イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

日伊国交150周年 日本及びイタリアにおける過去・現在のビジネス法

イベント終了日:2016年10月26日(水)

日伊国交150周年 日本及びイタリアにおける過去・現在のビジネス法

<プログラム>
(日英同時通訳付)
10:30 開会挨拶

午前の部:日伊修好通商条約及びイタリア、日本における商法の発展

10:50 日伊修好通商条約
ベルテッリ・ジュリオ・アントニオ(大阪大学教授)
「未知なる世界と交渉して—1866年の日伊修好通商条約とその歴史的意義」
太田 昭子(慶應義塾大学教授)
「岩倉使節団とイタリア」

11:40 質疑応答

11:55 日本・イタリアにおける商法の発展
鈴木 千佳子(慶應義塾大学教授)
「日本会社法の改正のあゆみ」
ジョルジ・マルコ(ローマ・トル・ヴェルガータ大学講師)
「イタリアの商法と会社法—独自性,交雑,移植の歴史」

12:45 質疑応答

13:00 休憩

午後の部:ビジネス法における現代の問題

14:30 M&AについてのQ&A――日本・イタリアにおける非公開企業の買収に関して
末岡 晶子(弁護士, 森・濱田松本法律事務所(東京))
「日本法律実務家の経験」
ビアンキ・ステファノ(弁護士, パヴィア・エ・アンサルド法律事務所(ミラノ))
「イタリア法律実務家の経験」
司会:ヴィッラ・アドリアーノ(弁護士, パヴィア・エ・アンサルド法律事務所(東京・ミラノ))

15:45 質疑応答

16:00 イタリア及びヨーロッパにおけるM&A
大久保 功(GCA株式会社マネージングディレクター)
「イタリア及びヨーロッパにおけるM&A-日本的視点」

16:25 討論及び閉会挨拶

17:00 閉会
*閉会後に懇親会を予定しています。

<お申し込み方法>
件名を「10月26 日シンポジウム」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

<お問い合せ>
イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線 29, 13)

・主催:日伊比較法研究会(AIGDC)、イタリア文化会館、イタリア国立東方学研究所、パヴィア・エ・アンサルド法律事務所(東京オフィス・ミラノオフィス)
・後援:駐日イタリア大使館、イタリア大使館 貿易促進部、在日イタリア商工会議所、慶應義塾大学法学部

<インフォメーション>
・開催日:2016 年 10月 26 日10:30 ~17:00
・入 場: 無料
・会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
<< 講演会 フェデリコ・フェリーニ『8 1/2』 スケッチで見る誕生の軌跡 | トップ | 2016年『第16回世界イタリア語週間』 >>