イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

マウロ・アウグスティーニ(バリトン)&松島理恵(ソプラノ) リサイタル 「ベルカントの宝」

イベント終了日:2017年10月05日(木)


1987年より、「イル・トロヴァトーレ」、「トスカ」、「リゴレット」、「オテロ」など数多くのオペラの日本公演に携わってきたマウロ・アウグスティーニがソプラノの松島理恵とともに、アリアや二重唱の名曲を披露します。

プログラム
F.チレア(1866-1950) ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫より アリア「私は創造の神の卑しい僕」
G.ロッシーニ(1792-1868) ≪セヴィリアの理髪師≫より アリア「私は町のなんでも屋」
G.ヴェルディ(1813-1901) ≪椿姫≫より アリア「プロヴァンスの海と陸」
G.プッチーニ(1858-1924) ≪ラ・ボエーム≫より アリア「私の名はミミ」
G.ヴェルディ(1813-1901) ≪マクベス≫より アリア「哀れみも、誉れも、愛も」
G.プッチーニ(1858-1924) ≪蝶々夫人≫より アリア「ある晴れた日に」
U.ジョルダーノ(1867-1948) ≪アンドレア・シェニエ≫より アリア「祖国の敵」
W.A.モーツァルト(1756-1791) ≪ドン・ジョヴァンニ≫より 二重唱「お手をどうぞ」
G.ヴェルディ(1813-1901) ≪イル・トロヴァトーレ≫より 二重唱「よいか?」

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)


マウロ・アウグスティーニ (バリトン) Mauro Augustini

1982年、トレヴィーゾのトーティ・ダル・モンテ声楽コンクール優勝。奨学金を得て、ミラノのG.ヴェルディ国立音楽院でピエル・ミランダ・フェッラーロに師事し学ぶ。サラゴサ(スペイン)にてプッチーニ作曲オペラ≪トスカ≫のスカルピア役でデビュー。ヴォーカルテクニックをマリオ・デル・モナコに、演技や表現をティート・ゴッビに師事する。ヴェルディ・バリトンとして、ヴェローナ野外劇場、スフェリステーリオ劇場(マチェラータ)、ボン歌劇場、バイエルン国立歌劇場(ミュンヘン)、東京文化会館など主要劇場で歌う。
augustini04_per_sito.jpg



松島 理恵 (ソプラノ) Cecilia Rie Matsushima
日本の大学で声楽を学んだ後、渡伊。ボローニャでパオラ・モリナーリに師事。その後、ヴェネツィアでフェデリカ・ニコリッチのもと研鑚を積む。ヴェネツィアのフェニーチェ劇場にて、C.メレス指揮によるメンデルスゾーン作曲「真夏の夜の夢」でソリストとしてデビュー。イタリア国内の主要劇場で歌うとともに、ジャコモ・プッチーニ・コンクールをはじめ、多くのコンクールで受賞。マリーノ・バラテッロ作曲の「海馬の夢」世界初演に出演。Rai Treで放映され、その後、RAI TradeからCDがリリースされた。また、水野みか子作曲「Per acque chiare」の日本初演で歌うなど、レパートリーを現代音楽にまで広げている。後進の指導にもあたっている。

cecilia_rie_matsushima_800.jpg


早川 揺理 (ピアノ) Yuri Hayakawa
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科卒業。東邦音楽大学総合芸術研究所ピアノ伴奏法コース修了。第1回全日本彩明ムジカコンコルソ、ピアノ部門第3位受賞。第6回’長江杯’国際音楽コンクール、アンサンブル部 門奨励賞受賞。また第16回同コンクールでは優秀伴奏者賞を受賞。国内外のコンサートに多数出演する他、イタリアやドイツの歌手の声楽マスタークラスを伴奏するなど、多岐にわたり活躍する。マウロ・アウグスティーニ氏の東京におけるマスタークラスを毎年伴奏している。


〈インフォメーション〉
開催日:2017年10月05日(木)
時 間:18:30-20:00(開場18:00)
主 催:イタリア文化会館
協力・協賛:阪和興業株式会社
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > オペラ▲トップ
 

ルカ・チャルラ コンサート Luca & il Violino

イベント終了日:2017年10月12日(木)


