イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

アンサンブル・アルチペラゴ コンサート「最後の言葉」

イベント終了日:2018年12月15日(土)

実力派イタリア人作曲家ヴァレリオ・サンニカンドロを中心に、青木涼子と、この度誕生するアンサンブル・アルチペラゴが、イタリアと日本人作曲家の日本/世界初演を含む作品を演奏します。

プログラム

プロローグ
ルチャーノ・ベリオ セクエンツァⅤ

第一部
馬場 法子 ハゴロモ・スイート
ヴァレリオ・サンニカンドロ Last Words 【世界初演】

第二部
フェデリコ・ガルデッラ Nebbiae 【日本初演】
福井 とも子 Sinfonia concertante da camera II
ヴァレリオ・サンニカンドロ Odi di Levante 【日本初演】


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it

アンサンブル・アルチペラゴ 
Ensemble Arcipelago

ヴァレリオ・サンニカンドロ (指揮)
青木 涼子(能)
多久 潤一朗(フルート)
菊地 秀夫(クラリネット)
村田 厚生(トロンボーン)
中村 和枝(ピアノ)
辺見 康孝(ヴァイオリン)
亀井 庸州(ヴァイオリン)
安田 貴裕(ヴィオラ)
多井 智紀(チェロ)

ヴァレリオ・サンニカンドロ
Valerio Sannicandro

Sannicandro 3.jpg

1971年イタリア生まれ。ヴィオラと作曲を学び、1995年にヴィオラでディプロマを取得後、ドイツへ移る。作曲をヨーク・ヘラー、ハンス・ツェンダーに、指揮をペーテル・エトヴェシュに師事。またフランス国立音響音楽研究所 IRCAM にてコンピュータ・ミュージックの研鑽を積み、作曲をエマヌエル・ヌネスに師事。2000 年ダルムシュタット国際現代音楽祭にてクラーニヒシュタイナー賞受賞。2年後講師として同音楽祭に招聘される。2002年ミュンヘンにてムジカ・ヴィヴァ賞受賞。IRCAMに研究の場を移し、ポンピドゥー・センター設立 20 周年記念作品の委嘱を受ける。その後 SWR 実験スタジオ(ドイツ、フライブルグ)や ZKM(アート&メディアセンター、ドイツ、カールスルーエ)にて活動。2010年ヴィラ九条山(京都)、2014年アメリカン・アカデミー(ローマ)など、多くのアーティスト・レジデンス滞在歴を持ち、ヨーロッパでも近年多くの作品が上演されている。ベルリン工科大学にて音楽学博士号取得、論文テーマは「空間、音楽と音の立体化」。2014年クラウディオ・アバド作曲コンクールにて第1位受賞。

フェデリコ・ガルデッラ
Federico Gardella

Federico Gardella.jpg

1979年生まれ。ミラノ音楽院でピアノのディプロマを取得。ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院およびシエナ・キジャーナ音楽院で作曲を学ぶ。ロワイヨーモン財団(フランス)のアーティスト・イン・レジデンスに参加。ローマのアメリカン・アカデミーのフェローとなる。2012年、武満徹作曲賞第1位。2014年、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場のUna vita nella musica賞特別賞を受賞。作品はミラノのSuvini Zerboni社より出版されている。

馬場 法子
Baba Noriko

BABA Noriko.JPG

東京芸術大学卒、同大学院修了。パリ国立高等音楽院作曲科を最優秀で卒業。2003年度IRCAM研究員。Akademie schloss solitudeのアーティスト・イン・レジデンスに招聘され1年滞在。フランス教育省芸術家派遣に選出されCasa de Velazquezに会員として2年滞在、フランス外務省のアーティスト・イン・レジデンス「ヴィラ九条山」派遣に日本人として初めて選出され京都に滞在する。日本音楽コンクール2位、フランス学士院Georges Wildenstein賞、武生国際作曲賞受賞。 作品は様々な音楽祭で委嘱・演奏されている。アンテルコンタンポランによる「Pororoca」はミシェル・フォランにより撮影され、ARTEにて放映されている。

福井 とも子
Fukui Tomoko

Fukui_Tomoko.JPG

これまでダルムシュタット国際夏期現代音楽講習会、ベルリンメルツムジーク、エクラ音楽祭シュ トゥットガルト、アルスムジカ音楽祭、ヴェネツィアビエンナーレ、メルボルン国際音楽祭、武生 国際音楽祭、秋吉台国際20世紀音楽セミナー&フェスティバル、香港ムジカラマ音楽祭、ソウ ル・パンムジークフェスティバル等々から招待や委嘱を受ける。ISCM世界音楽の日々/香港大会 (2002)、同クロアチア大会(2005)、同オーストリア・スロバキア大会(2013)に入選等。作品 は、アルディッティ弦楽四重奏団、クラングフォーラムウィーン、SWRシュトゥットガルトヴォー カルアンサンブル、アンサンブル・ルシェルシュ等によって演奏されている。 作曲活動に加えて、自ら主宰する現代音楽演奏集団next mushroom promotion(第5回佐治敬三賞受賞)の活動や、数々の演奏会の企画を行う。海外との交流も積極的に行なっている。

<インフォメーション>
開催日: 2018年12月15日
時 間: 16:00
主 催: イタリア文化会館
協 力: Edizioni Suvini-Zerboni, Paradise Air
入 場: 無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 
1 / 1