inferno@kazan

Buongiorno a tutti!

今日は立本夏山ひとり芝居新作公演 『inferno@kazan』をご紹介します。

『inferno@kazan』はダンテの『神曲』地獄篇から着想を得たひとり芝居で、2011年よりひとり芝居を中心に活動してきた俳優 立本夏山が、演劇と舞踏からのリサーチを用いて「現代の地獄」に迫ります。

コロナ禍で人類が目の当たりにした「死」、「恐怖」、「混乱」、「疑い」、「憎しみ」・・・。現代における「地獄」とは何なのか。故郷フィレンツェを追放されたダンテが、苦悩のなか、自身の生涯をかけて書いた『神曲』の《地獄》と、《現代の地獄》を生きる〈からだ〉の出会いはどのような化学反応を起こすのか。ダンテ没後700年を記念し、現代アーティストが集結。新たな想像力とインスピレーションに溢れた作品を発表します。イタリアにゆかりのあるブラジル出身の美術家Francisco Daniel A. Moreira絵画展も同時開催されます。

<インフォメーション>

『inferno@kazan』

原作:ダンテ『神曲 地獄篇』

10月22日(金) 14時・19時

10月23日(土) 19時

10月24日(日) 13時・18時

会場
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
3331 Arts Chiyoda

演出:鹿島将介 (重力 /Note)

映像:飯名尚人

出演:立本夏山

舞台監督・照明:内田誠

音楽:中里広太

衣装:金田かお里 (undaily gate)

面製作:稲田貴志

宣伝写真:小杉朋子

宣伝絵画:Francisco Daniel A. Moreira

制作アドバイザー:熊谷薫

制作:西木場あかね

プロデューサー:市川喜愛瑠

主催:Kazan office.

アートにエールを!ステージ型支援事業

お問合わせ
Kazan office. (担当:市川)
mail@kazan-office.com

TEL:080-4164-4150 / FAX:03-6453-9333

ホームページ:https://kazan-office.jimdofree.com

Share (facebook)
Filed under: 未分類 — イタリア文化会館東京 09:38

Luce e ombra

Buongiorno a tutti!

今日は新しいインスタレーションの世界、「Luce e Ombra ルーチェ・エ・オンブラ ~光と影~」をご紹介します。

「Luce e Ombra ルーチェ・エ・オンブラ ~光と影~」は、吉川隆弘の超絶技巧のピアノ演奏、西島数博とNAOの独創的感覚のコンテンポラリーダンス、世界的ファッションデザイナーJUNKO KOSHINOの衣裳を映像クリエイションで魅せる空間芸術(インスタレーション)です。超絶技巧のピアノ、独創のダンス、衣裳、映像で魅せる新ステージをどうぞお見逃しなく!

<PROGRAM>

ラヴェル『水の戯れ』

ベートーヴェンピアノソナタ第23番『熱情』

ドビュッシー『月の光』

ジョン・ケージ『ある風景の中で』

サティ『ジムノペディ第1番グノシエンヌ第4番』

ストラヴィンスキー『ペトルーシュカからの3楽章』

<出演>

吉川隆弘 ピアノ

ミラノを拠点に活躍するピアニスト。東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。2015年ミラノ・スカラ座首席クラリネット奏者ファブリツィオ・メローニとのCD「Vifet Rythmique」をドイツグラモフォンより発売。イプシロン・レーベル制作のCDベートーヴェン、ドビュッシー、シューマン、リスト、モーツァルトはレコード芸術誌上で特選盤となるなど高評を得ている。2020年の浜離宮朝日ホールでの演奏会はNHK「クラシック倶楽部」及びNHKFM「ベストオブクラシック」で放送される。本年6月「MusicTomorrow2021」にてNHK交響楽団と共演。2018年から19年にかけてミラノ・スカラ座のバレエ公演「Petite mort」にてモーツァルトのピアノ協奏曲をソロ演奏(全20公演)。西島数博とは2012年の「ジュリエットからの手紙」以降、ミラノ公演、-INORI- 公演など6回の共演を重ねている。

オフィシャルサイト:http://takahiroyoshikawa.com

西島数博 ダンス/演出・振付

3歳より宮崎の伊達バレエスクールにてバレエを学ぶ。18歳で渡仏し、フランスにて国際コンクール第1位受賞、国内外で活動。帰国後は、スターダンサーズバレエ団の他、多数の公演に出演する傍ら、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」出演から芸能界でも活躍。主演映画「るにん」アメリカの映画祭でグランプリ受賞。2014年にジャパンダンスイノベーションを立ち上げ、音楽劇「ドラマティック古事記」新国立劇場にてフルオーケストラで上演、ピアニスト吉川隆弘とイタリアにて共演の他、コシノジュンコプロデュース「TOSHIMA ARTS LIVE 2021」振付・出演等、異ジャンルとのコラボを中心に多彩な活動を展開。オフィシャルYouTube「西島ダンスチャンネル」配信中。

オフィシャルサイト:http://jdancei.com

NAO ダンス

3歳より東京バレエ団附属バレエ学校にてバレエを始める。

2002年に渡英しイングリッシュナショナル・バレエスクールに3年間在籍し、クラシックバレエ・ノーテーション・コレオグラフィ・コンテンボラリー・ジャズダンス等幅広く学ぶ。帰国後は日本女子体育大学・運動科学科:舞踊学専攻を卒業。現在は、映画・CM・ファッションショーなどで活動と同時に都内で指導を行っている。2018年6月にイタリア・ミラノ郊外で開催された吉川隆弘と西島数博とのコラボ公演ではガーデンパフォーマンスに出演。