チャルラはジャンルを越えたヴァイオリン音楽を追求し、楽譜に基づく演奏とインプロヴィゼーション、伝統と現代性の絶妙なバランスを保った独特の音楽世界を創っています。コンサートでは、ヴァイオリンをギターやチェロ、あるいは打楽器のように演奏したり、ループマシーンを使って重奏のように演奏しながら、イタリアや地中海地域で伝承されてきたフォークソングや、オリジナル作品を披露します。


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)



ルカ・チャルラ Luca Ciarla
8歳でヴァイオリンとピアノを始める。12歳のとき国立音楽院で学び始め、1993年に卒業。その後、フィエーゾレやサルッツォの音楽学校で研鑚を積む。1996年に渡米し、インディアナ大学でデイヴィッド・ベイカーに師事。続いて、アリゾナ大学で博士号を取得し、同校で教鞭を執る。イタリアのコンクールで数々の賞を受賞。1999年には、ニューヨークでチャンバー・ミュージック・アメリカ賞を受賞。世界各地のジャズ、クラシック音楽、ワールドミュージックのフェスティバルやコンサートに参加し、訪れた国は50か国にのぼる。
これまで、グレッグ・コーエン、クリス・ジャレット、ダニエーレ・セーペ、ダニーロ・レアなど、名だたるミュージシャンと共演している。

luca_ciarla_800.jpg
luca_ciarla_800_02.jpg
luca_ciarla_600.jpg



〈インフォメーション〉
開催日:2017年10月12日(木)
時 間:18:30-20:00(開場18:00)
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

セミナー「楽器修復に関する学位取得コース創設について」

イベント終了日:2017年10月16日(月)



講師:アンジェラ・ロマニョーリ(パヴィア大学 音楽学・文化財学科教授)
パヴィア大学では、イタリアではじめてとなる、楽器などの修復に関する学位取得コースを創設することになりました。講義は、イタリアで唯一の古楽器コレクションを有するクレモナの音楽学学科で行われます。

5年間のコースの内容は、応用生物学、修復、物理学、博物館学、有機化学、音響学、音楽史、楽器の歴史など広範囲にわたります。また、実際に楽器や機器、器械のラボラトリーでの授業も5年間で2500時間予定しており、2年目からは、実際に、パブリックコレクションを扱う機会を得ます。
文化財保存・修復の学位取得者は、楽器などの修復士としての資格を得ることになります。


セミナーでは、パヴィア大学音楽学・文化財学科教授アンジェラ・ロマニョーリ氏が、同コースについて紹介します。
(日伊逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 31)

foto_800.jpg


<インフォメーション>
開催日:2017年10月16日(月)
時 間:18:30~20:00(開場:18:00)
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 視聴覚室
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 留学▲トップ
 

エツィオ・ギバウド(アコーディオン)&アンドレア・モッチ(サクソフォン)コンサート

イベント終了日:2017年10月23日(月)


ジャズや民族音楽ではしばしば一緒に演奏されてきたアコーディオンとサクソフォン。本コンサートでは、磨き上げられた巧みなテクニックと豊かな音楽性で聴衆を魅了するギバウドとモッチのふたりが、クラシックから現代曲まで取り上げて演奏します。

プログラム
J.S.バッハ(1685-1750) ソナタBWV1020
F.フェスタ(1960- ) クラウネリエ
F.ボルヌ(1840-1920) カルメン幻想曲
M.パゴット(1966- ) 茶色い背景にうかぶシルエット
A.ピアソラ(1921-1992) タンゴ・エチュード
P.イトゥラルデ(1929- ) 小さなチャルダッシュ


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)


