世界イタリア料理週間 TOP

JA IT

イタリアの食文化に関する書籍の紹介

会場 ホワイエ(B2F) 入場無料・要予約

協力:旭屋出版、CCCメディアハウス、世界文化社、文芸社

 イタリア料理やエノガストロノミ―(ワイン・美食)文化に関する話題の最新書籍について、著者や翻訳者が自ら紹介するトークイベントを行います。日本のみならず世界中を惹きつけるイタリアの食文化の奥深さとバラエティの豊かさについて紹介しきます。
 

1  2   3  4   5  6  

 

 

イタリアの食文化に関する書籍の紹介セミナー

各タイトルをクリックすると詳細が表示されます。

 おいしい処方箋 オリーブオイル・レシピ(北村光世)

■講師

 北村 光世 Kitamura Mitsuyo

おいしい処方箋 オリーブオイル・レシピ

■書名

 おいしい処方箋 オリーブオイル・レシピ

■講師略歴

 食文化研究家、ハーブ・オリーブオイル研究家。
 京都生まれ。19歳で渡米し、1958年から5年間アメリカの大学で学ぶ。在学中、メキシコ市に2か月間滞在し、メキシコの奥深い食文化に触れ、1963年帰国。1965年より青山学院大学文学部でスペイン語・文化を教える傍ら、海外のハーブを育て、紹介する。
 1994年、教員生活に終止符を打ち、メキシコ、地中海諸国、アジア諸国の料理をメディアで発表しながら、各国を訪れて食文化の研究を続ける。イタリアではオリーブオイルのほか、数々の長い伝統を持つスローフードと出合い、感銘を受ける。以来、鎌倉とパルマを拠点に、日本や韓国で、独自のスローフード啓蒙活動を、イベント、トークショー、著書、料理教室などを通して展開している。
https://mitsuyokita1939.wixsite.com/slowfastfood

■講演概略

アンチエイジングを実現してくれるオリーブオイルの食習慣

食文化研究家として、またハーブについて執筆、講演活動を行ってきた北村氏にとって、オリーブオイルとの出会いは、自然のなりゆきだったが、シチリアで素晴らしい生産者と出会って以来、またオリーブオイルとの付き合い方が変わっていったという。現在79歳で鎌倉とパルマを行き来し、韓国や日本全国でのスローフードの啓蒙活動もする、その活力の源はオリーブオイルを取り入れた食生活が基盤となっている。糖尿病など生活習慣病予防のために、また、アンチエイジングのために有用な食材としてオリーブオイルには年々注目が寄せられている。
 ハーブとオリーブオイルを楽しむ食生活、イタリアンからベイキングまで多彩な使い方を提案している近著の中から、特に和食に取り込むアイディアや、調理のコツについてお話します。
 オリーブオイルの知識や選び方など、当日はシチリア産オリーブオイルのテイスティングも予定しています。


日時 11月19日(月)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 「アクアパッツァ」日高良実シェフが教えるイタリア魚介料理レシピ(日髙良実)

■講師

 日髙 良実 Hidaka Yoshimi

「アクアパッツァ」日高良実シェフが教えるイタリア魚介料理レシピ

■書名

 「アクアパッツァ」日高良実シェフが教えるイタリア魚介料理レシピ

■講師略歴

 イタリア料理店オーナーシェフ。
 1957年、神戸市生まれ。調理師学校を卒業後フレンチの道に入るが、イタリアンに転向。86年イタリアに渡る。「エノテカ・ピンキオーリ」、「グアルティエーロ・マルケージ」、「ダル・ペスカトーレ」など、トップシェフに学ぶ一方、イタリアの北から南まで14軒の店で修業。「イタリア料理の魅力は郷土料理にあり」を実感する。
 帰国後、東京・乃木坂「リストランテ山﨑」の料理長に就任。その後、西麻布「アクアパッツア」オープンとともに料理長となり、日本のイタリア料理ブームを牽引。雑誌、テレビなど多くのメディアに登場する一方、日本の伝統食材のプロデュース、全国の生産者や地域食材を活性化するための活動も精力的に行っている。現在、青山リストランテ「アクアパッツァ」、横須賀「アクアマーレ」を統括、日本の豊かな食材をイタリア伝統の調理法を用いた料理を提供している。
http://acqua-pazza.jp/

