生誕100年!フェデリコ・フェリーニ映画祭

Buongiorno a tutti!

本年2020年は、イタリアが生んだ偉大な映画監督、フェデリコ・フェリーニが誕生してちょうど100年目にあたります。

1950年の『寄席の脚光』以降、40年にわたって『道』『カビリアの夜』『甘い生活』といった名作を手掛けたフェリーニ。その独創的な作品群は映画のみならず、音楽、絵画、舞台、写真といったあらゆるアートに多大な影響を及ぼしました。

そんなフェリーニ生誕100周年を記念し、7月31日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAにて、彼の代表作 9 本を集めた 「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」が開催されます。しかも 9 作のうち 8 作が我が国で初めて4K デジタルリマスター版での上映となります(『道』を除く)。美しい映像で甦る豪華絢爛なフェリーニの世界を、どうぞこの機会にお楽しみ下さい。

<上映作品>

『白い酋長』

『青春群像』

『道』

『崖』

『カビリアの夜』

『甘い生活』

『8 1 /2 』

『魂のジュリエッタ』

『フェリーニのアマルコルド』

フェデリコ・フェリーニ Federico Fellini(1920-1993)

イタリアのリミニ生まれ。高校卒業後に新聞社に勤務、風刺画や雑文を書く。ロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』(1945)の脚本を担当し、1950年の『寄席の脚光』で監督デビュー(共同監督)。監督3作目の『青春群像』(1953)がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。続く『道』(1954)が世界中で大ヒットを記録、国際的に名声を確立。その後も新作を発表するごとに大きな注目を浴び、4度のアカデミー賞外国語賞を得たほか、『甘い生活』(1960)でカンヌ国際映画祭パルムドールを獲得。1992年アカデミー賞名誉賞受賞。

<インフォメーション>

名称:「生誕100年!フェデリコ・フェリーニ映画祭」

7月31日(金) から8月20日(木)まで、YEBISU GARDEN CINEMA にて開催。

主催:イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ 、マーメイドフィルム

配給:コピアポア・フィルム

協力:カルチュア・エンタテイメント、ザジフィルムズ、WOWOWプラス、フィールドワークス、KADOKAWA、インコントロ

後援:イタリア文化会館

公式HP: fellinifilmfesjapan.com

©BETA FILM. All Rights Reserved.
©MEDIASET S.p.A.
© 1973 – F.C. PRODUZIONI S.R.L – PROCUCTIONS ET EDITIONS CINEMATOGRAPHIQUES FRANCAISES.

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 10:00
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31