イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

「カラヴァッジョ展」開催記念特別講演会

イベント終了日:2016年04月02日(土)
a「カラヴァッジョ展」開催記念特別講演会

本イベントは満席になりました。

カラヴァッジョ展(3月1日~6月12日、国立西洋美術館)開催を記念し、カラヴァッジョ研究者として著名な宮下規久朗氏(美術史家・神戸大学大学院人文学研究科教授)をお迎えし、特別講演会を開催します。
公式サイトは: http://caravaggio.jp/event.html


■お申し込み:往復はがきの「往信用裏面」に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記までお申込ください。
※1枚のはがきで最大2名の申込可。2名の場合はそれぞれの氏名を必ず明記してください。
■申込先
〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9 東海堂渋谷ビル3階
ユース・プラニングセンター内「カラヴァッジョ特別講演会」係まで
■申込締切
3月4日(金)必着 *お申し込み多数の場合は抽選となります。

入場無料。ただしカラヴァッジョ展の入場券または半券の持参が必要です。
※講演会会場でも入場券を販売します。

講演会内容
「カラヴァッジョ展紹介」 川瀬佑介(カラヴァッジョ展監修者、国立西洋美術館研究員)
「特別講演 カラヴァッジョ芸術の革新性」 宮下規久朗(神戸大学大学院人文学研究科教授)

インフォメーション
日程: 2016年4月2日
時間: 13時30分(13時開場)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
入場無料、要申込。お申し込みは上記をご覧ください。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

講演会「シェイクスピアのイタリア」

イベント終了日:2016年04月04日(月)
nadia-fusini .jpg講演会「シェイクスピアのイタリア」

ルネサンス期のイギリスでは、洗練された文化的な国というイメージをもつイタリアが、芸術作品のロケーションとして多く取り上げられました。当時のロンドンでは国際色豊かな文化が花開いており、イタリアの人文主義、美術、言語、文化もそれに大きく寄与していました。シェイクスピアにとって、ミラノ、ヴェローナ、マントヴァ、ヴェネツィア、ナポリ、メッシーナといったイタリアの町は、実際に訪れる旅の目的地ではなく、心に思い描いた場所であり、シェイクスピアの作品のなかには、イタリアの小説や民間に伝わる物語を劇化したものがあります。本講演では、英文学者で作家のナディア・フジーニが、シェイクスピアとイタリアの関係について語ります。

日伊逐次通訳付

お申し込み:件名を「4月4日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)



ナディア・フジーニ Nadia Fusini

ローマ・ラ・サピエンツァ大学文哲学部をA.ロンバルド、G.メルキョー両教授の指導のもとで卒業。その後、バーミンガム大学附属シェイクスピア研究所で学び、ケンブリッジ大学キングス・カレッジでF.カーモードの指導のもと研究を続ける。バーリ大学で英語、英文学を教えた後、ローマ・ラ・サピエンツァ大学人文科学部で、シェイクスピア研究・文献学の講座をもつ。2003年5月から2005年12月まで、現象学・美術研究大学間センター(CIRFA)センター長を務める。現在、ピサ高等師範学校で英文学と比較文学を教える。また、フロイト研究所教員でもある。ローマのブルゾーニ出版社刊のシェイクスピア叢書を監修。オンラインマガジンMemoria di Shakespeare. A Journal of Shakespearean Studiesの編集委員を務める。日刊紙「ラ・レプッブリカ」に寄稿している。

ヴァージニア・ウルフ、ジョン・キーツ、シェイクスピア、サミュエル・ベケット、メアリー・シェリー、ウォレス・スティーヴンス等の作品を翻訳。1995年にV.ウルフの『波』の翻訳でモンデッロ賞を受賞。モンダドーリ社出版の叢書メリディアーニで、V.ウルフの2巻を監修した(1998年)。

作家としても活躍している。

主な著書に、B&B. Beckett e Bacon(「B&B ベケットとベーコン」、1994)、Possiedo la mia anima. Il segreto di Virginia Woolf(「わが魂は我のもの。ヴァージニア・ウルフの秘密」、2006)、Di vita si muore. Lo spettacolo delle passioni nel teatro di Shakespeare(「生に死す。シェイクスピア作品における情念の演劇」、2010)など。

-

インフォメーション
日程: 2016年4月4日
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館
主催: イタリア文化会館
入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