コシノジュンコプロデュース「TOSHIMAARTSLIVE2021」へ出演。

コシノジュンコ デザイナー

1978年から22年間パリコレクション参加。以降、北京、NY(メトロポリタン美術館)、キューバ、ロシア、スペインなど世界でショーを開催。国際的な文化交流に力を入れる。オペラやブロードウェイミュージカルの舞台衣装、JOC セカンドエンブレム等を手掛ける他、国内被災地への復興支援活動も行っている。VISIT JAPAN大使、2025年日本国際博覧会協会 シニアアドバイザー、文化庁「日本博」企画委員、文化功労者。2021年フランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」受章。毎週日曜17時~ TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」放送中。近著「コシノジュンコ 56の大丈夫」(世界文化社)。

<インフォメーション>

Luce e Ombra ルーチェ・エ・オンブラ~光と影~

金沢
11月9日(火)18:30開場/19:00開演
金沢21世紀美術館 シアター21

東京
11月13日(土)12:30開場/13:00開演 16:30開場/17:00開演
代官山 HILLSIDE PLAZA

衣裳デザイン:JUNKO KOSHINO

映像ディレクション:鈴木順之

演出・振付:西島数博

演出振付助手:清水夏生

照明:吉川ひろ子(CAT)

舞台監督:和田健汰(Keystones)

宣伝スチール撮影:SHIN ISHIKAWA

宣伝デザイン:梅澤知生

主催:株式会社エヌディプラス

協力:イプシロン・インターナショナル株式会社 JUNKO KOSHINO株式会社 株式会社Sketch 奥沢スタジオバレット ジャパンダンスイノベーション

撮影協力:イタリア文化会館

金沢公演協力:WALK空間DESIGN

チケットご予約・お問い合わせ

公演事務局 balletto.pianoforte@gmail.com

※感染症拡大防止対策により座席の間隔をあけ、席数を減らし上演されます。

Share (facebook)
Filed under: お知らせ,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館東京 10:00

映画『ほんとうのピノッキオ』

Buongiorno a tutti!

ピノッキオの奇想天外な大冒険を『ゴモラ』の鬼才マッテオ・ガローネが斬新に映像化!

「ピノッキオの冒険」が原作の映画『ほんとうのピノッキオ』(原題:『PINOCCHIO』)が、11月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開されます。

イタリアの作家カルロ・コッローディの「ピノッキオの冒険」は、1883年に出版されて以降、100年以上にわたって世界中で読み継がれてきた児童文学で、ディズニーによるアニメーションでも広く親しまれてきました。現在、ギレルモ・デル・トロ、ロバート・ゼメキスによる新作も進行中です。ピノッキオといえば“嘘をつくと鼻が伸びる”エピソードで知られていますが、本当のピノッキオは、無邪気な操り人形に見せかけて、実は行く先々でトラブルを巻き起こす、“悪童”だということを皆さんご存知でしょうか!?

丸太棒が変身したピノッキオの奇想天外な大冒険を、『ゴモラ』の鬼才マッテオ・ガローネが原点に回帰して、斬新にビジュアライズ。旅の途上に登場する世にも奇妙な生きものたち、人生の不条理や社会風刺を盛り込んだ寓話的なストーリー展開を、圧倒的な映像美で描き出します。本国イタリアで公開されるや大ヒットを記録、オスカー候補にも名を連ねました。まさに大人のためのおとぎ話と呼ぶにふさわしい、神秘的で驚きに満ちたダークファンタジーがここに誕生しました。

本年度アカデミー賞にて衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞2部門にノミネート、その年公開のイタリア映画No.1の動員数を記録しました。

<STORY>

あなたはまだ知らない、本当のピノッキオをー

貧しい木工職人のジェペット爺さん(ロベルト・ベニーニ)が丸太から作った人形が、命を吹き込まれたようにしゃべり始めた。ピノッキオ(フェデリコ・エラピ)と名付けられたやんちゃな人形は、ジェペットのもとを飛び出して、森の奥深くへと誘われる。道中、ターコイズ・ブルーの髪を持つ心優しき妖精の言いつけにも、おしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さない。なおも命からがらの冒険を繰り広げるピノッキオは、はたして「人間の子どもになりたい」という願いを叶えられるのだろうか……。

<インフォメーション>

映画『ほんとうのピノッキオ』

監督/共同脚本:マッテオ・ガローネ(『ゴモラ』『五日物語 -3つの王国と3人の女-』)

プロデューサー:ジェレミー・トーマス(『戦場のメリークリスマス』)

出演:ロベルト・ベニーニ(『ライフ・イズ・ビューティフル』)、マリーヌ・ヴァクト(『17歳』)、フェデリコ・エラピ

2019年/イタリア映画/シネマスコープ/124分/映倫区分:G/原題:PINOCCHIO/字幕:杉本あり

後援:イタリア大使館、イタリア文化会館

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

©ARCHIMEDE SRL – LE PACTE SAS

公式サイト: happinet-phantom.com/pinocchio/

公式twitter:@Pinocchio_2021

配給・宣伝お問合せ ハピネットファントム・スタジオ TEL:03-6862-0361 

Share (facebook)
Filed under: お知らせ,イタリアイベント情報 — イタリア文化会館東京 15:00
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031