イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

Cinecittà イタリア映画鑑賞

イベント終了日:2012年05月11日(金)
イメージ
イタリア文化会館では、特にイタリア語学習者向けに、月に1回の映画鑑賞会を開催しています。
次回はニーナ・ディ・マーヨ監督の「Matrimoni e altri disastri」
(2008年 102分 英語字幕)を上映します。

あらすじ
40代のナナは友人のベネデッタと小さな書店を営んでいる。裕福な家庭の長女だが、これまでずっと男運に恵まれない人生を送ってきた。そのうえ愛らしく天真爛漫な妹の結婚式をとりしきることになって…。マルゲリータ・ブイがハマリ役のコメディー。

お問い合わせ・予約はメールにて承ります: uketsuke.iic@hotmail.co.jp
---
日程: 2012年5月11日
時間: 18:30開場 19:00上映開始
場所: イタリア文化会館 視聴覚室 B1 (定員30名ほど)
主催: イタリア文化会館
入場:無料 (要予約)

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

子どものためのアートと演劇フェスティバル『歌う木』・『3本の手のスケルツォ』

イベント終了日:2012年05月12日(土)
イメージマントバ、テアトロ・インプロヴィーゾ主宰ダリオ・モレッティ プロデュースによるライブアニメーションの公演
絵:ダリオ・モレッティ ピアノ:並河咲耶

ベラ・バルトークの『子どものために』とともに繰り広げられる愉快な音楽会。
中央部に設置されたスクリーン上に、ライブで描かれる絵が投影され、ピアノの演奏と共に映像を楽しむ公演です。
3歳以上を対象にした、35分程度の言葉を使わない作品ですが、ショート・ショートのような7つの短いストーリーをご覧頂けます。
「森の中で」「サーカス」「夜」「街」「灯台守」「ポートレート」「ハエ」
本作品はテアトロ・インプロヴィーゾの最新作となります。

インフォメーション
日程: 2012年5月12日
時間: 16:20-17:00
場所: イタリア文化会館 ホワイエ
主催: テアトロ・インプロヴィーゾ、イタリア文化会館

入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

『デ・プレトーレ・ヴィンチェンツォ』 特別上映会(日本語字幕)

イベント終了日:2012年05月17日(木)
イメージ『デ・プレトーレ・ヴィンチェンツォ』 特別上映会
日本語字幕

エドゥアルド・デ・フィリッポ戯曲集+DVDが発売されることになり、5月17日にイタリア文化会館にて発売記念発表会が行われます。

エドゥアルド・デ・フィリッポ Eduardo De Filippo (1900-1984)
1900年代のイタリア演劇界をリードした国際的に有名な劇作家、俳優、詩人。後世に多大な影響を与え続け、ネオレアリズモ映画やイタリア式コメディーの 新しい着想の原点となった。フェデリコ・フェリーニ、オーソン・ウェルズ、ダリオ・フォなどが師として仰ぎ、多くの多才な監督や俳優が生まれた。現在もルカ・デ・フィリッポ劇団によって、イタリア各地で 上演され、衰えることのない人気を博している。

『デ・プレトーレ・ヴィンチェンツォ』
父なし子としてナポリの底辺で生まれたヴィンチェンツォ。社会から排除され、生きていくために泥棒になるより他なかった。見栄っ張りな彼は「自分は貴族の血を引いている」と本気で思い込み、恋人のニヌッチャといつか人生を変えてやると確信していましたが・・・。書き下ろし1957年、初演1962年。

インフォメーション
日程: 2012年5月17日
時間: 17時30分
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア会館・福岡、イタリア文化会館東京
協力: イタリア大使館、ナポリ市、フィアット グループ オートモービルズ ジャパン株式会社

入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 演劇▲トップ
 

語学学校奨学金説明会

イベント終了日:2012年05月21日(月)
イメージ毎年イタリア各地の語学学校(一部は大学)から多くの奨学金が当館に提供されています。そして、
当館イタリア語コース受講生の方は、この奨学金がご利用できます。
でも「どんな学校があるの?」、「期間はどれくらい?」、「どんなコースがあるの?」、「申し込み方法は?」など、わからないことがたくさん出てきますね。

そこで、こうしたご質問におこたえするために、「語学学校奨学金説明会」を実施することにしました。
 
語学学校奨学金説明会
日時 5月21日(月) 18:30-19:30
場所 イタリア文化会館 B1F視聴覚室
その他 予約は要りません。当日、会場に直接お越し下さい。

奨学金留学を利用したいけど、どうしようかな?と思っている方、また、具体的な計画はまだだけれど話しを聞いてみたい方等、お気軽にお越し下さい。お待ちしています。

お問合せ先 イタリア文化会館 語学学校奨学金係     
         didattica.iictokyo@esteri.it
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

