イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

「イタリアと日本の天匠 ギアンダ工房とヒノキ工芸」展

イベント終了日:2016年11月08日(火)

parola_amore_1b_800.jpg
tozawa_400.jpg
「イタリアと日本の天匠 ギアンダ工房とヒノキ工芸」展

本展では、世界の木工細工の頂点に立つふたつの工房の作品を展示します。
展覧会の会場設営は建築家ミケーレ・デ・ルッキ氏の監修によるものです。その考え尽くされた会場で、イタリアの高度な木工細工の伝統と日本の細部に亘る気配りによる職人技との緊密な絆が実証されます。
現在でも、従来同様の職人技によって製造されているイタリアの「ギアンダ工房」からは、ピエールルイジ・ギアンダ氏のデザインによる作品14点を展示します。これらは手仕事における、まさに人類の財産を代表するものです。工房の芸術監修を務めるミケーレ・デ・ルッキ氏の作品一点も展示します。これは過去と未来の繋がりの輪を創造する作品です。
また、「ヒノキ工芸」の創始者、戸澤忠蔵氏の作品を10点、彼の作品の中でも最も洗練された木工作品を展示します。ヒノキ工芸は宮内庁御用達の名声を誇ります。戸澤氏は最も偉大な存命の木工細工師の一人として世界的に知られています。

<お問い合せ>
eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線29)

<インフォメーション>
・開催日:開始日 2016 年 11月 01 日 終了日 2016 年 11月 08 日
・時 間:11:00~ 18:00
・主 催:イタリア文化会館、Bottega Ghianda
・協 力:カッシーナ・イクスシー 
・後 援:在日イタリア大使館、ミラノ・トリエンナーレ
・入 場:無料
・会 場:イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

対談 ミケーレ・デ・ルッキ X 深澤直人

イベント終了日:2016年11月02日(水)
invito_web_mdl_nihon_go_cz.jpg対談 ミケーレ・デ・ルッキ X 深澤直人

「イタリアと日本の天匠 ギアンダ工房とヒノキ工芸」展の開催を記念し、世界のデザイン界を牽引するふたりのプロダクトデザイナー、ミケーレ・デ・ルッキ氏と深澤直人氏が工芸をテーマに対談します。両氏の議論は主に、工業生産の時代において手で作ることの重要性について展開します。日本とイタリアは、工芸に代表されるような人間の手仕事に今なお価値を与えているのでしょうか。それとも、機械が生み出す精度や効率に重きを置き、人間の手によるものを軽視しているのでしょうか。デ・ルッキ氏と深澤氏が、議論を通してこうした問いに対する答えを探します。
(日伊逐次通訳付)

<お問い合せ>
eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線 29)

<お申し込み方法>
件名を「11月2日講演会」とし、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、 eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

<インフォメーション>
開催日:2016 年 11月 02 日18:30~
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料(要予約)
会 場:イタリア文化会館
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

講演会 基礎イタリア語新辞典-言葉の盛衰

イベント終了日:2016年11月03日(木)
demauro講演会 基礎イタリア語新辞典-言葉の盛衰
講師:トゥッリオ・デ・マウロ(言語学者、ローマ・ラ・サピエンツァ大学名誉教授)


36年前に基礎イタリア語辞典の初版本を出版したデ・マウロ教授は、現在、新たな辞書の作成に取り組んでおり、すでにその一部は“Internazionale”誌のオンライン上で閲覧することができます。本講演会では近年のイタリア語の変遷をテーマに、使用頻度が高まり基本単語2000語の中に入ったもの、逆にあまり使われなくなってきている言葉について解説します。その特徴としては、抽象的な言葉、低俗な言葉や英語由来の言葉が頻繁に使われるようになっている場合が多く、他方、実在するものを表す言葉などの使用頻度が低下しています。
(日伊逐次通訳付)


お問い合わせ:corsi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3262-4500
お申し込み方法:参加には予約が必要です。件名を「11月3日講演会」として、お名前(ローマ字表記)、参加希望人数、電話番号を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.it までお申込ください。