エツィオ・ギバウド Ezio Ghibaudo
ダオスタ・パレッジャート音楽院を首席で卒業。その後、ウンブリア・アコーディオンアカデミーで学ぶ。また、ドイツのヴュルツブルグ音楽大学修士課程を修了。これまで国内外のコンクールで優勝、入賞している。世界各地で多数の演奏活動を行い、RAI(イタリア国営放送)などメディアにも取り上げられている。また、イタリアや日本でマスタークラスを行っている。現在、クーネオのエゴ・ビアンキ音楽高等学校で教鞭を執っている。

ezio_ghibaudo_800.jpg


アンドレア・モッチ Andrea Mocci
サッサリ音楽院、ミラノ音楽院でサックスと室内楽を学び卒業。同時に作曲やジャズを学ぶ。ソロや室内楽奏者としてイタリア国内外でコンサートに出演。CDもリリースしている。2012年からカリアリのパレストリーナ音楽院でサクソフォンを教えている。

andrea_mocci_800.jpg


<インフォメーション>
開催日:2017年10月23日(月)
時 間:18:30~20:00(開場18:00)
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

第6回ジャパン・アプリア・フェスティバル

イベント終了日:2017年10月29日(日)


プログラム

10月26日(木)開演 18:30 (開場 18:00) 全自由席 4,000円
東京アカデミーofミュージック主催マスタークラス受講生によるイタリアオペラ「ガラ・コンサート」
講師:ヴィート・クレメンテ
(芸術音楽監督/東京アカデミーofミュージック顧問)
ピアノ:鈴木架哉子



10月28日(土)開演 14:00 (開場 13:30)全自由席 4,000円

「ニコロ・ヴァン・ヴェストラウト&ジャコモ・プッチーニの歌曲とアリア」
ニコロ・ヴァン・ヴェストラウト歌曲CDのリリース および歌曲集楽譜校訂出版記念
トンマーゾ・トラエッタ作曲《 スターバト・マーテル 》ナポリ版
ヴォーカルスコア校訂版出版発表
出演:陰山雅代(ソプラノ)、河内夏美(ソプラノ)、杉下友季子(ソプラノ) 杉原かおり(ソプラノ)、長瀬千賀子(ソプラノ)、渡邉公実子(ソプラノ) 森田学(バス)、ヴィート・クレメンテ(ピアノ)、大園麻衣子(ピアノ)



10月29日(日)開演 14:00(開場 13:300)全自由席 4,000円
二つの《スターバト・マーテル》
パスクアーレ・ラ・ロテッラ《スターバト・マーテル 》(日本初演) トンマーゾ・トラエッタ《スターバト・マーテル 》ミュンヘン版
出演:小川伸子(ソプラノ)、須﨑木の実(ソプラノ)、奥野恵子(メゾ・ソプラノ) 日向由子(メゾ・ソプラノ)、布施雅也(テノール)、佐藤泰弘(バス)山神健志(合唱指導)、コーロ・トリオーレ(三菱マテリアルコーラス班)
ジャパン・アプリア・フェスティバル・アンサンブル(弦楽アンサンブル) 大園麻衣子(ピアノ)、ヴィート・クレメンテ(指揮)



お問合せ、チケットお求め オフィス Ken
Tel 090-1805-6164 Fax 03-3398-3517
japanapuliafestival@gmail.com

ジャパン・アプリア・フェスティバル
芸術音楽監督 ヴィート・クレメンテ 代表 須﨑木の実

jaf2017.jpg


<インフォメーション>
開催日:2017年10月26日~29日
主 催:ジャパン・アプリア・フェスティバル実行委員会、イタリア文化会館
後 援:在日イタリア大使館、 プーリア州、 バーリ県、 ビトント市、 ヴィンチェンツォ・マリア・ヴァレンテ財団
特別協力:トラエッタ・オペラ・フェスティバル、 アミフェスト、 東京アカデミー・オブ・ミュージック、一般社団法人東京ムジカ
入 場:有料
会 場イタリア文化会館アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > オペラ▲トップ
 

パトリツィア・モローゾ特別レクチャー「A Love Affair with Japan and Design」

イベント終了日:2017年10月29日(日)


世界的に著名なデザイナーと組み、デザイン性やクオリティーの高い作品を発表し続けているイタリアのインテリアブランド「モローゾ」。
同社アートディレクターであるパトリツィア・モローゾ氏が、吉岡徳仁、喜多俊之、「nendo」など、過去に組んだ日本人デザイナーとの作品を紹介しつつ、デザインの視点から日本文化について語ります。
レクチャーは、英語で行われます。

