イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

サンドローネ・ダツィエーリ講演会「イタリアミステリーの今-小説からドラマへ」

イベント終了日:2017年04月05日(水)

サンドローネ・ダツィエーリ講演会「イタリアミステリーの今-小説からドラマへ」
1


イタリアで、推理小説が生まれたのは19世紀です。しかし、誕生から100年以上にわたって、文壇の無関心と20年に及んだファシズム体制下での検閲のために、推理小説はつねに不遇な状況におかれてきました。

1990年代後半、英米あるいはフランスの探偵小説の技法を用いて、「犯罪」の視点からイタリアを語ろうとする新しい作家たちが登場します。その後、推理小説はイタリア国内で一大人気ジャンルとなりましたが、国外での評価は芳しくありませんでした。

しかし今、私たちは歴史的変化を目の当たりにしています。イタリアミステリーは全世界で翻訳され、そのイタリアらしさが注目を集めており、北欧ミステリーのように爆発的にヒットするのではないかとさえ言われています。本講演では、新進気鋭のイタリアミステリー作家らの特徴、ノワール小説に変化を与えている地中海的要素、予測される今後の傾向について、テレビドラマや映画の脚本家としても活躍するミステリー作家サンドローネ・ダツィエーリが語ります。
(日本語逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線23)
2

サンドローネ・ダツィエーリ Sandrone Dazieri
1964年、クレモナ生まれ。幼いころから読み親しんだ推理小説、ホラー小説、SF、スパイ小説やマンガに情熱をいだきながら、料理人としてキャリアをスタートさせる。
その後、校正者として出版業にかかわるようになると、すぐにカウンターカルチャーや文学を専門に扱うフリーの記者となる。1999年に自身初の長編小説 Attenti al Gorillaを発表すると、イタリアの大手出版社モンダドーリ社の推理小説シリーズを監修するようになる。その後、長編小説ゴリラシリーズ3作(La cura del Gorilla, Gorilla Blues, Il Karma del Gorilla)と子ども向け小説1作(Ciack si indaga、バンカレッリーノ賞を受賞)を発表、数多くの短編小説も発表している。さらに、テレビドラマや映画の脚本家としても活躍している。2014年に発表した『パードレはそこにいる』(Uccidi il Padre)は、瞬く間にベストセラーとなり、現在では日本を含む20か国で翻訳出版されている。


〈インフォメーション〉
・開催日:2017 年 4月 5日(水)
・時 間:18:30~20:00(開場:18:00)
・主 催:イタリア文化会館
・入 場:無料
・会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 出版▲トップ
 

講演会「明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得」

イベント終了日:2017年04月06日(木)
講演会「明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得」
1
『明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得』は、1873年から1887年という日伊交流の黎明期にトリノとヴェネツィアに留学し、文字通り命を懸けて己の道を模索した日本人学生らに関する近年の研究をまとめた著作です。
本書で紹介されるのは、12歳でトリノのイタリア国際学院に入学し、未知のイタリア語を習得しながら常にトップを歩み続けた井尻儀三郎と、同じく国際学院に学んだ後にヴェネツィアの高等商業学校で日本語を教え、ヴェネツィア女性と結婚まもなく異郷に倒れた緒方洪庵の第十子・惟直です。また、アメリカ・パリを経てヴェネツィア美術学校で絵画を学び、当時のヨーロッパ人画家らに肩を並べて新しい美術を模索した川村清雄と、同じくヴェネツィア美術学校で彫刻を学び優秀な成績をあげ、帰国後に東京美術学校(現東京藝術大学)初の洋風彫刻教授となった長沼守敬らを扱います。
明治期の若者たちがいかに真摯に人生と向き合っていたか、本のご紹介を通じて著者自らが語ります。
(日本語のみ)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線23)


プロフィール
石井元章 (いしいもとあき)
1957年生。1997年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(文学博士)。1990年イタリア政府給費留学生としてイタリアに留学、ピサ高等師範学校大学院文哲学コース2001年修了(文学博士)。武蔵野美術大学講師、大阪芸術大学助教授を経て、2001年より同大教授。専門はイタリア・ルネサンス美術と明治期の日伊文化交流。
主な著書に『ヴェネツィアと日本 - 美術をめぐる交流』(ブリュッケ、1999)『ルネサンスの彫刻 15・16世紀のイタリア』(同2001; 2007)、Venezia e il Giappone - Studi sugli scambi culturali nella seconda metà dell’Ottocento (Istituto Nazionale di Archeologia e Storia dell’Arte, 2004)、『明治期のイタリア留学 文化受容と語学習得』(吉川弘文館、2017)。学術論文多数。


