オリーブ通信 第5号

Buongiorno a tutti!

オリーブオイルは香りを吸収しやすいという性質があります。

ですので、開封後の保管には、強い香りを発するものから遠ざけるなど、注意が必要ですが、

この特性をいかしてオリーブオイルに香りをつけることができます。

 

夏に涼やかなハーブオイルをつくってみてはいかがでしょうか?

例えば、ローズマリーオイルでしたら・・・

2枝ほどのローズマリーを熱湯で洗い、水気をとって

150CCほどのオリーブオイルにつけて、一週間ほどで使えるようになります。

大切なのは水気をしっかり切ることです。

緑の香りのオリーブオイルはハーブとの相性抜群です。

ソースを作ってみてはいかがでしょう。

バジルのジェノベーゼソースはもちろん、イタリアンパセリを使ったサルサ・ヴェルデも。

肉・魚のグリルやきのこのソテー、ゆで卵やジャガイモにかけていただいても。

 

 

イタリア文化会館

イタリア語コース

Share (facebook)
Filed under: オリーブ通信 — admin@iictokyo.com 17:44  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2022年11月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930