■講演概略

『私とイタリア料理』
日本全国に浸透しているイタリア料理
ひとりのシェフとして、これまでの歩み、現在、そして未来。

 日髙シェフのリストランテの店名は、魚料理名である。「アクアパッツァ」とは修行時代、南イタリアで知ったシンプルかつ豪快な魚料理だ。イタリアの北から南まで、料理修業では星つき有名レストランをいくつも巡った日髙シェフだが、「これこそが自分のやりたい料理!」と天啓を受けたのがこの「アクアパッツア」の一皿との出会いだった。「イタリア料理の醍醐味は地方料理にある」。そう確信した日髙シェフが帰国した1980年代後半、東京ではイタリア料理の大ブームが巻き起ころうとしていた。さらに「地中海式ダイエット」など健康面でも追い風をうけ、魚と野菜が中心のイタリアンは我々日本人にとってより身近な料理となっていく。
 2018年春、リストランテを青山に移転し、7月には「イタリア魚介料理レシピ」を刊行、今また原点回帰と語る日髙氏が、濃密な時代を駆け抜けた調理人として大切にしてきたもの、日本とイタリアとをつなぐもの、日本各地の食材へのまなざし、自身の料理の変化やこれから挑戦してみたいことをテーマに語ります。


日時 11月20日(火)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 ジェラート教本(根岸清)

■講師

 根岸 清 Negishi Kiyoshi

ジェラート教本

■書名

 ジェラート教本

■講師略歴

 1952年、東京生まれ。ティー・ケー・サプライズ(株)(現・(株)エフ・エム・アイ ※以下FMI)に入社し、イタリアで修業。帰国後、日本ジェラート衛生協会委員及び専任講師として指導を行ない、FMIでのジェラートセミナーを開催。1994年からはミラノのバールでバリスタの修業をし、帰国後FMI の専任講師としてエスプレッソコーヒーセミナーを開催。日本バリスタ協会(JBA)理事・認定委員、日本スペシャルティーコーヒー協会(SCAJ)バリスタ委員、日本ジェラート協会(AGG)グランドマイスターとして認定指導を行う。
2015年6月にIGCC(Italian Gelato&Caffé Consulting /個人事業主)として独立。現在も積極的に海外の情報を収集分析し、セミナーや指導を行っている。

■講演概略

この本(ジェラート教本)では、私が長年積み重ねてきたジェラートの知識やレシピを公開しました。そのベースである、私とイタリアとの関わり、イタリアで学んだジェラートの歴史や文化(他国の氷菓との違い、イタリアジェラートならではの魅力や特異性など)を始め、イタリアジェラートの今昔、日本でジェラート文化を広めたいと思ったきっかけやレシピ作りで大変だったことなどを、今回のセミナーでお話ししたいと思います。


日時 11月21日(水)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 最新基本イタリアワイン増補改訂第4版(林 茂)

■講師

 林 茂 Hayashi Shigeru

基本イタリアワイン

■書名

 最新 基本イタリアワイン 増補改訂第4版

■講師略歴

 1978年サントリー入社。1982年以降合計13年間イタリアに駐在。2005年コンサルティング株式会社SOLOITALIA設立。1995年イタリアで日本人として初めてイタリアソムリエ協会(AIS)認定ソムリエ資格を取得。『最新基本イタリアワイン』他著書多数。

■講演概略

 1996年に、TBSブリタニカ社からワインの専門書「基本イタリアワイン」を出版させて頂いてから今年で22年になります。この本を書いた当時、日本には、イタリアワインを体系的にまとめた本がありませんでした。イタリアワインを学ぶにあたって自分が苦労した点、分かりにくかった点を中心に書いたものです。今回は、この本の増補改訂第4版です。
 DOCGやDOCの規定の更新のみならず、イタリア各地の情報や和食とイタリアワインの相性などの項を300ページ以上追加し、900ページの本になりました。
 セミナーでは、この本を中心にイタリアワインの全体像を分かりやすく解説するとともに、近年のイタリアワインおよび生産者の傾向、方向性などについてもお話させて頂きたいと思います。


日時 11月23日(金)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 プーリアの太陽 南イタリアで叶えた夢(濱田 幸子)

■講師

 濱田幸子 Hamada Sachiko

プーリアの太陽

■書名

 プーリアの太陽 南イタリアで叶えた夢

■講師略歴

 イタリアでコックになる夢を抱き渡伊。プーリア州にある美食の街、チェリエ・メッサーピカの老舗レストランにて修行。郷土に根付くプーリア料理の真髄を学ぶ。食を通じて、プーリア好きの和を広げる一翼を担う活動を展開。

■講演概略

 樹齢千年を超えるオリーブの古木と出逢えるプーリア州は、豊かな自然の恵みにあふれています。春の訪れには、日本の桜のようにアーモンドの花が咲き乱れ、夏には灼熱の太陽の光でパスタの聖地、麦畑は黄金色に輝きます・・・。手を伸ばしたくなる青い空とエメラルドブルーの海に心を癒され、生きる豊かさを感じていくのです。食卓には採れたての力強い地元の食材、郷土料理が笑顔と共に満ちている、まさに食の宝庫がプーリアなのです。そこにある食の魅力に迫ります。


日時 11月25日(日)16:30~17:30
参加ご希望の方は予約専用ホームページよりお申し込みください。

 

▲トップに戻る

 

 BACK


アクセス

MAP

イタリア文化会館 東京

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線
「九段下」駅下車徒歩10分
※駐車場はありませんので、車での来館はご遠慮ください。