イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

フェデリコ・フェリーニ生誕100周年記念 『8 1/2』特別上映会

イベント終了日:2020年01月20日(月)

【はっかにぶんのいち】メイン画像piccolo.jpg

2020年は、イタリアが生んだ偉大な映画監督、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993)の生誕100周年にあたります。1950年の『寄席の脚光』以降、40年にわたって『道』『カビリアの夜』『甘い生活』といった名作を手掛けたフェリーニ。その独創的な作品群は映画のみならず、音楽、絵画、舞台、写真といったあらゆるアートに多大な影響を及ぼしました。2020年は、フェリーニ生誕100周年を記念し、GWに開催する「イタリア映画祭2020」では監督作の上映を、また7月にはYEBISU GARDEN CINEMAにて代表作を網羅した特集上映が開催される予定です。この「フェリーニ・イヤー」の皮切りとして、誕生日の1月20日に彼のフィルモグラフィーの中でも特に人気の高い『8 1/2』を上映します(日本語字幕付)。

『8 1/2』 1963年/イタリア/モノクロ/138分
映画監督のグイドは、新作の構想を練るため温泉地へとやってくるが、一向に作業がはかどらない。次第に彼は過去と現在、現実と幻想の垣根を飛び越えていき……。盟友、マルチェロ・マストロヤンニがグイドに扮し、めくるめく映像世界が繰り広げられるフェリーニの代表作。アカデミー賞外国語映画賞を受賞。

お申し込み: こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it

フェデリコ・フェリーニ
Federico Fellini

(1920-1993)
fellini piccola.jpg

リミニ生まれ。高校卒業後に新聞社に勤務、風刺画や雑文を書く。ロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』(1945)の脚本を担当し、1950年の『寄席の脚光』で監督デビュー(共同監督)。監督3作目の『青春群像』(1953)がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。続く『道』(1954)が世界中で大ヒットを記録、国際的に名声を確立。その後も新作を発表するごとに大きな注目を浴び、4度のアカデミー賞外国語賞を得たほか、『甘い生活』(1960)でカンヌ国際映画祭パルムドールを獲得。1992年アカデミー賞名誉賞受賞。

<インフォメーション>
開催日:2020年1月20日
時 間:18:30
主 催:マーメイドフィルム、イタリア文化会館
協 力:コピアポア・フィルム、ザジフィルムズ
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 
1 / 1