イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

語学学校奨学金説明会

イベント終了日:2013年02月06日(水)
イメージ語学学校奨学金説明会

当館のイタリア語コース受講生の方は、当館に提供される語学学校奨学金が利用できます。
さて、今年もイタリア各地の語学学校から続々と奨学金の提供のお知らせが届いています。
毎年奨学金を利用して留学する方が増えていますが、「奨学金を利用して留学したいけど、どうしようかな?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。
そして、たくさんある奨学金の中から、「自分の希望に合うものをどうやって選んだらいいのかよくわからない」という声も聞きます。
そこで、
「どんな学校があるの?」
「期間はどれくらい?」
「どんなコースがあるの?」
「申し込み方法は?」などの利用方法についておこたえするために、語学学校奨学金説明会を下記の日時で開催いたします。
語学学校奨学金にご関心のある方は、是非ご参加下さい!お待ちしています!

日時  2月6日(水)18:30-19:30
場所  イタリア文化会館 B1F 視聴覚室
*予約は要りません。当日会場に直接お越し下さい。会場定員の都合で先着50名様とさせていただきます。
お問合せ先 イタリア語コース受付
corsi.iictokyo@esteri.it
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 留学▲トップ
 

エミリオ・サルガリ 限りなき冒険

イベント終了日:2013年02月18日(月)
イメージエミリオ・サルガリ(Emilio Salgari, 1862-1911)は、19世紀末から20世紀初めにかけて活躍し、若い読者に絶大な人気を誇った冒険小説作家です。世界中を駆け巡る船員になる夢を叶えられなかったサルガリは、作家に転じ、書物や新聞・雑誌から得た知識と豊かな想像力を駆使し、アジアやアフリカ、アメリカ、極地などの秘境や海洋を舞台にした物語を数多く書きました。彼が生みだした黒い海賊やサンドカンといったヒーローの活躍に子どもたちは胸を躍らせ、エキゾチックな異国の精緻な描写は大人たちをも魅了しました。また、その作品を基にした映画やTVシリーズ、アニメなどもたくさん作られています。今回のイベントでは、イタリアで世代を超えて愛されてきた作家サルガリの人物像と作品世界を、朗読、講演、写真・挿絵の展示、映画の上映によって紹介します。

講演会・映画上映会の申込み方法:氏名、電話番号、人数等を明記のうえ、件名を「エミリオ・サルガリ」(講演会もしくは映画上映会を明記のこと)として、e-mail:biblioteca2.iictokyo@esteri.itにお申し込みください。




★講演会 2013年2月7日(木)18:30 (開場 18:00)
       会場:イタリア文化会館 アニェッリホール(要予約)
講演は日本語で行われます。
       終了後、懇親会(アペリティーボ付)を予定しております。
 
 -マリア・エレナ・ティシ(児童文学研究者)
  「船長」の日本への冒険と21世紀

 -長野徹(東京大学文学部助教・翻訳家)
  エミリオ・サルガリ~人と作品
 
 -朗読:俵ゆり(児童書編集者)
 

  
★映画上映会  2月8日(金)19:00(開場 18:30)
           会場:イタリア文化会館 アニェッリホール

 「Sandokan (サンドカン)」(セルジョ・ソッリマ監督)
 『モンプラチェムの虎』の物語を元にした1976年の連続テレビドラマのうち、1・2話を上映します。
 (イタリア語)


★表紙・挿絵パネル展示 2月7日(木)~2月18日(月)(日曜休館) 11:00―18:00
                会場:イタリア文化会館 エキジビションホール 
 
 初期作品30作の優雅で古風な雰囲気をもつ表紙と挿絵をパネル展示します。


お問合せ:イタリア文化会館図書室   
Tel. 03-3264-6011 内線23  E-mail: blioteca.iictokyo@esteri.it

---
インフォメーション

日程: 2013年2月7日 - 2013年2月18日
時間: 11時~18時
場所: アネッリホール、エキジビションホール(1F)
主催: イタリア文化会館 協賛:ピアッジオグループジャパン㈱
協力: Archivio Matania
参加無料 要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント▲トップ
 

フェスタ ディ カルネヴァーレ 仮装大会

イベント終了日:2013年02月16日(土)
イメージフェスタ ディ カルネヴァーレ
今年も仮装大会開催します!


イタリア文化会館では、2月16日(土)にフェスタ ディ カルネヴァーレを開催します。

仮装大会の今回のテーマは
バレンタインデーも近いことから「愛」に決めました。
例えば、イタリアへの愛、動物への愛、歴史上で有名なカップル等々。

仮装大会にご参加の方から選考して、優秀仮装を決めて豪華賞品をご用意します!

クラスの仲間、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、奮ってご参加下さい!!


