イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ソロ ゴールドベルグ インプロヴィゼーション

イベント終了日:2014年12月05日(金)
201411180255cosimi variazioni.jpgイタリアンコンテンポラリーダンスの現在(いま)

シエニは長年にわたり身体と、ダンスや美術の表現を探求してきた。その探求はつねに、型にはまった形式的なものを超越しようとするものであり、同作ではそれが結実している。バッハのゴールドベルグ変奏曲がリズムを刻み、そのなかでシエニは、身体について思いを巡らせ、また14世紀から17世紀までのイタリア美術に登場する人物像を暗示しながら、ダンスを繰り広げる。

お申し込み:件名を「12月5日公演」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel: 03-3264-6011(内線13, 29)

演出・振付・出演:ヴィルジリオ・シエニ
音楽:J.S.バッハ ゴールドベルグ演奏曲
ピアノ:藤野まり
制作:ヴィルジリオ・シエニ・カンパニー
協力:A.ポンキェッリ劇場財団(クレモナ)、東と西のフェスティバル
協賛:イタリア文化財・文化活動省、トスカーナ州、フィレンツェ市、シエナ市

プロフィール
ヴィルジリオ・シエニ Virgilio Sieni  振付家、ダンサー
フィレンツェ生まれ。アムステルダム、ニューヨーク、東京でバレエとコンテンポラリーダンスを修める。その他、美術、建築、武道も学ぶ。1983年にパルコ・バタフライ・カンパニーを結成。その後、1992年にヴィルジリオ・シエニ・カンパニーとなる。イタリアの主要なダンスカンパニーのひとつであり、国内はもちろん、アヴィニョン演劇祭、リヨン・ダンス・ビエンナーレなどヨーロッパのフェスティバルにも参加する他、主要劇場でも公演している。1990年代初頭から、ミラノ・スカラ座やフィレンツェ市立劇場、ナ ポリ・サンカルロ劇場、パレルモ・マッシモ劇場、ローマ・オペラ座などイタリアの主な劇場から振付家として作品を委嘱される。作品では、世界的に著名な美 術家、音楽家、作曲家などとコラボレーションしている。イタリアの主要な演劇賞Ubu賞を3度受賞(2000年、2003年、2011年)。2007年制作の「バッハのソナタ 他者の苦痛を前にして」は、ダンツァ&ダンツァ賞を受賞した他、M.グワッテリーニが著作「ダンスのABC」のなかで、この100年で最も重要な振付がなされた作品16のひとつに挙げている。2011年シエニは、ロ・ストラニエーロ賞、批評家賞、Ubu特別賞という3つの主要な賞を受賞している。2003年からフィレンツェでCANGOを主宰し、ダンサーに活動の場を与えている。2007年には「身体表現アカデミー」を創立。2013年にフランスよりシュヴァリエ章を受勲。2013年よりヴェネツィア・ビエンナーレのダンス部門ディレクター。


インフォメーション

日程: 2014年12月5日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > その他▲トップ
 
1 / 1