トゥッリオ・デ・マウロ Tullio De Mauro
1932年ナポリ県トッレ・アンヌンツィアータ生まれ。言語学者。ローマ・ラ・サピエンツァ大学名誉教授。1958年からイタリア各地の大学で言語学の教鞭を執る。8巻に及ぶ“Grande dizionario italiano dell’uso” (8 voll., UTET, Torino 2007)をはじめ、言語学の分野で多数の著作がある。クルスカ学会会員。アッカデミア・デイ・リンチェイ名誉会員。イタリア国外のさまざまな大学から名誉学位を授与されている。2000年から2001年にかけて教育大臣を務めた。

<インフォメーション>
開催日:2016 年 11月 03 日(木) 18:30-20:00(開場18:00)
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料(要予約)
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

講演会 妹島和世×アルド・チビッチ 「建築と環境、デザインとハピネス」

イベント終了日:2016年11月04日(金)
sejimacibic講演会 妹島和世×アルド・チビッチ 「建築と環境、デザインとハピネス」

建築、デザインの分野で世界的に著名な妹島和世氏とアルド・チビッチ氏が、自身の作品を紹介しながら、建築と環境との関係や内的探求におけるデザインの役割など、人間にとって重要なテーマについて論じます。「創り上げられた」建築は、まわりの環境や自然とどのように対話しているのでしょうか。また、デザインの概念は、未来を思い描き、幸福の意味を再考するための新しい方法の発見にまで広げられるのでしょうか。
(日伊同時通訳付)

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線 29)
お申し込み方法:件名を「11月4日講演会」とし、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

妹島和世 Sejima Kazuyo
1956年茨城県生まれ。建築家。1981年日本女子大学大学院を修了。1987年妹島和世建築設計事務所設立。1995年西沢立衛とともにSANAAを設立。2010年第12回ベネチアビエンナーレ国際建築展の総合ディレクターを務める。主な受賞として日本建築学会賞*、ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞*(イタリア)、プリツカー賞*(アメリカ)、芸術文化勲章オフィシエ(フランス)、芸術選奨文部科学大臣賞*、村野藤吾賞など。 主な建築作品として、金沢21世紀美術館*(金沢市)、Dior表参道*、犬島「家プロジェクト」(岡山市)、ニューミュージアム*(ニューヨーク)、2009年サーペンタインギャラリーパビリオン*(ロンドン)、Rolexラーニングセンター*(ローザンヌ・スイス)、ルーヴル = ランス*(ランス・フランス)など。最近では2015年10月、NY郊外に「グレイス・ファームズ」*がオープンを迎えた。 (*はSANAAとして)

アルド・チビッチ Aldo Cibic
1955年ヴィチェンツァ生まれ。1977年、エットレ・ソットサス事務所で働き始め、1980年にはアソシエイツのメンバーとなる。翌1981年にメンフィスが結成され、チビッチは当初のメンバーのひとりである。1989年に自身の事務所を設立。同時期より、ドムスアカデミー、ミラノ工科大学、ヴェネツィア建築大学など、さまざまな大学で教鞭を執る。上海の同済大学の名誉教授でもある。ミラノに事務所をもち、都市計画や建築、またインテリアデザインのプロジェクトなどを世界各地で手がけている。
自然と現代社会における生活モデルを探求する「Rethinking Happiness」という考えを推進している。

インフォメーション
開催日: 11月4日(金)
時間: 18:30
開場:イタリア文化会館 アニェッリホール
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入場 : 無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 建築▲トップ
 

Conferenza a cura della Prof.ssa Silvana Ferreri - Aggiornamento glottodidattico per insegnanti di Italiano LS

イベント終了日:2016年11月06日(日)
1“Il ruolo del lessico nell’apprendimento di una lingua straniera”
e
“Che lingua fa oggi in Italia? Linee di tendenza e prospettive di sviluppo”

Aggiornamento glottodidattico per insegnanti di Italiano LS
Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
6 novembre 2016, 11:00-13:00

