イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

マルコ・ムッソ&ダヴィデ・ジョヴァンニ・トマーズィ ギターコンサート「イタリアにおけるギター音楽 古典から20世紀の音楽まで」

イベント終了日:2019年04月05日(金)

0405_Musso_Tomasi_(c) Andrej Grilc-801.jpg

ムッソとトマーズィは、本演奏会で、イタリアにおけるクラシックギターの歴史を辿ります。演奏会は、19世紀初頭のウィーンで活躍したクラシックギターのヴィルトゥオーゾのひとりで、古典派の作曲家でもあったマウロ・ジュリアーニの作品で幕を開けます。その後、子どもの頃フランツ・リストとともに演奏し、神童と目されたギタリストで作曲家のジュリオ・レゴンディの作品が続きます。3曲目は、ヨハン・セバスティアン・バッハの「平均律クラヴィーア曲集」から、ムッソとトマーズィの編曲で、3つの前奏曲とフーガを演奏します。プログラムの最後は、バッハのこの作品に着想を得て作られたとされ、また、20世紀ギター曲の傑作のひとつと言われるマリオ・カステルヌオーヴォ・テデスコの24の前奏曲とフーガから成る「平均律ギター曲集」です。

プログラム

マウロ・ジュリアーニ(1781 - 1829)
大序曲Op.61
演奏:マルコ・ムッソ

ジュリオ・レゴンディ(1822 – 1872)
10の練習曲より4曲
序奏とカプリスOp.23
演奏:ダヴィデ・ジョヴァンニ・トマーズィ

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685 – 1750)
平均律クラヴィーア曲集より3つの前奏曲とフーガ
*トマーズィ&ムッソ編曲
演奏:トマーズィ&ムッソ

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895 – 1968)
平均律ギター曲集Op.199より3つの前奏曲とフーガ
演奏:トマーズィ&ムッソ


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it

0405_Musso_Tomasi_(c) Andrej Grilc-800.jpg

マルコ・ムッソ ギター
Marco Musso, chitarra

1992年生まれ。イタリア国内外のギターコンクールで数々の賞を受賞し、脚光を浴びる。これまで、ヨーロッパ諸国のほか、アメリカ、日本、メキシコで演奏する。2015年、ヨーロッパの主要フェスティバルのひとつであるポルトグルアーロ・クラシック音楽国際フェスティバルに招聘され、ストラヴィンスキーのエボニー協奏曲を、E.ブロンツィ、R.プラーノ、A.カルボナーレなど著名な演奏家と共演する。
www.marcomusso.com

ダヴィデ・ジョヴァンニ・トマーズィ ギター
Davide Giovanni Tomasi, chitarra

ミュンヘン国際音楽コンクール2位(1位なし)、第59回東京国際ギターコンクール1位、アレッサンドリア国際ギターコンクール新人賞など、国際コンクールにて25以上の受賞歴をもつ。ソリストとして世界の主要オーケストラと共演しており、また、トマーズィの演奏はRadio France, BR Klassik, Hessische Rundfunk, Radio Vaticanaで収録されている。2016年より、弦楽器の弦のメーカー、ダダリオ社からの協賛を得ている。2019-2020シーズンは、ヨーロッパ諸国、日本、南米で演奏会を行い、またマルコ・ムッソとともにウィーン・コンツェルトハウスで初めて演奏する予定である。
www.davidegiovannitomasi.com

<インフォメーション>
開催日: 2019年04月05日
時 間: 18:30
主 催: イタリア文化会館
入 場: 無料
会 場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
<< Sanremo Giovani World Tour 2019 サンレモ音楽祭新人部門受賞アーティスト東京公演 | トップ | ジュゼッペ・バッシ「アトミック・ベース」カルテット ジャズコンサート >>