イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

世俗の愛、神の愛

イベント終了日:2015年10月29日(木)
201510160500coro.jpg「愛」は、世界のいたる所でもっとも頻繁に使われている言葉でしょう。聖なる愛と俗なる愛。愛は表現するのがひじょうに難しい感情であり、また文学、音楽、美術でもっともよく扱われているテーマです。本公演では、宮廷楽長、作曲家、宗教人として生涯を教会に捧げたパレストリーナやバンキエーリの作品や、ヴェルディやロッシーニのオペラ、人間への愛を表現したアリエル・ラミレスの作品を取り上げます。

カンティクム・ノヴム合唱団

G.P. ダ・パレストリーナ (1525-1594)
“Missa Aeterna Christi munera”よりKyrie, Gloria

A. スカルラッティ (1660-1725)Exultate Deo

A. バンキエーリ (1568-1634)
Capricciata e contrappunto bestiale alla mente

カンティクム・ノヴム オーケストラ&B.A.M.P.

G. ヴェルディ (1813-1901)
歌劇「ナブッコ」より 行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って

G. ロッシーニ (1792-1868)
歌劇「エジプトのモーゼ」より 汝の星をちりばめた王座

A. ラミレス (1921-2010)

“Misa Criolla” Kyrie, Gloria, Credo, Sanctus, Agnus Dei
“Navidad Nuestra”より La Peregrinacion, Los Reyes Magos

お申し込み:件名を「10月29コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

カンティクム・ノヴム合唱団

ファビオ・チョフィーニ 指揮
パオロ・マチェドニオ ヴォーカル、ギター、チャランゴ
アンナ・アウリージ ヴォーカル
ファビオ・チェッカレッリ フルート
ダニエラ・スカレッティ ピアノ
ヴィンチェンツォ・リトリポージ コントラバス
B.A.M.P. 打楽器 サブリーナ・バカーロ、アンジェラ・フッチ、ルーカ・グレゴーリ、マリアンジェラ・ペッリチェッリ、キアラ・トマッシーニ

Fabio Ciofini ファビオ・チョフィーニ
ペルージャ音楽院でオルガン、ピアノ、フォルテピアノをそれぞれW.デ・ポル、M.F.スパヴェンティ、C.ヴェネリに師事する。またフィエゾレ音楽学校でA.フェーディのもとでクラヴィチェンバロを学ぶ。その後、アムステルダム音楽院でJ.ファン・オールトメルセンに師事しオルガンを学び、1999年にバロック音楽の修士号をとる。1995年、コッレシーポリ(テルニ市)にあるサンタ・マリア・マッジョーレ教会のパイプオルガン(1678年W.ヘルマンス製作)奏者に任命される。イタリア、ヨーロッパ諸国、アメリカで演奏会を行うほか、マスタークラスも開いている。またルフトハンザ・フェスティバル、ユトレヒト古典音楽祭、ヴァンター・バロック・フェスティバル、アトランティック・フェスティバルなど古典音楽の主要なフェスティバルに招聘される。また指揮者としても活躍している。ミラノのボッテーガ・ディスカンティカ、シアトルのロフト・レコーディングス、アムステルダムのブリリアント・クラシックスからCDをリリース。ヘルマンス・アカデミーで指揮者を務め、E.ガッティ(ヴァイオリン)、R.インヴェルニッツィ(ソプラノ)、B.ファン・オールト(フォルテピアノ)などと共演する。ファン・オールトとはW.A.モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、第21番を録音。音楽誌で高い評価を得る。テルニ音楽院で古典音楽の鍵盤楽器を教えている。2010年からソロメオ(ペルージャ県)にあるブルネッロ&フェデリカ・クチネッリ財団の芸術監督を務める。
Il coro Canticum Novum カンティクム・ノヴム合唱団
1986年創立。1994年よりファビオ・チョフィーニが指揮者を務める。レパートリーは、伝統的でよく知られた無伴奏作品のほか、オーケストラと合唱のための作品、オペラなど多岐にわたる。W.A.モーツァルトの作品については、若い頃の作品から「レクイエム」や「戴冠ミサ」といった後年の作品まで取り上げている。さまざまな合唱のフェスティバルに参加するとともに、ドイツ、フランス、ハンガリー、チェコ、ポーランド、ギリシャで公演を行う。ギリシャでは2007年から2009年までイタリア大使館と協力してカリタスのために活動を行う。1999年よりヴィッラ・ソロメイ・フェスティバルを主催。年々、観客、批評家からの評価も高まっており、イタリア内外の多くのファンを魅了している。


インフォメーション

日程: 2015年10月29日
時間: 18時30分(18開場)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
<< イタリアの現代音楽 新しい潮流 - ヤコポ・バボーニ・スキリンジ 講演会 | トップ | Linguaggiando in Italiano. Nuove teorie e ambienti di apprendimento delle lingue >>