イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

明暗 アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展

イベント終了日:2016年02月06日(土)
q明暗
アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展

自然、神社仏閣、職人とその作品、祭り、宗教儀礼など伝統的な日本を撮った作品40点あまりを展示します。これらは、今まで多くの人によって幾度となく写されてきた光景ですが、ボナノッテの作品では、被写体そのものの意味をとらえるという新たなまなざしを通して示されています。本展では、イタリアの感性と日本の美意識が見事に結びついており、日伊国交150周年の本年、開催するのにふさわしい展覧会となっています。
1月18日(月) 18時30分より、ボナノッテ氏を囲んでオープニングレセプションを開催します。


略歴
アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ
1979 ローマに生まれる。
2010 ローマにて写真を学ぶ。
移民の子供たちの教育をサポートするNGO「スクオーラ・デル・ソーレ」(オーストリア・ウィーン)のフォトグラファーとして活動する。
2011 ローマ・ラ・サピエンツァ大学にて自然科学の修士号を取得する。
東京の写真スタジオ「フォトテカ」にて活動する。
2012 東京・銀座ヒロ画廊、 老舗美術出版社・求龍堂との共同プロジェクトを開始する。
以下書籍掲載の写真撮影を担当
2012 チェッコ・ボナノッテ『詩的形象』
2014 林アメリー『手縫いの魔法Ⅱ』
2015 志村ふくみ『つむぎおり』 同書は第57 回全国カタログ展にて図録部門・金賞、文部科学大臣賞、審査員特別賞・松永賞を受賞する。
チェッコ・ボナノッテ『回想の劇場』 同書のアートディレクション、掲載写真撮影を担当する。イタリア文化会館(東京・九段下)にて開催された同作品展に制作風景写真が同時展示される。
2014 ギャラリーフクミシムラ(京都)にて開催された「しむらのいろmeets土屋仁応展」のポートレート撮影を担当する。

個展
2013 「対話 "フォルム - イメージ"」(チェッコ・ボナノッテとの二人展)ヒロ画廊(東京・銀座)「- CLOSER - ポートレート/自然/寺」蓼科山聖光寺(長野)
2014  「The Light of Soul」ギャルリー正観堂(京都)
2015 「美・日本のこころ」 永楽館(三重・伊賀)


お問い合せ:イタリア文化会館 
Tel. 03-3264-6011(内線29, 13)e-mail: eventi.iictokyo@esteri.it 

インフォメーション
日程: 2016年1月19日 - 2016年2月6日
時間: 11時~18時 (日曜日休館)
会場: イタリア文化会館エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
協力: ヒロ画廊
入場無料。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 写真▲トップ
 
1 / 1