ロベルト・ボッレ アメリカン・バレエ・シアター2014年日本公演

Buonasera!

本日はバレエのお話です。

ロベルト・ボッレというダンサーをご存知でしょうか?

’06年、トリノ・オリンピックの開会式で踊ったダンサー、といえばご記憶の方も多いかもしれません。

先日、その彼が、アメリカン・バレエ・シアターの2014年日本公演に、プリンシパルダンサーとして、オールスターガラ、また「マノン」にデ・グリューとして出演。

以前より、完璧な肢体を持った美しいダンサーででしたが、近年は男性的な、大人の男としての魅力も備え、円熟味を増した素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

ガラの「椿姫」、全幕の「マノン」とも、より演劇性を求められるプログラムですが、両公演ともパートナーは情感を表現させたら間違い無く現在最高のダンサーの一人であるジュリー・ケント。美しいを超えて、自然と涙があふれてしまうような、心にせまるパ・ド・ドゥで、多くの感動を呼んでいました。

バレエ好き、イタリア好きの皆さん、

ロベルト・ボッレを始め、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるイタリア人ダンサーの応援を、ぜひよろしくお願いしますね!

 

イタリア文化会館

イタリア語講座

Share (facebook)
Filed under: Staff Blog — admin@iictokyo.com 07:21  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829