ダヴィデ・アローニャ(ヴァイオリン)&田中資子(ハープ)コンサート

イベント終了日:2016年04月07日(木)alogna
ダヴィデ・アローニャ(ヴァイオリン)&田中資子(ハープ)コンサート

◆プログラム:
ジョアキーノ・ロッシーニ G. Rossini
アンダンテと変奏
ピエトロ・マスカーニ P. Mascagni
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
フランソワ=アドリアン・ボワエルデュー F.A. Boieldieu
ハープとヴァイオリンのためのソナタ
ヴィンチェンツォ・ベッリーニ V.Bellini
歌劇「ノルマ」より「清らかな女神よ」
ジャック・イベール J. Ibert
間奏曲
アストル・ピアソラ A. Piazzolla
タンゴ・エチュード第3番
ルーチョ・ダッラ L. Dalla
カルーソ
オットリーノ・レスピーギ O.Respighi
「古風な協奏曲イ短調」よりアダージョ
ヴィットリオ・モンティ V. Monti
チャルダッシュ

◆お申し込み:
件名を「4月7日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

◆お問い合せ:
イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

ダヴィデ・アローニャ ヴァイオリン
Davide Alogna, violino
イタリアで同世代を代表するヴァイオリニスト。6月には、ニューヨークのカー ネギーホールでニューイングランド・シンフォニック・アンサンブルと共演予定。ソリストとして、ベルリン・フィルハーモニー、パリのサル・コルトー、ミュ ンヘンのガスタイク、マドリッドのアテネオ・ホールなど世界の主要なホールでオーケストラと共演する。2009年、パリ国際大学都市の音楽賞を受賞し、1717年製のストラディヴァリウスを貸与され、コンサートを開く。2010年、ミラノ市から音楽賞を受賞。レッジョ・カラブリアのフランチェスコ・チレア音楽院やベルギーのナミュール高等音楽院で教鞭を執っている。

田中 資子 ハープ
Tanaka Motoko, arpa 

札幌市出身。東京藝術大学ハープ科卒業。桑島すみれ氏に師事。日本国内でハープ・リサイタル、および、ヴァイオリン、フルート、チェロ、ヴィオラ等とのアンサンブルを含む数々のコンサートに出演。2003年に活動拠点をイタリアに移し、ヨーロッパ各国やイスラエル等でリサイタルを中心に活動、好評を博している。2016年1月には、ダヴィデ・アローニャとの初のデュオCDをイタリア・ミラノ市で収録する。国内外のオーケストラでのコンサート活動にも積極的に参加。バレエや映画音楽にも活動の幅を広げ、古くは黒澤明監督の映画「乱」や山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズの一部でハープを担当した。2011年の震災後、宮城県内でチャリティー・ソロ・コンサートを開催。自ら作曲した鎮魂曲「3月11日」を初演した。また同時期に「水の中の線路」も手掛けている。イタリア在住。

motoko
◆インフォメーション
日程: 2016年4月7日
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

アッシジ室内合奏団 コンサート

イベント終了日:2016年04月11日(月)
6.jpgアッシジ室内合奏団 コンサート

本コンサートは満席になりました。

プログラム:
ジュゼッペ・ヴェルディ    
弦楽四重奏曲ホ短調   
オットリーノ・レスピーギ  
リュートのための古風な舞曲とアリア
ピエトロ・マスカーニ     
「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
ファビオ・ベレッリーニ    
イタリアの民間伝承を主題とした幻想曲
ファンタジーの世界
日本の幻想曲へのオマージュ

お申し込み:件名を「4月11日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

アッシジ室内管弦楽団
Assisi Chamber Orchestra
2015年、ペルージャアカデミー管弦楽団がウンブリア州の主要都市でモーツァルトの「レクイエム」を公演したことをきっかけに結成された室内合奏団で、メンバーは11名。ヨーロッパのさまざまな国の出身者から成る。アッシジで初めての常設のオーケストラで、地元のほかイタリア国内外で演奏活動を行っている。レパートリーは、バロックから後期ロマン派までと幅広く、さらには、人々に親しまれている近代の曲を編曲したものもてがけている。