第3回「イタリアの絵本と子どもの本」展- 絵本のなかのイタリア

イベント終了日:2012年06月01日(金)
イメージ第3回「イタリアの絵本と子どもの本」展では、イタリアの街、歴史、美 術、社会、学校、家族、食べ物などのテーマを12のセクションにわけ、近刊を中心に約250冊を展示します。紹介される機会の少ないイタリアの創造性に富んだ絵本をお楽しみください。
1冊1冊が紡ぎだす事象がジグソーパズルの1ピースとなり、それらの組み合わせでイタリアという国がくっきりとした形となって現れてくる、そのような本が選ばれています。これらの絵本を通して、みなさまのイタリア観や知識がさらに豊かになることを期待しています。
展覧会を監修するAndersenは、イタリアで児童書専門の月刊誌を刊行し、関連する企画を手がけ、毎年イタリアの子どもの本を対象にした賞(Andersen賞)を授与しています。

★同時開催★
『Dear JAPAN ~世界の絵本画家からの希望メッセージ~』
世界の絵本作家から、東日本大震災に見舞われた日本に贈られたイラストを展示します。大震災に心を痛め、日本を思う気持ちがこもったメッセージも添えられています。
協力:株式会社アート絵本、いたばしボローニャ子ども絵本館

★イベント★
『ボンジョルノ イタリア!お話と音楽でイタリアを楽しもう!』
日時:5月27日(日)13:30~14:00/15:00~15:30
出演: Vivace
イタリアの絵本や昔話を紹介する日本語のお話会です。
トーンチャイムの演奏もあります。親子でどうぞご参加ください。

『アート絵本 よみがたり』
日時:5月26日(土) 14:30~15:15/16:30~17:15
企画:株式会社アート絵本
語り:大小田さくら子
日本でまだ出版されていないイタリアの絵本のよみ語り。
アートな絵とストーリーが生み出す感動をじっくり味わってください。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 出版▲トップ
 

ロザンナ・カッターネオ展 "Backwards"

イベント終了日:2012年06月08日(金)
イメージロザンナ・カッターネオ(Rosanna Cattaneo)  
1945年ローマ生まれ。ローマオペラ座の舞台美術家として、ヴィスコンティ、ボロニーニ、デ・フィリッポ、ピッツィなどの舞台を手掛ける。その後、画家、写真家、絵画修復家、テレビ司会者など、あらゆる分野で多才ぶりを発揮。1970年代渡米。帰国後、米国滞在中の作品を集めた写真展を開催。 1983年より’90年代前半まで「都市とアート」をテーマに活動する”GRUPPO12”に参加。イタリア外務省、各市庁の後援により、ローマテルミニ駅、ミラノ・スフォルツェスコ城、ローマ・フォリ・インペリアーリ通りなど、修復中の都市スペースを利用し展覧会を開催。また、同時に社会問題をテーマにインスタレーションを発表する。一方、"Pittrice dell'anima 魂を描く画家" とイタリア国内で高く評価されている油彩画では、美しい色彩を操り、詩的で独特なロマンチシズムを描き出す。 イタリアを中心に国内外で活動。1994年、1997年、1999年、在日イタリア大使館、イタリア文化会館後援のもと日本で個展を開催。2001年、2007年、イタリア外務省主催『日本におけるイタリア年』公式展覧会に参加。2004年、NHK教育テレビ「イタリア語会話」文化コーナーに出演。翌2005年、同番組のローマ案内人としてレギュラー出演。油彩画のみならず、インスタレーション、ビデオアートなど、幅広いツールを使って創作活動を続ける。

広報:日伊文化交流サロン アッティコ (Tel.03-5652-3331 info@attico.net)

インフォメーション
日程: 2012年5月28日 - 2012年6月8日
時間: 11時~18時 (毎週土日曜休館)
場所: イタリア文化会館 エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
協力: 在日イタリア大使館  協賛:株式会社サイサン、株式会社ヨーザン、タプロス株式会社、株式会社共栄、エナジー・ワン株式会社 広報:日伊文化交流サロン アッティコ
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

著作権と新しいメディア―新しい時代への挑戦

イベント終了日:2012年05月30日(水)
イメージこのシンポジウムではイタリアと日本の法律の違い、両国の著作権の境界線、インターネットでの違法配信問題の対策などをテーマに、イタリアと日本の法律の専門家がプレゼンテーションをします。後半にはイタリアと日本の有名オペラアリアを披露します。
日伊同時通訳

講演者
‐ マッリア・マンリオ
弁護士 SIAE 副社長
‐ アントニーニ・スヴェーヴァ
弁護士(イタリア) Idealex 著作権専門弁護士
‐ ヴィッラ・アドリアーノ
外国法事務弁護士(イタリア) Pavia Ansaldo外国法事務弁護士事務所所属
‐ 山本隆司
弁護士 インフォテック法律事務所 (著作権専門弁護士)
‐ 井奈波朋子
弁護士 インフォテック法律事務所 (著作権専門弁護士)
‐ 渡辺聡
日本音楽著作権協会(JASRAC)総務本部副本部長

入場無料 要予約
参加ご希望の方は、件名を「5月30日シンポジウム」とし、お名前、電話番号、参加希望人数を記入の上メール(eventi.iictokyo@esteri.it)またはFax(03-3262-0853) にてお申し込みください。

インフォメーション
日程: 2012年5月30日
時間: 17時 (開場:16時30分)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、 IDEAlex、 イタリア著作家出版者協会(SIAE)
協力: 日本音楽著作権協会(JASRAC)、InfoTech Law Offices
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 法律▲トップ
 
1 / 1