映画「修道士は沈黙する」公開中!

Buonasera a tutti!
イタリア映画というと、恋や食べ物…といった明るい内容を連想しがちですが、今回ご紹介する「修道士は沈黙する」は、サスペンス要素のある社会派ミステリー作品です。

<あらすじ>
ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。

会議の前夜、天才的なエコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事は、8カ国の財務大臣と、ロックスター、絵本作家、修道士の異色な3人のゲストを招待して自身の誕生日を祝う夕食会を催す。会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられる。翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見される。
自殺か、他殺か?殺人の容疑者として真っ先に浮上したサルスは、戒律に従って沈黙を続ける。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、権力者たちのパワーゲームに巻き込まれたサルスは自らの思いを語り始める。果たして謎の死の真相は?
そしてロシェがサルスに託したものとは…。

監督は、イタリアの政界を背景にした風刺劇『ローマに消えた男』(13)で、権力の寓話を軽やかなユーモアを交えて描いたロベルト・アンドー。主役の修道士サルスには、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』(13)のトニ・セルヴィッロ。
ほかダニエル・オートゥイユ、コニー・ニールセンら国際的俳優を起用した、形而上的ミステリーです。

公式サイトはこちら

 

イタリア文化会館
イタリア留学

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館東京 18:00
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031