ファビオ・ベレッリーニ  指揮者
Fabio Berellini, Direttore 

カルロ・アルベルト・ネーリに師事し、ペルージャ音楽院のピアノ科を卒業する。アッシジ・ロータリークラブ、イタリア環境基金、在シュツットガルトイタリア領事館、アッシジ市、マルサーラのベートーベン協会、サルデーニャ州、ペルージャ音楽院などが主催する演奏会、イベントで演奏した。グイド・モナコ・ワールド・コンペティション、シエナ県サルテアーノのゴーリ賞、カンナーラ賞などのコンクールで受賞。ソリストとしても室内楽奏者としても数々の賞を受賞する。2003年に、室内楽アンサンブル「アッシジ弦楽合奏団」を結成。常任指揮者を務め、イタリア国内で演奏活動を行う。2009年よりペルージャアカデミー管弦楽団を指揮する。シエナ・ジャズ・ユニバーシティで教鞭を執るほか、フォリーニョのG.カルドゥッチ高校で障害者教育に携わっている。



インフォメーション
日程: 2016年4月11日
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

映画『京』上映会

イベント終了日:2016年04月13日(水)
foto映画『京』上映会

オリベッティ社は、企業の特徴や個性をはっきりと提示するという戦略のもと、文化事業に力をいれる企業としても先駆的でした。その一環として、美術の記録映画シリーズが制作されていましたが、いずれもイタリア国内の美術や建築を扱ったものに限られていました。そうしたなかで、初代日本オリベッティ社の社長カルロ・アルハデフが、イタリア以外の国からも興味深いテーマが取り上げられるべきだと提言し、実現したのが映画『京』(1968年)です。

アルハデフの期待に応えて制作陣が目指したのは、「日本的なもの、東洋的なものの根源に迫ることによって、そこにより普遍的なもの、世界的なものを発見する」というものでした。
foto2
『京』は日本語版のほか英語版、イタリア語版が作られ、東京と京都で試写会が開催され、フィレンツェ、ローマおよびロンドンの映画祭やニューヨークのメトロポリタン美術館でも上映されました。しかし、その後世界各地の文化施設や教育機関で好評を博したものの、一般公開はされませんでした。こうして長年「幻の名作」になっていた『京』ですが、2015年に市川崑監督の生誕100年を記念してDVD化されました。今回の上映はこのDVD 版によります。35mmオリジナル・フィルムは、日本オリベッティ社が組織変更した後、東京国立近代美術館フィルム・センターに寄贈されています。

なお、今回の上映会では37分の本編の後、東京で開催された試写会の模様を記録した映像(10分)もあわせて上映します。

制作:1968年
監督:市川崑
脚本:谷川俊太郎
音楽:武満徹

イベントへの参加申し込み:「京 4月13日」を件名として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館図書室
Tel.03-3264-6011(内線23) 

インフォメーション
日程: 2016年4月13日(水)
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
協力: Marty Gross Film Productions、Archivio Nazionale Cinema d’impresa、Archivio Storico Olivetti、NFC
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

パオロ・アンジェリ サルディニアン・ギター 初来日コンサート

イベント終了日:2016年04月15日(金)
nanniangeliツゥP_ANGELI 03 copia.jpgパオロ・アンジェリ サルディニアン・ギター 初来日コンサート
「地中海をめぐる」

アンジェリは、ギターとチェロを組み合わせたプリペアド(改造)・サルディニアン・ギターという創作楽器でオリジナル楽曲を演奏し、多くの人々を魅了し続けています。地中海音楽の伝統を受け継ぎながら、独創的な音楽世界を創り上げているアンジェリの作品は、世界的にも高い評価を受けています。
本公演では、アルバムSale Quanto Basta (2013年)とS’Û (2015年)に収録されている曲を中心に演奏します。
3

お問い合せ:イタリア文化会館 
eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
お申し込み:件名を「4月15日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
パオロ・アンジェリ

Profile
1970年生まれ。9歳でギターを弾き始める。ボローニャ大学DAMSにて民族音楽学を学ぶ。1990年、14人のメンバーから成るアンサンブルLaboratorio di Musica & Immagineを結成。ヨーロッパの主要なアヴァンギャルド音楽のフェスティバルで演奏する。サル デーニャの伝統音楽を受け継ぐギタリストのジョヴァンニ・スカヌーや、作曲家フレッド・フリス、ジョン・ローズ等との出会いに刺激を受け、プリペアド・サ ルディニアン・ギターを開発するにいたる。これは、18本の弦にハンマー、ペダル、調整できるプロペラなどを組み合わせて作られ、バリトンギター、チェロ、ドラムの重層的な音が奏でられる。アンジェリは、この楽器で、ジャズ、サルデーニャの伝統音楽、ミニマルポップなどのジャンルを越えたサウンドを作っている。
1995年、初めてのソロアルバムDove dormono gli autobus(バスが眠るところ)をリリース。その後、ヨーロッパ各国、カナダ、アフリカ、アメリカ、ロシア、南米諸国、オーストラリアなど世界各地で公演する。今までにソロでリリースしたアルバムは8作を数える。


