イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ミニコンサート「震災から7年。福島・相馬子どもオーケストラからイタリアの皆様に感謝の気持ちを込めて」

イベント終了日:2018年04月05日(木)
soma_light.jpg
エル・システマは、1975年、南米ベネズエラで、子どもたちを犯罪や非行、暴力などから守ることを目的に始まった音楽教育プログラムです。現在ではイタリアを含む70以上の国・地域でエル・システマの理念に基づいた音楽教育が実施されており、今までに70万人以上の子どもたちが参加しています。
日本では、2012年5月に福島県相馬市で、東日本大震災で被災した子どもたちからなる相馬子どもオーケストラが創設され、エル・システマジャパンとして活動を開始しました。エル・システマのなかでは、自然災害で被災した子どもたちを対象とした世界初のプロジェクトです。
現在、オーケストラには約70名、コーラスには約60名の子どもが参加しています。
2014年にはイタリア・クレモナのストラディバリ弦楽器製作学校から、ヴァイオリン4台とヴィオラ1台がオーケストラに寄贈されています。
今回、イタリア大使館の招聘により、相馬子どもオーケストラがミニコンサートを開き、ヴィヴァルディ、コレッリと、今年没後150周年となるロッシーニの曲を演奏します。

プログラム
A. ヴィヴァルディ(1678-1741) 「調和の霊感」より第6番 イ短調
A. コレッリ(1653-1713) 合奏協奏曲 第4番 ニ長調
G. ロッシーニ(1792-1868) 弦楽のためのソナタ第6番 ニ長調より 第2楽章アンダンテ・アッサイ

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 05 日
時間: 12:00 13:00
主催 : イタリア大使館
協力 : イタリア文化会館、一般社団法人エル・システマジャパン
入場 : 無料
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

イタリアブックフェア2018-日本語で読むイタリア-

イベント終了日:2018年04月14日(土)
2イタリアブックフェア2018-日本語で読むイタリアー

毎年春の恒例イベント「イタリアブックフェア」は今年で10回目を迎えます。今回は2015年以降に出版された書籍を中心に、約700点のイタリア関連の日本語書籍のほか、イタリア語書籍やCD、DVDを展示・販売します。また講演会や、話題の書籍を著者や翻訳者本人が紹介する書籍プレゼンテーションセミナー、絵本の読み聞かせなど多彩な本に関するイベントも同時開催。イタリアの文化に関する本をまとめて手に取っていただけるまたとない機会です!

詳細:www.iictokyo.com/bookfair
開催日:2018年4月7日(土)~14日(土)
時間:11:00-18:00
入場:無料
会場:イタリア文化会館1階 エキジビションホール
主催:イタリア文化会館
協力:紀伊國屋書店、イタリア書房、タクト、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、株式会社アルファベータブックス、株式会社河出書房新社、株式会社きじとら出版、京都大学出版会、太郎次郎社エディタス、株式会社筑摩書房、法政大学出版局、Editori Laterza、Casa Editorice Libraria ULRICO HOEPLI S.p.A.
後援:千代田区

お問合せ:イタリア文化会館図書室
Tel: 03-3264-6011(内線23)

Mail: biblioteca.iictokyo@esteri.it
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

イタリアの文化に関する本の紹介セミナー

イベント終了日:2018年04月14日(土)
1最新のイタリアに関する本の中でも特に話題の書籍について、著者や翻訳者自らが解説するプレゼンテーションセミナーです。さらに紀伊國屋書店協力のもと、関連書籍の販売も行います(セミナーは各回お申込みが必要です)。


詳細・お申込みは下記のリンクをクリックしてください。
www.iictokyo.com/bookfair/books.html

Tel. 03-3264-6011(内線23)お問合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it


プログラム

■4月7日(土)15:00-16:00

『バザーリア講演録自由こそ治療だ! イタリア精神保健ことはじめ』

登壇者 鈴木鉄忠、大内紀彦 (訳者)

■4月9日(月)13:30-14:30

L'italiano dell'arte

登壇者 ロッサーナ・アンドゥリウッツィ(著者)

■4月10日(火)15:00-16:00

『身近で見たマエストロ トスカニーニ』

登壇者 石坂 廬 (訳者)