〈インフォメーション〉
・開催日:2017 年 4月 06日(木)
・時 間:18:30~20:00(開場 18:00)
・主 催:イタリア文化会館
・入 場:無料
・会 場:イタリア文化会館 ホワイエ
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 出版▲トップ
 

第4回バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ 日本巡回展記念講演会「つなぐ―建築―」

イベント終了日:2017年04月10日(月)

イタリア・パドヴァ市で隔年開催されている国際建築ビエンナーレの第4回日本巡回展(4月7日~14日、ASJ TOKYO CELL)の開催を記念し、賞と深く関わる3名の建築家による講演会を開催します。
バルバラ・カポキン国際建築賞は建築と地域との関連性を大切にしています。講演会では、国際賞グランプリ・佳作を受賞したスペインと日本の建築家3名が、場所と場所をつなぐ、異なる国と地域をつなぐ、過去と未来をつなぐ、そして人をつなぐ建築について語ります。また、イタリア主催者ジュゼッペ・カポキン氏(バルバラ・カポキン財団会長、CNAPPC会長)より2017年度の国際建築賞の応募告知も行います。
(同時通訳付)

講演者:
フランシスコ・レイヴァ・イヴォーラ(スペイン、建築家、アラネアグループ|2015年度国際賞グランプリ受賞)
相原まどか(建築家、YUUA建築設計事務所|2015年度国際賞佳作受賞)
小西彦仁(建築家、ヒココニシ設計事務所|2009年度国際賞グランプリ受賞)

お申し込み、お問い合せ:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン㈱ 担当:上田
http://asj-net.com/events/1704.php
tel: 06-7663-0177
mail: cappochin0410@asj-net.com

0410_cappochin-01.jpg


0410_cappochin-2.jpg


<インフォメーション>
開催日:2017 年 4月 10 日(月)
時 間:18:30-20:30(開場18:00)
主 催:バルバラ・カポキン財団、パドヴァ県建築家協会、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社、イタリア文化会館
協 力:CNAPPC、イタリア大使館、ヴェネト州
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 建築▲トップ
 

講演会「パゾリーニ 40年を経て」

イベント終了日:2017年04月19日(水)


没後40年あまりを経てもなお、パゾリーニの作品や人物像に関して多くの議論がなされています。本講演会では、カルラ・ベネデッティ、和田忠彦、四方田犬彦の3氏が、パゾリーニの詩や映画、カルヴィーノとの関係などについて論じます。
(日伊同時通訳付)

pier_paolo_pasolini_800.jpg

和田忠彦(イタリア文学者)
「パゾリーニとカルヴィーノ、もうひとりの私(l'alter-ego)の軌跡」
四方田犬彦(映画史・比較文学研究家、批評家、エッセイスト、詩人) 
「パゾリーニと自由間接話法」
カルラ・ベネデッティ(ピサ大学教授、文芸評論家) 
「『私は過去の力である』 パゾリーニと世界の終わり」

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)


カルラ・ベネデッティ Carla Benedetti
ピサ大学教授。専門はイタリア現代文学。ニューヨーク大学、シカゴ大学で客員教授、コロンビア大学イタリアン・アカデミー研究員、カリフォルニア大学バークレー校イタリア研究科長を務めた。共同でブログNazione indianaを開設、雑誌Il primo amoreを創刊する。さまざまな新聞、雑誌に寄稿している。週刊誌L’EspressoにIl romanzoというコラムをもっていた。主な著書に、Pasolini contro Calvino (Bollati Boringhieri 1998); L'ombra lunga dell'autore. Indagine su una figura cancellata (Feltrinelli 1999 ); Il tradimento dei critici (Bollati Boringhieri 2002), The Empty Cage. Inquiry into the Mysterious Disappearence of the Author (Cornell University Press, 2005 ); Disumane lettere. Indagine sulla cultura della nostra epoca (Laterza, 2011)。ジョヴァンニ・ジョヴァンネッティとの共著にFrocio e basta. Pasolini, Cefis, Petrolio (Effigie 2016)、マウリツィオ・ベッティーニとの共著にOracoli che sbagliano. Dialogo sugli antichi e sui moderni (Effigie 2016)。


