イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

新井白石とジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ

イベント終了日:2014年12月01日(月)
1.jpg日本における歴史学と地理学の原点

シチリア出身の宣教師ジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ没後300年を記念して、本講演では新井白石(1657-1725)のとシドティ(1668-1715)のふたりについてとりあげます。ふたりの出会いだけではなく、イタリアと日本、二つの文化の対話として、詳細に検討します。 新井白石の『西洋紀聞』を資料として、主にその記述から検証を試みます。シドティとはいかなる人物なのか? 白石とは誰なのか? 文化の媒介者としてこのふたりが伝えるメッセージとは何か?無知の衝突なのか? 文明の出会いなのか?

言語:日本語のみ

お申し込み、お問い合わせ:イタリア文化会館
℡.03-3264-6011(内線13、29) e-mail: eventi.iictokyo@esteri.it
お申し込み:件名を「12月1日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

ピノ・マラス

1940年、サルデェーニャ州サッサリ県ヌルヴィ生まれ。ウルバニアナ大学、グレゴリアナ大学、ローマ国立大学及び大学院で、哲学、宗教学、文化人類学を研究した後、 1971年来日。東京で2年間、日本語と日本文化を学び、その後、神戸に移住。天理大学助教授、神戸海星女子大学教授、園田学園女子大学教授を歴任。ローマにG.B. シドチ日伊歴史資料館を設立し、運営にあたる。哲学、神学、美術史、教育学、言語学についての論文著作多数。現在、新井白石の『西洋紀聞』の翻訳を準備中。

インフォメーション

日程: 2014年12月1日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > その他▲トップ
 
1 / 1