映画『海の上のピアニスト』4Kデジタル修復版 & イタリア完全版

Buongiorno a tutti!

海の上で生まれ、生涯一度も船を下りなかったピアニストの伝説。

『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督と映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネがタッグを組んだ不朽の感動作『海の上のピアニスト』が、1999年の日本劇場公開から約20年の時を経て、スクリーンに蘇ります!

色鮮やかな4Kデジタル修復版と、トルナトーレ監督が本当にやりたかった全てを描き切った170分にも及ぶイタリア完全版(HDリマスター)の二作品が、8月21日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、角川シネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほかにて全国公開されます。

「4Kデジタル修復版」では、トルナトーレ監督本人の監修のもと、映画『ライフ・イズ・ビューティフル』なども手がけてきたカラースーパーバイザーのパスクアーレ・クズポリと共に、イタリアはルーチェ・チネチッタ・ラボにおいて完全修復作業が行われました。オリジナル35mmネガを4Kスキャンし、煌びやかな豪華客船の内部や、青く透き通るような海など、これまで表現しきれなかった細部まで色彩豊かに蘇っています。一方、「イタリア完全版」(HDリマスター)では、インターナショナル版としてカットされた40分以上のシーンが復活、タイトルやクレジットロールもイタリア語で演出されるなど、本作のファンが長く待ち望んでいた内容が盛り込まれています。

<STORY>

一枚のレコードに秘められた、たった一度の恋。

大西洋を巡る豪華客船の中で、生後間もない赤ん坊が見つかった。彼の名は1900=ナインティーン・ハンドレッド。世紀の変わり目を告げる1900年に因んで名付けられた。彼は船内のダンスホールでピアノを演奏し、類稀な即興曲を次々と作り出していった。そんなある日、彼は船内で出会った美しい少女に心を奪われてしまう。彼女が船を去った後、断ち切れない彼女への想いから人生で初めて船を下りることを決心する……。

<上映スケジュール>

YEBISU GARDEN CINEMA、角川シネマ有楽町、アップリンク吉祥寺では8/21(金)より下記の日程で公開!

8/21(金)~ 4Kデジタル修復版 上映

9/4(金)~ イタリア完全版 上映

※9/4(金)以降は「4Kデジタル修復版」と「イタリア完全版」との両作品を併映する可能性があります。

詳細は各劇場のHPをご確認下さい。

<インフォメーション>
『海の上のピアニスト』4Kデジタル修復版 & イタリア完全版
8月21日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA、角川シネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほかにて全国公開
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
原作:アレッサンドロ・バリッコ
出演:ティム・ロス/プルイット・テイラー・ヴィンス/メラニー・ティエリー/ビル・ナン/ピーター・ヴォーン/クラレンス・ウィリアムズ三世
1998/アメリカ=イタリア合作/英語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/4Kデジタル修復版:121分・イタリア完全版(HDリマスター):170分/英題:THE LEGEND OF 1900/日本語字幕:柏野文映 字幕監修:中川慧輔
配給:シンカ
©1998 MEDUSA
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
サントラ盤:ソニー・ミュージックレーベル 
原作:「海の上のピアニスト」白水社刊
公式HP:synca.jp/uminoue/

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 14:30

ステファノ・カレール氏を偲んで – In ricordo di Stefano Carrer

イタリアの経済紙、イル・ソーレ24オーレ紙の元東京特派員で優れたジャーナリスト、ステファノ・カレール氏が亡くなってから1ヶ月が経ちました。イタリア文化会館館長とスタッフ一同は、あらためてご遺族、ご友人、同僚の方々に心より哀悼の意を表するとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。

ステファノ・カレール氏は、A.ヴォルタ・ディ・コモ高校卒業後、ミラノ大学法学部で学び、新聞の編集長の刑事責任に関しての論文を書き卒業しました。ミラノのIstituto per la Formazione al Giornalismo(ジャーナリスト養成機関)で学んだ後、1993年からイル・ソーレ24オーレ紙の記者として活動。2008年から主にアジアで、2013年から2018年まで東京で特派員を務めました。日本と韓国での活動が評価され、それぞれU.アニェッリ賞、A.ベルナッソラ賞を受賞しました。

イル・ソーレ24オーレ紙のアッティリオ・ジェローニ氏による、カレール氏への追悼文を以下、引用します。

「彼は控えめな性格で、東洋を心から愛していました。情熱に満ち、羨ましいほどに懐の深い人でした。彼は離日後も日本のことを思い続けていました。キャリアの中でもっとも重要で、もっとも刺激的な時期を捧げた国のことを。他の優秀な海外特派員や特定の国の専門家と同じく、彼もあるとき、日本が身体の一部となりました。ある国について精通し、愛するがゆえに、その国をステレオタイプや曖昧な知識から守らなければならないという義務感を常に感じていたのです。

イル・ソーレ24オーレ紙の中で、彼はいち早くビデオジャーナリズムを取り入れました。その初めての仕事を覚えています。震災と放射性物質による被害を受けた福島で、彼が数え切れないほど行なった取材のひとつでした。映像が少々アマチュアじみていると彼に電話で伝えましたが、ビデオジャーナリストとしての素晴らしいスタートでした。一方で、正確で、多くの情報からなる内容や解説においては、常にプロそのものでした。(中略)

ここ数年はギリシャについても心配していました。ユーロ圏の財政危機と緊縮財政により困難に陥ったギリシャの、苦難に満ちた復活を。ギリシャは危機からは救われましたが、国民は大きな代償を払いました。この問題でも彼が用いたのは、イル・ソーレ24オーレ紙が誇る手法でした。つまり、根拠、事実に基づく分析、数字による裏付け、そして知識と事件や人々の現実とを突き合わせながら考える記者としての感度、それら全てに忠実であること。共感すると同時に厳格でなければならない。そして彼はまさにそうあったのです。」

