イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

講演会 イタリアアニメーション映画の現在

イベント終了日:2016年07月06日(水)
215_Giulio Gianini and Emanuele Luzzati, Pulcinella (1973).jpg講演会 イタリアアニメーション映画の現在

講師:ジャンナルベルト・ベンダッツィ (アニメーション映画史家)

シモーネ・マッシ、ジャンルイジ・トッカフォンド、ウルスラ・フェッラーラ、ロベルト・カターニらイタリアの多くのアニメーターは、時に恵まれない状況にあっても、理想と情熱をもって創作に励み、優れた作品を生み出しています。そして、広島国際アニメーションフェスティバルをはじめ、世界各地の映画祭で受賞するなど、評価を得ています。
本講演では、アニメーション映画史家のジャンナルベルト・ベンダッツィ氏が、こうしたイタリアのアニメーション映画の現状や辿ってきた歴史を、作品のスタイルやテーマにも言及しながら論じます。
(日伊逐次通訳付)

・お問い合せ:
Tel 03-3264-6011(内線13)  
E-mail eventi.iictokyo@esteri.it

・お申し込み方法:
件名を「7月6日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
eventi.iictokyo@esteri.it

ジャンナルベルト・ベンダッツィ Giannalberto Bendazzi
これまで、イタリア、オーストラリア、シンガポールの大学で教鞭を執る。実写映画、アニメーション映画に関する著作多数。なかでも代表作Cartoons – Cento anni di cinema di animazione(アニメーション映画百年史)はさまざまな言語に翻訳されている。その他の著作にAlexeieff-Itinerary of a Master(アレクサンドル・アレクセイエフ、ある巨匠の軌跡)やL’uomo che anticipò Disney(ディズニーより先に来た男)などがある。国際アニメーション学会の創立メンバー。国際アニメーションフィルム協会理事を9年間務める。ヨーロッパをはじめ世界各地で講演を行い、国際映画祭やレトロスペクティブを多数監修。また、映画祭の審査員を務めたのは50回を数える。2002年、ザグレブ国際アニメーション映画祭で創設された「アニメーション理論分野への特別業績賞」の最初の受賞者となった。全3巻からなるAnimation – A World History(アニメーション、その世界史)が昨年11月にTaylor&Francis社から出版された。

<インフォメーション>
・開催日:2016 年 7月 6 日18:30~
・会 場:イタリア文化会館
・主 催:イタリア文化会館
・入 場:無料(要予約)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 
1 / 1