イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

イベント終了日:2016年01月16日(土)
botticelli_sito.jpgボッティチェリ展(2016年1月16日~4月3日、東京都美術館)開催を記念し、日伊の専門家によるシンポジウムを催します。
(日伊同時通訳付)


お申し込み:件名を「1月16日シンポジウム」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

スピーカー:

小佐野重利 東京大学大学院教授
アレッサンドロ・チェッキ 美術史家(パラティーナ美術館前館長)
クリスティーナ・アチディー二 美術史家(フィレンツェ歴史・美術・文化人類学遺産および美術館群監督局前長官)
ジョナサン・ネルソン シラキュース大学フィレンツェ校、ハーバード大学ルネサンス研究センター ヴィッラ・イ・タッティ学術事業担当副所長



第一部 4名のスピーカーによる発表
クリスティーナ・アチディー二 
「ボッティチェリとメディチ家」
“Botticelli e i Medici dei due rami”.

小佐野重利
「日本におけるフィレンツェ派の受容小史―とくにボッティチェリに言及して―」“Una storia della ricezione della ‘scuola fiorentina’ in Giappone, con particolare riferimento a Botticelli”

アレッサンドロ・チェッキ
「ボッティチェリの家庭内での暮らしについて」
“Sandro Botticelli, una vita in famiglia”

ジョナサン・ネルソン 
「言葉とイメージ:ダンテおよびペトラルカの挿絵画家としてのボッティチェリ」“Parola e immagine: Botticelli, illustratore di Dante e Petrarca”

休憩

第二部 パネルディスカッション
上記4名によるパネルディスカッションです。休憩時間にお客様から質問を集め、スピーカーがそれにお答えします。

インフォメーション

日程: 2016年1月16日
時間: 14時30分~17時(開場14時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、朝日新聞社

入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 
1 / 1