記事全文はこちら(イタリア語): https://www.ilsole24ore.com/art/addio-stefano-passione-il-giappone-e-quel-volo-l-imperatore-ADG8qXS

下記は、カレール氏が東京特派員として執筆した、イタリア文化会館のイベントに関する記事です。(記事は全てイタリア語)

La «Milano che cammina» a Tokyo con Patrizia Zappa Mulas
(29 settembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-09-29/la-milano-che-cammina-tokyo-patrizia-zappa-mulas-075644.shtml?uuid=ACJpBd6

«Young Syrian Lenses»: un film italiano sulla tragedia siriana. I «media-activist» di Aleppo al Refugee Film Festival di Tokyo
(10 ottobre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-10-10/young-syrian-lenses-film-italiano-tragedia-siriana-media-activist-aleppo-refugee-film-festival-tokyo-161416.shtml?uuid=ACjTbxDB

Nicoletta Conti dirige a Tokyo “Lucia di Lammermoor”
(25 novembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/cultura/2015-11-25/nicoletta-conti-dirige-tokyo-lucia-lammermoor-074205.shtml?uuid=ACaAntgB

Calasso: «Adelphi indipendente da de facto a de iure». A Tokyo il lancio in giapponese delle “Nozze di Cadmo e Armonia”
(3 dicembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-12-03/calasso-adelphi-indipendente-de-facto-de-iure-tokyo-lancio-giapponese-nozze-cadmo-e-armonia-071938.shtml?uuid=ACxzwEmB

E’ un manga autobiografico il capolavoro di Igort
(9 dicembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-12-09/e-manga-autobiografico-capolavoro-igort–082528.shtml?uuid=ACe6bnpB

La Galleria degli Uffizi si trasferisce a Tokyo. In modo virtuale con le tecnologie digitali Hitachi
(13 febbraio 2016)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2016-02-13/la-galleria-uffizi-si-trasferisce-tokyo-modo-virtuale-le-tecnologie-digitali-hitachi-101704.shtml?uuid=AC330lTC

Le Langhe di Tullio Pericoli debuttano a Tokyo
(15 maggio 2016)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2016-05-15/le-langhe-tullio-pericoli-debuttano-tokyo-132600.shtml?uuid=ADyQ0WI

Casabella: il decimo compleanno in Giappone
(19 maggio 2017)
https://www.ilsole24ore.com/art/casabella-decimo-compleanno-giappone-AEeDjFPB

Il Teatro Patologico a Tokyo con «Medea»
(4 ottobre 2017)
https://stream24.ilsole24ore.com/video/cultura/il-teatro-patologico-tokyo-medea/AEeBrSeC

Tokyo: successo del Salone dello Studio in Italia
(13 novembre 2018)
https://www.ilsole24ore.com/art/tokyo-successo-salone-studio-italia-AEOOk5fG
https://stream24.ilsole24ore.com/video/mondo/tokyo-successo-salone-studio-italia/AEDYF6fG

In Giappone l’arcipelago del Design italiano
(luglio 2019)
https://www.ilsole24ore.com/art/in-giappone-l-arcipelago-design-italiano-ACz4vvZ?fromSearch

Università: più collaborazioni con Tokyo
(novembre 2019)
https://www.ilsole24ore.com/art/universita-piu-collaborazioni-tokyo-AComEDz?fromSearch

***********************

In occasione del trigesimo dalla scomparsa di Stefano Carrer, grande giornalista e profondo conoscitore del Giappone, il Direttore e tutto il personale dell’Istituto Italiano di Cultura esprimono il proprio, profondo cordoglio ai suoi familiari, agli amici e colleghi.

Stefano Carrer, dopo il liceo Ginnasio “A. Volta di Como”, si era laureato in Giurisprudenza all’Università degli Studi di Milano con una tesi sulla responsabilità penale del direttore di giornale ed ha frequentato l’Istituto per la Formazione al Giornalismo di Milano.

Al Sole-24 Ore dal 1993, ha lavorato fra il 2008 e il 2011 principalmente in Asia e dal 2013 al 2018 è stato corrispondente a Tokyo. I suoi articoli sul Giappone gli sono valsi il prestigioso premio giornalistico “U. Agnelli” e quelli sulla Corea il premio “A. Bernassola”.

Lo ricordiamo con le parole del suo collega Attilio Geroni:

“Schivo, appassionato cultore dell’Oriente, era animato da una passione e da una disponibilità invidiabili. Aveva lasciato il cuore in Giappone, Paese al quale aveva dedicato la parte più importante e più esaltante della sua carriera professionale. E come tutti i bravi corrispondenti esteri o specialisti di un determinato Paese, a un certo punto l’aveva somatizzato: se ne diventa talmente esperti e appassionati che ci si sente sempre in diritto-dovere di difenderlo, soprattutto dai luoghi comuni e dalle approssimazioni.
Al Sole 24 Ore era stato uno dei primi ad appassionarsi al videogiornalismo. Ricordo il suo primo lavoro, da Fukushima, in uno dei suoi innumerevoli viaggi in quel luogo disastrato e radioattivo. Lo chiamai per dirgli che il video era un po’ amatoriale, ma era un buon inizio. Non erano mai amatoriali, invece, i contenuti, precisi, ricchi di informazioni e chiavi di lettura. […]
Negli ultimi anni si era occupato anche della Grecia, della faticosa rinascita di un Paese messo in ginocchio dalla crisi dell’eurozona e dall’austerità concordata con i creditori che l’avevano salvata, ma a caro prezzo per la popolazione. Anche lì, stesso metodo, classico della miglior scuola del Sole 24 Ore: rigore di base, analisi dei fatti, conforto dei numeri e sensibilità da reporter, di chi è abituato a confrontare le proprie competenze con la realtà dei fatti e delle persone. Si può essere empatici e rigorosi allo stesso tempo e lui lo era.”

