イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

「ストルネッロからラップまで」

イベント終了日:2015年01月19日(月)
_MRM4194.jpgエレナ・ボネッリ レクチャー

エレナ・ボネッリが、ローマとナポリのカンツォーネがどのように変遷してきたかを語ります。
ナポリのカンツォーネは19世紀から広く普及していましたが、ローマのカンツォーネは、その詩的美しさ、表現の豊かさにもかかわらず、それほど知られていませんでした。
ボネッリはレクチャーで、カンツォーネの歴史をたどるなかで、その理由を説明します。またその考察は、ボネッリが、短い民謡「ストルネッロ」の現代の形と考えるラップにまでいたります。

日伊同時通訳付

お申し込み:件名を「1月19日レクチャー」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


エレナ・ボネッリ Elena Bonelli
歌手、女優。ジジ・プロイエッティに師事する。ガブリエッラ・フェッリ(1970年代に活躍したポップス歌手)以降、衰退していたローマのカンツォーネを復活させた。世界各地で演奏会を行い、その数は130の国と地域に及ぶ。
「イタリアの卓越性を伝える親善大使」としてさまざまなプロジェクトに参加しており、2000年に当時のチャンピ大統領に、国歌を広める提案をし認められる。
C.リッツァーニ(演出家)、S.バルドッティ(芸術監督)、P.カルーソ(編曲家)とともに立ち上げた企画“Roma in the world”によって、ローマのカンツォーネを再評価し広める活動をしている。今回日本で公演する“Roma is Music”は最新作である。


インフォメーション

日程: 2015年1月19日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< 講演会 オペラの巨匠アルベルト・ゼッダ、ロッシーニと《ランスへの旅》を語る | トップ | 上映会「女の国 母として統べる」 >>