インフォメーション
日程: 2016年4月15日
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

イタリア映画祭2016

イベント終了日:2016年05月05日(木)

日本未公開の最新のイタリア映画12本とクラシック映画2本を上映!

H.Io e lei.jpg
「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年の春に始まった「イタリア映画祭」は、今年で16回目を迎えます。ゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1万人を超える観客が訪れています。今年上映するのは、2015年以降に製作された日本未公開の新作12本。コメディーもあればシリアスなドラマもあり、エンターテイメント大作からアート系映画まで幅広いプログラムです。

C.Maraviglioso Boccaccio.jpg
さらに、ヴィスコンティ生誕110年を記念するとともに、今年の初めに惜しまれつつ亡くなったスコーラを追悼して、両監督の歴史的名作を1本ずつ上映します。

Y.Una giornata particolare.jpg
今年もどの映画にするか決め難いラインナップですね。

イベント詳細は特設ページでもご覧になれます。
logo

<日程>
2016年4月29日 - 2016年5月5日
<場所>
有楽町朝日ホール (マリオン11F)
<チケット>
前売1回券 1,450円
当日1回券 1,700円
<主催>
イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
<後援>
イタリア大使館、イタリア総領事館(大阪のみ)
<協賛(東京)>
FCA ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社
<協力>
株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空
<運営協力>
有限会社エミュー
<宣伝協力>
樂舎
<字幕協力>
アテネ・フランセ文化センター

<上映スケジュール>

◆04月29日[金・祝]

A『処女の誓い』
[2015年/90分]
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
12:00‐

J『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
14:40~

C『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
18:00~


◆04月30日[土]

K『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
10:20~

G『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
13:15~

L『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
16:20~

E『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
18:50~


◆05月01日[日]

F『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
10:20~

H『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

I『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
18:00~


◆05月02日[月]

B『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
10:20~

D『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
13:30~

G『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
16:30~

A『処女の誓い』
[2015年/90分] 
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
19:10~


◆05月03日[火・祝]

E『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
10:20~

F『待つ女たち』
[2015年/100分] 
原題:L'attesa
監督:ピエロ・メッシーナ Piero Messina
13:00~

K『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
15:20~

X『若者のすべて』
[1960年/177分] 
原題:Rocco e i suoi fratelli
監督:ルキーノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti
17:40~


◆05月04日[水・祝]

C『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
10:20~

Y『特別な一日』
[1977年/106分] 
原題:Una giornata particolare
監督:エットレ・スコーラ Ettore Scola
13:30~

B『俺たちとジュリア』
[2015年/115分] 
原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ Edoardo Leo
16:00~

J『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
18:40~


◆05月05日[木・祝]

D『地中海』
[2015年/107分] 
原題:Mediterranea
監督:ジョナス・カルピニャーノ Jonas Carpignano
10:20~

H『私と彼女』
[2015年/97分] 
原題:Io e lei
監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ Maria Sole Tognazzi
13:15~

I『暗黒街』
[2015年/130分] 
原題:Suburra
監督:ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
15:40~

L『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
18:40~


※公式ホームページはこちら
続きを読む>>
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

イタリア映画際2016 04月29日[金・祝]

イベント終了日:2016年04月29日(金)
上映予定

A.Vergine giurata.jpgA『処女の誓い』
[2015年/90分] 
原題:Vergine giurata
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
12:00-

ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選ばれた女性監督ビスプリのデビュー作。女性の地位が低いアルバニアの山村。自由を求める少女ハナは、伝統的な掟に従って終生処女であり、男として生きることを誓う。だが、成長するにつれて抑えきれない感情が生まれ、イタリアに旅立つ。アルバニアとイタリア、過去と現在、男性と女性といった対照のなか、一人の人間の心の微細な揺れ動きを見事に表現するのは、世代を代表する女優アルバ・ロルヴァケル。