L’articolo completo è al link https://www.ilsole24ore.com/art/addio-stefano-passione-il-giappone-e-quel-volo-l-imperatore-ADG8qXS

Di seguito, i link ad alcuni articoli che Stefano Carrer aveva dedicato, da corrispondente a Tokyo, agli eventi dell’Istituto Italiano di Cultura:

La «Milano che cammina» a Tokyo con Patrizia Zappa Mulas
(29 settembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-09-29/la-milano-che-cammina-tokyo-patrizia-zappa-mulas-075644.shtml?uuid=ACJpBd6

«Young Syrian Lenses»: un film italiano sulla tragedia siriana. I «media-activist» di Aleppo al Refugee Film Festival di Tokyo
(10 ottobre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-10-10/young-syrian-lenses-film-italiano-tragedia-siriana-media-activist-aleppo-refugee-film-festival-tokyo-161416.shtml?uuid=ACjTbxDB

Nicoletta Conti dirige a Tokyo “Lucia di Lammermoor”
(25 novembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/cultura/2015-11-25/nicoletta-conti-dirige-tokyo-lucia-lammermoor-074205.shtml?uuid=ACaAntgB

Calasso: «Adelphi indipendente da de facto a de iure». A Tokyo il lancio in giapponese delle “Nozze di Cadmo e Armonia”
(3 dicembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-12-03/calasso-adelphi-indipendente-de-facto-de-iure-tokyo-lancio-giapponese-nozze-cadmo-e-armonia-071938.shtml?uuid=ACxzwEmB

E’ un manga autobiografico il capolavoro di Igort
(9 dicembre 2015)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2015-12-09/e-manga-autobiografico-capolavoro-igort–082528.shtml?uuid=ACe6bnpB

La Galleria degli Uffizi si trasferisce a Tokyo. In modo virtuale con le tecnologie digitali Hitachi
(13 febbraio 2016)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2016-02-13/la-galleria-uffizi-si-trasferisce-tokyo-modo-virtuale-le-tecnologie-digitali-hitachi-101704.shtml?uuid=AC330lTC

Le Langhe di Tullio Pericoli debuttano a Tokyo
(15 maggio 2016)
https://st.ilsole24ore.com/art/mondo/2016-05-15/le-langhe-tullio-pericoli-debuttano-tokyo-132600.shtml?uuid=ADyQ0WI

Casabella: il decimo compleanno in Giappone
(19 maggio 2017)
https://www.ilsole24ore.com/art/casabella-decimo-compleanno-giappone-AEeDjFPB

Il Teatro Patologico a Tokyo con «Medea»
(4 ottobre 2017)
https://stream24.ilsole24ore.com/video/cultura/il-teatro-patologico-tokyo-medea/AEeBrSeC

Tokyo: successo del Salone dello Studio in Italia
(13 novembre 2018)
https://www.ilsole24ore.com/art/tokyo-successo-salone-studio-italia-AEOOk5fG
https://stream24.ilsole24ore.com/video/mondo/tokyo-successo-salone-studio-italia/AEDYF6fG

In Giappone l’arcipelago del Design italiano
(luglio 2019)
https://www.ilsole24ore.com/art/in-giappone-l-arcipelago-design-italiano-ACz4vvZ?fromSearch

Università: più collaborazioni con Tokyo
(novembre 2019)
https://www.ilsole24ore.com/art/universita-piu-collaborazioni-tokyo-AComEDz?fromSearch

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 10:00

6月20日 「世界難民の日」  オンラインで「観て・聴いて支援」

Buongiorno a tutti!

6月20日は国連が定める「世界難民の日」。今年は、世界中が新型コロナウイルスの危機に直面する中でこの日を迎えます。

「世界難民の日(2020年)」 https://www.unhcr.org/jp/wrd2020

国連UNHCR協会は、6月20日(土)より、世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守る支援を呼びかけ、共感の輪を広げる配信型の音楽・映画イベント「UNHCR WILL2LIVEムーブメント」をローンチします。
(UNHCR WILL2LIVEムーブメント公式HP https://unhcr.will2live.jp/

「聴く支援」として「世界難民の日 特別配信 UNHCR WILL2LIVE Music 2020」を、そして「観る支援」として「募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020」を開催します。

<世界難民の日 特別配信 UNHCR WILL2LIVE Music 2020>

■日時:2020年6月20日(土) 17時~18時半(予定)

■メインパーソナリティ―: MIYAVI(UNHCR親善大使)|長野智子(国連UNHCR協会報道ディレクター)

■ゲスト: KREVA(生出演)|LUNA SEA|
RHYMESTER(Mummy-D生出演)(アルファベット順)

■メッセージゲスト:
綾小路 翔(氣志團)|伊勢谷 友介(株式会社リバースプロジェクト代表)|亀田 誠治|
水原 希子|SKY-HI| ほか (アルファベット順)

■媒体:国連UNHCR協会 Youtube 公式チャンネル 

配信URL: https://youtu.be/M-SnA9a1F2s

チャンネルURL: https://www.youtube.com/channel/UCXvq0-WSnBaMSpfcUMzzt3A

詳細は https://unhcr.will2live.jp/wrd-m01/

■寄付方法:

①国連UNHCR協会「新型コロナウイルス緊急支援のお願い」https://www.japanforunhcr.org/lp/covid19

②Yahoo!ネット募金で難民支援! 
https://yahoo.jp/jTbVCL

特別企画 アーティスト協力による「くじ付き募金」実施決定!

