イタリア娯楽映画の進行形 エドアルド・レオ特集上映

Buongiorno a tutti!

イタリア娯楽映画の雄、エドアルド・レオを知っていますか……?

1972年ローマ生まれ。大学在籍時から端役として映画やドラマに出演。エットレ・スコラやジジ・プロイエッティといったイタリア映画のレジェンドとも交流を持つ生粋のローマっ子だが、好きな監督はキューブリック。『いつだってやめられる』三部作や『おとなの事情』など、日本でも話題になった人気作に多数出演している。いわゆる顔立ちの整ったイタリア人俳優とは一線を画する三枚目キャラ。情けない中年を演じさせたら右に出る者はいない俳優、そして近年は監督としても評価が高まる「イタリア映画の新たな才能」です!

ジャンルを横断して、イタリア文化を総合的に紹介している京都ドーナッツクラブが、10月16日(金)〜25日(日)にわたり、エドアルド・レオにフォーカスした上映会を開催します。会場はUPLINK吉祥寺とUPLINK京都。そして10月30日(金)~11月7日(土)には、UPLINK Cloudでオンライン上映を行います。みなさんもこの機会に、イタリア映画界の「今」に触れてみてはいかがでしょうか?

【上映作品】

『ブォンジョルノ、パパ。』
(2013年/イタリア/カラー/109分/原題:Buongiorno papà)

40過ぎのアンドレアは映画業界で働くやり手の色男。ポルシェを乗り回し、ローマ市内のオシャレなマンションで悠々自適に暮らしている。彼とハウスシェアしているパオロは、仕事も女性関係もうまくいっていないが、大道芸で一旗揚げるロマンチックな夢を胸に抱いている。そんな彼らのもとに、アンドレアの娘だと名乗る十七歳の少女レイラとその祖父エンツォが現れ、生活を一変させてしまう……。イケメン俳優ラウル・ボーヴァの隣で、今後のはまり役となる三枚目キャラを確立したレオ。監督として長編二作目となる本作で、銀のリボン賞最優秀コメディーにノミネートされた。

監督:エドアルド・レオ

出演:ラウル・ボーヴァ、マルコ・ジャッリーニ、エドアルド・レオ

『俺たちとジュリア』
(2015年/イタリア/カラー/115分/原題: Noi e la Giulia)

人生に行き詰まりを感じていたディエゴ、ファウスト、クラウディオの3人は、古い農場を共同購入し、アグリツーリズム用ホテルにリノベーションして再起を図る。気性の激しい元武闘派共産党員、タトゥーだらけの妊婦という超個性的な面々を仲間に加え、絶妙なチームワークで準備を進めるが、クラシックカー「ジュリア」に乗ったマフィアの出現で、事態は思わぬ方向に転がっていく……。今をときめく名優たちに脇を固められ、レオが名実ともにイタリアン・コメディーの代名詞になった感があるのが本作だ。監督としての長編3作目にして、念願の銀のリボン賞で最優秀コメディーに選ばれた。

監督:エドアルド・レオ

出演:ルカ・アルジェンテーロ、ステファノ・フレージ、エドアルド・レオ

『黄金の一味』
(2019年/イタリア/カラー/110分/原題: Gli uomini d’oro)

トリノの郵便局に勤めるメローニは、給与にも仕事内容にも不満を覚えている。年金を繰り上げて受け取り、コスタリカに新天地を見出そうとしていたが、政府の金融改革により、計画はふいに。そこで企てたのが、自分の運転する現金輸送車からの現金略奪だった。彼が共謀者に選んだのは堅物の同僚ザーゴ。だが彼には明かしていない秘密があった……。1996年トリノで起こった強盗事件をもとにした最新のイタリアン・ノワール。ナンパなナポリ男メローニと真面目で無口なトリノ人ザーゴという対比が興味深い。レオは第三の主人公ウルフとして登場。今までにないバイオレンスな役回りで、俳優としての新境地を拓いた。

監督:ヴィンチェンツォ・アルフィエーリ

出演:ファビオ・デ・ルイージ、エドアルド・レオ、ジャンパオロ・モレッリ

『わしら中年犯罪団』
(2019年/イタリア/カラー/102分/Non ci resta che il crimine)

ローマの中年男3人組モレーノ、セバスティアーノ、ジュゼッペは、80年代に世間を騒がせた伝説の犯罪組織マリアーナ団ゆかりの地をめぐるツアーの下見中、ひょんなことから当時のローマにタイムスリップしてしまう。辿り着いたのは、ワールドカップでイタリアが優勝した1982年。試合結果を覚えている三人は、サッカーくじでひと儲けしようとするが、本物のマリアーナ団のボスに目をつけられてしまい……。三人組を演じる馴染みの先輩俳優を引き立てるスーパーサブとして、笑いをアシストするレオの本領が発揮されたB級テイストのコメディー。

監督:マッシミリアーノ・ブルーノ

出演:アレッサンドロ・ガスマン、マルコ・ジャッリーニ、ジャンマルコ・トニャッツィ、エドアルド・レオ

※上映スケジュールの詳細は特設サイト(edoardoleocinemafest.jimdosite.com/)からご覧いただけます。

<インフォメーション>
イタリア娯楽映画の進行形 エドアルド・レオ特集上映
期  間:10月16日(金)〜25日(日)、10月30日(金)~11月7日(土)会  場:10月16日(金)~10月25日(日)アップリンク吉祥寺
10月23日(金)~10月29日(木)アップリンク京都
10月30日(金)~11月7日(土)アップリンククラウド

料  金:一般¥1,500/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア¥1,300/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥900

〈東京〉
主  催:京都ドーナッツクラブ
特別協力:イタリア文化会館 東京
協  賛:日欧商事、株式会社ComaCo・officina、Gee co.,Ltd、一般社団法人日本ツーリストガイド・アシスタント協会、FM COCOLO Ciao765リスナー有志

〈京都〉
主  催:京都ドーナッツクラブ
後  援:イタリア文化会館 大阪
特別協力:イタリア文化会館 東京
協  賛:日欧商事、株式会社ComaCo・officina、Gee co.,Ltd、一般社団法人日本ツーリストガイド・アシスタント協会、FM COCOLO Ciao765リスナー有志

※このイベントは京都市文化芸術活動緊急奨励金を受けています。

特設サイト:edoardoleocinemafest.jimdosite.com/

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — イタリア文化会館東京 15:22
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031