オリーブ通信 第14号

Buongiorno tutti!!

トリノを離れ、やってきたのは・・・

そう、シエナです。

上記がカンポ広場のマンジャの塔。

そして下がドゥオモです。

 

 

ドゥオモの床の大理石のモザイク画は素晴らしく、必見です。

通常は文化財保護のため覆いがされているのですが、年に一度、期間限定で公開されます。

 

またドゥオモの天井を見学するツアーも開催されています。

いつも見上げている天井から見下ろす、ドゥオモも新鮮です。

詳しくはシエナの観光協会にお尋ねください。

 

こちらがシエナの守護聖人、サンタ・カテリーナが祭られている、サン・ドメニコ教会。

 

シエナは筆者が6年前に語学留学した街で、特別な思い入れがあります。

ここでオリーブオイルに出会い、その後オリーブオイルを仕事にすることになったのです。

私が留学先を決めたのは、まさにイタリア文化会館の「イタリア留学フェア」。

イタリアで勉強してみようかな、と少しでも思っていらしたら、ぜひ留学フェアに足を運んでみてください。

また「イタリア留学ガイド」は大変参考になりますので、ご一読されることをお薦めします。

 

シエナは人口6万人ほどの街ですが、その郊外には美しい田園風景が広がっています。

 

le Crete Senesiといわれる、シエナ独特の粘土質の土壌が広がり、丘に広がる緑とのコントラストは絶妙です。

シエナの旧市街だけでなく、シエナの南に広がるオルチャ渓谷も世界遺産に選ばれています。

ワインで有名なモンタルチーノや、チーズで有名なピエンツァなど、魅力的な街もたくさんあり、

シエナ県がとても豊かだというのを実感します。

 

シエナ近郊でよく食べられるパスタ、ピチ。

まるで日本のうどんのようで、もちもちした麺はとてもおいしいです。

シンプルに、カーチョ エ ペーペなども美味ですし、イノシシのラグーなども最高です。

 

 

トスカーナは比較的若いオリーブの木が多いのですが、こちらは樹齢300年くらいのオリーブ。

 

トスカーナはオリーブオイルの産地としても有名ですね。

お肉のグリルや豆のスープなどにとってもよく合います。

トスカーナの美しい田園風景を思い浮かべながら味わってみてください。

 

イタリア文化会館
イタリア語講座

 

Share (facebook)
Filed under: オリーブ通信 — admin@iictokyo.com 07:28  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031