■4月11日(水)15:00-16:00

『暮らすように旅するフィレンツェ/トスカーナ : おいしいものと素敵なところの旅手帖』

登壇者 古澤千恵 (著者)

■4月12日(木)15:00-16:00

『モテる大人になるための50の秘密指令

登壇者 有北雅彦 (訳者)

■4月13(金)15:00-16:00

『こどもってね・・・・・・』

登壇者 宮川絵理子 (訳者)

■4月 14(土)13:30-14:30

『歴史小説のレトリックーーマンゾーニの〈語り〉』

登壇者 霜田洋祐 (訳者)

インフォメーション
開催日: 4月 07 日 - 4月 14 日
時間: 11:00 18:00
主催 : イタリア文化会館
協力 : 紀伊國屋書店
入場 : 無料
会場: イタリア文化会館エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

ブレラ絵画館 音楽への誘い

イベント終了日:2018年04月07日(土)
3ブレラには、絵画館、美術学院、国立図書館、植物園、天文台、そして世界最大の音楽資料館(リコルディ歴史資料館)を統括する組織があります。

1837年、ブレラ絵画館を訪れたフランツ・リストは、ラファエロの「聖母の婚礼」に強く感銘を受けます。そして、その後10年を越える年月をかけ、ピアノ独奏曲「巡礼の年 第2年:イタリア」を作曲しました。リストの傑作のひとつとなったこの作品は全7曲からなり、それぞれが、イタリア美術や文学に刺激を受け書かれたものです。リストの詩情があふれる作品であり、また、さまざまな芸術が収斂し、ひとつのビジョンを作り上げています。その点で、近代的な面を見いだすことができます。

「ブレラ絵画館 音楽への誘い」では、まず、ブレラ絵画館とブレラ国立図書館のジェネラル・ディレクター、ジェームズ・M.ブラッドバーン氏が、21世紀における美術館の役割について、また、ロッシーニ、ヴェルディ、ドニゼッティ、プッチーニなどの楽譜をはじめ、さまざまな重要な音楽資料を収蔵する、世界でも有名なリコルディ歴史資料館との関係について語ります。
(日英逐次通訳付)

その後、イギリスのピアニストでリスト作品の名手、クライヴ・ブリトンが、「巡礼の年 第2年:イタリア」を演奏します。演奏中、リストにとってインスピレーションの源泉となった芸術作品の画像などを投影します。
また、ホールホワイエには、リコルディ歴史資料館に保存されているリストの楽譜などの複製を展示します。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

フランツ・リスト(1811-1886)
「巡礼の年 第2年:イタリア」(1837-1849)

1.婚礼
2.物思いに沈む人
3.サルヴァトール・ローザのカンツォネッタ
4.ペトラルカのソネット第47番
5.ペトラルカのソネット第104番
6.ペトラルカのソネット第123番
7.ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲

ジェームズ・M.ブラッドバーン James M. Bradburne
建築家、デザイナー、博物館学者。世界各地で、展示会や博覧会のパビリオンや学術センターを設計し、また美術展のプロジェクトを手がける。カナダとイギリスで学び、ロンドンのAAスクールを卒業。アムステルダム大学で博物館学の博士号を取得。最近20年は、ユネスコ、各国政府、民間財団、様々な美術館・博物館の委託を受け、展覧会や研究プロジェクト、会議などを実現させている。2006年から2015年3月まで、ストロッツィ宮財団ジェネラル・ディレクター。2015年よりブレラ絵画館およびブレラ国立図書館ジェネラル・ディレクター。

クライヴ・ブリトン Clive Britton
ピアニスト。クラウディオ・アラウに師事。特にシューマン、リスト作品の演奏で知られる。音楽、美術、文学を横断する考えに基づいて行う、リスト作曲「巡礼の年」の演奏により、世界各地の大学や文化機関に招聘され、コンサートやセミナーを行う。ブレラ絵画館の音楽プロジェクトを指揮する。

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 07 日
時間: 16:00 18:00
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入場 : 無料
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

