イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

コンサート「音楽の道 イタリアから日本へ フルートの現在」

イベント終了日:2018年07月11日(水)
caterina_stocchi_800s.jpgカテリーナ・ストッキ フルート

takeda_keigo_800s.jpg竹田 圭吾 ピアノ

sakuramoto_ayumi_400s.jpg櫻本 歩美 フルート


プログラム

アルフレード・カゼッラ(1883-1947)
  バルカローラとスケルツォ(1903)

クラウディオ・アンブロジーニ(1948-)
  シリアの射手のごとく(1981)

ステファノ・アレッサンドレッティ(1980-)
  寓話(2018) *世界初演

マリオ・ピラーティ(1903-1938)
  ソナタ(1922-27)

ラウル・マズ(1992- )
  海の上のパイプ(2018) *世界初演

ブルーノ・マデルナ(1920-1973)
  ディアロディア(1971)

上林 裕子(1975-)
  時の彼方(2002)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)


カテリーナ・ストッキ  フルート
Caterina Stocchi, flauto
アレッツォ芸術高校音楽科を卒業後、2009年にシエナ・フランチ音楽院を卒業。2012年にヴェネツィア国立音楽院で修士課程を最高点で修了する。さらに、指導者養成の修士課程も最高点で修了。2016年にはストラスブール音楽院の専門課程を終え、その後も、さまざまなマスタークラスなどに参加し、研鑽を積む。ソリストとして活動するほか、室内楽やオーケストラの演奏にも参加し、イタリアの主要都市でコンサートやイベントでの演奏を続けている。2013年には品川フィルハーモニー・アンサンブルに招聘され、東京と広島のコンサートでソリストとして演奏する。2017年、二度目のアジアツアーを行い、香港と札幌で演奏する。同年、香港国際フルート協会の顧問と香港メロス・ミュージックセンターのイタリア担当に就任。2016年には中学校の教員試験に合格し、2017年度から教鞭を執っている。

竹田 圭吾  ピアノ
Takeda Keigo, pianoforte
北海道出身。2005年渡伊。ヴェネツィアのベネデット・マルチェッロ音楽院のピアノ科、室内楽科の各修士課程にて研鑽を積み、各課を満点で卒業。2013年帰国。
パルマ・ドーロ国際コンクール第2位(1位空席)および課題曲最優秀演奏者賞、ヌオーヴィ・オリゾンティコンクール第2位等。
これまでに南部詩子、岩崎むつみ、二宮英美歌、大楽勝美、関孝弘、マッシモ・ソメンツィ、モニカ・ベルタニン各氏に師事。

櫻本 歩美  フルート
Sakuramoto Ayumi, flauto
エリザベト音楽大学卒業。エコールノルマル音楽院フルート科第六課程音楽教育高等課程卒業。ベネデット・マルチェッロ国立音楽院フルート科修士課程卒業。伊藤文絵、植田恭子、竹本博、小坂哲也、F.ロッティ、M.キム各氏に師事。モーツァルテウム音楽院サマーアカデミー、セルモネタマスタークラス、BDB音楽アカデミー各ディプロマ取得、P.L.グラーフ氏師事。私立武田中学校音楽講師、河合楽器講師、BarchettaBluに勤務した。日本フルート協会主催 A. オリヴァ氏マスタークラス、仙台ワークショップにて F.ロッティ氏、ミラノ・スカラ座主席M.ゾーニ氏(ゼフィルス)通訳に携わる。品川フィルハーモニー・アンサンブル代表。

インフォメーション
開催日 : 2018 年 7月 11 日
時間 : 18:30-20:00
主催 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場 : イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< 講演会「詩人レオパルディと出会う ペシミズムと《無限》、日本での受容」 | トップ | ステファノ・グッツェッティ・アンサンブル コンサート Short Stories >>