仮装大会参加ご希望の方は、以下の内容をメールかファックスにてコース受付までお知らせください(参加受付 締切り:2/13)。

1. 仮装のタイトル(例:ルパン三世と峰不二子)
2. 参加者全員の氏名
3. 代表者の連絡先 (電話、メールアドレス)

またご希望の方には、16時から、無料でスタッフが仮装メイクします!


日付: 2月16日(土) 
時間: 17時30分〜21時頃 (開場)17時 
場所: イタリア文化会館・アニェッリホール、エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
定員: 300名
入場料: (ビュッフェ代込)
受講生 大人 2,000円 
受講生以外 大人 3,000円、 子供(12歳以下)無料

チケット販売:イタリア文化会館 語学コース受付
2月13日(水)までに、入場チケットをご購入下さい。

ただし、定員に達し次第、締め切り日前でも受付は終了しますので、お早目にチケットをお買い求め下さい
(予約は承れませんのでご了承ください)。
e-mail: corsi.iictokyo@esteri.it

tel: 03-3262-4500
fax: 03-3262-4510


インフォメーション
日程: 2013年2月16日
時間: 17時30分〜21時頃 (開場)17時
場所: イタリア文化会館・アニェッリホール、エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
受講生 大人 2,000円 / 受講生以外 大人 3,000円、 子供(12歳以下)無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

アドルフォ・ファルサーリ写真展 ― 開港地横浜のイタリア人写真師

イベント終了日:2013年03月23日(土)
イメージアドルフォ・ファルサーリ

日本に写真機材が導入され、写真撮影が始まったのは19世紀中葉のことです。そして、幕末から明治初めにかけて横浜の居留地では、白黒アルビューメン・プリントに手彩色を施したいわゆる「横浜写真」が始まりました。その「横浜写真」の歴史において、1863年に同地に上陸したフェリーチェ・ベアートや彼から写真館を引き継いだライムント・フォン・スティルフリードの活動はよく知られています。他方、スティルフリードなどの経営する日本写真協会を買い取り、1885年から写真業に乗り出したアドルフォ・ファルサーリ(1841-1898)についてはあまり知られていませんでした。しかし、1990年代になってヴィチェンツァの実家からファルサーリの書簡が発見され、彼が「横浜写真」に与えた影響について明らかにされ始めました。ただ、そうした書簡や、横浜開港資料館などに所蔵されている写真アルバムからはファルサーリの経営する写真館の概ねの活動を窺い知ることができるだけでした。

しかし近年、東京大学大学院人文社会系研究科が行った調査によって、手彩色の素晴らしさに加え高価な値を付けて販売された写真アルバムの実態、とりわけ、写真師ファルサーリ自身の手になる写真の解明がなされました。

本展覧会では、その調査によってファルサーリの郷里ヴィチェンツァの公立機関で確認された写真アルバムに収められた写真の複写プリント約60点や、横浜で発行された当時の英文、仏文の新聞記事と娘キクの遺品の写真、またオリジナルアルバムを展示し、稀代の冒険家の写真師ファルサーリを紹介します。



【記念講演会】
「明治期の日伊民間レベルの交流史 アドルフォ・ファルサーリの活動からみるその一側面」
2月25日(月)18:30 イタリア文化会館 入場無料 *日本語のみ
小佐野重利(東京大学大学院教授)
木下直之(東京大学大学院教授)
シルヴィオ・ヴィータ(京都外国語大学教授)

参加ご希望の方は、件名を「2月25日講演会」とし、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メール(eventi.iictokyo@esteri.it)またはFax(03-3262-0853)にてお申し込みください。


主催: イタリア文化会館
後援: イタリア大使館
企画: 東京大学大学院人文社会系研究科
協賛: TBS、株式会社損害保険ジャパン、アルテリア
協力: ヴィチェンツァ市立キエリカーティ邸絵画館、 ドロテア女子修道院、株式会社写真弘社

---
インフォメーション

日程: 2013年2月23日 - 2013年3月23日
時間: 11時~18時 (毎週日曜休館)
場所: イタリア文化会館 エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
協力: 後援: イタリア大使館 企画: 東京大学大学院人文社会系研究科 協賛: TBS、株式会社損害保険ジャパン、アルテリア 協力: ヴィチェンツァ市立キエリカーティ邸絵画館 ドロテア女子修道院、株式会社写真弘社
入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 写真▲トップ
 

第5回 オペラプロ養成講座 修了演奏会

イベント終了日:2013年02月23日(土)
イメージ第5回 オペラプロ養成講座 修了演奏会

イタリア文化会館では、ステファノ・マストランジェロ先生をお迎えして、第5回イタリア オペラ・プロ養成講座を開催しています。本講座の最終回となる2月23日(土)は、公開実践レッスンとして、修了演奏会を開催します。
ヴェルディ、ベッリーニ、ドニゼッティなどのイタリアの代表的なオペラ作曲家の作品の中から、アリアを披露します。
開場:17時半/開演:18時 (入場無料 予約不要)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 
1 / 1