イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

日本におけるイタリア語教育ネットワーク(ASILS)(第12回世界イタリア語週間)

イベント終了日:2012年11月09日(Fri)
イメージ日本におけるイタリア語の普及という一つの共通目的を通して、イタリア諸機関、大学などの学術機関、私立の語学学校等の教育機関を持続的に連携・統合するネットワークを構築する。これは、イタリア語・イタリア文化のセミナーを行うASILS(第2外国語としてのイタリア語学校協会)のプレゼンテーションの要旨であると同時に、ASILSが代表するイタリアにおけるイタリア語学校と、外国のイタリアの公的諸機関間での共通の課題でもあります。


予約が必要です。参加希望のイベント名を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をcorsi.iictokyo@esteri.itまでお送り下さい。



インフォメーション

日程: 2012年11月9日

時間: 19時~19時45分

場所: イタリア文化会館 - エキジビションホール(1F)

主催: イタリア文化会館

協力: ASILS

入場無料(要予約)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

「ダンテ」からイタリア文化とイタリア語を皆さまへ。(ダンテ・アリギェリ協会)(第12回世界イタリア語週間)

イベント終了日:2012年11月09日(Fri)
イメージ11/09 (金)20時~20時45分

予約が必要です。参加希望のイベント名を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をcorsi.iictokyo@esteri.itまでお送り下さい。



インフォメーション

日程: 2012年11月9日

時間: 20時~20時45分

場所: イタリア文化会館 - 2F

主催: イタリア文化会館

協力: ダンテ・アリギェリ協会 東京支部
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

イタリア語教授法ワークショップ(第12回世界イタリア語週間)

イベント終了日:2012年11月11日(Sun)
イメージイタリア語教授法ワークショップ

講師:リディア・コスタマーニャ(ペルージャ外国人大学准教授)
講師:ファブリツィオ・グラッセッり(ダンテ・アリギェリ協会 東京支部会長)

11/11 (日) 14時30分~16時30分

予約が必要です。
参加希望のイベント名を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をcorsi.iictokyo@esteri.itまでお送り下さい。



インフォメーション

日程: 2012年11月11日

時間: 14時30分~16時30分

場所: イタリア文化会館 - エキジビションホール(1F)

主催: イタリア文化会館

協力: ペルージャ外国人大学 、ダンテ・アリギェリ協会 東京支部

参加無料 要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

イタリア語教育法ワークショップ

イベント終了日:2013年11月03日(日)
P1050635.JPGP1050620.JPG
イベント終了日:2013年11月07日(木)
カフォスカリ・ヴェネツィア大学の現代語教育法Serragiotto教授によるイタリア語教授法ワークショップです。
テーマは「イタリア語教授法とその革新」。
イタリア語のみで行われるイベントです。


インフォメーション

日程: 2013年11月3日
時間: 11時~16時
場所: イタリア文化会館  - 2F
主催: イタリア文化会館 / カフォスカリ・ヴェネツィア大学
予約: 必要。 


Ingresso libero su prenotazione. Per partecipare all'evento si prega di inviare un'e-mail all'indirizzo: corsi.iictokyo@esteri.it specificando nome, numero di telefono e numero di partecipanti.
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

CLIQ: 世界におけるイタリア語を検定する新基準

イベント終了日:2013年11月07日(木)
b_step02.jpg「CLIQ (イタリア語検定良質基準Certificazione Lingua Italiana di Qualità)」とは海外で学習するイタリア語を検定するための新しい統一基準です。
CLIQ委員会はイタリア外務省と協定を結び、下記の組織から構成されています。
ペルージャ外国人大学
シエーナ外国人大学
ローマ第三大学
ダンテ・アリギエーリ協会
新しい基準は、EUが定める言語統一基準に適するものです。

参加無料、入場自由。


インフォメーション

日程:  2013年11月7日
時間:  19時~20時
場所: イタリア文化会館 視聴覚室 B1F
主催: ダンテ・アリギエーリ協会 東京支部
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

イタリア語研究者の集い

イベント終了日:2013年11月10日(日)
P1050605.JPGイタリア語研修者の方にお集まりいただき、「世界イタリア語週間」のテーマにそって語り合って頂きます。
「世界イタリア語週間」の今年のテーマは「イタリア 研究、発展そして革新」です。
ご興味のあるイタリア語研究者の方、ぜひご参加ください。