J.Lo chiamavano Jeeg Robot.jpgJ『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』
[2015年/112分] 
原題:Lo chiamavano Jeeg Robot
監督:ガブリエーレ・マイネッティ Gabriele Mainetti
14:40-

ローマ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、オリジナリティーあふれるエンターテインメントと喝采を浴びたマイネッティのデビュー作。無愛想で一匹狼のエンツォは、盗みで警察に追われている最中に起きたアクシデントで超人的な力を得る。その力を犯罪に悪用するエンツォだが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである女性アレッシアとの出会いが、彼の心を変えていく。クラウディオ・サンタマリアとルカ・マリネッリのスター俳優が共演。


C.Maraviglioso Boccaccio.jpgC『素晴らしきボッカッチョ』
[2015年/120分] 
原題:Maraviglioso Boccaccio
監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ Paolo e Vittorio Taviani
18:00-

ルネサンスを代表する作家ボッカッチョの古典的名作「デカメロン」を、巨匠タヴィアーニ兄弟が翻案。原作は100話から成るが、映画は愛についての5話で物語が紡がれる。ペストが蔓延する1348年のフィレンツェ。若い7人の女性と3人の男性が都市から逃れた郊外の邸宅で、死の恐怖を紛らわすために示唆に富んだ話が披露される。パオラ・コルテッレージ、キム・ロッシ・スチュアート、リッカルド・スカマルチョら豪華な顔ぶれがそろう。

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

イタリア映画際2016 4月30日[土]

イベント終了日:2016年04月30日(土)
上映予定

K.Chiamatemi Francesco - Il Papa della gente.jpgK『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』
[2015年/98分] 
原題:Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
10:20~

清貧で気さくな人柄から世界中で人気の現ローマ法王は、イタリア移民の子でアルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。本作は、神に一生仕えることを選んだ青年時代から、市民がビデラ軍事独裁政権に弾圧された困難な時代を経て、法王になるまでの波乱に満ちた人生をたどる。監督は、『我らの生活』などキャリア豊富なルケッティ。社会的弱者や貧困層に寄り添う法王の原点を、凝縮された時間の中に巧みな演出で映し出す。イタリア語吹き替え版での上映。

G.Per amor vostro.jpgG『あなたたちのために』
[2015年/110分] 
原題:Per amor vostro
監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ Giuseppe M. Gaudino
13:15~

劇映画としては17年ぶりの発表となったガウディーノの意欲作。独特の色彩感覚と想像力あふれる演出で、一人の女性が再生していく歩みをたどる。子どものころは自信満々だったアンナ。けれども、今や子ども3人の母であり、家族のために長年自分を犠牲にしてきて無力感にとらわれていた。そんな彼女の灰色の日々は、テレビ局の仕事を得ることで少しずつ変わり始める。主演のヴァレリア・ゴリーノは、ヴェネチア国際映画祭で2度目の女優賞受賞の栄誉に浴した。

L.Quo vado.jpgL『オレはどこへ行く?』
[2015年/86分] 
原題:Quo vado?
監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ Gennaro Nunziante
16:20~

イタリア映画興行収入で歴代トップの大記録を打ち立てたコメディー。子どもの時から安定した終身雇用の仕事が夢だったケッコが公務員の職に就いて15年、衝撃的な政府の方針が発表される。公務員を減らすというもので、ケッコもその対象に入ってしまう。退職を勧告されるが断固拒否するケッコに、嫌がらせで僻地への転勤の辞令が出るが、屈せずに職にしがみつく。主演のケッコ・ザローネは、出演作がいずれもメガヒットしている大人気の喜劇俳優。

E.Bella e perduta.jpgE『失われた美』
[2015年/87分] 
原題:Bella e perduta
監督:ピエトロ・マルチェッロ Pietro Marcello
18:50~

ドキュメンタリーとイマジネーションを絶妙に融合させた独特の映像表現に目を見張るマルチェッロのデビュー作は、詩情と哀愁にあふれる現代のおとぎ話。貧しい羊飼いのトンマーゾは、ナポリ郊外の荒廃した宮殿を護っていたが急死してしまう。子牛をかわいがっていた彼の遺志を受け継ぐために愚かな道化師が召喚され、子牛と一緒に北に向かう。その旅で見えてきたのは、人間と自然の関係や今のイタリアだった。ロカルノ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 
1 / 1