イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

フランチェスコ・カフィーソ(アルト・サックス)&マウロ・スキアヴォーネ(ピアノ)デュオコンサート

イベント終了日:2018年03月15日(木)
img723_cafiso.jpg9歳で演奏活動を始めてから世界のジャズシーンに衝撃を与え続ける天才アルト・サックス奏者、フランチェスコ・カフィーソ。美しいサウンドと歌うように奏でる音色に、マウロ・スキアヴォーネの上品でモダンなメロディーラインが響き合います。独自の世界を創り上げるふたりの感性が共鳴する極上のライブをお楽しみください。

お申し込み方法:ここをクリックしてください。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

フランチェスコ・カフィーソ Francesco Cafiso
1989年ヴィットリア(シチリア)生まれ。9歳にして演奏活動を始める。2002年、ペスカーラ・ジャズフェスティバルで、アメリカのトランペット奏者ウィントン・マルサリスと出会う。翌年、マルサリスのツアーに参加したことをきっかけに、世界的にその名を知られるようになる。2005年、日本のスィングジャーナル誌が新進気鋭の外国人ミュージシャンに与える「ニュー・スター・アワード」を受賞。また、イタリアの音楽誌Musica Jazzでも最優秀新人賞をとる。2015年、3というタイトルの作品を発表。これは、構成や興趣の異なる3つのアルバムLa banda, Contemplation, 20 Cents Per Noteからなり、カフィーソは作曲、編曲、演奏を手がけている。
www.francescocafisomusic.com/

マウロ・スキアヴォーネ Mauro Schiavone
1975年パレルモ生まれ。パレルモ国立音楽院ピアノ科およびトラパニ国立音楽院作曲科修了。フランチェスコ・カフィーソとは2013年から共演している。ジャズ、クラシックで作曲家、演奏家として活躍。パレルモ国立音楽院で教鞭を執る。ソロアルバムにUfo(2013)などがある。www.mauroschiavone.com/


インフォメーション
開催日: 2018 年 3月 15 日
時間: 18:30 20:00
主催 : イタリア文化会館
協力 : New Age Productions, ブルガリジャパン株式会社
入場 : 無料
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< メッゾトーノ コンサート | トップ | イタリア語・イタリア文化コース オープン・デイ >>