PROGRAMMA

• 10.30 Saluto del Direttore, Prof. Giorgio AMITRANO, e introduzione dei lavori

Moderatore Prof.ssa M. Katia GESUATO
• 10.40 Prof.ssa Mariko MURAMATSU, Un. di Tokyo, D’Annunzio rinnovatore del costume e della lingua
• 11.00 Prof. Valerio ALBERIZZI, Un. Waseda, Didattica multimediale e interattiva: insegnare l’italiano con iTunesU e iBooks Author
• 11.20 Prof. Mitsuru KOBAYASHI, Un. Kyoto Sangyo, L’infinito di Galileo
• 11.40 Prof.ssa Francesca USICCO, Un. Waseda, Conoscere un autore italiano attraverso materiali didattici multimediali. Dino Buzzati “Ragazza che precipita”
• 12.00 Prof. Hideyuki DOI, Shizuoka Un. of Art and Culture, Harukichi Shimoi e l’avanguardia napoletana
• 12.20 Prof. Giulio Antonio BERTELLI, Un. di Osaka, La comunità italiana in Giappone negli anni a cavallo della Restaurazione Meji (1860-1880)
• 12.40 – 13.00 Dibattito
• Ore 13 – 14.20 Buffet

Moderatore Dott. Edoardo CRISAFULLI
• Ore 14.30 Dott.ssa Akiko HARADA, Un. Keio, La città di Roma nello Stato della Chiesa in epoca moderna. Nuove prospettive di ricerca
• Ore 14.50 Prof. Masao KOTANI, Un. Ochanomizu, Perchè un teatro in galera?...della Compagnia della Fortezza (Volterra)
• Ore 15.10 Prof.ssa Yoshimi TAKEDA, Un. Seibi, Approcci e metodi per l’insegnamento dell’italiano al Seibi Gakuen College e la lingua italiana come strumento per la realizzazione di un sogno
• Ore 15.30 Prof. Taisuke KURODA, Un. Kanto Gakuin, Lucca 1838. Trasformazione e riuso dei ruderi degli anfiteatri romani in Italia
• Ore 15.50 Proff. Giorgio COLOMBO – Andrea ORTOLANI, Un. Nagoya e Un. Hitotsubashi, La cultura giuridica italiana in Giappone
• Ore 16.10 Prof.ssa Chiara ZAMBORLIN, Un. delle Arti Nagoya, (Sor)ridere in Italia e in Giappone: aspetti cognitivi, linguistici e sociali nella ricezione dell’umorismo a livello interculturale
• Ore 16.30 Prof.ssa Hiroko KUDO, Un. Chuo, Insularità e innovazione: perchè le regioni a statuto speciale investono di più in ricerca scientifica e politica culturale
• Ore 17.00 – 17.30 Dibattito
• Ore 17.45 Conclusione


予約: 必要。 「イタリア語研究者の集い」を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をご明記のうえ、corsi.iictokyo@esteri.itまでメールをご送信下さい。

インフォメーション

日程:  2013年11月10日
時間:  10時30分~18時
場所: イタリア文化会館 エキシビジョンホール  - 1F
主催: イタリア文化会館

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

第23回イタリア語スピ-チコンテスト

イベント終了日:2013年12月07日(土)
イメージ学生からシニア世代まで幅広い年齢層のさまざまな職業の方が、いろいろな経験をもとに自分の想いをスピーチで競います。

お問い合わせは(財)日伊協会スピ-チコンテスト係まで
Tel. 03-3402-1632

---
インフォメーション
日程: 2013年12月7日
時間: 13時 (開場12時30分)
場所: イタリア文化会館アニェッリホール     
主催: 公益財団法人日伊協会 イタリア文化会館
協力: イタリア大使館•朝日新聞社•NHK• スルガ銀行• アリタリア-イタリア航空• ㈱ワールドエアサービス  
一般公開 入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

講演会「言葉の宴」


ジョン・フローリオ編纂伊英辞典 A Worlde of Wordes
201403200408halller.jpg
ジョン・フローリオの編纂によって初めて伊英辞典A Worlde of Wordesが出版されたのは1598年のことです。そして昨年、その校定版がトロント大学出版局から出版されました。
本講演では、校定版の編者ヘルマン・ハラー氏が同書を解説するとともに、エリザベス朝時代のイングランドで活躍した言語学者フローリオについて語ります。
*講演はイタリア語で行われ、通訳はつきません。


