イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ドキュメンタリー上映会「すべてかすかに残るならータブッキの足跡をたどって」

イベント終了日:2019年03月29日(金)

Lisbona_Rua_Monte_Olivete_350.jpg

*第11回イタリアブックフェア関連企画
アントニオ・タブッキ(1943-2012)は、現代イタリアを代表する作家で、その作品は多くの言語に翻訳され、世界各国で広く読まれています。タブッキは小説の執筆に加え、フェルナンド・ペソア作品の多くをイタリア語に翻訳しました。また、タブッキの作品「インド夜想曲」、「供述によるとペレイラは…」、「レクイエム」を原作とした映画も撮られています。さらに、シエナ・ジェノヴァ・ボローニャの大学で教鞭を執るなど、時代を象徴する文化人のひとりでした。
没後6年の2018年、タブッキの足跡を辿るドキュメンタリーが制作され、この度、日本語字幕付で上映することとなりました。本作品は、家族や友人といった身近な人たちのほか、同僚や仕事の関係者などがタブッキについて語った証言からなっており、その人となりや創作活動、作品の魅力を観る者に伝えています。
なお、上映に先立ち、東京大学大学院総合文化研究科教授 村松真理子(イタリア文学者)氏による解説があります(日本語のみ、約20分)。

すべてかすかに残るなら
タブッキの足跡をたどって
Se di tutto resta un poco.
Sulle tracce di Antonio Tabucchi
監督:ディエゴ・ペルッチ
製作会社:Echivisivi, Dottor Cardoso
2018年, イタリア, 56分
イタリア語、フランス語(日本語字幕付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it

<インフォメーション>
開催日: 2019年3月29日
時 間: 18:30
主 催: イタリア文化会館
入 場: 無料
会 場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
<< 第3回イタリアン・デザイン・デー: 講演&対談 「未来の都市をデザインする ミラノと東京-大型イベントと新しい都市ビジョン」 | トップ | Sanremo Giovani World Tour 2019 サンレモ音楽祭新人部門受賞アーティスト東京公演 >>