イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

フラヴィオ・ナーティ ギターコンサート

イベント終了日:2018年12月05日(水)

Foto_02.jpg

気鋭の若手ギタリスト、フラヴィオ・ナーティが、19世紀、20世紀のギター音楽の傑作から、日本、イタリア、スペイン、イギリスの作曲家の作品を取り上げて演奏します。演奏会は、ギターをこよなく愛した武満徹の最後の作品「森のなかで」で幕を開け、イタリア・ロマン派の作曲家、ニコロ・パガニーニとジュリオ・レゴンディの作品が続きます。その後のフリアン・アルカスは、19世紀にスペインで活躍したギタリスト、作曲家ですが、本公演での演奏曲は実にイタリア的です。公演を締めくくるのは、20世紀後半のギター音楽の傑作のひとつとされるベンジャミン・ブリテンの「ノクターナル」です。16世紀の作曲家で英国王室のリュート奏者であったジョン・ダウランドの歌曲「来たれ、深き眠りよ」が主題となっている作品です。

プログラム

武満 徹
森のなかで-ギターのための3つの小品(1995)
ウェインスコット・ポンド-コーネリア・フォスの絵画から-
ローズデール
ミュアー・ウッズ


ニコロ・パガニーニ
ギター・ソナタ M.S.84 より

ジュリオ・レゴンディ 
練習曲第4番
アリアと変奏第1番 Op.21


フリアン・アルカス
「椿姫」の主題による幻想曲

ベンジャミン・ブリテン 
ノクターナル Op.70


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it 

フラヴィオ・ナーティ ギター
Flavio Nati, chitarra

Foto_01_350.jpg

1990年ローマ生まれ。アルトゥーロ・タッリーニ、カルロ・マルキョーネ、オスカー・ギリア、ジュリアーノ・バレストラなどに師事。同地サンタ・チェチーリア国立音楽院でディプロマを取得。オランダのマーストリヒト音楽院でも学び、卒業する。イタリア国内外で演奏を行っており、2017年には東京でも演奏した。コンクールでの受賞多数。テレビやラジオ番組にも出演している。

〈インフォメーション〉
開催日: 2018年12月05日
時 間: 18:30
主 催: イタリア文化会館
入 場: 無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< ミュオグラファーズコンサート | トップ | 第三回「須賀敦子翻訳賞」授賞式 >>