募金いただいた方の中から抽選で、伊勢谷友介さん(株式会社リバースプロジェクト代表)、水原希子さん、SKY-HIさんからの素敵なプレゼント(直筆サイン入り)を合計3名様にプレゼントいたします。

<募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020>

■視聴期間:2020年6月20日(土)~8月31日(月)
■内容:期間中、難民問題をさまざまな角度から取り上げた6作品が見放題。
■料金:下記いずれかの料金を選択。匿名募金は、難民問題の啓発活動に役立てられます。
2000円(視聴料2000円)
3000円(視聴料2000円、難民のための匿名募金1000円)
5000円(視聴料2000円、難民のための匿名募金3000円)
■申込方法: UNHCR WILL2LIVE Cinema 公式サイトから https://unhcr.will2live.jp/otwd2020-01/    
■主催: 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 / ユナイテッドピープル株式会社
■協力: 国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所

このコロナ禍で、私たちも不安な環境で生きることを強いられています。安定した生活が何かの拍子に崩れてしまう……。難民の多くもそうした経験を経て生き抜いています。「UNHCR WILL2LIVEムーブメント」は、世界中が共通して困難な状況におかれる中、「#生き抜くチカラ 」を共有する日本からの新しい難民支援の形です。皆さんも、#生き抜くチカラ #WILL2LIVE でイベント情報をぜひシェアしてください。

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 10:16

【本の魅力再発見!】『ラファエッロの秘密』

イタリア文化会館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に伴う休校、テレワーク、外出自粛により在宅で過ごす方に向け、毎週水曜日スタッフがお勧めのイタリアに関する本を紹介します。 今日皆さんに紹介するのは、 コスタンティーノ・ドラッツィオ の『ラファエッロの秘密』(上野 真弓 訳 、河出書房新社、2019年)です。

「ラファエッロ・サンツィオは、『画家というよりも、王侯貴族のごとく生きた』。」(本文より抜粋)

1520年4月6日、ルネサンスを代表する画家、建築家のラファエロ・サンツィオがローマで亡くなった。没後500年というメモリアルイヤーの今年、ルネサンス期を代表するこの巨匠を回顧するイベントが世界各地で行われている。

みなさんは、37歳の若さでこの世を去ったラファエッロが、万人の認める天才ミケランジェロからひどく憎まれるほどの野心家であったことをご存知だろうか。

ラファエッロは、彼の作品に見られる明るい背景、澄んだ空、人物像を彩る鮮やかな色彩からは想像もできないほど、野心に溢れていた。必要とあらば、尊敬する芸術家の作風を剽窃することも厭わない。しかし常に一定の慎ましさを保ちながら、いかなる妬みも引き起こすことなく、ローマ教皇をはじめ絶大な力を持つパトロンと関係を深め、富を蓄えてゆく。そうして同時代の画家たちを置き去りにしながら、イタリア画壇の頂点であるローマの地で栄光の階段をかけのぼる。

この本では、ラファエッロの重要な作品一つ一つを、同時期に描かれた他の画家の作品などと比較しながら丁寧に見ていく。彼が当時最先端であった技術を瞬く間に吸収し、それをどのように自分流の表現に落とし込んでいたのかが、政治情勢、他の画家やパトロンとの駆け引きなどとともに詳細に描かれる。そして他の画家と明確な対比で、ラファエッロの抜きん出た才能をこれ以上ないほどに浮き彫りにさせていて、非常にわかりやすい。

本著は、各種メディアで活躍中の美術史家コスタンティーノ・ドラッツィオによる、イタリアで大人気の秘密シリーズ三部作で、カラヴァッジョ、レオナルドに続く、シリーズ最終巻。専門用語ばかり並ぶ学術書ではなく、西洋美術史の知識がなくとも興味深く読める内容となっている。全くこぼれていない「こぼれ話」にもご注目あれ。

読み進むにつれ、「今すぐローマへ赴いて作品をこの目で見たい!」と思わせてくれる一冊。

コスタンティーノ・ドラッツィオ (Costantino D’Orazio)

1974年生まれ。美術史家&随筆家。ローマ現代アート美術館(MARCO)の展覧会キュレーターを務めるほか、イタリア国営放送で国内の芸術作品を紹介する番組を担当するなど、多方面で活躍している。『カラヴァッジョの秘密』は著者の〈秘密シリーズ〉第一作で、イタリアで大きな成功を収めた。続いて『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き』があり、『ラファエッロの秘密』はこのシリーズ最終巻となる。

上野真弓(Mayumi Ueno)

1959年生まれ。成城大学文芸学部芸術学科(西洋美術史専攻)卒業。1984年よりローマ在住。翻訳書に『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き』『カラヴァッジョの秘密』がある。ローマの生活や芸術を紹介する人気ブログ「ローマより愛をこめて」の管理人。

(H.)

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館東京 11:00

オンライン・ジャズフェス「JAZZ AUDITORIA ONLINE」

Buongiorno a tutti!

