イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

コンサート 愛と友情の音楽  二国友好への架け橋

イベント終了日:2016年07月01日(金)

コンサート 愛と友情の音楽  二国友好への架け橋

<プログラム>
・ジャンルカ・ウリヴェッリ (1970-)  
眠った情熱 歌曲 松尾芭蕉、石田波郷、高浜虚子、正岡子規の俳句より(世界初演)

・ガエターノ・ドニゼッティ(1797-1848)  
ピアノとフルートのためのソナタ

・ルイジ・コルテーゼ(1899-1976)  
ペルシャのふたつの楽曲 フルート、ピアノ、歌

・エットレ・デスデリ(1892-1974)  
日本の叙情詩 与謝野の句 影、春の雨 より(バルトロメオ・バルビの伊訳による)歌とピアノ

・クラウディオ・ジョゼ・ボンコンパーニ (1961-2016)  
シェイクスピア作「ハムレット」よりオフィーリアの歌 ソプラノ、フルート、歌(世界初演)

********
・ルチャーノ・ベリオ(1925-2003)  
4つの民謡 (甘き愛の萌し、理想の女性、憧憬に燃えて、舞踏歌)

・アルフレード・カゼッラ(1883-1947)  
舟歌とスケルツォ フルート、ピアノ

・ロベルタ・ヴァッカ(1967-)  
“NovEnoV” 星布尼、松尾芭蕉、与謝野蕪村、高井几董、東洋城、正岡子規、夏目漱石の俳句より(世界初演)


<お問い合せ>
Tel 03-3264-6011(内線13)  
E-mail eventi.iictokyo@esteri.it

<お申し込み方法>
件名を「7月1日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
eventi.iictokyo@esteri.it


<プロフィール>
ムジチスティ・エッランティ  MUSICISTI ERRANTI
マリア・エレナ・ロマナッツィ (ソプラノ) Maria Elena Romanazzi,
Romanazzi.jpg声楽と音楽教育学を学び、その後、S.オット、M.クステル、G.バルトロメイに師事する。また、A.カイエッロのもとヴェローナ・オペラアカデミーでディプロマを取得する。L.デ・パブロ、L.フランチェスコーニ、V.パルンボなど世界的に活躍する作曲家の作品をイタリア国内初演、世界初演する。フィレンツェ五月音楽祭、ローマ・ヨーロッパ・フェスティバル、ランス音楽祭などイタリア内外のフェスティバルに数多く参加するほか、主要な劇場に出演している。2014年にはS.タリエッティ、R.ヴァッカ作曲のオペラ「ディドとエネアス」、2015年にはR.アンドレオーニ作曲のマルチメディアオペラ「ザ・ゴールデン・エイジ」に出演。さまざまな協会や財団と協同し実験的な音楽プロジェクトに携わっている。

グロリア・ルッケージ (フラウト・トラヴェルソ) Gloria LucchesiLucchesi.pngH.ホフメイ、A.マリオン、M.アンチッロッティなどに師事し、イタリアとフランスで学ぶ。1992年、ロイー・フラー・アンサンブルを創立。19世紀末のフランス楽曲やイタリア現代作曲家によるアンサンブル作品を演奏する。また、ソリスティ・デッラ・コッレツィオーネ・リカーゾリの創立メンバーでもあり、18~19世紀のヨーロッパ音楽を研究し演奏している。2004年、台湾に招聘され、2007年には南アフリカのケープタウン大学でマスタークラスを行う。H.ホフメイ、A.クレメンティ、A.タルメッリ、F.フェスタなどの作品を初演している。トスカーナ州フルート協会の共同創設者である。同協会はイタリアの公立学校の生徒250名がフルートを演奏するプロジェクトを推進し、2015年アッバード賞を受賞した。現在、フィレンツェの音楽高校で教鞭を執っている。

ロッセッラ・ジャンネッティ (ピアノ) Rossella GiannettiGiannetti.pngスイス、フランス、イギリスの音楽祭でソリストとして出演。フィレンツェのアカデミア美術館、ヴェッキオ宮殿五百人広間、バルジェッロ美術館、サンタ・クローチェ教会などで演奏する。2013年にはフィレンツェ五月音楽祭でソリストとして演奏する。演奏活動や教育指導の傍ら、17世紀の鍵盤楽器曲の研究に携わる。著作を出版するほか、雑誌に寄稿している。現在、フィレンツェの音楽高校で教鞭を執っている。

<インフォメーション>
・開催日:2016 年 7月 01 日 18:30~
・主 催:フィレンツェ・マニフィコ・クラブ, Musicisti Erranti di Musica@Traverso
・共 催:イタリア文化会館
・会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
・入 場:無料(要予約)
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 