Conferenza a cura della Prof.ssa Silvana Ferreri


Contenuti
La giornata seminariale tratta due aspetti distinti e complementari, entrambi centrali per l’insegnamento della lingua italiana a stranieri. Il focus sarà posto dapprima sul lessico e il ruolo che esso deve avere nell’insegnamento / apprendimento di una lingua, soprattutto in considerazione dell’approccio comunicativo che permea i testi in uso e dei molti intrecci che legano il lessico alla grammatica in amalgami difficilmente districabili (si faranno esempi di collocazioni e delle strutture argomentali di verbi). Nella seconda parte dell’incontro si delinea la configurazione, la facies dell’italiano considerato alla luce delle spinte al cambiamento e/o alla conservazione che negli anni della comunicazione di massa provengono dai nuovi media o dalla narrativa, dalla politica o dalla editoria.
Si tratta di questioni centrali nella formazione di un docente, sia per ridisegnare o calibrare le scelte dei contenuti da proporre agli allievi sia per riflettere e orientarsi verso le varietà di italiano che rispondono maggiormente ai bisogni degli allievi.

Durata della conferenza: circa 2 ore
10:30-11:00 Accettazione
11:00-11:40 “Il ruolo del lessico nell’apprendimento di una lingua straniera”
(pausa 10 minuti)
11:50-12:30 “Che lingua fa oggi in Italia? Linee di tendenza e prospettive di sviluppo”
12:30-13:00 Spazio per le domande

Destinatari: Insegnanti di italiano come lingua straniera. La conferenza si tiene in italiano.
Prenotazione:
La partecipazione alla conferenza è su prenotazione.
Per informazioni rivolgersi a Istituto Italiano di Cultura corsi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3262-4500.
Per prenotare, inviare una mail con nome, cognome, n. di partecipanti e recapito telefonico all'indirizzo corsi.iictokyo@esteri.it indicando in oggetto “Conferenza del 6 novembre”.


Profilo Silvana Ferreri
Silvana Ferreri dal 2001 è professore ordinario di Didattica delle lingue moderne presso l'Università degli studi della Tuscia di Viterbo. È stata componente (con Aldo Visalberghi e Maria Corda Costa coordinatori) della parte italiana dell’indagine comparativa internazionale “Reading Literacy Studies” promossa nel 1989 e portata a termine nel 1992-93 dall’IEA -International Association for the Evaluation of Educational Achievement. E' stata membro del Comitato scientifico di una serie nella collana Didattica viva de La Nuova Italia di Firenze; è stata membro del Comitato Scientifico della rivista Vita scolastica e componente del Comitato scientifico di una collana edita da Franco Angeli di Milano.
Membro della Società di Linguistica italiana; socio fondatore della Società di Filosofia del linguaggio; socio del Gruppo di Intervento e studio nel campo dell'educazione linguistica, nel cui ambito ha attivato un gruppo di ricerca e studio italo-giapponese.
È autrice di numerosi lavori di linguistica educativa con particolare attenzione alle competenze sociolinguistiche dei parlanti, allo sviluppo della competenza lessicale long life learning, alla formazione linguistica degli insegnanti, all'alfabetizzazione, ai processi di lettura e comprensione dei testi con particolare riguardo ai percorsi linguistici e cognitivi nell'apprendimento.
Fa ricerche nel campo della lessicologia, della linguistica educativa, della lettura e comprensione dei testi.


Informazioni:
Data: domenica 6 novembre 2016
Orario: 10:30-11:00
Luogo: Istituto italiano di Cultura, B2F Foyer
Organizzato da: Istituto Italiano di Cultura
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

鼎談「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」

イベント終了日:2016年11月09日(水)
hagi_per_sito.jpg
yamazaki_per_sito.jpg
鼎談「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」

萩尾望都(漫画家)×ヤマザキマリ(漫画家)×ジョルジョ・アミトラーノ(イタリア文化会館館長)

