オードリーのローマ プリンセスの素顔

Buongiorno!

イタリア-ローマが舞台の『ローマの休日』をご覧になった方で、このブログを読まれている方もたくさんいることでしょう!

今日は、オードリーの素敵な写真集の紹介をさせて頂きます。オードリーがイタリア人男性と結婚して20年近くもイタリアに住んでいたなんてびっくりですね。イタリア語学習者としては、彼女が話すイタリア語聞いてみたかったですね。

 

AUDREY IN ROME

生誕85周年。
永遠のプリンセス、オードリー・ヘプバーン
その魅力と優美さは決して色褪せることなく、
いまなお多くのファンを魅了し続けている。

貴重なプライベートショット約200枚を収録した記念すべき写真集。
ローマの街でみせた、知られざるオードリーの素顔の
魅力がつまった一冊。

オードリー・ヘプバーンは、50年代から70年代にかけて、ローマで暮らした。
女優として世界中を魅了し、華々しい脚光を浴びる一方、
一人の女性として、二度の結婚、出産を経験し、母になるまでの20年余り。

そこには、銀幕ではみせることのない、知られざる素顔と微笑みがあった。
本邦初公開写真も含め、オードリーの日常生活を映し出すローマでの貴重なプライベートショット約200枚を収録。

今回、オードリーの第二子であるルカ・ドッティが、ルドヴィカ・ダミアーニと共に編集に携わっている。
〇〇〇   〇〇〇   〇〇〇   〇〇〇   〇〇〇   〇〇〇

オードリー・ヘプバーンの魅力と優美さは誰もが認めるところ。
しかし、彼女が50年代から70年代にかけて、すなわちメル・ファーラーとの結婚で息子ショーン・ファーラーを授かり、次いでアンドレア・ドッティとの再婚でルカ・ドッティが誕生した20年余りの歳月をローマで暮らしていたことは、あまり知られていない。

本書は、オードリー・ヘプバーンという女優の生涯の中でも、特にこのローマでの歳月に着目し、犬を散歩させる姿、家族や子どもたちと出かける姿、空港から飛び立つ姿、到着した姿、出演作の初演時、そしてその舞台裏の姿など、本邦初公開写真も含め、オードリーの私生活を映し出すおよそ200枚のプライベート写真を収めた本。

国内外の関連資料のアーカイブやフィルム・ライブラリーなどを丹念に探索して完成させたフォトストーリーにより、ハリウッドの大スター時代から、イタリアでも女優の地位を確立していくまで、そして70年代、映画界を退き、ローマに居を定め、女性として母として街との絆を確かめながら生活していく様を、オードリーの変容の足跡を丹念に追いながら、丁寧に描き出していきます。

 

イタリア文化会館

イタリア語コース

Share (facebook)
Filed under: お知らせ — admin@iictokyo.com 14:48  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930