映画『ドッグマン』

Buongiorno a tutti!

2018年カンヌ国際映画祭 主演男優賞受賞、パルム・ドッグ賞、2019年 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞<作品賞><監督賞>ほか最多9部門を受賞した、イタリアが生んだ鬼才マッテオ・ガローネ監督の最新作『ドッグマン』が8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国公開されます!


©2018 Archimede srl Le Pacte sas

2008年の第61回カンヌ国際映画祭で審査員賞特別グランプリを受賞した『ゴモラ』(2008) をはじめ、『リアリティ』(2012) 、『五日物語~3つの王国と3人の女~』(2015) など、社会に潜む闇を浮かび上がらせ、問題作を次々と世に放ち続けるガローネ監督が最新作で挑んだのは、1980年代に実際にイタリアで起こった殺人事件にインスパイアされた衝撃的な不条理ドラマ。主演を務めたマルチェロ・フォンテは、圧倒的な暴力に支配され抗えない主人公の姿を鬼気迫る演技で披露し、昨年の第71回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。またイタリア版アカデミー賞とも称されるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、作品賞、監督賞をはじめ最多となる9部門を受賞。その他世界各国の映画祭で数々の受賞を果たした注目作がついに日本で公開となります。

<STORY>
イタリアのさびれた海辺の町。娘と犬をこよなく愛する温厚で小心者のマルチェロは、質素ながらも「ドッグマン」という犬のトリミングサロンを経営し、気のおけない仲間との食事やサッカーを楽しむ日々を送っている。だが一方で、その穏やかな生活をおびやかす暴力的な友人シモーネに利用され、従属的な関係から抜け出せずにいた。ある日、シモーネから持ち掛けられた、儲け話を断り切れず片棒を担ぐ羽目になったマルチェロは、その代償として仲間たちの信用とサロンの顧客を失ってしまう。娘とも自由に会えなくなったマルチェロは、元の平穏だった自分 の日常を取り戻すためにある行動に出るが――。

監督:マッテオ・ガローネ (『 ゴモラ 』) 出演: マルチェロ・フォンテ、エドアルド・ペッシェ、アリダ・バルダリ・カラブリア、アダモ・ディオニージ
原題:DOGMAN |2018年|イタリア|イタリア語|カラー|シネマスコープ|5.1ch|1 時間43分|PG12|字幕翻訳:石井美智子
配給:キノフィルムズ/木下グループ 宣伝プロデュース ブレイントラスト dogman-movie.jp ©2018 Archimede srl Le Pacte sas

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — イタリア文化会館東京 15:00
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031