イタリア文化をこよなく愛するふたりの著名な漫画家、萩尾望都氏とヤマザキマリ氏が、イタリア文化会館館長ジョルジョ・アミトラーノとともに、日本の文芸作品やマンガ、テレビ番組などでイタリアがどのように描き出されているかについて議論します。そこには、イタリア人も納得する現実のイタリアが描かれているのでしょうか。それとも、現実とは異なる、日本人の求めるイタリア像が演出されているのでしょうか。

*鼎談は日本語で行われます。イタリア語通訳はありません。

<お問い合せ>
イタリア文化会館 E-mail: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
※本イベントは満席になりましたので、お申し込み受付を締め切らせていただきました。

萩尾望都 Hagio Moto
1949年5月12日生まれ。福岡県大牟田市出身。日本SFクラブ 日本漫画家協会に所属。
主な作品に『ポーの一族』、SF作品『11人いる!』、『トーマの心臓』、『半神』、『イグアナの娘』、『マージナル』、『メッシュ』、『なのはな』など。
1976年『ポーの一族』、SF作品『11人いる!』で第21回小学館漫画賞受賞。1997年『残酷な神が支配する』で第一回手塚治虫文化賞漫画優秀賞。2006年『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞。2010年アメリカ-サンディエゴ-コミコン・インターナショナルでインクポット賞受賞。2011年日本漫画家協会賞、第40回(2011年度)文部科学大臣賞受賞。2012年紫綬褒章受賞。
現在集英社YOUで『王妃マルゴ』を連載中。2016年、小学館フラワーズに『ポーの一族』新作『春の夢』発表。

ヤマザキマリ Yamazaki Mari
漫画家・随筆家。1967年東京都生まれ。1984 年に渡伊し、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学。1997年漫画家デビュー。イタリア人の比較文学研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住。2010 年古代ローマを舞台にした漫画『テルマエ・ロマエ』で第 3 回マンガ大賞受賞、第 14 回手塚治虫文化賞短編賞受賞。
著書に『モーレツ!イタリア家族』、『プリニウス』(とり・みきと共著)、文筆作品では『国境のない生き方』、『マスラオ礼賛』等多数。
平成 27 年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞

<インフォメーション>
・開催日:2016 年 11月 09 日18:30~
・主 催:イタリア文化会館
・入 場:無料(要予約)
・会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

イタリア人留学生との交流会

イベント終了日:2016年11月11日(金)
_D3S0392.jpg
中高生・大学生のための
『イタリア人留学生との交流会』


「イタリアについてもっと知りたい!」、「イタリア人留学生と交流したい!」と
いう方に、日本の大学で学んでいるイタリア人留学生と交流してみませんか?

日本の大学では数多くのイタリア人留学生が学んでいます。イタリア文化会館は世界イタリア語週間のイベントとして、イタリア人留学生との交流の場「中高生・大学生のためのイタリア人留学生との交流会」を開催します。

今回の交流会には、日本研究で有名なヴェネツィア・カ・フォスカリ大学やナポリ東洋大学をはじめとするイタリアの大学からの留学生たちが多数参加します。イタリア人留学生たちからイタリアの歴史や文化、大学の特徴や学生生活について聞き、皆さんから日本語や日本文化について話してみましょう。

交流会ではドリンクと軽食をご用意しています。

イタリア人留学生と交流したい中学・高校生、大学生の皆さん、お気軽にご参加ください!


また、11月12日(土)にイタリア留学の先輩との交流会「先輩に聞こう、イタリア留学!」も開催されます!