4月30日の ”UNESCO INTERNATIONAL JAZZ DAY” に賛同し、ジャズを通じて世界の文化に触れる場として、 2013 年にスタートした入場無料のジャズ・イベント「JAZZ AUDITORIA in WATERRAS 」。本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、屋外イベントの開催は見送りとなりましたが、総勢80組を超える国内外のアーティストの協力のもと、世界的に類を見ない規模でのライヴ・ストリーミングを中心としたオンライン・ジャズフェス、「JAZZ AUDITORIA ONLINE」として形を変え、急遽開催することが決定しました。

世界的アーティストも多数参加予定。参加者は日本、アメリカ、ブラジル、イギリス、ドイツ、フランス、イスラエル、イタリア、デンマーク、スペイン、キューバ、インドネシアなど世界各国からリアルタイムでライヴ配信を行います。配信内容はライヴ演奏、ワークショップ、子供向けのプログラム等、多岐にわたるプログラムとなり、4月30日(木)の ”UNESCO INTERNATIONAL JAZZ DAY” を祝います。

視聴はすべて無料。企画・制作はBLUE NOTE JAPANによるもので、ライヴやイベントの自粛が続く状況下においても、音楽・ジャズをオンラインで楽しむ「STAY HOME & LISTEN TO JAZZ」を旗幟に、アーティストとオーディエンスの新しいコミュニケーションの場、機会を創出することを目的としています。

<JAZZ AUDITORIA ONLINE 出演者(抜粋・配信時間順)>
Big Band Leader’s Summit (Eric Miyashiro, Gordon Goodwin, Miho Hazama), Candy Dulfer, Dave Koz, Chick Corea, Michel Camilo, Makoto Ozone, Chucho Valdés, Gonzalo Rubalcaba, Shai Maestro, Bob James, Nathan East, Raul Midon, Richard Bona, Akiko Yano, Senri Oe , Lisa Ono, Joyce Moreno, Ivan Lins, Marcos Valle, Naomi & Goro, Jesse Harris, Silvia Perez Cruz, Andrea Motis, Kurt Rosenwinkel, Michael League, Takuya Kuroda, Shabaka Hutchings, Kandace Springs, J Lamotta Suzume, Yukio Yokoyama, and more…

※プログラム(配信時間)、出演者はオフィシャルウェブサイト(jazzauditoria.com)をご確認ください

<ライヴ演奏以外のプログラム例 >
【 Big Band Leader’s Summit 】 Eric Miyashiro, Gordon Goodwin, Miho Hazama
【 jazz for kids 】「小川慶太のおもちゃのチャチャチャ」、【 jazz for teen 】「ビッグバンドのススメ」 by 五十嵐誠
【 masterclass piano 】 Shai Maestro 、 【オンライン飲み会番組】「黒田卓也の今夜もどないよ?」 and more

<ご視聴方法>
配信日時になりましたら、オフィシャルウェブサイト(jazzauditoria.com)のPROGRAM内、各アーティスト名をクリックしてリンク先よりご覧ください。動画視聴リンクは当日に公開予定。視聴は無料です。

※各アーティスト毎の配信となるため、インターネット回線の不具合、開始時間の遅延、また急遽プログラムが変更になる可能性があります。ご了承ください。 ※各国、各地の回線状況により録画放送も一部含まれます。 ※プログラムは日本時間(JST)で表記しております。

<INTERNATIONAL JAZZ DAY(インターナショナル ジャズ デイ)とは?>
ユネスコと、ユネスコ親善大使をつとめるピアニストのハービー・ハンコックが2012年から毎年4月30日を “INTERNATIONAL JAZZ DAY” とすることを発表しました。 “INTERNATIONAL JAZZ DAY” はアメリカ最高峰のジャズ教育機関であるセロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズとユネスコが、共同で進めるものです。ジャズを通じて世界のさまざまな文化に対する理解を深め、全世界195のユネスコ加盟国をはじめ、未だ十分に教育を受けられる環境にない地域に住む少年少女たちに、ジャズを伝えていくことを目的としています。

<インフォメーション>
名  称:JAZZ AUDITORIA ONLINE (ジャズ オーディトリア オンライン)日  程:2020年4月30日(木)9:30AM 〜 5月1日(金)7:30AM (予定)
※海外との時差の関係で、配信日時が一部日本時間の5 月 1 日(金)となります。
※各アーティスト毎の配信となるため、インターネット回線の不具合、開始時間の遅延、急遽プログラム 変更等生じる可能性があります。
※各国、各地の回線状況により録画放送も一部含まれます。
主  催:JAZZ AUDITORIA ONLINE 実行委員会
後  援:外務省、文部科学省、環境省、日本ユネスコ国内委員会、東京都
協  力:安田不動産株式会社、WATERRAS、POINT GREEN、BLUE NOTE TOKYO、COTTON CLUB、MOTION BLUE YOKOHAMA
企画制作:BLUE NOTE JAPAN
お問い合せ:jazzauditoria@bluenote.co.jp
公式サイト:jazzauditoria.com

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 13:45

【本の魅力再発見!】『恋するトリエステ』

イタリア文化会館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に伴う休校、テレワーク、外出自粛により在宅で過ごす方に向け、毎週水曜日スタッフがお勧めのイタリア文学を紹介します。 今日皆さんに紹介するのは、 ヘレナ・ヤネチェク の『恋するトリエステ』(橋本 勝雄 訳 、イタリア現代文学アンソロジー『どこか、安心できる場所で』国書刊行会、2019年 所収)です。

この物語は、たった12ページしかない。本当に一瞬だ。

それなのに、こうも私に強烈な印象を残し、読んだ後もじわりじわりと私の心に居残り続ける。

『恋するトリエステ』を読んでまず思うこと。それは、読書という行為は、本を実際に手にとって読むことだけを指すのではない、ということだ。

この物語は、あっという間に終わってしまう。なぜこれだけ短くできるのか、というと、おそらく誰もが見聞きしたことのある話に似ているからだろう。街に新顔がやってきて、色恋沙汰を引き起こす。それはよくあるいつもの噂話であり、ときには自分が話の中心であるかもしれない。

