イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

著作権と新しいメディア―新しい時代への挑戦

イベント終了日:2012年05月30日(水)
イメージこのシンポジウムではイタリアと日本の法律の違い、両国の著作権の境界線、インターネットでの違法配信問題の対策などをテーマに、イタリアと日本の法律の専門家がプレゼンテーションをします。後半にはイタリアと日本の有名オペラアリアを披露します。
日伊同時通訳

講演者
‐ マッリア・マンリオ
弁護士 SIAE 副社長
‐ アントニーニ・スヴェーヴァ
弁護士(イタリア) Idealex 著作権専門弁護士
‐ ヴィッラ・アドリアーノ
外国法事務弁護士(イタリア) Pavia Ansaldo外国法事務弁護士事務所所属
‐ 山本隆司
弁護士 インフォテック法律事務所 (著作権専門弁護士)
‐ 井奈波朋子
弁護士 インフォテック法律事務所 (著作権専門弁護士)
‐ 渡辺聡
日本音楽著作権協会(JASRAC)総務本部副本部長

入場無料 要予約
参加ご希望の方は、件名を「5月30日シンポジウム」とし、お名前、電話番号、参加希望人数を記入の上メール(eventi.iictokyo@esteri.it)またはFax(03-3262-0853) にてお申し込みください。

インフォメーション
日程: 2012年5月30日
時間: 17時 (開場:16時30分)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、 IDEAlex、 イタリア著作家出版者協会(SIAE)
協力: 日本音楽著作権協会(JASRAC)、InfoTech Law Offices
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 法律▲トップ
 
1 / 1