1029_moroso_todai_800.jpg




<インフォメーション>
開催日:2017年10月29日(日)
時 間:17:30~19:00
主 催:東京大学隈研究室、イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:東京大学工学部1号館 15号講義室(東京都文京区本郷7-3-1)
お問合せ:東京大学隈研究室 Tel. 03-5841-6174
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント▲トップ
 

コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」

イベント終了日:2017年10月30日(月)


caravaggio_800.jpg


昨年邦訳が出版された『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き』(2016, 河出書房新社)と同じ<秘密>シリーズ第一作で、イタリアでベストセラーとなった『カラヴァッジョの秘密』。本書邦訳の出版を機に来日する著者ドラッツィオが、謎多き天才画家カラヴァッジョの魅力の秘密について語ります。
(日伊逐次通訳付)


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 13)


コスタンティーノ・ドラッツィオ Costantino D’Orazio
1974年生まれ。美術史家、評論家。ローマ現代アート美術館(MACRO)の展覧会キュレーターを務めるほか、イタリア国営放送で国内の芸術作品を紹介する番組を担当するなど、多方面で活躍している。またマリオ・メルツ展(2003)、ミンモ・パラディーノ展(2008)、マリーサ&マリオ・メルツ展(2016)など数多くの展覧会を監修している。美術史に関する著書多数。主なものに、Le chiavi per aprire 99 luoghi segreti di Roma (ローマの秘密の99ヶ所を訪れる鍵, 2010, Palombi Editori)、Raffaello segreto (ラファエッロの秘密, 2015, Sperling & Kupfer)、Andare per ville e palazzi (イタリアの美しい邸宅と宮殿, 2015, Il Mulino)、Michelangelo. Io sono fuoco. Autobiografia di un genio (ミケランジェロ、われ炎なり。ある天才の自伝, 2016, Sperling & Kupfer)がある。2017年には初めての小説Ma liberaci dal male (悪より救い出したまえ)を出版。現在ローマLUISS大学で教鞭を執っている。

<インフォメーション>
開催日:2017年10月30日(月)
時 間:18:30~20:00(18:00)
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール

dorazio_800.jpgmedusa_800.jpg
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

共通の未来を構築し平和の道をひらくために

イベント終了日:2017年10月31日(火)



プログラム

ビデオ放映 宗教間・文化間の対話が共通の未来を構築する

歓迎挨拶 パオロ・カルヴェッティイタリア文化会館館長

演奏金子由美子 死刑判決を受け処刑された人々への鎮魂曲

世界は平和の道を必要としている (スライド映像)
アルベルト・クワトルッチ 聖エジディオ共同体、民族宗教部門事務局長

聖なる命を尊ぶことが共通の未来を構築する
袴田秀子 無実の死刑囚として世界最長期間拘置され、2014年3月27日、48年ぶりに釈放された袴田巌氏の姉
原田正治 死刑制度に反対する被害者遺族の会「オーシャン」代表
ホアン・マシア カトリック教会、日本
雨森慶為 真宗大谷派(仏教)、日本

ビデオ放映 子どものための平和教育が共通の未来を構築する

平和に向けた教育が共通の未来を構築する
杉山保 創価学会

死刑制度の廃止が共通の未来を構築する

古川龍樹 生命山シュバイツァー寺

演奏 金子由美子平和のための音楽

ビデオ放映 アフリカDREAMプロジェクトの発展が共通の未来を構築する

平和のための職人となることが共通の未来を構築する

篠原祥哲 立正佼成会(WCRP日本委員会、平和推進部長)

ビデオ放映

非暴力の世界に向けた取り組みが共通の未来を構築する

苦しむ人々との連帯が共通の未来を構築する    
ジュリアーノ・デルペロ カトリック司祭、東京

共通の未来を構築する
Diane Hounwanou Comunità di Sant’Egidio, Togo

閉会の辞
アルベルト・クワトルッチ
聖エジディオ共同体、民族宗教部門事務局長

お申込み:こちらをクリックしてください。
お問合せ:info@santegidio.jp


1031_s_egidio_800.jpg

<インフォメーション>
開催日:2017年10月31日(火)
時 間:18:30~20:00(開場18:00)
主 催:聖エジディオ共同体
協 力:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 B2 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 
1 / 1