しかし、不意を突かれるのだ。この感覚は身に覚えがある。アントニオ・タブッキの『逆さまゲーム』だ。読者のミスリードを誘うような仕掛けが施された短編集である。タブッキの場合、最後までその尻尾をつかませないで、あたかも狐につままされたかのような気分になることもあるが、ヤネチェクは私たちをその手にぎゅっと掴んで放さない。私たちは、読み終えたあともこの物語について考え続けざるを得ない。

また、橋本氏による翻訳の切れ味が、このトラップをより効果的にしている。物語の展開に応じてトーンを見事に使い分けることによって、場面場面のイメージを最大限に膨らませ、物語自体の短さに釣り合わないほどの読み応えを与えてくれている。

この世界で他者と共生していくには、想像力が必要だ。感情移入ではなく、その人が置かれている状況を理解しようとする絶え間ない努力。どんな人にも、彼ら/彼女らの暮らしがある。たとえニュースの一面を飾るような人物でも、他人の見えないところには、その人の日常やストーリー、つまり「個」がある。

しかし、いつでもどこでも同じなんだ、と油断していると突如それは訪れる。災害というのはいつもそうだ。その渦中にあるとき、人は自分の「個」に必死にしがみつこうとする。だが災害は、差別的であれ、無差別的であれ、そうした「個」を瞬く間に押しつぶされてしまう。ヤネチェクは、想像力を発揮して、そうして押しつぶされてしまった「個」を回復しているのだ。

舞台は1937年、トリエステ。「21世紀イタリア短編アンソロジー」である本著において、なぜこの舞台設定なのか。いつの時代でも起きることは同じだからだ。現に世界が大きな困難に直面している今、この物語を読むことは、我々にとって大きな意味がある。

それなのに、こうも私に強烈な印象を残し、読んだ後もじわりじわりと私の心に居残り続ける。

ヘレナ・ヤネチェク

ヘレナ・ヤネチェクは、1964年にドイツのミュンヘンでポーランド系ユダヤ人の両親のもとに生まれた。30年以上イタリアに在住しながら、イタリア語で作家活動を行なっている。報道写真家ロバート・キャパのパートナーであり、スペイン内戦で命を落としたユダヤ人女性写真家ゲルダ・タローを描いたノンフィクション・ノベルLa ragazza con la Leica(2017年)でイタリア文学界最高の賞、ストレーガ賞を獲得。イタリア語が母国語でない作家による初の受賞ということでも注目を浴びた。

(H.)

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館東京 11:00

【本の魅力再発見!】『回復』

イタリア文化会館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に伴う休校、テレワーク、外出自粛により在宅で過ごす方に向け、毎週水曜日スタッフがお勧めのイタリア文学を紹介します。 今日皆さんに紹介するのは、ヴィオラ ・ディ・グラードの『回復』( 越前 貴美子 訳 、イタリア現代文学アンソロジー『どこか、安心できる場所で』(国書刊行会、2019年) 所収)です。

醜く静かなるものとの邂逅。

薬物依存症だった主人公。
無菌状態の病室での解毒期間を終え、ロンドンにあるフラットで新たな生活を始める。
かつて市営住宅だった家を改修し、新しい家具で満たされたフラット。それでもなお傾いたままの床。仕事中は、なるべく考えずにすむように、とても複雑なプロジェクトで頭をいっぱいにしている。頼りにしていた姉からは、どうも避けられているようだ。
薬物依存であったことは、主人公にとってそれほど大きな問題ではなかった。それよりも、他者から向けられる情けが、彼女のプライドを傷つけていた。

そんな主人公のもとへ、ある日、不可思議な「男」が訪ねてくる。醜く、すがりつくような眼差しで主人公を見るが、何も語らない裸の高齢の「男」。しかもこの「男」には翼がついている-。
「男」の放つ異臭が今にも漂ってきそうな描写に、「いったいどこへ向かっているのだろう?」と読みながらハラハラとした。この作品の印象を形容するなら「ネバネバした」とか、「生々しい」、「薄暗い」といった表現になるだろうか。それでも不思議と読後の心は軽やかである。

混沌とした悩みの中で身動きが取れなくなってしまっていたのが、ある時ふと雲が晴れたように身体が軽くなり、「自分は大丈夫」と思った記憶が、大なり小なり誰にでもあるのではないだろうか。この作品を読んで、あの頃自分を救ったものはなんだったのか、今となってはかなり薄れてしまったいくつかの記憶に思いを馳せた。

バランスを崩しそうになっている人、あるいはかつてそういう記憶のある人にぜひ読んでみてほしい作品。

ヴィオラ・ディ・グラード

1987年、シチリア州カターニア生まれ。トリノ大学で日本語、中国語を学んだのち、ロンドン大学で東アジア哲学を専攻する。現在はロンドンに在住。

2011年、23歳で発表したデビュー作『アクリル70%、ウール30%』が、《カンピエッロ賞》新人賞、《ラパッロ=カリージェ賞》新人賞を受賞、《ストレーガ賞》の最終候補にもなり、一躍注目を浴びる。次いで発表した、自殺した青年の死後の世界を描いた小説『くぼんだ心臓』(2013)が高く評価され、英訳が数々の賞にノミネートされる。近未来の日本を舞台にした『鉄の子供たち』(2016)、放射能汚染で立ち入り禁止となったシベリアの村での恋愛模様を描く『空の炎』(2019)など、次々に話題作を発表している。

(Ts.)