<参加方法>
予約は不要です。会場に直接お越しください。尚、対象は中学・高校生、大学生の方とさせていただきます。

<お問合せ>
Tel:03-3262-4500 Fax:03-3262-4510
E-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP:www.studyinitaly.jp/fair/

インフォメーション
開催日: 11月11日(金)
時間: 16:00-19:00
開場:イタリア文化会館 アニェッリホール
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入場 : 無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 留学▲トップ
 

ゼロから分かるイタリア留学コーナー

イベント終了日:2016年11月12日(土)
画像.jpg
ゼロから分かるイタリア留学コーナー


総合案内や留学サポート情報を提供します。

イタリアの基本情報やはじめてのイタリア留学など、さまざまな留学情報のご案
内から、各種教育機関への留学の相談ができます。

★イタリア観光・生活情報
★はじめてのイタリア留学
★イタリア・プチ留学
★語学学校、専門学校、インターンシップなどの留学相談
★高等教育(大学・音楽院・美術学院)
 留学手続き・イタリア政府奨学金の
 留学相談
★語学学校奨学金

<インフォメーション>
・日程:2016年11月11日(金)、12日(日)
・時間:10時30分~19時
・場所:イタリア文化会館 エキシビジョンホール(1F)
・主催:イタリア文化会館

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 留学▲トップ
 

イタリア語検定試験 無料模擬試験

イベント終了日:2016年11月11日(金)
第16回世界イタリア語週間の一環として、日本で受けられる3つのイタリア語検定試験「PLIDA」、「CILS」、「実用イタリア語検定」の無料模擬試験を実施します。より多くの方にこれらの能力試験を知っていただくために、入門と初級レベルの模擬試験を行います。

各試験の概要と実施要領は以下の通りです。

◆(イタリア語能力試験)PLIDA
logo IIC simulazione PLIDA.jpg
PLIDA(プリーダ、 Progetto Lingua Italiana Dante Alighieri:ダンテ・アリギエーリ協会イタリア語プロジェクト)は、イタリア外務・国際協力省、イタリア労働社会政策省、イタリア教育大学研究省、 イタリア内務省の協定によりイタリア政府の承認を受ける検定試験です。合格者には、イタリア外務・国際協力省とローマ・ラ・サピエンツァ大学の承認のもと、ダンテ・アリギエーリ協会が発行する公的な資格認定証が授与されます。
毎年、世界のおよそ300ヵ所の会場で、数多くの方が受験しています。また、13歳以上18歳以下の方向けに、検定試験 PLIDA JUNIORESも開催しています。

・模擬試験実施レベル:
(A1 レベル)
自己紹介や他者の紹介ができ、個人的な話題について質問し回答できる。イタリア語の授業を約50-100 時間受講したレベル。
(A2 レベル)
身近な話題(例えば家族、買い物、仲間、場所、仕事等)に関する言い回しや表現を理解し使うことができる。イタリア語の授業を約100-150 時間受講したレベル。

・当日の模擬試験実施時間:
11:00~13:30

◆(イタリア語能力試験)CILS
img309_cilsmini.jpg
※CILS模擬試験は満席になりましたので、お申し込み受付を締め切らせていただきました。

CILS(チルス、Certificazione di Italiano come Lingua Straniera:外国語としてのイタリア語能力検定) は、国立シエナ外国人大学の主催によるイタリア語検定試験です。イタリア語学習者、イタリアに関連する仕事に就かれている方、またはイタリア語能力を測定されたい方を対象にイタリア語の言語コミュニケーション能力を判定し、認定することを目的としています。また、合格者に交付される CILS 合格証明書は、イタリア外務・国際協力省との協定により、イタリアの国立大学の多くの学部・学科で入学に必要なイタリア語の能力を証明するものとして用いられています。

・模擬試験実施レベル:
(A1 レベル)
自己紹介や他者の紹介ができ、個人的な話題について質問し回答できる。イタリア語の授業を約50-100 時間受講したレベル。
(A2 レベル)
身近な話題(例えば家族、買い物、仲間、場所、仕事等)に関する言い回しや表現を理解し使うことができる。イタリア語の授業を約100-150 時間受講したレベル。

・当日の模擬試験実施時間:
13:30~16:00

◆実用イタリア語検定
実用イタリア語検定は、NPO国際市民交流のためのイタリア語検定協会が主催し、1995年より43回にわたって全国的に実施されてきたイタリア語検定試験として、日本国内で広く知られ、イタリアでも認知されつつある検定試験です。大学で検定取得の奨励がなされたり、専門学校の卒業単位と位置づけたり、イタリアの専門学校では日本人のイタリア語能力の証明としても用いられるようになってきました。就職における能力証明にも使われています。2016年秋季第43回の実際の試験問題を模擬試験に使用します。