和田 忠彦 Tadahiko Wada
1952年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。東京外国語大学名誉教授。1999年より東京外国語大学教授、大学院研究科長、副学長等を経て、2017年3月退任。カルヴィーノ、エーコ、タブッキをはじめとするイタリア近現代文学の翻訳で知られる。イタリア文化普及に貢献したとして、2004年度イタリア共和国「連帯の星」コンメンダトーレ叙勲、2011-12年度イタリア国家翻訳大賞受賞。著書に『ヴェネツィア 水の夢』『声、意味ではなく』『ファシズム、そして』『タブッキをめぐる九つの断章』など。近刊の訳書にアントニオ・タブッキ『とるにたらないちいさないきちがい』。

四方田 犬彦 Inuhiko Yomota
映画史・比較文学研究家、批評家、エッセイスト、詩人。
1953年生まれ。東京大学で宗教学を、大学院で比較文学を学んだ。明治学院大学教授として長らく映画史を教えた。コロンビア大学、ボローニャ大学などで客員研究員をつとめた。オスロ大学、テルアヴィヴ大学、チュンアン大学(韓国)などで客員教授をつとめた。映画と文学を中心に、料理、演劇、漫画、音楽と、あらゆる文化現象をめぐり、研究と批評を執筆している。著書として『ルイス・ブニュエル』『大島渚と日本』『マルクスの3つの顔』『署名はCaligali』などがある。詩集として『人生の乞食』『わが煉獄』がある。翻訳書として、エドワード・サイード『パレスチナに帰る』『パゾリーニ詩集』、Hilda Hilst(イルダ・イルスト)『猥褻なD夫人』などがある。


〈インフォメーション〉

開催日:2017年4月19日(木)
時 間:18:30~20:00(開場18:00)
主 催:Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

パフォーマンス「イディオット・シンクラシ―」

イベント終了日:2017年04月20日(木)


「イディオット・シンクラシ―」はふたりのダンサー、イーゴルとモレーノが18世紀のサルデーニャやバスク地方の音楽とともに繰り広げるパフォーマンスです。ふたりのダンスのスタイルは異なっていますが、メロディーによってダンスは徐々に溶け合い、人間やクリエイティビティの賞賛へと観客を引き込んでいきます。

igor__moreno_japan_tour.jpg

お問い合せ:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
東京都渋谷区桜丘町23-21 Tel. 03-3464-3251

イーゴル、モレーノ Igor e Moreno
イーゴル・ウルゼライとモレーノ・ソリナスはともにロンドン在住。2007年より共に仕事をするようになり、2012年からはデュオで活動する。2010年にルドルフ・ラバン・アワードを受賞、2011、2013、2015年にはエアロウェーブスのトップ20に選ばれるなど、数多くの賞を受賞。また、プリ・ジャルダン・デウロップでアーティスト・イン・レジデンスに招聘される。
現在は、ロンドンのザ・プレイスに属する。また、イタリアのダンスカンパニー、TIR Danzaにも参加している。
2016年、ブリティッシュ・ダンス・エディションで「イディオット・シンクラシ―」を上演した。

主催:日英ダンス協会
共催:The Wells株式会社
特別協力:イタリア文化会館
協賛:TIR DANZA、日本酒応援団
後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:イタリア文化財・文化活動・観光省、エミリア・ロマーニャ州


〈インフォメーション〉
開催日:2017年4月19日(水)・ 20 日(木)
時 間:19:00~20:30
協 力:MiBACT, Regione Emilia-Romagna, Cultura d'Europa
入 場:有料
会 場:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

チケット料金(両日とも)
前売一般:4,500円
前売学生:3,500円
当日一般・学生:4,900円
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 演劇▲トップ
 

イタリア映画祭2017

イベント終了日:2017年05月06日(土)


「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まったイタリア映画祭は、今年で17回目を迎えます。毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベントになりました。今回上映するのは、2016年以降に製作された日本未公開の新作15本。それに加えて、新作と関連があり、過去の映画祭で人気が高かった作品5本をアンコール上映します。

01_le_confessioni.jpg


02_fiore.jpg


04_questi_giorni.jpg


公式ホームページはこちら
上映スケジュールはこちら

お問い合せ:
050-5542-8600 (ハローダイヤル:~4月28日)
03-3240-1200(会場、会期中のみ)

<インフォメーション>
日  程:2017年4月29日 - 5月6日
会  場:有楽町朝日ホール(マリオン11F)
主  催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後  援:イタリア大使館
協  賛:FCAジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社
協  力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空、株式会社WOWOW
運営協力:有限会社エミュー
宣伝協力:樂舎
字幕協力:アテネ・フランセ文化センター
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 
1 / 1