イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ステファノ・グッツェッティ・アンサンブル コンサート Short Stories

イベント終了日:2018年07月13日(金)
ensemble_800s.jpgステファノ・グッツェッティ  ピアノ
サラ・メローニ  ヴァイオリン
ジュリア・デッシー  ヴィオラ
ジャンルーカ・ピスケッダ  チェロ

2016年にイタリア文化会館でピアノ・ソロコンサートを行い、成功を収めたステファノ・グッツェッティが、ストリング・トリオとともに帰ってきます。
本コンサートでは、これまでリリースしたアルバムや手がけた映画音楽のなかから選りすぐりの作品を届けます。イタリアを代表する漫画家イゴルトによるグラフィックノベルJapanese Notebooksにインスピレーションを得て作った同名のアルバムや、日本のレーベルHome NormalからリリースされたアルバムShort storiesの収録曲もあります。Short storiesはグッツェッティの作曲によるピアノ・ソロのアルバムですが、今回、アンサンブルに編曲して演奏します。また、ジョアキーノ・ロッシーニ没後150年を記念して、この偉大なる作曲家へのオマージュとして、『ウィリアム・テル』序曲と『セビリアの理髪師』から「もし私の名を知りたければ」を演奏します。

プログラム
ジョアキーノ・ロッシーニ 『ウィリアム・テル』序曲
Home
All the places of the world
Welcome
Alone
Grazia
Scusa
All our days
Moonlit
To sleep for a new day
The road to you
Pluvieux
Escape
You and the stars
Saliva
Haiku
ジョアキーノ・ロッシーニ 『セビリアの理髪師』から「もし私の名を知りたければ」

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)


ステファノ・グッツェッティ  ピアノ
Stefano Guzzetti, pianoforte
作曲家、ピアニスト。サルデーニャ島カリアリにあるG.P.ダ・パレストリーナ国立音楽院でエレクロトニック・ミュージックを学ぶ。イタリアの出版社エイナウディ社のブックトレーラー(村上春樹、フランチェスコ・アバテ著作)の音楽やサウンドデザインを手がける。彼の作品は、デジタル音楽配信サービスSpotifyで2,200万回以上ダウンロードされている。2014年、Home Normalよりソロ・ピアノ作品At Home. Piano Book Volume Oneをリリース。2015年にはEnsembleを、2016年にはLeafを発表するなどアルバム制作も精力的に行っている。2017年4月には、全国紙コリエーレ・デッラ・セーラ紙により、重要な現代作曲家4人に選ばれる。同年7月、ステファノ・グッツェッティ・アンサンブルは、ドルチェ&ガッバーナのイベントに招聘され演奏する。2018年4月にも、女優サラ・ジェシカ・パーカーの司会で、ニューヨーク公共図書館で行われた同ブランドのイベントに参加した。2018年秋には、リサ・ジェラルドとの共演による作品をリリースする予定。

サラ・メローニ  ヴァイオリン
Sara Meloni, violino
カリアリのG.P.ダ・パレストリーナ国立音楽院でヴァイオリンをアッティリオ・モッツォに師事し、ディプロマを取得。その後、ローマ国立音楽院でバロック・ヴァイオリンをルイジ・マンジョカヴァッロに師事し、最高点で修了。また、ピアチェンツァ国立音楽院では、パオラ・ポンセのもと、ヘンデルの作品に特化したプログラムで室内楽を学ぶ。マルチェッロ・ロータ、イーヴォ・リパノヴィチ、ガエターノ・デスピノ-ザなどの指揮で、トラパニ七月音楽祭管弦楽団、イタリアン・ユース・オーケストラ、マンチェスター・ユース・オーケストラ、ジョルジュ・メリエス・オーケストラ他と共演し、コンサートマスターを務めたこともある。参加したアルバムがGlossaやSony Musicからリリースされ、また、コンサートがイタリア国営放送RAIやMidici.tvで放映されている。

ジュリア・デッシー  ヴィオラ
Giulia Dessy, viola
カリアリのG.P.ダ・パレストリーナ国立音楽院でディプロマを取得。その後、スポレート歌劇場やミラノ・スカラ座アカデミーで研鑽を積む。パトリック・ユッド、ミハイル・クーゲルに師事する。アレーナ・ディ・ヴェローナ、カリアリ歌劇場、バーリのペトルッツェッリ劇場などで演奏している。

ジャンルーカ・ピスケッダ  チェロ
Gianluca Pischedda, violoncello
サルデーニャ州立オーケストラ、サンタ・チェチーリア・ユース・オーケストラで首席奏者を務める。チョン・ミョンフン、ロリン・マゼール、クラウディオ・アッバード、カルロ・M.ジュリーニ、ジョルジュ・プレートル、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチなど名だたる指揮者のもと演奏する。現在、サルデーニャ室内管弦楽団、地中海フィルハーモニー管弦楽団のチェロ首席奏者。

インフォメーション
開催日 : 2018 年 7月 13 日
時間 : 18:30-20:00
主催 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場 : イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< コンサート「音楽の道 イタリアから日本へ フルートの現在」 | トップ | Ciclo di proiezioni cinematografiche: L’amatore >>