入場無料

お申し込み:件名を「4月16日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

【プロフィール】 ヘルマン・ハラー Hermann Haller
ニューヨーク市立大学大学院 センターおよびクイーンズ校教授(イタリア語、イタリア文学)。専門は言語学およびイタリア文献学。特に、アメリカにおける移民言語としてのイタリア語を 研究している他、イタリアの方言による詩の英訳もてがける。近年は後期ルネサンスの辞典編集についての研究を進めている。

インフォメーション

日程: 2014年4月16日
時間: 18時 (開場17時30分)
場所: イタリア文化会館
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約





Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

Conferenza “Lingua italiana, tra libro di testo e nuovi strumenti multimediali”

イベント終了日:2014年06月28日(土)
L’Istituto Italiano di Cultura di Tokyo e la Società Dante Alighieri di Tokyo organizzeranno il 28 giugno una conferenza-tavola rotonda sul tema “Lingua italiana, tra libro di testo e nuovi strumenti multimediali – Una questione di metodo e di materiali didattici”.tokyo2014_DEF_A4.jpg

La conferenza sarà tenuta dal Dott. Giacomo Pierini della casa editrice ALMA EDIZIONI di Firenze.

L’evento, introdotto dal Dott. Fabrizio Grasselli, Società Dante Alighieri Comitato di Tokyo, e dal Dott. Edoardo Crisafulli, Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, si articolerà sulle seguenti tematiche:

- Dal metodo comunicativo all’approccio globale, la proposta ALMA Edizioni.
- Nuovi strumenti per una didattica interattiva.
- Multimedialità & internet.
- Insegnare italiano in Giappone, problemi, proposte e suggerimenti: discussione aperta.

Verranno, inoltre, distribuite delle copie saggio del libro di testo NUOVO Espresso 1.

Per la partecipazione all’evento, si prega di comunicare la propria disponibilità, entro il 25 giugno 2014, indicando nome, cognome e recapito telefonico ad uno dei seguenti indirizzi indicando in oggetto “ALMA”:

eventi.iictokyo@esteri.it
dante@il-centro.net


Informazioni:

Luogo: ISTITUTO ITALIANO DI CULTURA – Sala Giacomo Puccini
Data: sabato 28 giugno 2014
Orario: 14:00-16:00

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

イタリア語教授法ワークショップ

イベント終了日:2014年11月09日(日)
image - コピー.jpgA cura di Paola Tiberii, Zanichelli Editore

200,000項目以上を収録した「慣用句辞典」は、豊かな表現力を養うための有用な参考書。

In linguistica il termine collocazione indica una combinazione di due o più parole che tendono a comparire insieme nella lingua orale e scritta. Con 6mila voci e oltre 200mila collocazioni il Dizionario delle collocazioni è un'opera di consultazione utile per chiunque voglia arricchire il proprio linguaggio, scrivere e parlare con chiarezza. Risulta inoltre uno strumento indispensabile per gli stranieri che si avvicinano alla lingua italiana poiché le collocazioni sono espressioni tipiche della lingua non determinate da regole ma piuttosto dalla frequenza con cui queste ricorrono nell'uso.

Il seminario prevede una parte introduttiva in cui si affronteranno i presupposti teorici che sono alla base delle collocazioni.
Seguirà poi una seconda parte con proposte pratiche di attività didattiche volte all'acquisizione di una maggiore competenza linguistica.

Orario
14:00-14:30 Accettazione
14:30-17:00 Seminario

La partecipazione all’evento è su prenotazione.
Per informazioni: corsi.iictokyo@esteri.it


Profilo
Paola Tiberii è laureata al Dams, presso la Facoltà di Lettere e Filosofia dell'Università di Bologna. Agli studi musicologici e pianistici ha affiancato l’interesse per la ricerca linguistica e in particolare lessicografica.
Il Dizionario delle collocazioni, recentemente pubblicato da Zanichelli, è il frutto di un lavoro decennale volto a coniugare l’approfondimento teorico e la praticità dell'uso.

インフォメーション

日程: 2014年11月9日
時間: 14時30分~17時
場所: イタリア文化会館 視聴覚室
主催: イタリア文化会館
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 
1 / 4 >>