イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

第三回「須賀敦子翻訳賞」授賞式

イベント終了日:2018年12月07日(金)

che_cose_la_filosofia.jpg

「須賀敦子翻訳賞」は1988年に創設、2007年に中断された「ピーコ・デッラ・ミランドラ賞」の後継として2014年に新設され、イタリア語の著作の優れた日本語への翻訳を評価、広く紹介することを目的とし、隔年で開催しています。去る10月25日、イタリア文化会館において、Silvio Vita、岡田温司、木村榮一、柴田元幸、和田忠彦(委員長)の5氏からなる選考委員会が開かれ、第三回須賀敦子翻訳賞授賞作品が決定いたしました。

授賞作品 上村忠男訳『哲学とはなにか』(ジョルジョ・アガンベン著、みすず書房、2017年1月刊)

授賞式を12月7日(金)18時30分からイタリア文化会館にて行います。
また授賞式終了後、受賞者を囲んで懇親会を行います。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: biblioteca.iictokyo@esteri.it
Tel.03-3264-6011(内線23, 15)

受賞者略歴
上村忠男(うえむら ただお)
foto1_prof._uemura.jpg
(妻・千賀子と二人で、サンクトペテルブルク、ペテルゴフ宮殿にて、
2013年6月撮影)


1941年兵庫県尼崎市に生まれる。1968年東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)修士課程修了。1975〜2004年東京外国語大学教員。現在、東京外国語大学名誉教授。学問論・思想史専攻。

<インフォメーション>

開催日: 2018 年 12月 07 日
時 間: 18:30
入 場: 無料
会 場:イタリア文化会館
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 出版▲トップ
<< フラヴィオ・ナーティ ギターコンサート | トップ | イタリアと日本 地政学資料図展 >>