アルベルト・ピッツォ  ピアノソロリサイタル

イベント終了日:2016年07月04日(月)1120
アルベルト・ピッツォ ピアノソロリサイタル

アルベルト・ピッツォは今年3月に3rdアルバムMemoriesをリリースしました。ロンドンのアビー・ロード・スタジオでレコーディングし、ロンドン交響楽団と共演した同アルバムは、イタリア全土で話題となりました。全14曲中11曲はピッツォ本人が作曲しています。スカルラッティやショパンをアレンジしたジャズなど、クラシック出身のピッツォらしさと、オリジナリティーに満ちています。本コンサートでは、このMemoriesに収録されている作品を中心に演奏します。超絶技巧にラテンのパッションが溢れ出る、今世界が注目する新進気鋭の実力派ピアニストによるステージをぜひお楽しみください。

アルベルト・ピッツォ ピアノ
Alberto Pizzo, pianoforte
1980年ナポリ生まれ。4歳からピアノを修道院にて学ぶ。2004年ナポリ国立音楽院を首席で卒業。国内外のピアノコンクールにて数々の受賞。学生時代よりイタリア国営放送のドキュメンタリー番組に楽曲を提供し、作曲家としても活動する。2011年ニューヨークに拠点を移し、ジャズに感化される。2012年、イタリアに帰国後すぐにデビューアルバムFunambulistをCinevoxレコードよりリリースする。続いてニューヨークのBlue NoteにてセカンドアルバムOn The Wayを発表。ミノ・チネル、トッキーニョ、レンツォ・アルボレ、デヴィッド・ノップラーらと共演した。
2014年に「三台ピアノプロジェクト」でルイス・バカロフ、ステファノ・ボッラーニと共演する。また、ヤマハのオフィシャルアーチストになる。9月には、ラヴェッロ音楽祭でピアノソロコンサートを行い、11月には、ナポリのディアナ劇場でのセレナ・アウティエリ主演舞台La sciantosaでピアノ演奏と音楽監督を務める。
2015年、スポレートの二つの世界音楽祭にて、「三台ピアノプロジェクト」でルイス・バカロフ、リタ・マルコトゥッリと共演する。11月、レーベル「ソニー・クラシカル」と契約を結び、2016年にアルバムMemoriesをリリース。これまで三度来日公演を行い、成功を収めている。今年7月にはNHK BSにてピッツォの音楽人生とナポリの町を紹介する番組が放映予定。

・お申し込み:
件名を「7月4日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

・お問い合せ:
イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

<インフォメーション>
日時:2016 年 7月 04 日18:30~
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
主催:イタリア文化会館
(入場無料・要予約)
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 

講演会 イタリアアニメーション映画の現在

イベント終了日:2016年07月06日(水)
215_Giulio Gianini and Emanuele Luzzati, Pulcinella (1973).jpg講演会 イタリアアニメーション映画の現在

講師:ジャンナルベルト・ベンダッツィ (アニメーション映画史家)

シモーネ・マッシ、ジャンルイジ・トッカフォンド、ウルスラ・フェッラーラ、ロベルト・カターニらイタリアの多くのアニメーターは、時に恵まれない状況にあっても、理想と情熱をもって創作に励み、優れた作品を生み出しています。そして、広島国際アニメーションフェスティバルをはじめ、世界各地の映画祭で受賞するなど、評価を得ています。
本講演では、アニメーション映画史家のジャンナルベルト・ベンダッツィ氏が、こうしたイタリアのアニメーション映画の現状や辿ってきた歴史を、作品のスタイルやテーマにも言及しながら論じます。
(日伊逐次通訳付)

・お問い合せ:
Tel 03-3264-6011(内線13)  
E-mail eventi.iictokyo@esteri.it

・お申し込み方法:
件名を「7月6日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
eventi.iictokyo@esteri.it

ジャンナルベルト・ベンダッツィ Giannalberto Bendazzi
これまで、イタリア、オーストラリア、シンガポールの大学で教鞭を執る。実写映画、アニメーション映画に関する著作多数。なかでも代表作Cartoons – Cento anni di cinema di animazione(アニメーション映画百年史)はさまざまな言語に翻訳されている。その他の著作にAlexeieff-Itinerary of a Master(アレクサンドル・アレクセイエフ、ある巨匠の軌跡)やL’uomo che anticipò Disney(ディズニーより先に来た男)などがある。国際アニメーション学会の創立メンバー。国際アニメーションフィルム協会理事を9年間務める。ヨーロッパをはじめ世界各地で講演を行い、国際映画祭やレトロスペクティブを多数監修。また、映画祭の審査員を務めたのは50回を数える。2002年、ザグレブ国際アニメーション映画祭で創設された「アニメーション理論分野への特別業績賞」の最初の受賞者となった。全3巻からなるAnimation – A World History(アニメーション、その世界史)が昨年11月にTaylor&Francis社から出版された。

<インフォメーション>
・開催日:2016 年 7月 6 日18:30~
・会 場:イタリア文化会館
・主 催:イタリア文化会館
・入 場:無料(要予約)
Share (facebook)
カテゴリー:各種文化イベント▲トップ
 