展覧会『須賀敦子没後20年』

イベント終了日:2018年04月14日(土)
1「ミラノ霧の風景」以来、イタリアでの暮らしや、イタリアの友人たちの思い出を綴ったエッセイで多くの読者を魅了した須賀敦子氏は、1998年3月20日、惜しまれつつ早すぎる生涯を閉じました。氏はまた、数々の日本の近現代文学をイタリア語に、またイタリアの現代文学を日本語に翻訳した文学者、翻訳者であり、複数の大学で教鞭を取っていたことも知られています。1999年、氏が生前に所蔵していた欧文書籍の一部および自筆のメモなどがイタリア文化会館に寄贈されました。今回は、没後20年を記念し、当館の所蔵する資料の一部を特別に展示いたします。20年を経てもなお、みずみずしく美しい文章で私たちの心をとらえてやまない須賀氏の、創作や執筆の源泉ともいえる貴重な書籍やその筆跡をぜひご覧ください。

*展覧会開館時間:11時~18時(期間中日曜日も開館)
お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)


インフォメーション
開催日: 4月 7 日 ~14 日
時間: 11:00 18:00
主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
入場 : 無料
会場: Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, Sala Esposizioni
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

講演会「禁書-グーテンベルクから百科全書まで」

イベント終了日:2018年04月08日(日)
1『禁書-グーテンベルクから百科全書まで』の著者と訳者が、情報伝達技術の歴史的な役割や、印刷術と権力の関係、教会検閲による文化的影響や、世論と表現の自由という概念の誕生などに触れながら、書籍の内容について紹介します。

本書は、活版印刷の発明によってもたらされた政治的・宗教的な影響や、ヨーロッパでの検閲の歴史を概説します。1517年以降、プロテスタントによる宗教改革の広がりを受けてカトリック教会当局は、禁書目録や異端審問裁判といった統制と抑圧の形式と仕組みを整え、これによって文化や科学に多大な影響を及ぼしました。続いて、おもに絶対君主たちが統制活動を強める一方で、社会の世俗化によって重大な変化がもたらされました。禁書統制に対してつねに立ち向かった非合法市場の活況もあり、一般の人々の読書において目録の規定に従うことが減っていきました。この傾向は、表現の自由が現代社会の要の一つとなり始めた18世紀末まで続くことになるのです。この500年間のヨーロッパ史を特徴づけたテーマを扱いますが、最近10数年間の技術的・文化的な大きな革新を考えてみても、これらのテーマは、いまだに現代的な問題でもあるのです。(日伊逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらををクリックしてください。

お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線23)

講師プロフィール
著者-マリオ・インフェリーゼ(Mario lnfelise)
ヴェネツィア大学教授。近世史を担当、長期間、史学研究科長も務めた。出版や報道、書籍の出版・流通への統制や検閲の仕組み、公的な情報の形態・方法など、近世ヨーロッパの文化史の多様な研究を行う。『禁書-グーテンベルクから百科全書まで』(最新版ラテルツァ、2013年)は、各国語に翻訳された。最新の著作は、『新聞-言葉の歴史』(マルシリオ、2017年)。

訳者-湯上 良(ゆがみ りょう)
国文学研究資料館特任助教。東京外国語大学トルコ語専攻を卒業、(株)日本電気勤務の後、2002年よりヴェネツィア大学史学科に入学(2005年度イタリア政府奨学金留学生)、2015年に史学博士号を取得。帰国後、同館でおもにマレガ・プロジェクトを担当している。訳書にベルティーニ『アーカイブとは何か』(法政大学出版局、2012年)。

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 8 日
時間: 14:00-15:30
主催 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

パオロ・アンジェリ サルディニアン・ギターコンサート Talea 2018

イベント終了日:2018年04月10日(火)
1アンジェリは、ギターとチェロを組み合わせたプリペアド(改造)・サルディニアン・ギターという創作楽器で、オリジナル楽曲を演奏し、世界各地で高い評価を受けています。
この楽器は、18本の弦にハンマー、ペダル、調整できるプロペラなどを組み合わせて作られ、バリトンギター、チェロ、ドラムの重層的な音が奏でられます。アンジェリは、この楽器で、ジャズ、サルデーニャの伝統音楽、ミニマルポップなどのジャンルを越えたサウンドを作り、時には、演奏に声も加えています。
イタリア文化会館での2年ぶりとなる本コンサートでは、オリジナル楽曲に即興演奏も入れながら、独創的なステージを繰り広げます。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

