イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ノックス -  ヤコポ・バボーニ・スキリンジ コンサート

イベント終了日:2015年10月26日(月)
ノックス
ヤコポ・バボーニ・スキリンジ コンサート

1
「ノックス」は、ソプラノ、メゾソプラノ、ライブコンピューターのために作られた4部からなる作品です。「ノックス」とは夜を意味するラテン語で、物質の段階的な消失と 夜にインスピレーションを得て作曲されました。歌詞は旧約聖書の伝道の書から引用されていて、音質がその歌詞にきわめて適していることからラテン語が使わ れています。また、ライブコンピューターとは、歌手の声を機器に取り込み、変化させる作曲方法で、空間に広がる音と声の相互作用によって、さまざまな音響 効果が生み出されます。

お申し込み:件名を「10月26コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


【プロフィール】
Jacopo Baboni Schilingi ヤコポ・バボーニ・スキリンジ 作曲家
1971年ミラノ生まれ。パリ在 住。ソロ、アンサンブル、オーケストラのための音楽のほか、インスタレーション、映画音楽もてがける。主要な国際フェスティバルに参加。関心は音楽にとど まらず、ビデオアーティストや彫刻家、映画監督、建築家、詩人とコラボレーションするとともに、作曲を講じている。その作品は世界各地で演奏されている。

Tamara Nour Bounazou, soprano タマラ・ヌール・ブナズー ソプラノ
1994年フランス生まれ。アルジェリア系フランス人。5歳の時、フランス東部ドゥー県の町、モンベリアルで歌を習い始める。2014年にクロディーヌ・ビュノーに師事しディプロマ取得。現在、リヨン国立音楽院で研鑚を積んでいる。今までフランス、イタリア、イギリス、中国、アメリカで歌った経験をもつ。

Axelle Saint-Cirel, mezzosoprano アクセル・サン・シレル メゾソプラノ
1995年フランス生まれ。モンベ リアル音楽院でイザベル・ジョスト、マリー・テレーズ・ケレールに師事。クラシック音楽だけでなく、ジャズ、古典音楽、グレゴリア聖歌のほか、ダンスにも 関心をもつ。リュシール・グレトリ作曲のオペラ「アントニオの結婚」のテレーザ役でオペラデビューした。

インフォメーション
日程: 2015年10月26日
時間: 18時30分(18開場)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< NO JUSTICE WITHOUT LIFE - いのちなきところ正義なし | トップ | イタリアの現代音楽 新しい潮流 - ヤコポ・バボーニ・スキリンジ 講演会 >>