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館東京 14:05

【本の魅力再発見!】『いいなづけ』

イタリア文化会館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に伴う休校、テレワーク、外出自粛により在宅で過ごす方に向け、毎週水曜日スタッフがお勧めのイタリア文学を紹介します。 今日皆さんに紹介するのは、アレッサンドロ・マンゾーニの傑作『いいなづけ』です。

アレッサンドロ・マンゾーニの『いいなづけ』は、1628年から1630年のスペインに統治されたロンバルディアを舞台とした、イタリアでは有名な歴史小説です。イタリア文学最初の歴史小説であるこの作品は、イタリア文学にとってのマイルストーンであるだけでなく、まさに現代イタリア語誕生の礎を築いたと言っても過言ではありません。さらに、登場人物に、貴族ではなく一般庶民を描いた小説として、初めて人気を博しました。

【あらすじ】

舞台は1628年から1630年、スペイン支配下のロンバルディア。
二人の主人公、ルチーアとレンツォはいいなづけ。しかし、彼らの結婚を執り行うドン・アボンディオ司祭は、その挙式を禁じられる。ルチーアに目をかけた領主ドン・ロドリゴが、レンツォとの結婚を阻止したのだ。
レンツォとルチーアはいくつかの浮き沈みののち、止むを得ず故郷を離れる。ルチーアはモンツァの修道院に、レンツォはミラノに逃げ延びる。
ルチーアは、モンツァの修道女ジェルトゥルーデの庇護を受け、一方レンツォは、ミラノでパンの価格高騰に反対する民衆蜂起に巻き込まれてしまう。
そしてドン・ロドリゴは、ジェルトゥルーデの協力を得てルチーアを悪党インノミナートに誘拐させ、自身の城に連れ去る。しかしその夜、激しい良心の呵責に苛まれたインノミナートは改心し、ルチーアを逃し、彼女を二人の友人に委ねる。
ちょうどこの頃、イタリアに南下してきた傭兵師団ランツクネヒトにより、イタリア中にペストが蔓延する。ルチーアの母アニェーゼとドン・アボンディオ司祭らは、慈愛に満ちた心を持つようになったインノミナートの城に避難する。一方レンツォは、ドン・ロドリゴと同じくペストに罹ってしまう。しかいレンツォは治癒するも、ドン・ロドリゴは帰らぬ人となる。
若い二人は、過酷な試練を乗り越え再会を果たし、無事結婚式を挙げる。

***********

新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置に際して、ミラノにあるヴォルタ高校校長のドメニコ・スキラーチェ先生が生徒宛てに書いた手紙の中で、『いいなづけ』に描かれるペストの描写と現在私たちが置かれている状況を比べながら、生徒たちに、この新たな“ペスト”が人々の関係性まで毒してしまわぬよう意識して行動することを呼びかけました。この手紙は海を越えて日本でも話題になり、新聞やメディアでも取り上げられ、マンゾーニの『いいなづけ』は、日本で再び注目を浴びました。

家にいる時間を利用して、皆さんもこの機会に『いいなづけ』を読んでみませんか?

日本語版はこちら:

いいなづけ
(河出文庫、2006年)

いいなづけ
17世紀ミラーノの物語
(平川祐弘訳、河出文庫、2006年)
いいなづけ 上
いいなづけ 中
いいなづけ 下

ウンベルト・エーコがこども向けに書きかえたものもあります。
イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』
(白崎 容子訳、NHK出版、2018年)

また、コミック版シリーズ『愛のちかい』(絶版)も、イタリア文化会館図書館に全巻所蔵しています。図書館が再開したあかつきにはこちらも是非!
愛のちかい 
(藍真理人、女子パウロ会、1984年)

(H.)

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館東京 17:00

【本の魅力再発見!】『パパの電話を待ちながら』

イタリア文化会館では、新型コロナウイルスの感染拡大防止措置に伴う休校、テレワーク、外出自粛により在宅で過ごす方に向け、毎週水曜日スタッフがお勧めのイタリア文学を紹介します。
 今日皆さんに紹介するのは、イタリアが誇る児童文学者でジャーナリスト、そして教育者、ジャンニ・ロダーリの短篇集『パパの電話を待ちながら』(内田洋子訳、2009、講談社)です。

『パパの電話を待ちながら』Favole al Telefono
(内田洋子訳、講談社、2009年)

「イタリアの本好きもまたそうでない人も、一度は読んだことがある作家。それが、ジャンニ・ロダーリである。」(訳者あとがきより)

ビアンキさんは、月曜日から土曜日まで、毎日イタリア中を忙しく飛び回るセールスマン。『パパの電話を待ちながら』は、そんなビアンキさんが、毎晩9時きっかりに、北イタリアの自宅で待つ幼い娘に電話で聞かせてあげた、色々なお話を集めた短篇集です。

あちこちにすぐコロリと落っこちてしまうミニサイズの女の子、自分の体のパーツをどこかに忘れてきてばかりいる男の子、透明人間トニーノ、宇宙ヒヨコ…楽しいキャラクターの数々に、お菓子や乗り物、王様、海水浴、宇宙、遠い異国の地など、子供が大好きな物や場所や事件が次々と登場します。

ひっくり返るようなお話に、ほのぼのとしたお話、寓意に満ちたお話、思わず笑いが込み上げるお話。重たいお話や、オチのない「宙ぶらりんなお話」も。児童向けの易しく明快な言葉遣いに、一話2~3ページほどの短さでどんどん読み進められますが、童話らしいシュールな味わいは、くせになるかも。一度でもロダーリを読んだことがある方ならご存じの通り、日本の童話とは一味違った独特のユーモアと洒落が光ります。

また、素晴らしいのは、非常識と言われそうなことでも否定されないことでしょう。あとがきでも言及されているように、「間違いや、人と違うということをとがめない」のです。イタリアの日常というのは、日本人には想像もつかないような出来事に満ちていますが、その面白みの源であるイタリア的発想力や独自のセンスは、子どもの頃からこうしたお話を通じて養われるのかもしれませんね。

色とりどりの宝物が輝くおもちゃ箱のような一冊。春の日差しと風のなか、軽やかで楽しい読書はいかがでしょうか。
(T.)