パオロ・アンジェリ Paolo Angeli
1970年生まれ。2005年よりスペイン、バルセロナ在住。
9歳でギターを弾き始める。ボローニャ大学DAMSにて民族音楽学を学ぶ。1990年、14人のメンバーから成るアンサンブルLaboratorio di Musica & Immagineを結成。ヨーロッパの主要なアヴァンギャルド音楽のフェスティバルで演奏する。サルデーニャの伝統音楽を受け継ぐギタリストのジョヴァンニ・スカヌーや、フレッド・フリス、ジョン・ローズ等との出会いに刺激を受け、プリペアド・サルディニアン・ギターを開発するにいたる。
1995年、初めてのソロアルバムDove dormono gli autobus(バスが眠るところ)をリリース。その後、ヨーロッパ各国、カナダ、アフリカ、アメリカ、ロシア、南米諸国、オーストラリアなど世界各地で公演する。リリースしたアルバムに、Linee di fuga(1997年)、Bucato(2003年)、Tibi(2010年)、Sale Quanto Basta (2013年)、S’Û (2015年)など。昨年リリースしたライブアルバムTaleaには、2016年のイタリア文化会館でのライブ演奏も一部収録されている。
パット・メセニー、フレッド・フリス、大友良英、ハミッド・ドレイク、エヴァン・パーカーと共演している。
http://www.paoloangeli.com/

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 10 日(火)
時間: 18:30~20:30
主催 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

講演会「アートと科学:広帯域の電磁波で観たフラアンジェリコの壁画」

イベント終了日:2018年04月11日(水)
1技術も美術も人間による創造という点で同じArtとして扱われていたルネッサンス時代に描かれ、私たちが鑑賞している美術作品のほとんどは、物体として存在し続けるため、様々な修復処置が施されてきました。1970年代以降、美術史的な興味および修復前の状態把握を目的として科学的な調査が積極的に行われるようになり、電磁波を用いた観測は非破壊非接触で内部構造や材料の情報を得られるため現在では広く用いられています。本講演では、フラアンジェリコの壁画について電磁波を用いた科学調査を行った際の様子や、成果についてお話します。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。

お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線23)

福永 香
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)電磁波研究所勤務。大学院修了後、株式会社フジクラ勤務を経て1994年に郵政省通信総合研究所(現NICT)入所。電磁波を用いた非破壊検査の研究に従事。日本学術会議連携会員。博士(工学)、学士(造形)。

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 11 日
時間: 18:30 - 20:00
主催 : イタリア文化会館
協力 : 国立研究開発法人情報通信研究機構
入場 : 無料
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

講演会「ラウラ・イョーリオ、ロベルト・リッチ×ヤマザキマリ」

イベント終了日:2018年04月12日(木)

copertina_light.jpgfotodargaud.jpg
Il cuore dell’ombra は、幼いころ抱いていた恐れや夢、希望の源を探る旅の物語です。独創性の高いイラストで描かれたこの漫画は、イタリアとフランスで大きな評判を呼び、また日本でも昨年第10回日本国際漫画賞優秀賞を受賞しました。本講演は、フランコフォニー月間2018の一環として開催され、作者のラウラ・イョーリオ氏とロベルト・リッチ氏が、日本の漫画家・随筆家ヤマザキマリさんとともに同作品について語ります。また今回は漫画評論家・翻訳家の小野耕世氏がモデレーターを務めます。(日伊逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線23)

その他のフランコフォニー月間2018のイベントについてはこちらをクリックしてください。

講師プロフィール

ラウラ・イョーリオ
1982年6月14日、フロジノーネ生まれ。絵を描くことが好きな子どもで、幼いころの夢はジャズシンガーか漫画家。2009年、ローマ国際コミックス学校を卒業後、ロベルト・リッチとジャンカルロ・ディマジオの協力のもと、1950年代のジャズシンガーをテーマにした最初の漫画June Christy (Bd-Music)を刊行。ロベルト・リッチとは、マルコ・ダミーコと脚本を共同執筆した漫画、Le coeur de l’ombre(Dargaud, 2016)で引き続きタッグを組んだ。漫画家と並行してイラストレーターとしての活動にも着手し、フランスや米国で複数の展覧会に参加。2016年6月、パリのギャラリーL’oeil de Jackにて、Le coeur de l’ombreの企画展を開催。2017年2月、Le coeur de l’ombreが第10回日本国際漫画賞優秀賞を受賞。現在はいくつかの絵本の制作の準備にとりかかるとともに、新作漫画を執筆中。

