オリーブ通信 第8号

Buongiorno tutti!

イタリアオリーブ旅、次に訪れたのは、プーリア州のメザーニェ。
プーリアの歴史ある港町、ブリンディジから内陸に30㎞くらいはいったところにある小さな街。
この街のオリーブ農園をやっているAngeloさんの招きを受けて初訪問。

農園に行ってみると、おじい様、おばあ様、いとこ、その子供など、一族皆さんが揃って私を待っていてくださいました。

そしてこんなケーキが登場・・・その優しさに思わずウルウル・・・

夜はメザーニェの街をお散歩。


さすが小さいけれど古代ローマ時代からある街、
中世~近世にかけてオリーブ搾油所として使われていた、古代ローマ時代の地下室などがありました。

街って、多くは円形か四角形が多いと思うのですが、メザーニェは逆さまハート型の珍しい形をしています。

Angeloのお宅で素晴らしいプーリアの伝統を見せていただきました。

それは、Angeloの奥さん、Mariettaが嫁ぐ際にもってきた、レースの数々。
プーリアでは女の子が生まれると、お祖母様かお母様がリネン類を用意する伝統があります。
こちらもおばあ様が彼女が産まれた時から、こつこつ作りためたもの。

天使の図案の大きなベッドカバーは5年の月日をかけて作られたそうです。
そうした愛のこもった贈り物の入った木の櫃をもって輿入れする・・・。
今、この櫃にはAngeloとMariettaの2人のお嬢ちゃまのためのレースが入っています。

プーリアやシチリアではまだまだイタリアの古き良き伝統が息づいています。

そしてプーリアでは、日曜日のランチは一族みんなが集まり、ゆっくりおしゃべりを楽しみながらお食事します。

Angeloの農園のシンボルツリー、樹齢1000年以上の樫の木。
この木の下にいくと、大きな翼で守られているような安心感が。
子供たちはここが大好きでいつもここで遊んでいるそうです。

手入れの行き届いたオリーブ農園。高さ10m級の大きなオリーブの木がたくさんありました。

この品種は、Celina di Nardo’といって、このプーリアの南部の土着品種。
たわわに実っていました。もうまもなく収穫です。

この地でも美味しいオリーブオイルとそれを情熱をもって作っている素晴らしい人々に出会いました。

イタリア文化会館

イタリア語コース

Share (facebook)
Filed under: オリーブ通信 — admin@iictokyo.com 10:30  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031