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog,お知らせ — イタリア文化会館東京 13:59

『デカメロン2020 緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う』

『苦難や問題からは、かならず新しい解決や発明が生まれます。しっかり構えて、先を見る。長い歴史の中でイタリア半島が培ってきた、生きるための強い精神力と他を思いやる気持ちをリアルタイムでご紹介できればと思います。』

内田洋子
参加している大勢の若者達
2020年3月18日

©MiBACT

Buongiorno a tutti!

『デカメロン』(古代ギリシャ語で「十日の(物語)」の意)は、1349年から1351年にかけてジョヴァンニ・ボッカチオによって書かれた、全100話からなる物語集です。10人の若い男女が、ペストの危機から逃れるためにフィレンツェ郊外に籠り、10日間に渡って10話ずつ物語を語り合います。

ボッカチオは前書きの中で、何年にも渡ってペストが蔓延した当時の惨状を描き、当時大切にされていた社会規範や慣習が、この感染症の大流行によって破壊し尽された様子を語っています。その一方で、10人の若い男女を通じて、もう一つの事実、つまり人類は己の力と知性によってどんな状況をも切り抜けられる、ということを示してもいます。

この傑作に着想を得て、イタリア在住のジャーナリスト内田洋子氏が、方丈社(東京)のHPにて『デカメロン2020©︎』と題した新連載を開始しました。現在イタリア各地で自宅待機を余儀なくされている若者たちの声が集められています。

ヴェネツィア、ミラノ、トリノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジョ、シチリア、サルデーニャ……。2020年、現代のイタリアにおいて、疫病から逃れた若い人々はどのように日々を過ごすのか。古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。

コラムURL:hojosha.co.jp/free/decameron2020_02

内田洋子 ジャーナリスト、文筆家、翻訳家
イタリア在住。通信社ウーノ・アソシエイツ代表を務め、イタリアに関する記事や著作を数多く発表。最近の著書に『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(方丈社、2018年)、『もうひとつのモンテレッジョの物語』(方丈社、2019年)。2011年、『ジーノの家 イタリア10景』(文春文庫、2011年)で日本エッセイスト・クラブ賞及び講談社エッセイ賞受賞。2019年、ウンベルト・アニェッリ新聞雑誌賞受賞。

Il Decamerone (dal greco antico “[opera] di dieci giorni”), è una raccolta di cento racconti scritta da Giovanni Boccaccio tra il 1349 e il 1351. La cornice della raccolta narra di un gruppo di ragazzi che per dieci giorni si trattengono fuori da Firenze per sfuggire alla peste nera. A turno, per passare il tempo, si raccontano delle novelle.

Nell’introduzione, Boccaccio descrive i terribili anni della peste e di come l’epidemia abbia distrutto tutte quelle norme sociali, quegli usi e quei costumi che gli erano cari. Al contrario, i dieci ragazzi creano una sorta di realtà parallela, per dimostrare come l’uomo, grazie all’aiuto delle proprie forze e della propria intelligenza, sia in grado di dare un ordine alle cose.

A questo capolavoro si è ispirata Uchida Yoko per il suo progetto “Decamerone 2020” (ospitato sul sito della casa editrice Hojosha) in cui raccoglie i racconti dei ragazzi italiani bloccati in casa in questi giorni di reclusione forzata, per far conoscere anche in Giappone la situazione italiana in tempo reale.

Da Venezia, Torino, Milano, Bologna, Roma, Montereggio, la Sicilia, la Sardegna come trascorrono le giornate i quarantenati del 2020?

Da parte dell’Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, ringraziamo i ragazzi che stanno partecipando al progetto. Non c’è un modo “giusto” o “migliore” di vivere la quarantena e tutto quello che porta con sé. I vostri racconti lo ricordano anche a noi. 
Di questi tempi un giapponese vi direbbe 頑張って!(“ganbatte!”), che si può tradurre con “tieni duro!”, ma che ha origine in una frase che significa “tenere gli occhi ben aperti” oppure, secondo un’altra etimologia, “non rinunciare al proprio pensiero”. Nel dubbio, vi auguriamo entrambe le cose.

Per leggere (in lingua giapponese): hojosha.co.jp/free/decameron2020_02

Uchida Yoko, giornalista, scrittrice e traduttrice, si occupa da sempre dell’Italia. È presidente dell’agenzia di stampa UNO Associates Inc. Ha scritto numerosi articoli e libri sull’Italia. Ricordiamo, tra le ultime pubblicazioni, i due libri Montereggio. Vicissitudini dei librai viaggiatori da un paesino (Hojosha, 2018, vincitore del) e Un’altra storia da Montereggio (Hojosha, 2019). Nel 2011, ha ricevuto il “Japan Essayist Club Award” e il “Kodansha Essay Award” per il libro La casa di Gino. 10 Paesaggi. Nel 2019 ha ricevuto il Premio Umberto Agnelli al giornalismo.



Share (facebook)
Filed under: Storie italiane イタリアの小さな物語,お知らせ — イタリア文化会館東京 10:00
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031