ロベルト・リッチ
1976年9月21日、ローマ生まれ。 11歳の時すでに漫画とロックに夢中。 19歳の時、腱鞘炎のためにギタリストになる夢を諦め、漫画に全身全霊で打ち込む。ローマ国際コミックス学校に一年通った後、米国のコミック誌Heavy Metalに初期の短篇漫画を発表。2001年、フィリップ・センベール脚本によるLes Âmes d'Héliosシリーズ (Delcourt)でフランスでのデビューを飾り、同時にストーリーボード作家としての活動を開始する (Break Point [Albin Michel]、Delta [Humanoïdes Associés]、L’ombra del tempo [Delcoeur])。2008年のMokshaシリーズ (Robert Laffont)では、作画だけでなく、マルコ・ダミーコとともに脚本も担当している。 ラウラ・イョーリオとは June Christy (2009)、Le coeur de l’ombre (2016)を共同制作し、2017年、後者が第10回日本国際漫画賞優秀賞を受賞した。 2013~2014年にかけて雑誌 Splatterのカバー・アーティストを務め、同誌第2号ではパオロ・ディ・オラツィオを脚本に迎えた短篇漫画を発表。 現在、原作者のLuc Brunschwigとともに新連載 Urban(Futuropolis、全5巻)を執筆中。2018年、Urban第4巻がアングレーム国際漫画祭の最優秀コミック賞に入選。また同じく2018年、同作が「ヨーロッパの最優秀コミック」としてBDGest’Arts賞を受けた。漫画家としての活動に加え、イラストレーターとしても精力的に活動し、複数のギャラリーに作品を展示している。

ヤマザキマリ
1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。エジプト、シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。

小野耕世
東京生まれ。映画・漫画評論家。海外マンガ研究・翻訳家。1972年、第8回ルッカ国際マンガ・サロンに招かれる。著書に『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』(青土社、2011)、訳書に『ビアンカ』(グイド・クレパックス、小野耕世訳、東都書房、1974年)がある。その他著書多数。

インフォメーション
開催日: 2018 年 4月 12 日
時間: 18:30 20:30
主催 : イタリア文化会館
協力 : アンスティチュ・フランセ日本
入場 : 無料
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

講演会「受け継がれる建築のために」

イベント終了日:2018年04月13日(金)
dedalo_per_sito_800.jpgイタリアの国際建築賞『デダロ・ミノッセ』、2回目となる日本巡回展開催にあわせ、記念講演会を開催します。
『デダロ・ミノッセ』とは、イタリアのヴィチェンツァで1997年に設立され開催されている国際建築賞です。「優れた建築には良き発注者と素晴らしい建築家の双方の存在が必要である」という理念のもと、選ばれた作品には建築家だけでなく、発注者にも賞が授与されるという世界でも類稀な賞です。
またフランス、メキシコ、アルゼンチンそして日本から受賞者を招き、国際色豊かなメンバーにて記念講演会を開催します。なお、古谷誠章氏が基調講演をします。
(仏語・西語・伊語通訳付き)

講演者:
●古谷 誠章 Furuya Nobuaki
建築家、NASCA主宰
早稲田大学教授/2017年日本建築学会 会長
●フィリップ・プロスト Philippe Prost
フランス、建築家、Atelier d'Architecture Philippe Prost
2016-2017年度 デダロ・ミノッセ国際建築賞
●ルイス・アルトゥーロ・ガルシア Luis Arturo Garcia
メキシコ、建築家、EDAA主宰
2016-2017年度 デダロ・ミノッセ国際建築賞Under40
●芦澤 竜一 Ashizawa Ryuichi
建築家、芦澤竜一建築設計事務所主宰
2016-2017年度 特別賞
●マティアス・フラッツィ Matias Frazzi
アルゼンチン、建築家、Frazzi Architects主宰
2016-2017年度 入選
●窪田 勝文 Kubota Katsufumi
建築家、窪田建築アトリエ主宰
2016-2017 審査員


お問い合せ・お申し込み:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(株)
ウェブサイト:service.asj-net.com/cell/dedalominosse/event.html
Mail:0413@asj-net.com
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 建築▲トップ
 
1 / 2 >>