イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

日伊シンポジウム「水の都市と持続可能な発展 ヴェネツィアと東京」

イベント終了日:2018年06月28日(木)
per_sito_01_800s.jpgcopys.jpg3年前に、ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学において、ヴェネツィアと東京の水都比較の国際シンポジウムが開催され、その成果はすでに英文で刊行されています(R. Caroli & S. Soriani ed., Fragile and Resilient Cities on Water: Perspectives from Venice and Tokyo, Cambridge Scholars Publishing, 2017)。そのシンポジウムには陣内秀信氏、土屋信行氏が参加し、また、主催者側の中心人物であったステファノ・ソリアーニ氏は東京への関心を深めることになりました。この度、ソリアーニ氏が調査のために来日するのを機に本シンポジウムを開催することになりました。
歴史的に形成されたそれぞれの個性豊かな水都は、新たな時代に向け、社会的、経済的、文化的な観点から持続可能な発展をいかに実現していけるのか、また、防災の観点も考慮しながら、魅力的な水の都市をいかに維持し、創り上げていけるのかなど、これらの大きな共通課題を専門家が討論します。
(日伊同時通訳付)

第1部 講演「水の都市と持続可能な発展-挑戦と可能性 ヴェネツィアのケース」
ステファノ・ソリアーニ(ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学教授)

第2部 パネルディスカッション「ヴェネツィアと東京の水都比較」
陣内 秀信(法政大学特任教授, 江戸東京研究センター)
高村 雅彦(法政大学教授, 江戸東京研究センター)
土屋 信行(リバーフロント研究所技術参与)
ステファノ・ソリアーニ(ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学教授)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

ステファノ・ソリアーニ  ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学経済研究学科教授
Stefano Soriani, Università Ca’ Foscari Venezia
専門は地政学、ジオエコノミクス、経済・政治地理学、環境政策。ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学大学院グローバルディベロップメント・起業学科長、および博士課程サイエンス・気候変動マネジメントコース教員。主な研究テーマに港湾、ウォーターフロント、特に気候変動に着目した地政学と環境問題の関係など。

陣内 秀信  法政大学特任教授, 江戸東京研究センター
Jinnai Hidenobu, Università Hosei, Hosei University Research Center for Edo-Tokyo Studies
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。
イタリア政府給費留学生としてヴェネツィア建築大学に留学。専門はイタリア建築史・都市史。地中海学会会長、都市史学会会長を歴任。中央区郷土天文館館長、国交省都市景観大賞審査委員長他。著書に『東京の空間人類学』(筑摩書房、サントリー学芸賞)、『ヴェネツィア-水上の迷宮都市』(講談社)、『イタリア 小さなまちの底力』(講談社)、『イタリア都市の空間人類学』(弦書房)他。

高村 雅彦  法政大学教授, 江戸東京研究センター
Takamura Masahiko, Università Hosei, Hosei University Research Center for Edo-Tokyo Studies
1964年生まれ。専門はアジア都市史・建築史。法政大学大学院博士課程修了、博士(工学)。2008年より法政大学デザイン工学部建築学科教授、法政大学江戸東京研究センター水都プロジェクトリーダー。主な編著書に『水都学Ⅰ~Ⅴ』(法政大学出版局、2013年~2016年)、『タイの水辺都市-天使の都を中心に-』(法政大学出版局、2011年)、『中国江南の都市とくらし 水のまちの環境形成』(山川出版社、2000年)などがある。

土屋 信行  リバーフロント研究所技術参与
Tsuchiya Nobuyuki, Japan Riverfront Research Center
博士(工学)。技術士(建設部門・総合技術監理部門)、土地区画整理士、測量士。1975年東京都入都。第四特定街路建設事務所、第五建設事務所、下水道局建設部土木設計課主査、多摩都市整備本部区画整理担当主査、江戸川区区画整理推進課長、東京都第三区画整理事務所換地課長、建設局区画整理部移転工事課長、建設局道路建設部街路課長、江戸川区土木部長、危機管理監などを歴任し、2011年 公益財団法人えどがわ環境財団理事長。2012年 公益財団法人リバーフロント研究所理事。

インフォメーション
開催日 : 2018 年 6月 28 日
時間 : 18:30-20:30
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, Hosei University
入場 : 無料
会場 : イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
<< マッテオ・チョニーニ パントマイム公演「言葉もなく!」 | トップ | 講演会「詩人レオパルディと出会う ペシミズムと《無限》、日本での受容」 >>