『イタリアは呼んでいる』G.W.日本公開

Buonasera a tutti!

今日は映画『イタリアは呼んでいる』の紹介です!

 

 

英国人中年男性ふたりがイタリアをミニクーパーで旅するバディムービー『イタリアは呼んでいる』のG.W.日本公開が決定しました。全米でたった3館の公開から、口コミとメディアからの絶賛を受け、拡大&ロングラン大ヒットを記録した話題作です。

 

サンダンス映画祭のプレミアでお披露目された後、クチコミとメディアからの(本人たちも予想外の!)大絶賛を受け、ニューヨークとL.A.でたった3館の公開が、一気に全米204館に拡大ヒット、その後14週間のロングランを記録したヒット作です。

人生の夕映えを感じ始めた英国中年男性ふたりが、ミニクーパーを駆って、美食の国イタリアの五つ星ホテルに絶景レストランを巡るという美味しい取材旅を依頼されます。美しい海と太陽、美食とワインと旅先の恋心。しかし実は、仕事も家庭も曲がり角。人生の踊り場で立ち止まっている自分たちを認めつつ、彼らが旅の終わりで出会う心のごちそうとは――?

「あなたを抱きしめる日まで」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされるなど多彩な才能を発揮するイギリス実力派俳優スティブ・クーガンと、七色の声色を駆使するイギリスを代表するコメディアンのロブ・ブライドンを主役に迎え、名匠マイケル・ウィンターボトム監督がメガホンをとった、とびきりの笑いと生きる歓びをもたらす人生賛歌の登場です。

 

[もうひとつの見どころ!!]

魂をかけた本格的モノマネ合戦!

“イタリア絶景と美食”、そして本作のもうひとつの見どころは、イギリスを代表するコメディアンであるスティーブ・クーガンとロブ・ブライドンが旅の間に繰り広げる、「007」(歴代ジェームズ・ボンド)、「ゴッドファーザー」(アル・パチーノ)、「ダーティ・ハリー」(クリント・イーストウッド)、「ダークナイトライジング」(トム・ハーディー)、ロバート・デニーロ、果てはヒュー・グラントに至るまでのイギリスコメディアン魂をかけたモノマネ合戦の数々。名画の撮影地も登場し、映画の引用から会話が進むほど映画愛にあふれ(過ぎかも?)、二人の愉快な毒舌は楽しい旅のスパイスになっていきます。旅の友は人生の友かライバルか?そして、あなたは彼らの本格的なモノマネをどのくらい発見できるのか?!リピートするとさらに楽しい映画ファンには嬉しい見どころです。

 

監督:マイケル・ウィンターボトム

出演:スティーヴ・クーガン、ロブ・ブライドン

2014 年/イギリス/108 分/ ビスタ

配給:クレストインターナショナル

 

G.W. Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

 

 

 

イタリア文化会館

イタリア留学

Share (facebook)
Filed under: イタリアイベント情報 — admin@iictokyo.com 18:11  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2022年5月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031