青木純 リサイタル カンツォーネの150年

イベント終了日:2016年08月26日(金)DSC_636.JPG
青木純 リサイタル カンツォーネの150年

中世に始まるカンツォーネ・ナポレターナは現代まで数多くの名曲を生み出してきました。日本とイタリアが国交を樹立した1860年代に作られたカンツォーネの多くは、それ以前の民謡、大衆歌謡の域を脱し、職業的な作者の手によって生み出されるようになり、1880年代から始まる「カンツォーネの黄金時代」の先駆けとなる名曲が数多く作られました。 そして今から100年前となる1910年代は第1次世界大戦の嵐が吹き抜け、多くの南イタリア人移民がアメリカ大陸へと渡り、映画やレコードが発明され、カンツォーネにも大きな影響を与えた「カンツォーネの白銀時代」を迎え、カンツォーネ文化が爛熟します。さらに50年後の1960年代、イタリアは戦後の混乱を乗り越え驚異の経済発展を遂げ、サンレモ音楽祭などから数多くの世界的なヒット曲が生まれました。
青木純は日本のカンツォーネ界で唯一カヴァリエーレ勲章を受章。歌手であると当時に訳詞家であり、古典カンツォーネ・ナポレターナの研究家としても活躍。叙情的で哀感に満ちたその美声と歌唱には定評があります。
カンツォーネの150年間の歴史と日伊の歴史を追いながら、伝統的なギター伴奏によるクラシカルなカンツォーネ、そしてエレクトーンの華やかな音色に彩られた現代的なカンツォーネをお楽しみください

プログラム:
☆150年前:
告白(Na 'mmasciata), 漕げ漕げ (Voca voca), 贈り物 (Lo rialo), さらばナポリ (Addio a Napule)

☆100年前:
美しい日々 (Tienpe belle 'e 'na vota), レジネッラ (Reginella), 初恋の女 ('A primma nnammurata), 遙かなサンタルチア (Santa Lucia luntana)

☆50年前:
ディオ コメ ティ アーモ (Dio, come ti amo), 君に涙と微笑みを (Se piangi, se ridi),  花咲く丘に涙して (Le colline sono in fiore) 他

お問い合せ:
Tel. 03-3264-6011(内線13) E-mail: eventi.iictokyo@esteri.it

お申し込み方法
件名を「8月26日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
eventi.iictokyo@esteri.it

青木 純 Aoki Jun 歌とギター
柴田 杏里 Shibata Anri ギター
中島 純子 Nakajima Junko エレクトーン

青木純  歌とギター  Aoki Jun, voce e chitarra
国立音楽大学声楽科卒業後3年間イタリア留学。帰国後、東宝の「マイフェアレディー」フレディ役、平成2年度文化庁芸術祭賞受賞作品「うたよみざる」に主演するなど数多くのミュージカルやオペラ、オペレッタに、歌って踊れて芝居の出来るテノールとして活躍する。同時に、日本を代表するカンツォーネ・ナポレターナ歌手として数々のコンサートを開く。また、歌いやすく、分かりやすく、原曲の意味を忠実に伝える訳詞も数多く書いている。2005年イタリア大統領から「イタリア連帯の星騎士勲章」を受章し、「カヴァリエーレ」の称号を得る。イタリアのベルルスコーニ元首相来日時に歓迎レセプションで独唱したほか、在日イタリア公的機関の公式行事にも数多く出演。イタリア文化会館アートラボ講師。NHKカルチャー横浜ランドマーク校講師。自ら企画し案内するイタリア・ツアーも好評。

柴田杏里 ギター  Shibata Anri, chitarra
スペインのマドリッド王立音楽院を首席で卒業。ナルシソ・イエペス、ホルヘ・アリサ氏他に師事。第4回マヌエル・パウラ・ギターコンクール第1位、同時にバレンシア・フィルハーモニー賞を受賞するほか、数多くの国際ギターコンクールに優勝、入賞し欧米にて日本人ギタリストの名声を高めた。ニューヨークのカーネギーホール等、世界各地で招待演奏を行うほか、国際コンクールの審査員としても活躍する日本を代表するギタリスト。青木純との共演は1985年以来31年間に及ぶ。

中島純子 エレクトーン   Nakajima Junko, piano elettrico
洗足学園大学電子オルガン科卒業。子供の頃からエレクトーンを学び、度々コンクールで優秀な成績を収める。音楽高校時代には声楽も学んだ。青木純のコンサートで伴奏、編曲をてがける。日本のエレクトーン界きってのカンツォーネ奏者として活躍している。

<インフォメーション>
・日時:2016 年 8月 26 日18:30~
・主催:イタリア文化会館
・協力/企画:青木純事務所
・入場:無料(要予約)
________________________________________
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 
1 / 1