イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

第2回 ジャパン・アプリア・フェスティバル

イベント終了日:2013年05月19日(Sun)
イメージ古典オペラに関するレクチャーと実践
5月18日(土)、イタリア文化会館 B2Fホワイエ
14時30分 講師:山田高誌(大阪大学)
「トラエッタのオペラ ~メタスタージオ台本、音楽劇<見捨てられたディドーネ>
(台本:1724, 作曲:1757)分析と比較から」
15時30分 講師:森田学(国立音楽大学)
「オペラ台本の朗読、歌い方 メタスタジオ<見捨てられたディドーネ>を中心に」
16時30分 ヴィート・クレメンテを囲んで

トラエッタ作曲、宗教音楽コンサート
5月19日(日) イタリア文化会館アニェッリホール ¥4000(全自由席)
15時開演 (14時30分開場)
演目:トラエッタ作曲<ミゼレーレ>(1767)、<スターバト・マーテル>(ミュンヘン版、1776)
指揮:ヴィート・クレメンテ
ソリスト:西谷英恵(ソプラノ)、石原麻由(ソプラノ)、奥野恵子(メゾ・ソプラノ)、須崎木の実(ソプラノ)、
石川雄蔵(テノール)、佐藤泰弘(バス)
合唱:東京アカデミークワイア(女声合唱団)、東京ハウプトコーア(混声合唱団)
演奏:ジャパン・アプリア・フェスティバル アンサンブル

後援:イタリア大使館、プーリア州、ビトント市、モルフェッタ市、LUM大学
特別協力:アミフェスト アプリア ミュージック インターナショナル フェスティバル
協賛:アミーチ・サロン
インフォメーション

日程: 2013年5月18日 - 2013年5月19日

時間: .

場所: イタリア文化会館 アニェッリホール

主催: ジャパン・アプリア・フェスティバル実行委員会、イタリア文化会館

協力: アミフェスト アプリア ミュージック インターナショナル フェスティバル
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > オペラ▲トップ
 

“ヴィラ・イ・タッティ”とボッカッチォからマキャベッリにいたる道徳と成功

イベント終了日:2013年05月22日(Wed)
イメージ5月22日(水)18:00 イタリア文化会館

講演会「ハーバード大学ルネサンス研究センター、ヴィラ・イ・タッティについて」講師:ジョナサン・ネルソン(Assistant Director for Academic Programs and Publications)

1961年以来、ハーバード大学ルネサンス研究センターは、ルネサンス研究の中心的存在として世界的に重要な役割を果しています。美術史家で美術評論家のバーナード・ベレンソンが遺贈した施設に設立された研究所には、数多くの美術品や書物が残され、図書館には175,000冊の書籍が収蔵されています。また同センターの奨学金制度によって、世界から研究者が集まり研究を行っています。



「ボッカッチョからマキャベッリにいたる道徳と成功について」
講師:リーノ・ペルティレ(Director)

『デカメロン』の登場人物の多くは恋愛、商売、信仰などさまざまな企てを成功に導くために、倫理観に縛られることなく、知恵を駆使する人物として描かれています。マキャベッリの『君主論』においても行為の善は道徳ではなく、結果をもとに定義されています。『君主論』で、悪は許容されるものとされているように、『デカメロン』においても個々の不道徳性は目立たないものであれば、認められています。マキャベッリは日々の生活の行動規範を政治、軍事にも適用しました。

http://itatti.harvard.edu/japanlecturemay2013

日伊通訳付
講演会に参加ご希望の方は eventi.iictokyo@esteri.itまでメールでお申込み下さい。



インフォメーション

日程: 2013年5月22日

時間: 18時~20時

場所: イタリア文化会館 
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

福本 章 ~ヴェネツィアの光展~

イベント終了日:2013年/6月/22日(2013年/6月/22日)
イメージ福本 章  ~ヴェネツィアの光展~

パリに拠点をおきながらも、イタリア・ヴェネツィアの光の魅力にに取りつかれアトリエまで構え描き続けた、福本の作品30数点を展示します。“福本ブルー”といわれる画風の中には、何度も塗っては削られ、迷いながらも一筆一筆の苦悩を感じつつ、描く対象の深みを感じることができます。それは常に“そこに在る形”を見つめ、光と影の在り方、空間を大切にしていた福本の思想が描かれています。

トークショー

”水都ヴェネツィアと福本章の作品”
「陣内秀信(建築史家/法政大学デザイン工学部建築学科教授) x 藪野健(画家/早稲田大学理工学術院教授)」
■5月29日(水)18時~ エキジビションホール


”イタリアオペラの快楽”
「池田卓夫(音楽ジャーナリスト) x 菊地裕美子(演出家)」
■6月15日(土)18時~ エキジビションホール



インフォメーション

日程: 2013年5月24日 - 2013年6月22日

時間: 11時~18時 (毎日曜休館)

場所: イタリア文化会館 エキジビションホール

主催: 日動画廊

協力: イタリア文化会館

入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

STEFANO BOLLANI – “SUONI ITALIANI” – JAPAN TOUR 2013

イベント終了日:2013年05月26日(Sun)
イメージイタリア人ピアニスト Stefano Bollani (ステファノ・ボッラニ)のコンサートを開催します。



インフォメーション

日程: 2013年5月26日

時間: 19時

場所: サントリーホール

主催: ニュー・エージ・プロダクション、在日イタリア商工会議所

インフォメーション:
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

EUフィルムデーズ2013

イベント終了日:2013年06月26日(Wed)
イメージ「EUフィルムデーズ」は、欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が選定、提供する各国の作品を一堂に上映するユニークな映画祭です。
上映される作品は、ヨーロッパの映画製作者の幅広い才能を披露するとともに、EUが重視する文化的多様性をさまざまな表現で映し出しており、まさに多様な魅力に富んだものとなっております。
11回目を迎える今年は、5月31日から6月26日まで(休映日あり)、イタリア文化会館を会場に、EU加盟27カ国中21カ国と、7月1日加盟予定のクロアチアの計22カ国の選りすぐりの作品を紹介します。

スケジュールはこちら


在日EU加盟国大使館: アイルランド大使館 イタリア大使館 エストニア大使館 オーストリア大使館 オランダ大使館 クロアチア*大使館 スウェーデン大使館 スペイン大使館 スロヴァキア大使館 チェコ大使館 ドイツ大使館 ハンガリー大使館 フィンランド大使館 フランス大使館 ブルガリア大使館 ベルギー大使館 ポーランド大使館 ポルトガル大使館 ラトビア大使館 リトアニア大使館 ルーマニア大使館 ルクセンブルグ大使館 *2013年7月1日加盟予定

在日EU加盟国文化機関: イタリア文化会館 オーストリア文化フォーラム セルバンテス文化センター東京 チェコセンター東京 東京ドイツ文化センター フィンランドセンター アンスティチュ・フランセ日本 ポーランド広報文化センター

広報宣伝 : パンドラ



インフォメーション

日程: 2013年5月31日 - 2013年6月26日

時間: .

場所: イタリア文化会館 アニェッリホール

主催: 駐日欧州連合代表部、イタリア文化会館

協力:

チケット 500円
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 
1 / 1