対話」

イベント終了日:2015年07月11日(土)
JJDA創立50周年記念事業

201506180853gioielli_mini.jpg(公社)日本ジュエリーデザイナー協会(JJDA)とイタリアのコンテンポラリージュエリー協会(AGC)のデザイナー、各40名ずつ、計80名がペアを組み、それぞれが自国の文化や芸術に関する写真を交換し、各人がその中からテーマとする写真を決め、その写真を元に制作した作品を一堂に展示します。

なお、7月3日(金) 16時から18時までオープニングパーティーを行います。


*同展は2015年9月19日から山梨ジュエリーミュージアム、10月にローマ国立東洋美術館を巡回します。

お問い合せ:
(公社)日本ジュエリーデザイナー協会 sec2@jjda.or.jp Tel.03-3523-7344
イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel.03-3264-6011(内線29, 13)


インフォメーション

日程: 2015年7月3日 - 2015年7月11日
時間: 11時~18時 最終日16時まで
場所: イタリア文化会館エキジビションホール
主催: (公社)日本ジュエリーデザイナー協会、イタリアコンテンポラリージュエリー協会
協力: 共催:イタリア文化会館

入場有料
Share (facebook)
カテゴリー:美術▲トップ
 

イタリアと日本における法と司法 類似点と相違点

イベント終了日:2015年07月18日(土)
日伊比較法研究会 第2回研究大会
Palazzo_della_Consulta_Roma_2006 - mini.jpgSupreme_Court_of_Japan 1 Wiiiimini.jpg

イタリア法と日本法は、どこが異なり、どこが同じなのでしょうか。共通点のほうが多いのか、それとも相違点のほうが多いというべきでしょうか。この問いに単純な形で答えることはできません。この会議では、法学の諸領域におけるさまざまなテーマを取り上げて、比較法学的見地から検討を試みます。

「同型的な諸現象に関する差異と類似の分析以上に、ある現象をよく理解させてくれるものはない」(R.サッコ)

使用言語:イタリア語、日本語(通訳なし)

お申し込み:件名を「7月18日シンポジウム」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel.03-3264-6011(内線29, 13)


プログラ

14:00 開会 挨拶

14:10 基調講演
ロッポ・ヴィンチェンツォ(ジェノヴァ大学教授)
「今日の契約:課題と展望」 [イタリア語]

14:50 質疑応答

15:10 一部 会員の報告

小谷 眞男(お茶の水女子大学教授)
ミラノ国際会議「DNA型分析と誤判」に参加して [イタリア語] 

櫻本 正樹(東洋大学教授)
「免責の人的対象 − イタリア破産法を中心に」

16:00 休憩

16:20 二部 会員の報告
リミヌッチ・ミケーラ(神戸大学特命講師)
「日本における解雇法制とその改革の動き」[イタリア語]

谷本 圭子(立命館大学教授)
「クーリング・オフ制度の日伊比較」

17:10 三部 座談会「最高裁判所の対比」 [日本語およびイタリア語]
芦田 淳(国立国会図書館主査)
コロンボ・ジョルジョ(名古屋大学特任講師)
オルトラーニ・アンドレア(一橋大学非常勤講師)

17:40 総括
高橋 利安(広島修道大学教授)
「イタリアの下院の選挙制度改革について」

18:00 閉会


インフォメーション

日程: 2015年7月18日
時間: 14時~18時 (開場13時30分)
場所: イタリア文化会館
主催: イタリア文化会館、イタリア国立東方学研究所
協力: 後援:在日イタリア大使館、伊日文化研究会、イタリア比較法研究会、トリノ比較法国際法研究所

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:その他▲トップ
 
1 / 1