・模擬試験実施レベル:
(5級)
初歩的なイタリア語を理解することができる。
イタリア語学習歴が半年~1年程度。初歩的な挨拶・紹介・質問への返答などができる。
(4級)
平易なイタリア語の読み書きや聞きとりができる。
自己紹介・簡単な道案内・買い物・バールでの簡単な注文などの平易なコミュニケーションができる。

・当日の模擬試験実施時間:
16:00~18:00

---------------------------------------

・会場:
イタリア文化会館 地下2階ホワイエ
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30

・お問い合わせ:
Tel: 03-3262-4500 Fax: 03-3262-4510
e-mail:corsi.iictokyo@esteri.it
HP: http://www.studyinitaly.jp/fair/

・主催:
イタリア文化会館、ダンテ・アリギエーリ協会 東京支部、NPO国際市民交流のためのイタリア語検定協会

・お申し込み方法:
参加は無料。定員は80名です。お申込みは先着順で受け付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。件名を「11月11日 PLIDA」「11月11日 CILS」或いは「11月11日 IKEN」として、お名前電話番号希望レベルを明記の上、メールにて下記のアドレスまでお申し込みください。
corsi.iictokyo@esteri.it
※CILS模擬試験は満席になりましたので、お申し込み受付を締め切らせていただきました。
※複数申込は可能ですが応募者多数の場合は、調整させて頂くことがございます。



Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

イタリア留学セミナー

イベント終了日:2016年11月12日(土)
LUISS University Rome.jpg©LUISS University Rome

イタリア留学セミナー

イタリア留学の総合情報、入学手続き方法、大学の特徴、英語で開講されている学位取得コースの紹介などの情報が手に入ります。
海外留学を考えている高校生や大学生、またヨーロッパでも高い評価を受けているイタリアの大学・大学院の情報が必要な方はぜひご参加ください。

<スケジュール>
◆11月11日(金)
13:00~13:30 イタリア語能力試験CELI
イタリア政府認定のイタリア語検定試験は、外国語としてのイタリア語のコミュニケーション能力を証明するものです。2017年より、国立シエナ外国人大学のCILSとダンテ・アリギエーリ協会のPLIDAと同様に東京でも受験できる予定です。
※試験そのものではなく、試験の説明会です。

13:30~14:00 ゼロからの語学留学
イタリア留学入門セミナー。初めての留学を考えている方のために学校選びなどをアドバイスします。

14:00~14:30 語学留学体験談
初めてのイタリア留学。気軽に行ける語学学校ならではの特徴と楽しみ方をお話しします。

14:30~15:30 イタリア留学セミナー(大学、美術学院、音楽院など)
イタリア文化会館の留学担当が、大学・美術学院・音楽院などをはじめとした教育機関の紹介や留学の種類や手続き、イタリア生活情報などについてお話しします。

15:30~16:00 イタリア語能力試験PLIDA
PLIDAは、イタリア外務・国際協力省、イタリア労働社会政策省、イタリア教育大学研究省、 イタリア内務省の協定によりイタリア政府の承認を受ける検定試験です。合格者には、イタリア外務・国際協力省とローマ・ラ・サピエンツァ大学の承認のもと、ダンテ・アリギエーリ協会が発行する公的な資格認定証が授与されます。 セミナーではPLIDAの特徴について話します。
※模擬試験ではなく、試験の説明会です。

16:00~17:00 日伊交流の足跡に触れる旅
イタリア大使館観光促進部による恒例の観光セミナーです。

17:30~18:00 イタリア公立高等学校交換留学
世界20カ国の教育交流団体と連携を持ち広範囲な規模で中等教育レベルにおける各種交流事業を行う団体です。WYS交換留学制度・イタリア公立高等学校交換留学では、WYS交換留学生は、イタリアの受入先公立高校に授業料免除の生徒として迎えられ、ボランティアのファミリーに滞在します。

