イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

オマール・フラヴィオ・カレッドゥ(チェロ)&ロベルト・サッタ(ピアノ)コンサート

イベント終了日:2016年02月09日(火)
aオマール・フラヴィオ・カレッドゥ(チェロ)&ロベルト・サッタ(ピアノ)コンサート

プログラム:
バルダッサーレ・ガルッピ (1706-1785) 
ピアノソナタ変ロ長調   
ジュゼッペ・サルティ (1729-1802)  
ソナタ ニ長調
ドメニコ・チマローザ (1749-1801)   
ソナタ 変ロ長調


ジョアキーノ・ロッシーニ (1792-1868)    
老いのいたずら「すばしこい子どもたちのためのアルバム」
ルイジ・ボッケリーニ (1743-1805)    
チェロソナタ ヘ長調G.1
ルイジ・ボッケリーニ (1743-1805)    
チェロソナタ ト長調G.5

オマール・フラヴィオ・カレッドゥ  チェロ
ロベルト・サッタ  ピアノ

お申し込み:件名を「2月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


オマール・フラヴィオ・カレッドゥ  チェロ
Omar Flavio Careddu, violoncello
L.フィオレンティーニに師事し、ボルツァーノのモンテヴェルディ音楽院を卒業する。同音楽院ではチェロの教授法でも学位を取る。またトレントのボンポルティ音楽院でソロ奏者のための2年制コースを1年で修め、修士号取得。その後3年間、アメリカのチェロ奏者、D.マゲンダンツの指導のもと研鑚を積み、2010年夏には、M.スカノのコースを受ける。これまで世界各地で演奏し、CD/DVDを7枚リリース。ラジオやテレビにも出演している。現在はボルツァーノに在住。アルト・アディジェ地方をはじめ、イタリア内外の音楽活動に参加している。トレント・オーケストラとボエーム・オーケストラの首席チェロ奏者。またボルツァーノ音楽院で教鞭を執っている。


ロベルト・サッタ  ピアノ
Roberto Satta, pianoforte
1970年ファエンツァ生まれ。G.カルディーニに師事し、フィレンツェのケルビーニ音楽院を卒業する。K.モルスキ、A.ヤシンスキの指導のもと研鑚を積む。パルマのボイート音楽院のチェンバロコース、またボローニャ大学DAMSでも学位を取得。ソリスト、室内楽奏者としてイタリア内外で活動している。メンバーとして参加した室内楽団が、イタリア国内の第6回D.クラヴィータコンクールと1997年のモンテスクードコンクールで第1位となる。ソリストとしては、室内楽団「T.トラエッタ」をはじめ多くの楽団と共演している。ラジオやテレビの出演多数。G.サルティのソナタ集を監修した。イタリア国内の数々のコンクールで審査員を務める。かつて、チェゼーナの音楽学校で教鞭を執り、現在はボルツァーノでピアノを教えている。



インフォメーション
日程: 2016年2月9日
時間: 18時30分(開場18時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< アンドレア・バッティストーニ講演会 | トップ | ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016 >>