18:00~18:30 イタリア語能力試験CILS
CILSは、国立シエナ外国人大学の主催によるイタリア語検定試験です。イタリア外務・国際協力省との協定により、イタリアの国立大学の多くの学部・学科で入学に必要なイタリア語の能力を証明するものとして用いられています。 セミナーでは試験の特徴について話しします。
※模擬試験ではなく、試験の説明会です。

◆11月12日(土)
12:00~12:30 イタリア公立高等学校交換留学
世界20カ国の教育交流団体と連携を持ち広範囲な規模で中等教育レベルにおける各種交流事業を行う団体です。WYS交換留学制度・イタリア公立高等学校交換留学では、WYS交換留学生は、イタリアの受入先公立高校に授業料免除の生徒として迎えられ、ボランティアのファミリーに滞在します。

12:30~13:30 イタリア留学セミナー(大学、美術学院、音楽院など)
イタリア文化会館の留学担当が、大学・美術学院・音楽院などをはじめとした教育機関の紹介や留学の種類や手続き、イタリア生活情報などについてお話しします。

13:40~14:10 大学留学セミナー Università degli Studi di Milano-Bicocca 
経済学、法学、自然科学、医学、社会学、心理学など、様々な分野において英語での学位取得コースを開講しているミラノの私立大学です。セミナーでは大学の特徴について話します。 英語で開講される主な学位取得コース:Economics and Statistics、Law、Science and Techonologies、Biology、Physics、Sociology

14:20~14:50 大学留学セミナー Università Vita-Salute San Raffaele
病院を併設する医学系大学、学位が取得できる英語によるインターナショナル・メディカルコースが有名です。 セミナーは英語で行われ、日本語解説もあります。

15:00~15:30 大学留学セミナー Università per Stranieri di Siena
シエナ外国人大学は、イタリア語教育およびイタリア語・イタリア文化の世界への普及を専門としたトスカーナ州の国立の国際教育機関です。正規コース(3年間の基礎課程、2年間の専攻課程)、外国人を対象にしたイタリア語・イタリア文化コースやイタリア語教授法の専門研究コース等を開設し、世界各国から多数の学生を受け入れています。

15:40~16:10 大学留学セミナー Università per Stranieri di Perugia
ペルージャ外国人大学は、イタリア語イタリア文化教育において最も長い歴史をもち、高い評価を得ている専門機関です。学士課程コース/教師向け学士課程コースでは、国際コミュニケーション・国際関係論やイタリア語教育・普及の分野が学べます。セミナーは英語で行われます。

16:20~16:50 大学留学セミナー IED-Istituto Europeo di Design
イタリア国内外に分校を持ち、デザインとファッションを専門的に扱う学校としてヨーロッパで最大級。英語で開講される主な学位取得コース:Fashion Communication 、Fashion Events and PR、Car Design、Graphic Design

17:00~17:30 大学留学セミナー Università Cattolica del Sacro Cuore
ミラノにある私立のUniversità Cattolica del Sacro Cuoreでは、英語あるいはイタリア語による大学・大学院すべてのレベルのコースを開講しています。本学の10学科が、「QS世界大学ランキング」2015年の学科別で上位200位内に位置付けられています。英語で開講される主な学位取得コース:Economics、Political and Social Sciences、Environmentals Science、Management of arts

*参加団体の都合により、セミナー・スケジュールが変更される場合もあります。
*セミナーは、日本語あるいは日本語通訳付で行いますが、参加団体によっては英語で行うこともありますので、予めご了承ください。

<参加方法>
参加自由、入場無料ですが、定員に達した場合は、ご入場をいただけないこともありますので、予めご了承ください。

<お問合せ>
Tel:03-3262-4500
e-mail:
HP:www.studyinitaly.jp/fair/

<インフォメーション>
日時: 2016年11月11日(金)13時~18時30分
       11月12日(土)12時~17時30分
場所: イタリア文化会館 地下1階 視聴覚室


Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 留学▲トップ
 
1 / 3 >>